カテゴリ: 義兄嫁、義弟嫁への愚痴

【前編はこちら】

6
:名無しさん@HOME 2007/10/12(金) 15:49:31 0

前のスレの892です。 
夫と義兄は電話で話していますが、こちらにはあまり大きな進展はないままです。 
前のスレでいくつか質問をいただいてるのでわかる分だけですがお答えしたいです。
続きを読む

【後編はこちら】

892
:名無しさん@HOME 2007/10/11(木) 22:26:31 0

義理実家というか義兄夫婦なんですが相談よろしいでしょうか? 
ここが不適切な場合、適切な行き先を教えて頂けるととても助かります。 
今ちょっとゴタゴタの真っ最中なのでこそっとPCで書込むのに限度があるのでレスがすごく遅くなるかもしれませんがお許し下さい。
続きを読む

【前編はこちら】
130:名無しさん@HOME 2015/01/07(水) 00:11:55.75 0.net

その後スレ案件か、このスレか迷ったんですけど 
ちょうど1年前このスレに義兄嫁と教育方針が違って…書き込んだものです。 
GWは夫実家に帰省せず、盆は義兄一家と帰省時期をずらしたんですが 
年末年始はそういうわけにも行かずにまた鉢合わせしてしもうた。
続きを読む

【後編はこちら】

401
:名無しさん@HOME 2014/01/16(木) 17:13:18.48 0

ぽろっと愚痴。 
正月旦那実家に帰省。
続きを読む

【前編はこちら】

62: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/01/17(木) 11:36:41.66

前スレで、義父母の好物を義兄嫁に聞いたら 
全く違うものを教えられたものです。 

あの後、義父母の家へ行くことになり 
夫と4人で話をしたのですが、義父から、 
義兄嫁には自分をよく見せるために誰かを悪く言う癖があり 
これまでも義母や義兄嫁の母が言っていたという嘘を義父や義兄に伝え、 
義兄がそれを真に受けて喧嘩になったことがあると 
聞かされました。 
義兄の子供たちの親との付き合いでも似たことがあり 
所謂ママ友同士でのトラブルも多かったそうです。 

だから我が家に来た時の事も、義兄嫁の仕業だとは分かっていたけど 
あの場で私をかばうと義兄がエキサイトしてしまっただろうから・・・ 
と謝ってくれました。 
私と義兄嫁が出来るだけ顔を合わせないように義父母も気を付けるから 
そちらもできるだけ疎遠にしてくれてかまわないと言われました。 
夫も呆れていました。 
義母は私の料理を褒めてくれましたが 
「でももうちょっとしょっぱい方が好きなの」 
と笑っていました。 
実は私もどちらかというと濃い味が好きなのでwホッとしてしまいました。 

夫実家から帰宅後、義兄嫁から何度か連絡がありましたが 
まだ返事をしていません。 
夫が週末にも連絡してくれるというので放置しようと思います。 
厄介な人と縁続きになってしまいました・・・・
続きを読む

【後編はこちら】

953: 名無しさん@HOME 2013/01/10(木) 13:15:39.57 0

私は結婚2年目。 
去年家を建てたので新築披露もかねて 
年始に夫両親と義兄家族を我が家に招待した。 
義父母の食べ物の好みがわからなかったので 
近くに住んでる義兄嫁(結婚15年超)に聞いたら 
「肉系は嫌い、魚も脂ののったものや青魚よりはあっさり目の方が好き。 
生ものは苦手で、味付けもだしがきいたものがいいよ。」 
と教えてくれて、夫にも確認したらそれでいいと言ったので用意したら 
全滅だったorz 
夫も義兄嫁も、私が義父母の好物を用意してくれると散々煽っていたらしく 
食卓を見た時の凍り付いた顔が今でも忘れられないorz 
夫は高校卒業後家を出て正月くらいしか家に帰っていなかったので 
「親父たちの好みが変わったんだと思った」とか言ってるし 
義兄夫婦は「ちゃんと伝えたのにわざと苦手なものを出したんだろう」と口裏合わせてるし。 
義父母が「こういうのが体にいいんだよね」と気を使ってくれたのがかえって辛い。 
結婚して盆暮の帰省しか会ったことがないのに 
なぜそこまで嫌われたのか・・・40超えてこんな仕打ちを受けるとは思わなかったよ・・・
続きを読む

687: 名無しさん@HOME 2017/08/11(金) 19:13:16.58 0
義弟嫁が3歳の女の子を残し亡くなり 
それ以来5年義実家同居のウチの子たちと一緒に育って来た 

四月に義弟が子持ちバツイチの管理栄養士の人と再婚し別居 
今日一家でやって来たんだけど義弟嫁がやたらとうるさい
煮物の野菜の産地を聞かれたから生協で取ってるって答えたら 
まあ生協も悪くはないですけどね、って鼻で笑われた
(なんとかの会ってとこのしか食べないそう) 
義妹一家も子連れで来てるから義母がピザやケンタッキーを並べたら 
ジャンクフードは食べさせてませんって拒否 
テレビも見せてないから自分の子供が染まると困るって帰ろうとする 
それは彼女の育てかただろうけど
姪は泣き出して義実家に残りたいって言ってた
環境変わって大変な所に久々に従兄弟たちと会って嬉しかったんだなと思う
でももう新しい家族なんだからと義弟が一緒に連れて帰った

義弟嫁の連れ子も楽しそうにしてたのにって
今義母もウチの子も義妹の子もションボリしてる
せっかくみんな集まったんだから一食くらい我慢出来ないのかなあ
続きを読む

688: 名無しさん@おーぷん 2016/02/22(月)13:06:55 ID:yaF
兄が結婚して同居してる義姉が私の癌
検診のお知らせ封筒を捨ててた
締め切りが今日で朝一母に
「市役所に出したよね?」と確認されて他の家族は送られてきてた事を知った
義姉が
「そんな結婚もしてない未成年なのに子宮頸癌検診なんて受けないでしょ」
と当たり前みたいに言われた
私の祖母は癌で59で亡くなってるし、
従兄弟は骨だか血液の癌で生まれてまもなくして亡くなったと聞いたし
母の姉は40で子宮癌で亡くなった
だから私も受けるつもりでいた
義姉はこれまで一度もうけたことがなく、私が受けたいと言ったら
「何こいつ」みたいな目で見られた
義姉にとって検診のお知らせも汚らしい物って認識らしくて、
だから届いたらすぐに破いて捨てるらしい
今年は諦めるしかなさそう
続きを読む

378: 1/2 2013/05/16(木) 21:10:46.63

兄嫁スレにするか悩んだが自分にとって
修羅場話だったので流れを変えるついでに 
先人達に比べて大した事がないかもしれないしヲタ話なので注意 

仕事を終えて家に帰るとリビングから喧嘩の声がきこえてきた

どうやら遊びに来ていた兄と兄嫁が喧嘩しているらしく
母の横で甥っ子がギャン泣き
何があったのか聞こうと思ったが
その前に兄が土下座する勢いで
「嫁が勝手に息子をお前の部屋に入れてしまい
大事な物を滅茶苦茶にしてしまった」
と謝罪してくるので慌てて部屋に行ってみるとフィギュア棚崩壊
(フィギュアといってもアニメ系ではなく特撮系の可動フィギュアがメイン)

フィギュアの中には当然限定品もあるが部品が折れていたり
塗装が剥げていたり最悪な状態
怒りがこみ上げてくる前にショックの方が大きくて
その場でへたり込んでしまった

リビングに戻って事情をきくと
甥っ子が勝手に部屋に侵入→あ!○○があるー!と興奮して
棚からフィギュアを取り出して遊ぶ
息子がなかなか戻らないので様子を見に来た兄嫁→あら、
おもちゃ遊び?よかったねー
→ほら、こっちにはこんなのあるよー、
と次々フィギュアを取り出して渡す 

二人が戻ってこないのが気になった兄が
現場を見て激怒→二人をリビングに連れ戻して喧嘩
続きを読む

444: 名無しさん@HOME 2017/06/04(日) 14:19:48.33 0
今年の春義兄一家が義兄の転勤で我が家と同じ地区に越してきた。
義兄の子供は男の子四人。小学一年と幼稚園年中の双子と二歳。
義兄嫁に
「このあたりのこと知らないので、児童館とか公園とか
連れて行ってください。」
と頼まれてのこのこ案内した私は大馬鹿。

男の子四人そりゃ大変だろうよ。わからないではないが、
四人とも悪ガキでしつけもくそもない。
どこに行ってもよその子をいじめたり、叩いたり怒鳴こつけたり、
持っている物を横取りする。

義兄嫁が前住んでいた地域であったセミナーでやっていた
「叱らない育児。子供を常に褒めて短所を長所に変える育児」
とか言うのに賛同しているとか言って四人が何をしても全く叱らない。
それどころが悪さ(私達が見て)をすると
「これはこの子が大きく伸びるチャンス。」
と言ってにこにこ見てるだけ。

「上の三人は何が悪いか口で言えばわかるでしょう。
それを教えなきゃ伸びるチャンスどころか何が世の中で悪いことか
わからないままだよ。」
と先日ここ二ヶ月我慢していたけど義兄嫁にはっきり言ってみた。

義兄嫁は何言ってんだこいつみたいな顔をして私を見てた。
それから
「まったく子供のいない人は幼児教育の仕方すら知らないんですね。
これから子供達だけで遊びに行かせようと思ってましたが、
それでは不安で預かられません。

私が学んだセミナーの本を貸しますので、勉強してください。
そして実践してみて私が大丈夫と思ったら、子供を預けてあげますよ。」
と言われた。

全部お断りした。
旦那には全て話してあったが、もう付き合いきれないので私は関わり合わない。
連絡あっても無視すると話した。

昨日ポストにセミナー本らしき物が三冊入っていた。
送り返そうと思ったけど、今日旦那が義兄に会いに行くと言うので持たせた。
続きを読む

このページのトップヘ