カテゴリ: 失恋・お別れ

    mixiチェック

546: 恋人は名無しさん 2019/10/30(水) 20:55:24.43 ID:Xk3S0IhT0
こちらで話していいか分からないが…

同棲6年目
先週彼女に手紙だけ置かれて出て行かれた


3月に給料安すぎるから退職して、彼女に
焦って変な所に就職したら大変だからゆっくり慎重に探して
と言われて甘えて現在も無職、先月から失業保険もらってる

32歳になったら結婚すると約束してた(来月誕生日で32に)
約束の時期が迫っていたので先週から面接ラッシュで
今日の面接でやっと好感触で内定貰えばプロポーズするつもり
だった

そんな中彼女は待ちきれずに、先週朝起きた俺に体調凄い悪そう
と言って寝かせて手紙置いて出ていった
(遅くなるから何か買うものある? と聞いてきたうえで)

あと家の鍵持ちっぱなしで元カノの郵便物は届く
LINEは出ていった後もやり取り続いてたけど
日曜日からいきなり既読つかなくなった、ブロックはされてない

Twitterは先週まで鍵掛けてたのに3日くらい?前から
鍵解除してある
もう諦めたほうがいいのでしょうか?

続きを読む

    mixiチェック

180: 恋人は名無しさん 2019/10/28(月) 00:10:52.38 ID:PE08inx60
自分25彼女33 付き合って3ヶ月
先日、デート終わりに振られました。


理由は仕事と恋愛の両立が難しいということと
年上故のしっかりしないといけないという
プレッシャーだそうです。

不仲でもなく、先週にプレゼント貰ったり
来月の予定も立てていた所、急な話に頭の整理が追いつかず。

自分のことは嫌いでもなく、色々と考えてくれた事は嬉しかった
と言ってはくれました。

別れに納得いくワケもなく、復縁を望んでいます。
また振り向いてくれるでしょうか…。


続きを読む

    mixiチェック

188: 名無しさん@おーぷん 2018/02/18(日)07:57:16 ID:pj1

数年前に兄夫婦が離婚した。
原因は兄の浮気。しかも浮気相手が3人。しかもその中の一人には認知済みの子供までいた。
もう本当に目も当てられないほどのド修羅場だった。
結婚したいと泣く奴、騙されたと喚く奴、遊びだったと逃げる奴。
まぁでもやっぱり兄嫁が一番辛かったと思う。
真面目だと思ってた自分の旦那が下/半/身ゆるゆるの猿野郎だったなんて。
何故か兄が離婚を拒否して大揉めしたために離婚までに無駄に時間かかって、これが原因で兄嫁は精神的に病み、何度かジサツ未遂事件まで起こした。
最終的には私や両親、親族総出で兄を〆てなんとか離婚させた。

昨年私が交際相手からプロポーズを受け、結納まで行ったけど婚約破棄となった。
理由は兄嫁の密告。
どうやって調べたのかわからないけど、婚約者に「そいつの兄は不倫で離婚した。他所で子供まで作る倫理観皆無な遺伝子持ちとのご婚約おめでとうございます。」って電話が来たんだってさ。
婚約者、婚約者両親には兄の事を事前に話していたんだけど、「これほど恨みを買っている人と縁つづきにはなれない。」と言われ別れた。
兄嫁にはうちのくそ兄のせいで戸籍を汚させてしまった事を本当に申し訳無く思ってる。
同情もしてる。
その妹である私を恨む気持ちもわからないでもない。
けど私はあの時かなりあなたに協力したよ。
マンションも借りてあげたしお金も貸してあげた。
病院にも付き添ったし兄の説得も最大限全力でやったよ。
なのにこれはあまりにも酷いんじゃないの…。
兄妹の不祥事でここまでやられなきゃならないの?

続きを読む

    mixiチェック

394: 恋人は名無しさん[sage] 2019/03/08(金) 11:04:14.89 ID:QVKSQ84b0.net
付き合って5ヶ月です
彼女の両親が僕が自営業なので結婚反対で両親が彼女を結婚相談所に登録させたと昨日言われました
いつからやってるかわからないですが結婚相談所で男と会ってると言ってきました
やるからには真剣にやりたいと言われ、でも僕のことは好きだから別れたくないと言われ選択を迫ってきました
混乱してたしすごい好きな人なので考えさせてほしいとその場で言ったのですがこれ詰んでますよね?

続きを読む

    mixiチェック

423: 恋人は名無しさん[sage] 2013/03/10(日) 11:33:54.76 ID:BkpTegfv0
ぬるい話だけど、
付き合って1ヶ月ちょい初めて泊まった次の朝、何度目かの彼の携帯の着信で起きる
彼の姿が見当たらないので渡しに行こうとしたら画面には女の名前
不安になり着信を切って中身を見てしまう

出てくる「1ヶ月記念おめでと☆」「大好きだよ☆」「デート楽しかった☆」メール
こいつ同時期に二股スタートしてた
そっと携帯を閉じて居間で犬と寝てた彼を起こし、とりあえず家に帰りたいと伝え送ってもらう
家の前で「夜何時に待ち合わす?」とか抜かすので
「ハァ?もう一人の彼女と遊んでくれば?二度と連絡してくるな」
ここで彼号泣、違うんだ違うんだと全力で謝るので心変わりしたように「じゃあ今もう一人に電話して」と頼んだ
すぐに彼女に電話し
「ごめん別れたい…、好きな人ができ…(ここで私が睨む)…いや、先に付き合ってる人がいて…ゴニョゴニョ」
と気まずそうに伝える彼
もう一人の彼女は「は!??さいてい!!!!しね!!!!!」と叫ぶと共に電話が切れた
そこで「お疲れ様。でも別にこれでやり直すとは言ってないし、じゃあさようなら」
と吐き捨てて車から降りて終わり
今は浮気なんてしない優しい彼氏ができて幸せ

続きを読む

    mixiチェック

891: 名無しさん@おーぷん 20/01/19(日)05:23:25 ID:Cg.i2.L1
先日彼と別れた。その原因が「ブロッコリー」。

私はブロッコリーの茎が好きで、
固めに茹でた茎をガリゴリ食べるのが好き。
もちろんフサフサした森の部分も好きだけど、それはそれ。


元彼とお付き合いして、彼の家でも私の家でも
ブロッコリーを使う時は彼には森の部分、
私は森も食べるけど茎の部分を多く盛っていた。

別に茎の部分が劣ってるとは思わないけど、
無意識に「先端のフサフサ森=一般にはここがメイン」
というイメージがあって、なんとなくそうしてた。

暫くして彼(同じ会社の先輩)が
「お弁当を作って欲しい」と言って来たので、作った。
ちょっと「新妻みたい」と嬉しかったから頑張った。

ある日、毎日作る中で彼のお弁当に入れたブロッコリーに
「茎」が混じった。
全く意識していなくて、朝お弁当を作って彼に渡した中で
ただ混じった。

そしたらその日の昼に彼が「これ何?」と
ほとんど食べてないお弁当を返して来た。
え?っと思ったけど時間的にお昼が終わる瞬間だったので
そのままスルー。

帰ってからお弁当を開けたら
メンチカツなどのメイン食材だけ食べて、
ブロッコリーはそのままだった。

この時も「茎」が原因だとは気付かず、
モヤモヤしたまま過ごした。

続きを読む

    mixiチェック

145: 名無しさん@HOME[sage] 2013/11/27(水) 09:36:56.58 0
6年付き合った彼女と別れた。

他の男が好きになったんだとよ。そいつと付き合うんだってよ。
嫌だ、別れたくない。戻ってきてくれ!って言ったけど
「貴方はいつになっても奥さんと別れてくれないじゃない!」
と泣き叫ばれてそこらへんのもの投げつけられた。
投げた写真立てが俺の小指にクリーンヒットして骨折。

そもそも俺に嫁がいるってことわかってて付き合ったのは彼女だし
そのうち嫁とは離婚するつもりではいるけど、離婚ってそう簡単にできないんだよ。
そんな条件で俺と6年も付き合っておいて、相談もなしに急に他の男作るとか本当ひでぇわ。

去年くらいから彼女の態度がだんだん冷たくなってきたから
その頃から男と連絡とったりしてたんだろな。

続きを読む

    mixiチェック

284: おさかなくわえた名無しさん 2012/09/26(水) 15:52:12.38 ID:FLVWlgG8
超箱入りのお嬢さんとお知り合いになり、付き合い、健全に奥手に、
それはもうピュアな恋愛をして結婚しないか、までこぎつけた。
周囲には昭和かよ、と囃し立てられて、俺も「これで映画になれるんじゃね」とか思ったりするほどの純情恋愛だったと思う。

が、ある日二人でデートしている時、道端で強面のオッサンに話しかけられた。菅原文太にめっちゃ似てた。
きっちりしたスーツだったけど、893かと思ってたじろぐと彼女が「オジサン!」と気安く笑いかけて、抱きかかるかってくらいのボディタッチ。
聞いてみれば彼女の一家は彼女以外のほとんどが警察一家。
このおじさんは彼女の父の兄だそうで叔父さんらしい。
そして叔父さんは職務中に俺ら二人をみかけて「姪がナンパされとる!」とわざわざ車を止めて話しかけてきたらしい。
もうこの一家怖すぎワロタwwとなって少したってから彼女と別れた。
今思えば逆玉だったのか!とハッとしてる。そんな俺をぶん殴ってくれよ。

続きを読む

    mixiチェック

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/01(土) 19:07:56.27 ID:H5Fc4c0d0
彼女にケ.ツの穴にウイスキー入れられたから別れた
入院したし

続きを読む

    mixiチェック

1: 名無しさん@おーぷん 2016/03/04(金)12:54:21 ID:q91
難色を示されたので婚約破棄した
これで俺も自由だけど、なんだこの気持ち


続きを読む

このページのトップヘ