カテゴリ: 命名○○

    mixiチェック

457: 名無しの心子知らず 2015/03/20(金) 20:57:26.09 ID:roSMZLp4

弥璃(みやり)
親と旦那の反対を押し切ってつけた。
誰も一発で読んでくれず教えても必ず聞き返される。ぴや?と聞き間違えられたときは小島よ○おかよってイラっとした
一度教えれば覚えてもらえるし珍しい名前の子も多い世の中だからあまり気にしてないけど、漢字を読みやすいものにすればよかったかなーと少し後悔

続きを読む

    mixiチェック

145: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/08/10(木) 10:28:37.64 ID:ppTpH7VwM

悩みというか愚痴なんだけど、子供の名付けで妻と揉めてる。
俺はキラキラではない今風の名前(美月、愛美、麗香)を付けたくて、妻は普通の名前(智実、千明、優子)を付けたいらしい。

俺の案の読みでも良いけど漢字を変えよう、せめて「美」とか「愛」とか「麗」は使うなと言われる。

その理由がブスに育ったら名前負けして可哀想だから。 

そういう妻は自慢じゃないが結構美人。 
つまり俺に似てブサイクだったら…って暗に言ってるようなもんなんだよな。 
ブサイクなのは自覚してるし、分不相応な美人妻をゲットできて幸せだけどさ。 
でもやっぱり妻からもブサイクだと思われてるんだなと思うと傷つくわ。

続きを読む

    mixiチェック

770: 名無しの心子知らず@\(^o^)/ 2017/03/07(火) 04:59:18.52 ID:qmYSjwJT.net

来月予定の女の子です。

印象はどうでしょうか。


ほしはな(ひらがなで。)


由来は「天に星、地に花」から愛される子、美しい子、必要不可欠な人などの
意味があるそうです。
星花(セイカ)だとアニメキャラが一番に検索されるので嫌なのと、
花星(ハナホシ)だとカセイちゃんと呼ばれそうなのでひらがなになりました。


ひらがな名で困ることあったりしますか?


続きを読む

    mixiチェック

323: 名無しの心子知らず 2011/01/31(月) 08:19:19 ID:okI7sBaC

福音(ふくいん)っていう言葉を知らずに
福音(ふくね)って名付けちゃいました・・・


続きを読む

    mixiチェック

230: 名無しの心子知らず 2009/10/27(火) 12:54:30 ID:+ZrMgMNa

下位ではあるものの、我が子の名前がdqnネームサイトに載っていました。 

驚愕 21 
かなり痛い 10 
ちょっと変 20 
許容範囲内 27 

となっています・・・。 

ショックでした。 
普通に読めると思っていたのに、あまり知られていない名乗り読みだったようです。 

この子がいつか見たらと思うとどうしようかと思ってます・・・。 


続きを読む

    mixiチェック

306: 名無しさん@HOME 2009/10/21(水) 20:11:20 0

息子の名づけの時、旦那から一字取ってつけるように厳命されていた。
(たとえば旦那が「俊彦」だったら息子は「真彦」といったような)
トメも旦那も、男の子は男系の名前を受け継ぐのが筋だという。

しかし旦那の名はトメの実家の爺様にちなんで付けられたものだ。
その矛盾点を指摘すると、
「うちは母系のほうが良い家だったから」ですと。
話を聞くに双方地方の農家出身でそう大して変わらんように思いますが。
なーんかダブスタで疲れるなあ・・


続きを読む

    mixiチェック

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/11/08(日) 19:20:56.298 ID:OsO01Si1r
流石に反対したほうがいいよな?


続きを読む

    mixiチェック

1: 名無しさん@おーぷん 2014/10/15(水)17:08:40 ID:OlA6XhVLB

まぁ聞いてくれよ


続きを読む

    mixiチェック

781: 名無しの心子知らず 2020/08/22(土) 12:33:12.29 ID:76i9qWeM
読み「りょう」で失敗した 
韓国系が好んでつける名前と聞いて


続きを読む

    mixiチェック

367: 名無しさん@おーぷん 2018/08/24(金)12:04:44 ID:P1C

身バレしてもいいやって気持ちで書く
自分の名前がキラキラ気味

「兎(らヴぃ)」はないわ、マジないわ
rabbitなのに「ヴ」なのが有り得ないわ

でも最近転職した会社ではみんな「らんちゃん」って呼んでくれる

名前、蘭とか藍とかに変えようかな
なんなら欄でも覧でも卵でもいい

とにかく真っ当な読みの名前をもらえた気がして嬉しい


続きを読む

このページのトップヘ