カテゴリ: 生活

1: 名無しさん@おーぷん 2014/11/22(土)10:13:47 ID:tydRReZQt

嫁曰く「家事がどれだけ大変か分かってない」とのことで
具体的にリスト細かく書いて俺に提出してきた。

俺「へー大変なんだね、分かった。じゃあ明日俺全部やってみるわ。娘と1日遊んでこいよ」
続きを読む

モテない男の習慣15のチェックリスト…1つでも×がつくとアウト

1 :ななし:2017/01/09(月)17:23:13 ID:9Tv

1〜15のチェックリストとした。
これを参考に、改善して貰えるなら幸いである。

1.毎日、歯を磨いていますか?
2.毎日、風呂に入っていますか?
3.毎日、アイロン掛けされた服を着ていますか?
4.毎日、整髪料を使っていますか?(ワックス等)
5.毎日、口臭対策を行ってますか?
6.毎日、体臭対策を行ってますか?
7.二カ月以内に美容院に行っていますか?(千円カットや床屋不可)
8.外出する際はいつもハンカチ、ティッシュを持っていますか?
9.半年以内に洋服を購入しましたか?
10.楽しいと思えることが10個以上ありますか?
11.定職についている、または学生ですか?
12.生きがい、目標をもって前向きに生きてますか?
13.恋話ができますか?(自分の実体験のみ。失敗談可)
14.ネットやゲームの利用は、毎日5時間以内ですか?
15.親しい友人は上記項目を満たしてますか?
続きを読む

1:2015/10/09(金) 01:32:48.20 ID:7WEImFwV0

080「携帯新参のゆとりってバレる・・・」
080「他人に番号教えるの恥ずかしい・・・」
080「090の人が羨ましい・・・」

可哀想wwwwwwwwwwwwwwwwwwww
続きを読む

1::2017/01/08(日) 17:06:25.49 ID:
メッセージの送受信や通話を無料で楽しめるアプリ「LINE(ライン)」。
累計ダウンロード数5億件を超える人気を誇り、メールや通話以外の使い道も。
とはいえ便利だからこそ注意も必要。

「よくあるトラブルは『トーク』の誤送信や、こちらが許可していないのに『友だち』に追加されていることです」とはITジャーナリスト鈴木朋子さん。
トラブルの実例とその解決方法を紹介する。


1147

まずは、二度とつながりたくない元カレが勝手に「友だち」になってしまった例から。

「ストーカー気質の元カレが、いつの間にか『友だち』になっていて、メッセージが送られてくるように…怖い!」(40才・主婦)。
原因は、自分の電話帳に相手の電話番号が入っているから。
電話帳から元カレの番号を削除するか、「友だち」→「友だち追加設定」画面で「友だち自動追加」を「オフ」にして。

-----------------------------------------------------------

ふたつめは、知人になりすました「トーク」でお金を請求されたケース。

「いとこから、“私の代わりにiTunesカードを買っておいて”という『トーク』が来たので、コンビニでカードを購入。
指示通りカードに記載された登録番号を送ろうとしたら、息子に“詐欺だ”と言われ、いとこに電話確認。
彼女はそんな『トーク』を送っておらず、知らないうちにLINEを乗っ取られていたことが判明」(52才・パート)
これは、不正ログインによる“なりすまし被害”。乗っ取られないようにするには複雑なパスワードにするか、パスワード変更を頻繁に。

-----------------------------------------------------------

続いては、不倫相手に送った「トーク」を夫に誤送信してしまった場合。

「不倫相手への『トーク』を夫に誤送信。不倫がバレてしまった」(43才・会社員)

LINEトラブルでもっとも多いのが、この誤送信。対策法は、「トーク」の背景を、相手ごとに変えること。
基本設定の背景は青空だが、各自の「トーク」場面から「>」を押し、「設定」→「背景デザイン」→「デザインの選択」か「アルバム」で好みの画像を設定する。


トークは読みにくくなるが、相手の顔写真を背景にしておけばインパクトがあるので誤送信は防げるハズ。

苦手な人とうっかり「友だち」に「トーク」がひっきりなしに来てウザい!
「詮索好きなご近所さんが、町内会の名簿から私のスマホ番号を知り、『友だち』追加されたんです。つい返信したけれど、悪口がひっきりなしに送られてきて、ウザい!」(44才・主婦)

つながりたくない相手からの「トーク」はブロックできる。
関係を切りたい相手の「トーク」場面から「>」を押し、「ブロック」のアイコンを押すだけ。相手に通知されないので、角が立つこともない。

※女性セブン2017年1月19日号

続きを読む

398::2016/10/01(土) 20:22:46.42 ID:

嫁とはレス9年
こんな流れでナンだけど、ウチは娘2人
都市伝説では女が頂点に達して妊娠すると男児、なんて聞くけど
俺がヘタだからレスられたのかなw
続きを読む

1:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/24(土) 21:37:24.64 ID:juLDkJZr0.net

「もうちょっと頑張ってから来てくださいね」

自札踏み留まって頑張ろうとした結果がこれですよ
この支援金関係の受給条件って極端過ぎやしないかね…
続きを読む

267::2017/06/05(月) 10:54:45.55 ID:

産後夫側からのレスだったとき、こちらから誘うも乗ってくれず。
話し合いの時に「そっちから誘われると萎える」と言われてから、一度も誘っていない。
でも我慢も長くは続かず、「寂しいなー」とか察して欲しくてアピールするも気付かない。


その後4年くらい経ちますが平均化する事も出来ないほどまちまちにあったりなかったり。
不満が溜まっていき定期的に話し合いするもその時だけ。すると
・段々周囲にいる男性すべてと妄想するようになる。
・知人男性からメールで行為に誘われ乗りかけるが思い直し断る(会ってないです)
・行為の夢をひたすら見るようになる。しかも夢でくらいイケメンの男性と浮気したいのに相手はずっと旦那。

上記により
「自分が気持ち悪い・タヒにたくなる」と泣きながら訴えたところ分かったと言われその夜はしてくれた。

そこから現在まで数か月経ちます。もちろん誘われません。
そういうものなんですかね。深刻さを伝えたところで一体何%伝わってるのでしょう。
外注できればどれだけ楽か。でも子どもに恥ずかしい事はしたくない。1ミリでもバレる可能性があるリスクは負えない。

何年も・・・という方が沢山いる中でたまにはしてる状況でこれだけ辛いのにと考えると、
今後の自分の気持ちがどうなるか全く予想できません。
まだ30代前半です。女性の欲求のピークは40代と聞きます。
本当にゾッとします。

書きなぐり失礼しました。

続きを読む

【前編はこちら】【前編】モロッコで沢山のロバが荷物を運んでいるのを間近でみた。俺(ロバと旅をして行商のようなこともしてみたい)→モロッコでロバと一緒に放浪の旅をしてみたらwww


347:1◆jHsnWuH7MU2016/11/21(月)01:43:14 ID:rNT
つづき
さぁ、いよいよフェズだ!

信号待ち、渋滞なんかを楽しみながら、まずは病院を目指す
アズロウからフェズに来るまでの間に病院について情報収集をしたところ、
アメリカ資本の大型病院があるとの情報を得たのでそこに行くことにした
大型病院って時点で家畜の治療がメインだろうし、
ラテを診てもらえるかは微妙だけど、
少なくともフェズの動物病院に関する情報はあるだろうし
モカの健康診断もお願いしたかった
この時点でモカと歩いた距離は450kmくらいだったし、
今後も同じように旅を続けられるのか、疲労は溜まっていないか等を
病院で専門の人にみてもらうべきだ
さて、かくしてその大型病院に到着
おれの背丈の3倍ほどの高さの門は巨人でも通るのかと思うくらい大きく立派で、
大型車両でロバや羊の群れを運んできても通れそうだった

門をくぐり病院の中に入ると、そこにはたくさんの馬やロバたちがいた
部屋に入れられているもの、自由に歩き回っているもの、獣医たちによって診療中のもの

野良猫らしき猫を除いて馬やロバ以外の動物はいなかったので、
ラテの診察は無理そうだな…と考えていると、
嬉しそうな顔をしながら一人の女性獣医が近寄ってきた

獣医「あの、あなたと写真撮ってもいいかしら?」

キャラバンがもの珍しかったんだろうと思い、
いいですよと応えてキャラバンが写真に写るように移動しようとすると、
獣医はそれを制止し、そのままおれと二人で写真撮影をした

おれ「あれ、荷車と撮らなくていいんですか?」

獣医「荷車ももちろん素敵だけど、私あなたに会いたかったのよ!
あなた、砂漠から来た日本人でしょう?」


何で知ってるんだよw

これまで世話になった誰かの親戚だろうか

おれ「そうですけど、何で知ってるんですかw」

獣医「あぁ、あなた知らないのね。あなた今この国じゃかなり有名人なのよ!
あなたの写真や情報はFacebookの友達の投稿で何度も見たわ!
それにモロッコの旅行好きのコミュニティのアルバムにも
あなたが写ったいろんな写真がアップロードされているわ。
ロバと一緒に旅するなんて素敵じゃない!
私たちに手伝えることがあれば何でもするわ、
もちろん無料で」

そういえばアズロウを出てからフェズに着くまでに、
全く知らない人が乗っている走行中の車から
「Go!」とか「Moca!」とか声をかけられることが何度かあった
聞き間違いかと思ってたんだけど、あれマジでおれに声かけてたのか…
モロッコ全域から観光客が集まるアズロウの大樹付近で写真撮影しまくってた影響だろうか

なんにせよ、獣医さんが協力的になってくれているのはありがたい
続きを読む



1: 1◆jHsnWuH7MU 2016/07/25(月)19:09:31 ID:tPK
まだ移動式住居の生活に慣れるのに精一杯で行商要素全くないんだけど、
次の村が見えてきた時の達成感が半端ないwww
期間や距離は未定だけど、とりあえず今は
スタート地点のトドラ渓谷から600kmくらい離れた町タンジェを目指して
100kmほど移動したところだ。

今回は主に出発までの経緯について書いていこうと思う。
続きを読む

このページのトップヘ