カテゴリ: 恐怖・怖い話

549: 1/10 投稿日:2010/08/19(木) 21:07:20 ID:Q8351wxd0
俺…K男
彼女…カノ子
友子…カノ子の友達
友彼…友子の婚約者

すまん、色々思い出して書いていたら長くなった。

当時、俺とカノ子はお互い23歳、付き合って約3カ月位だったんだけど
カノ子の異常な位の結婚願望に早くも疲れ始めていた。
サプライズデート、とか言っていきなりウェディングフェアとか何とか
(結婚式の販促イベントみたいな)のにつれて行かれ、
模擬挙式をさせられた事もあった。
突然デートに親が来たりとか。
幸い親御さんはまともで、大学出たばかり、しかも付き合ってまだ数カ月の俺との結婚は反対。
カノ子に「二人とも今すぐにでも結婚したいと思ってる」と言われており、
若造にしっかりと言い聞かせてやる!と乗りこんできたが、
慎重派な俺に拍子抜けして帰って行った。
カノ子は「お父さんが何を言っても大丈夫だよ!二人なら乗り越えられる!
大丈夫だよ、がんばろう!いざとなったら私駆け落ちしてもいい!いやむしろしよう!」
とか。

ヤバいと思って色々言うが、猪突猛進なカノ子には何を言っても聞こえない。
何とか結婚はまだだ、と言い聞かせていたが、本当に何も聞いてくれない。
例えば「もっと良くお互いを知ってからでも遅くない」
→俺の家に居る時は基本全ネ果になる。
「さあ私を良く知りなさい」
あのね、そう言う事じゃなくって!!と言ってもダメ。
説得して全ネ果だけは何とか止めてもらった。
正直何の反応もなかった。むしろ萎えて縮こまってた。
続きを読む

646: 名無しの心子知らず 2012/12/05(水) 12:11:20.31 ID:JDHYwCZ2
 
中3の息子に告白してきた後輩A(中1)のママがキチだった。 

同じ部活で入部当初から息子に好意があるのが見え見えだった。 
息子からいろいろ話は聞いていたのだが、息子には他に好きな子がいて対象外。 
夏休み頃、メールで告白してきた。 

息子は「受験前だから彼女とか考えてない」とやんわりお断り。 
A「受験終わったらもう一度告白してもいいですか?」 

息子「答えは変わらないよ」と返事。 

その後、息子の現れるところに付きまとうストーカーもどきになった。

相談された私は
「そのくらいの女の子にはよくあることだしねぇ。実害ないんだったら様子見たら?」
と少しほほえましく思ってた。

しかし、息子が高熱が出て数日休むと夜中の3時くらいまでメール攻撃。
「だいじょうぶですか?」「私にできることがあれば言ってくださいね」「早く元気になってください」
など心配してる風なのだが、鳴り止まないメールに寝ることのできない息子。
あまりにもしつこいので、息子に「他校に彼女出来たっていえば?」と言った。
続きを読む

1: 名も無き被検体774号+ 2013/12/25(水) 01:27:41.42 ID:tIR6UcB00
かなり長くなると思いますが、吐き出させてください。
虐待の話もあるので、苦手な方はご注意下さい。

一応スペックも書いておきます。
スペック 私→27歳女。現在海外在住。
父→元ヤンキー。母に出会い改心してカルト宗教に入り、
  カルト宗教の幹部となる。会社の社長。
母→10代の頃カルト宗教に入り、父と結婚。
  ヒステリックな性格で、情緒不安定。
  すぐ泣くしすぐ怒る。専業主婦。
続きを読む


344 :名無しさん@お腹いっぱい。 2016/01/21(木) 01:43:17.28 .net
イマジナリーフレンド初めて聞いた。

うちの四歳児、ここ数ヵ月
「あーちゃん」という見えないお姉さんと遊んでるんだ。

で、この前また
「あーちゃんが…」とか言ってるから
「あーちゃんてどんな子?」と訊いてみたんだ。
そしたら耳元で
「あーちゃんはね、車にぶつかってタヒんじゃったんだよ」
と囁かれてゾッとしたよ。

動揺してもいけないと思って
「そうか、病院行かなきゃな」と返したら、
「ぶつかって、ぐるんって回って、どーんって落ちてきたんだって。
 いっぱい血が出たけど、もう痛くないから娘ちゃんと遊べるんだよ」
って。

テレビはNHKとかの子ども向け教育番組しか見せてないし、
どこかから仕入れた情報なのか、なんなのか…薄気味悪くて困ってたところ。
こういうのって、肯定していいんだか戸惑うよな
続きを読む


564: 名無しさん@おーぷん 2017/05/29(月)01:44:19 ID:7Ma
入院中の出来事
隣に集中治療室から一般病棟に移ってきた男性の話
この人、頭の中で血管が切れて救急車で運ばれてきたらしい
最初の夜はうわ言を言いながらタヒぬんじゃないかと怖がって泣いてた

毎日奥さんが見舞いに来て、そばでつきっきりで世話をしてるから愛されてるんだなと思ってたんだけど
薬が効いて症状が緩和したとたん、奥さんが豹変した
「ねぇあなた、今どんな気持ち?」
男性は病気の影響で言葉を理解できても発言ができなくなっていて、
何も反論できない男性に向かって奥さんは淡々と自分が言われていた言葉を繰り返してた
「病気になるのはお前に『クモリ』があるからだ」
「お前の『クモリ』がお前を苦しめてる。
 その『クモリ』を浄化しないからこうなるんだ」
「お前が病気で苦しんでるのは自業自得だ。きちんと『メイシュサマ』にお祈りしなかったからだ」
「『メイシュサマ』にお祈りしておけば病気なんかにならない。お前の気持ちが届いてないから『メイシュサマ』に守ってもらえないんだ」
「きちんと『メイシュサマ』に感謝をすればタヒなないんだ」
「お前のせいだ、お前が悪い」
これを来る日も来る日も繰り返してた
男性はこの言葉を言われるたびに涙を流してた
なんで俺がこんなに詳しく覚えていたかというと、奥さんと入れ替わりに来る娘さんたちも全く同じ言葉を何度も何度も繰り返していたから
長女さんに至っては
「私が発作で倒れたとき、救急車呼ばずに『浄霊』してたよね」
「薬は毒だっていって、命に関わる薬を隠したり捨てたりしたよね」
「それを私が小3のころにやったんだよ?覚えてる?」
「私が先天性の難病にかかってたのは自業自得なんだよね?じゃああなたがこんなことになったのも自業自得だよね」
「だから誰も同情しないんだよ。わかってる?あなたの言葉があなたに返ってるんだよ」
「良かったね、あなたの言うとおり私達に投げかけてた言葉が『クモリ』になって全部返ったよ」
「二度と元に戻らないから一生タヒぬまで浄化され続けるね。よかったね」
という言葉を来るたびに繰り返してた

娘さんたち、まだ若くて学生かな
それなのに淡々と話す声がまた澄んでいて聞きやすくてそれが余計怖かった
奥さんの言葉はまだ怒りとか悲しみとか呆れがわかるんだけど
娘さんたちの言葉は本当に感情が無くて淡々としていて、めちゃくちゃ耳に残った
そのせいで俺が夜うなされたほど

話をまとめると男性は長女さんが生まれてすぐにバカなバイク事故を起こして二度もタヒにかけて
そのときにカルト宗教に洗脳されてしまったらしい
それからというもの何があっても宗教宗教で、
その宗教が薬は悪という考え方をしていたから家族は随分迷惑を被ったそう
「毎日毎日お祈りにいって献金してたのに、誰がお見舞いに来たの?」
と言った長女さんがクスクス笑ってたのはダントツのホラーだった

次女さんは忌々しそうに
「私達にどこまで面倒をかければ気が済むの?」と吐き捨てていた
その時はひどいと思ったけど、その後きた奥さんに
「長女を産んで入院中の私に『子供とお前の食い扶持はお前が稼げ。俺は一銭も出さん』と言ったんだから、あなたもあなたの食い扶持自分で準備するのよね」
と返されていて同情心が吹き飛んだ

これまでの仕打ちの仕返しをこうやって弱ったときにされてるんだな
こう言いつつも三人とも男性の身の回りの世話はしてたから女性ってすごいと思う

俺は先に退院したけど、
男性は最後まで言葉を取り戻せずに
毎日家族からこれまで投げかけた約20年分の言葉を返されてた
続きを読む

825: おさかなくわえた名無しさん 2017/05/02(火) 11:28:31.91 ID:tN/DvS5r
これは自分が理不尽なのかな?

取引先がたまたま彼氏の家の近くだったので
ついでって訳じゃ無いけど寄ってみる事にしたのね
お昼だったけど彼は夜勤明けなのでぐっすり眠ってるハズだと思い
アポ無しで行き合鍵で入って、起こすのも悪いと思ったから
足音を立てないように部屋のドアを静かに開けたら布団には誰もいない

ふと横を見たら彼が趣味のキャンプで使ってる大きなナイフ持って
凄い顔して立ってたから悲鳴あげたら隣人に通報された

「泥棒だと思ったから」と言うけど
もし本当にそうだとしてもそのナイフでどうするつもりだったのか?

普段は本当に穏やかな人だし、
勘違いさせる事した自分も悪いと思ったけど、
何かあった時に自分へ向けられるかもしれない
と思ったらもう無理だった
続きを読む

224: 名無しの心子知らず 2011/08/18(木) 08:10:19.81 ID:ZIaOtCO1
昨日スーパーにて全身ふりふりレースな
キ○ィちゃんの服を着た40後半の女性に絡まれた 

野菜コーナーで手に取ろうとした野菜を
思いっきり横から取られ、
ヘタレな私は取られた側にもかかわらず
「あ、ごめんなさい…」と謝った

するとその全身キティ服の女性はこちらをガン睨み。 
私はわけわからず再び謝り、
買い物もそこそこにそそくさとレジへ。 

すると今度は、私の並ぼうとしたレジに
スラーっと横入り。
そしてまたガン睨み。怖い。

私が戸惑っていると店員さんが
「そちらのお客様が先ですので…」
と私を先に会計しようとしてくれた

するとキティ服さん、三白眼のごとく目を見開き、
私を睨みながらゆっくりと隣のレジへ。

この時点で私は恐怖で心臓バクバクだった 
続きを読む

401: 名無しの心子知らず 2009/11/05(木) 12:48:46 ID:bBDySU2X
泥というよりもうハンザイだけど記念カキコ
かなりフェイクいれたので辻褄合わなかったらゴメン
ちょっと長いけどすんまそん

友人A宅でベビーシッターした(当方既婚小梨)
Aの長女が三者面談?でその間年の離れたA次女を見てくれる人がいないから
長くても2時間ぐらいだからって頼まれた
以前にも自宅で末っ子を預かったこともあるしまあどうにかなるだろうと思って
簡単に注意事項とか聞いて、午後3時過ぎにAは学校へ
おやつ食べさせたりしてA次女と過ごしてたら玄関に来客

私「どちらさまでしょうか」(インターホン)
相手「こんにちは、回覧板持ってきました」
って言われたから、お隣さんかと思って応対した
(モニターにはAと同世代ぐらいの女性が映っていた)

玄関開けたらいきなりドアをガッて開けられてよろけた
ジッと顔を見られて、なにごとかと目をぱちくりさせていると
急に手が伸びてきて後頭部の髪の毛掴んで引きずり倒された
何が何だかわからなくて、必タヒにドアノブにしがみついた
そのときは、強盗?押し入り?通り魔?って感じでわけがわからなかった
とにかく家に入れてはならないと思い、必タヒで抵抗した
(A次女は玄関ホールから扉一枚隔てたリビングにいた)

抵抗して、体ごと玄関から押し出して玄関扉を背にしてしゃがみこんで
両腕で顔や頭を必タヒにブロックした
その間相手の女は「金返せ!全部耳を揃えて返せ!」みたいなことをキンキン喚いていた
手のひらや拳がガンガン当って痛かったし、本当に怖かった
続きを読む


44: 名無しさん@おーぷん 2017/05/13(土)19:24:51 ID:aw8
そもそも、当時の自分が神経わからん!という話なのですが。
10年前、大学生だった頃、
当時付き合っていた彼氏が心変わりしてしまいフラれ、泣き暮らしていた時期がありました。

バイト先の男性社員Aに、是非友達になりたいと言われ、
泣いて暮らすよりマシかとアドレスを交換し、メールのやり取りをするようになりました。

そのメールが段々気持ち悪いものにエスカレートし、
「今日もキミの面影を抱いて眠るよ…抱くっていってもセッ●スじゃないよ!」とか、
「女子大生とメールしてるなんてヤバいよね、
 俺!お小遣いあげなくちゃならないかな?
 お小遣いあげたら、エンコーだ!」など、これは友達とするメールじゃないよなぁという内容に。

30代と聞いていたのに、
実は45歳だと知った瞬間に何もかも気持ち悪くなってしまい、
バイトを辞めるタイミングで着信拒否しました。

半年後、大学を卒業して新しい携帯電話に変えた際に、
着信拒否設定など忘れて使っていたら、Aから毎日着信が残るようになりました。

まだかけてくるの!?と慌てて拒否すると、
非通知で留守番電話を残すようになりました。
「つながった。元気ならいいんだ、ハハ」みたいなメッセージを残すので、非通知も拒否しました。

3年くらい経って、スマホに機種変した頃、
知らない番号からの着信を仕事だと思い取ると、
「あ、やっと出てくれた!久しぶりだね、元気?Aだよ!」

最初の着信拒否から4年近く経つのにまだかけてくる執念と神経がよくわからん!と思い、
今の生活があるしもう関わりたくないと伝えると、
「ウヘヘ…ヒヒ」と笑いながら電話を切られました。

その数年後LINEを初めて入れた時に
「知り合いかも」にAが出てきたのにはさすがに参りました。
もちろん自分側には番号もアドレスも登録していません。

安易な気持ちでアドレス交換なんてしちゃいけませんね。
続きを読む


276:おさかなくわえた名無しさん2013/10/28(月) 18:11:07.25 ID:PXRJDLKJ

主婦にだけわかる(かもしれない)毎年起こるプチ修羅場。
義父が魚釣りが趣味。結構釣果を送ってくる。
性格のいい義父なのだが加減が上手ではない。
夫婦二人暮らしにキス50枚とか小アジと普通の鯵の中間くらいが100とか量が半端ない。

だけどここまではいい、ここまでは。釣りたてならおすそ分けできるし。

問題はワカメのシーズン。
小ダンボール満杯で生ワカメが送られてくる。もちろん切られてない、茹でられてない。
やっとそれを切り、余計な海藻やタニシを排除し、茹でて、冷凍パックしたところで
今度は義父が冷凍した1キロ越えの冷凍ワカメパックが3つも送られてくる。

それを無理矢理冷凍庫に詰めるために特売の肉類などを急いで食べることになる。
冷凍庫ワカメ祭り。しかし恐怖はまだ終わらない。

実は住んでるところがワカメが特産なので
夫が会社からおすそ分けでまたワカメをもらってくる!!
(もちろん特産地なので周囲におすそ分けできない)

なんとか冷凍庫に詰め、特産地ではない人に配り終わった頃に最後の戦いが来る。
そう、義父から手作りの乾燥ワカメがゴミ袋いっぱいに!!!

30代夫婦二人暮らしじゃ食べる量もさほどではない。
つまりは・・・・減らない。

でもがんばって食べる。
わかめご飯、炒めもの、味噌汁などなど・・・
そして一年かけてワカメが減ってきたなー
やっと冷凍庫に隙間が出来たwと喜んでいる頃にまた来るのだ。


ワカメのシーズンが・・・・
続きを読む

このページのトップヘ