タグ:いい話


188: 名無しさん@おーぷん 2016/04/05(火)09:23:48 ID:???
知り合いにものすごい円満なカップルがいる。
まぁ奥さんの方も良妻賢母というか、シャキシャキ働くいいお母さんタイプなんだけど、
旦那さんは家事も育児も積極的でお料理上手、しかも記念日にはプレゼントも欠かさなくて夫婦仲も良好と。
子供たちも可愛くて礼儀正しい子たち。

自分は奥さんの方と知り合いで、彼女は昔から結構モテる方なんだけど、
それでもめちゃくちゃいい旦那さんつかまえたねー!理想の家族だよねー!と
話題になるほど。

続きを読む


21: 名無しさん@おーぷん 2015/12/19(土)21:38:48 ID:4hN
年末年始の打ち合わせの為に姑と久しぶりにランチをしたら、なんか肌がツヤツヤしてて若々しくなってた。
化粧品を変えたのかな?と思い聞いてみたらまぁ惚気られましたよ。

続きを読む


30: 名無しさん@おーぷん 2016/10/01(土)05:21:03 ID:Z5q
仕事の待ち時間中に書き逃げ。

ほぼ夜勤で平日休み。
年末年始GWも土日祝日もない底辺仕事の俺が、
昨日誕生日だったんだ。
帰宅時間は日によってまちまちで明け方から昼前になるんだけど、
誕生日の日は帰宅したのは朝の5時半くらい。
当然嫁は寝てる時間だから、そーっと中に入ったんだ。


続きを読む


510: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/09/22(月) 23:42:29.02
書き逃げ 

昨日娘が嫁いでいった 
嫁の連れ子だったが(当時8歳)最初のうちは全く懐いてくれず、
思いっきり嫌われてたんじゃないかと思うw 

娘が高校の時に交通事故で病院に運ばれたのよ 
俺も仕事早退して病院にいったが、田舎の病院で
その火手術したとかで血液のストックがないとのこと


続きを読む


159: 名無しさん@HOME 2010/11/01(月) 18:45:04 0
義母はなんかいつも半分怒ってるような口調で、正直ちょっと怖い感じの人。 
でも人が悪いわけじゃないことは同居しててよく分かってる。 

私は幼少時に母を亡くし、
結婚して少しして父も亡くなってしまった。
兄妹はいない。 
母の記憶はほとんどないので、
結婚するとき「母」と呼べる存在ができて嬉しかった。 
そう言ったら
「目出度い席でそんな話するもんじゃないよ!」ってちょっと泣いてた。
そんな人。


続きを読む


315: 名無しさん@家庭ちゃんねる 2017/01/24(火)
今日、誕生日なんだ。
うちの職場、誕生日に休みくれるから皆で休みとって
ウトメさんと子供達とまったりしてたら、
7年前に亡くなった旦那から誕生日プレゼントが届いた。


続きを読む


237: 名無しさん@おーぷん 2016/05/01(日)03:00:36 ID:E3Y
高校生の一人息子が同性愛者であることは薄々感じていたけど、
昨夜夕食時に急にカミングアウトした

でもそれより驚いたのが
夫がすんなり受け入れたこと



続きを読む


780: 名無しの心子知らず 2010/01/13(水) 13:10:19 ID:Wnk7UZHA
文才ないけど頑張ってみた。 
多分2か3レスで収まると思われ。 

ポケベルから携帯に移り始めた時代に小学5年生だった私。 
同居している祖父がいて、自他共に認めるおじいちゃん子。

その頃の祖父は、病気で余命宣告(それも半年以内)を受けていて、
医者からは
「本人の好きなことをさせてあげてください」
と言われ、本人の希望で自宅に戻ってきたばかりだった。

祖父の口癖は
「お前の成人式と結婚式見て子供を抱っこするんだ」
だったので、
長生きはする気マンマンだったけど、
病気してもタバコを辞めなかった。
(本人は病気のことも余命宣告も知っていた)
 
でも、私の「1日でも長生きしてね」の一言であっさり禁煙してくれたけど、
とてもタバコが吸いたそうだった。 



続きを読む


314: 彼氏いない歴774年 2012/06/30(土) 10:34:58.89 ID:djz1evYR
私はただ転んだだけなのに
地元の防犯に協力してしまった、という体験。 

社会人になって、実家から2つ離れた市にアパートを借り、
職場まで自転車で通勤していた。
 
ある日、自転車が走行中に壊れて歩道脇の土手に転げ落ちた。 
スリ傷だらけになったが骨は折れておらず 
ただスーツはボロボロになりストッキングも破れた。

人通りの少ない県道だったので自力で起き上がり、 
壊れた自転車を放置することもできず押して帰ることにした。



続きを読む


437: おさかなくわえた名無しさん 2013/08/04(日) 10:00:51.00 ID:jZNULzuw
俺にはA子という、家が隣同士で年も同じという
絵に描いたような幼馴染がいた。
幼稚園小中と一緒で、よく一緒に遊んだ。
いわゆる腐れ縁でそこそこ仲もよかった。

俺はキモオタでA子は女子バスケ部のエースの人気者、
学年内の立ち位置も正反対だったが 
キモオタの俺がいじめられることもなく、平穏に学校生活を送ったのは
A子のおかげと言っても過言じゃなかった。



続きを読む

このページのトップヘ