カテゴリ: 感動

834 :名無しさん@おーぷん
電車で横に立つスーツのお兄さんが大量の汗をかいてた。最初は「そんだけ肉付きが良かったら汗もかくだろ」と思ってたけど
尋常じゃない汗と虚ろな目に心配になって声をかけるも上の空の返事に本気の危険を感じて、次の駅で降りてホームで休むことをすすめてたら頷きはしたけど
その次の駅に着いたところでお兄さんはフラフラと歩き出したホームで崩れ落ちるように倒れた。
声かけた手前見捨てることもできずに私もそこで降りて119。周りの人に助けてもらって介抱してたら朦朧としたお兄さんが失禁しだしてビビった。
救急車に運ばれるお兄さんを見送ってその場は終わったんだけど、後日駅で再会したお兄さんから是非お礼をと連絡を頂いたことをきっかけに親しくなった。
そのうち私の家族とお兄さんも仲良くなって最終的に旦那さんになった。
姉の。
おかしくね?惚れるなら私にじゃね?
って言ったら二人に苦笑いで謝られた。別に良いんだけどね。祝福したんだけどね。
続きを読む

710 :名無しさん@おーぷん
俺よりも相手の親御さんが修羅場だっただろう笑える話

この時期は近所に買い物に行く程度なら作務衣を着て出歩くんだけど
その日は嫁さんが体調を崩したので、食材を買いに水色の作務衣で近所のスーパーへ
ある程度食材を買い込んで、小腹が空いたので菓子パンをかじりながら信号待ちでボーッと突っ立ってたら、隣に並ぶ親子連れ(母親が20代後半、男の子が4〜5歳くらいと推測)
男の子がこっちをじーっと見てたので、子供の前で買い食いはまずかったかな…と思ってたら
「おじさん、何で変な服着てるの?」
思わず吹き出す俺、顔を真っ赤にさせて子供を叱り謝ってくる母親
いいんですよ、と母親を宥めてから
俺「これはね、作務衣といってお仕事をする時に着る服なんだよ」
子「ふーん、おじさんコックさんなの?」
俺「(あー、食材見てか)うーん…まぁ、そうかな」
男の子を相手してる内に信号が変わったので渡りながら話をして、さて帰るかと思ったら
「おじさんって、青色の服着てるって事はおかま?」
トドメ刺されて吹き出す俺、顔を真っ青にして固まる母親
俺「何でおじさんをおかまと思ったの?」
子「だって、なんたらジャーの誰それは青だよ?青色は女の人のだからおじさんおかま?」
(後で調べたら、今放送してるジュウオウジャーのブルーが女性でした)
母親が盛大に平謝りしながら、お子さんの色に対する偏見(男は赤でないとダメ!らしい)を説明して下さったので、男でも青やピンクは変じゃないんだよと説明して別れた
俺からしてみれば、子供の無邪気な質問で可愛らしいと思えて笑えたんだけど、母親にしてみれば子供が見知らぬ大人に失礼な言葉使ってとヒヤヒヤしてたんだろうな
続きを読む

699 :名無しさん@おーぷん
あまり修羅場じゃないけど、お茶請けにほのぼのとした話を一つ

台所で茶碗洗ってたら、隣家の庭から草刈り機のエンジン音が聞こえてきた
隣家の人が庭の草刈りを始めたんだな〜と思ってたら、それと同時に『がんばれ〜!がんばれ〜!』という幼児の声援が聞こえてきた
何だろうと思って、台所の窓から外を覗き見たら、隣家の窓から幼児が草刈り機を動かすお爺ちゃんに声援を送ってたw
幼児が一生懸命声援を送るのでそのお爺ちゃんは草刈り機のエンジンを一旦止め『ありがとう〜!ありがとう〜!』って答えて、直ぐに作業開始
幼児はそれでもしばらく声援を送り続けてたw
普段から仲良く散歩してたり、『爺ちゃん爺ちゃん!』と後を追っていく姿をよく見るけど、本当にお爺ちゃん大好きなんだな〜とほのぼのしました

続きを読む

このページのトップヘ