564: 本当にあった怖い名無し 2013/10/15(火) 00:54:40 ID:xUofi8X30
中学の時の事、俺は二年の後半あたりに色々絡まれるようになってウザい思いをさせられてきてた 
ソイツらは校内で2番目にのさばっているA、B、C、Dという4人組み 


コイツらはそこそこ進学の事も考えてる連中で、塾にも通ってて
タバコは吸うけど万引きはしないって感じで、そこそこ考えて
遊んでるような連中だ。
俺は普段からおとなしくて、休み時間は推理小説を読んで
1人で小難しい顔をしてたから、その辺がキモがられてたのかなと思う。
そしてあまりに小説を読むのに没頭しすぎて
そいつらが俺に話しかけた事に全く気付かず
シカトした形になったのが怒りを買った決定打だと思う。
最初は体育や技術等で教室から離れた授業から帰ってくると
小説が無くなってた。
本来校則で持ち込んではいけない物だったのでこっちも泣き寝入りだった。
だんだん内容もエスカレートしてきて、体育の授業が始まり、
先生が体育館にまだ来ていない時に視界外からいきなりバスケットボールを
顔面や頭部に当てられる等して、俺はゴルゴよろしく壁を背にして
先生が来るのを待ちながらそいつらの的になっていた。
続きを読む