カテゴリ: 失恋・お別れ

【前編はこちら】
【中編はこちら】

219: ◆TAgSKRGQHA 2016/10/22(土)16:11:29 ID:7v8

彼女からラインきたわwwwwww
続きを読む

【前編はこちら】
【後編はこちら】

80: ◆TAgSKRGQHA 2016/10/22(土)08:33:32 ID:7v8

ちなみに現状として、復縁はあるか?ときいたら今できない。だってお。
そして、今思ってる人とはどうだ?と聞いたら今度サシではないけど飲みに行くってよwwwww

今でも好きだよ。って言葉がどうしても頭から離れない。

ただのキープだってわかっていても、どうしても戻りたい気持ちが強いんだよなぁwww
続きを読む

【中編はこちら】
【後編はこちら】

1: 名無しさん@おーぷん 2016/10/22(土)07:04:22 ID:HLZ

父さん泣いてやんのwwww
式と入籍は1年後! 今から楽しみでしゃーないぜ!wwww
彼女いるおまえら!最近調子どうよ?!

続きを読む

434: 名無しさん@おーぷん 2016/05/10(火)13:06:03 ID:yYs
愚痴
俺は大学から就職二年目まで
いとこの友達と付き合ってた

付き合いは順調で結婚も考えてたけど、
だんだんその子の体調が崩れるようになり、
やせ細っていった

そうしたらある日呼び出されて
いきなり別れを告げられた

それまで大きな喧嘩もしたことなかったのにと
驚いて縋ったら
「他に好きな人ができた。
あんたとは違う両親揃った金持ちの人w」
って言われた

俺の母親は父親がしんでから
必タヒになって俺を育ててくれた
普通の家の子と違うって思われないように
って朝も夜も働いた

苦労しすぎてその時50なのに老婆に見えた
その子を紹介した時もその子が
帰ってからよかったってこっそり泣いてた

唖然としてたら「片親だから卑しさが滲み出てる。
父親がしんだのはこんな親子と
一緒に居たくなかったから天国に逃げた。
母親の見た目山姥みたいで食欲なくなる」
とまで言われた

激怒してそのままその子と別れた
それから働いて働いて嫁さんを貰って
子供もできた

嫁は同居の母と気が合うらしく
よく一緒に出掛けてくれる
決して裕福ではないが
幸せいっぱいの家族だと堂々と言える

そうしたら昨日、イトコから連絡が来た
あの子が俺に会いたがっているとのことだった

イトコの話によると、あの時あの子が
俺を振った理由は真っ赤な嘘で、
本当はあの時がんが発覚していたらしい

それで俺にお荷物を背負わせたくないから
って嘘をついて嫌われたらしい
苦労した母を貶されるのが
一番応えるだろうと心を鬼にしたんだと

今回またガンが見つかり、
もしかしたらしぬかもしれないから
愛する人に会いたいんだって正直ハァ?
って感じだった

ドラマの主人公にでもなったつもりか?
って余計に嫌いになった
もちろん会う気はないけど
変な感情がもやもやしてて眠れない

続きを読む

861: おさかなくわえた名無しさん 2012/12/13(木) 17:32:39.89 ID:k/spmZ/o
半年ほど前、相手からの告白がきっかけで彼女と付き合うようになった 
しかし先日彼女が他の男とデートしていたと聞き、問い詰めたら何かおかしい 
そもそも僕と彼女は付き合ってなかったらしい 
どうやら僕はこのスレの勘助と同じことをしていたらしい 

彼女からの告白もメールのやりとりもデートも全部都合よく妄想したものだった 
勘助って本当に都合良く解釈したり妄想して真実だと思い込んでいるんだよな

このスレたまに見てるけど「勘助なんて本当にいるんか、リアルで遭遇したことないぞ」と思ってたらまさか自分が勘助だった 
自分で自分が恐ろしくなってきていてまだ動揺してるけど取りあえず報告
続きを読む

616: おさかなくわえた名無しさん 2011/05/22(日) 10:56:08.93 ID:PVSu5Zhw
元彼女が毎回遅刻してくる奴で、
何度かやんわり苦情を言ったが治らなかった。

その日も、待ち合わせの約束時間5分後に
『ごめーん、今から家出るから30分くらい遅れる☆』
とメールが。

さすがにイラッときて、
『スタバにいます。遅刻何回目?』
と無愛想に返信した。
スタバでコーヒー飲みながら待ってたら、
彼女が駆けて来たんだけど、
こっちのテーブルに近づくなり
「ごめーん!」と叫び、続いて、
「本当にごめ…きゃー痛い!
謝るから叩かないで!痛い痛い!やめて!」

と、『怒った俺にいきなり叩かれて必タヒで身を守ってる』
みたいな小芝居を、
大声と大げさな身振り手振りでし始めた。
半笑いで。

店中のドン引きの視線を浴びつつ、
とにかくその場から連れ出したんだけど、
どうしようもなく冷めた。
続きを読む

このページのトップヘ