カテゴリ: 恐怖・怖い話

348: 名無しさん@おーぷん2015/03/02(月)10:54:16 ID:FZ1
一年前、結婚2年もたずに離婚した。
やっと気持ちの整理がついたというか、振り返られるようになったので投下。
長くなります。

彼とは一年半付き合っての結婚で、反対する人は誰もいなかったし
割と順調に式まで辿りついた。
でもなんとなく引っかかってたことがあった。 
続きを読む

266: :2017/01/18(水) 07:03:13.55 ID:

百年の恋ってほどでもないけどビ❍チ系ネタを投下。 
学生の時バイト先の女の子が気になってた。 
あんまり会話したことないけど声が高くておっとりしてていかにも男ウケという感じ。 
デートに漕ぎ着けて、ウキウキでもう1人のバイト仲間の女に話したら「やめた方がいい」と。 

どうやらやった男のフェイスブックを見て顔写真を保存、それと自分のプリクラデータを合成して一緒にプリクラ撮った風写真を作ってるらしい。プリクラデートした風に装いたいのではなくやった男をコレクションするために毎回やってるんだって。 
行為した男、キスだけ、デートだけとかランクがあって撮りかたも変えてる。 
その後のフェイスブック見たらコレクションしたアルバムの中があってぞっとした
続きを読む

972:おさかなくわえた名無しさん05/03/04 01:12:15 ID:6c9cYc23
仕事で上海に駐在しています。
本日朝タクシーで顧客の所へ向かっていたらいつも混んでいる筈の対向車線がガラガラだった。
少し進むと、真っ黒にぬれていたアスファルトが見えてきた。

アスファルトの上には薄いピンク色の肉の塊(3cmから5cmぐらい)が所々落ちてた。
そして不自然なところにバスが停車していた。
  ??????
そのときはまさかな??なんてことしか考えてなかったが、少ししたらラジオで
「先ほどナニナニ路で40代女性がバスに轢かれ・・・」
って聞こえてきた。かなり衝撃的だった。ピンク色のは恐らく脳みそだったのだと思う。
もっと衝撃的なのはそれを直視しつづける野次馬中国人だった・・・
続きを読む

608: 名無しさん@HOME 2012/09/10(月) 08:41:03.15 0

そういえば良トメだと思っていたけど旦那の浮気で離婚した 
良トメなので最後に御挨拶を、と思ったのが失敗だった 

強く引きとめられて夕食をごちそうになる事にしたが、重度のソバアレルギーの自分に 
ソバの入ったサラダを出しやがった(サラダスパみたいな感じ)

騙されるかクソボケ
孫を定期的に連れて行く予定だったが二度と連れて行かない事にした

嫁がタヒんだら孫を引き取れると思ったんだろうな
あれほど人のサツ意を明確に感じた事はなかった

実際にサツ意に向き合うと結構怖いよ
続きを読む

135おさかなくわえた名無しさん 2017/08/31(木) 11:40:02.79 ID:/2kceT/r
夏休みだからか、子供が変なのに目をつけられた時の話

うちの中3娘と小6息子連れ立ってご近所のショッピングモールに行って、
私は下の階で買い物。子供達は上の階でゲーセンやら本屋やら見て回ってた際に
二人組の女性に「もー!探したよ何やってんの!」と声をかけられたらしい。

最初子供達は自分達ではないと目の前のゲームに夢中だったそうなんだけど。
目の前に来て「なぁにやってんの!帰るよ!ほら」って下の子が腕を引っぱられ、
上の子が「あの人違いです」と答えたのに。

「ハイハイそういうの良いから、パパーいたよー」って誰かに声をかけて連れていこうとする女。
焦って子供達が「違います、人違いですよ」と声をかけても
グイグイ腕を引っ張るのから手を繋ぐ行為に変わってそのまま普通に、
まるで母親がするような会話を子供達にするらしい。

腕を引っ張る方はずっと話してるけど子供達に目を向けることも無くグイグイ引っ張って。
もう一人は止めようとする上の子を背後からグイグイ押してくるらしく、
子供達が騒いでも周りは無視(恐らく家族だと思われた可能性があり。)
たまたま近くにいた男の人に「パパ!どこいってたの!」って声をかけたら
スっと子供達から離れて消えたらしい。
続きを読む

959: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2017/09/05(火) 15:14:47.97 ID:eFTkMaAL.net
本当に、突然入ってすまない。
この間体験した修羅場をどうしても誰かに聞いてもらいたくて、
初心者どころか、初めて2ちゃんに来た

まとめとかは何度か見たことあるが、上手く書けなかったりしたらすまん。

俺は片付けが苦手で、台所もいつも作ったら作りっぱなし、食べたら食べっぱなしだった。
ある夜、パスタを作って酒飲んでそのまま寝た。
だが夜に喉が渇き冷蔵庫に明かりも付けないで行ったんだ、
そしたらさぁ、なんか 「ピリピリ、ポポポ、パリパリ」みたいな妙な音が聞こえて
恐る恐る灯りをつけた。
そしたらびっくり仰天まな板に一本のパスタの乾麺に
2~30匹の茶羽さん達が群がって食ってるの。
灯りをつけた瞬間かその時に一斉にバーって逃げて行って、
所々小さな穴が空いたパスタの乾麺と顔面蒼白の俺。

その日はそのまま寝たが以後片付けを始めてる。

本当に怖い時って声も出ないんだな。
続きを読む

このページのトップヘ