カテゴリ: 冠婚葬祭

1: 2017/08/06(日) 12:15:15.20 ID:CAP_USER9

日本人がなじんできた「お葬式のかたち」がいま激変している。従来型のお葬式ではなく、「家族葬」が広く受け入れられ、弔いの形は家から個へ――。 

葬儀費用の「見える化」と価格破壊は何を生むのか。AERA 8月7日号で、新しい葬式の姿と、大きく影響を受ける仏教寺院のいまを追った。 

*  *  * 

家族葬が一般的になる前から、「身内」だけの葬式にこだわってきた宗教団体がある。公称会員数827万世帯を擁する創価学会だ。学会は25年以上、「友人葬」と呼ばれる独自の葬式に取り組んでいる。 

一般的な仏教葬との最も大きな違いは、僧侶がいないこと。僧侶の代わりに、「導師」という古参の学会員が進行役を担い、遺族、親族、参列している学会員たちも一緒にお題目の「南無妙法蓮華経」を唱える。 

導師は創価学会の「儀典部」に所属。信仰歴が長く、教義に造詣(ぞうけい)が深く、葬儀方法を熟知しているベテランが多いという。友人葬は僧侶がいないため、お布施が必要なく、戒名もない。原則として香典も必要ないとされる。 

●僧侶なし戒名なし 

友人葬がスタートしたのは1991年。創価学会が宗門の日蓮正宗から「破門」された年だ。それ以前は、学会員の葬儀は日蓮正宗式にならい、僧侶が執り行っていた。 「宗門からの破門により、『後ろ向き』な改革の結果として生まれたのが、友人葬なのです」 

創価学会に詳しいジャーナリストの山田直樹氏は言う。破門されたとはいえ、創価学会は、教義上は日蓮正宗を引きずっている。最も困ったのが、葬儀問題だった。 

宗門と決裂したことで、葬式では僧侶を呼ぶことができない。“苦肉の策”として生まれたのが、学会員自らが「聖職者」の代役を担う「友人葬」だったという。 

創価学会広報室は友人葬についてこう回答した。 

「(友人葬のスタートは)本格的には91年ですが、一部ではそれ以前にも行われていました。香典は、ご遺族の意思を尊重しています」 

友人葬の公式ホームページにはこう記述されている。 

<「葬儀で僧侶が引導文を読み上げないと成仏しない」、また「故人に戒名が必要である」という考え方は、仏教の開祖である釈尊(釈迦・仏陀)の考えにはありませんし、仏教の本義に照らして正しいものとはいえません> 

<仏法では成仏はあくまでも故人の生前の信仰によるものと考えられています。創価学会は、葬儀でなによりも大切なのは故人を悼む、「まごころ」からの題目による追善回向だと考えます。そうした意味から、友人葬こそ仏法の精神にもっともかなった、仏法の本義に則った葬儀であるといえるのです> 


●非学会員から相談も 

現役の学会員は、どう感じているのか。関西地方に住む学会の中堅幹部(70)はこう語る。 
「友人葬は、創価学会の『まごころ』が最も表れる。故人のことを知らない人までも、地域の学会員が有志で集まって、真心をもって弔ってあげる。私は何十回も友人葬に参加していますが、いつも『爽やかでいいお葬式でした』と感謝されます」 

ときには、創価学会員以外からも、「友人葬」をやりたいという申し出があるという。 

「お寺がない地域にお住まいの方、葬儀にあまりお金をかけたくない方から『学会員ではないが、友人葬をしたい』と言われるケースもある。 

実際、私の近所に住む非学会員の方から相談を受けたので、導師を招いて友人葬をしたのですが、300万円くらいかかるはずだった葬式代が80万円弱になったと非常に喜んでくれました。 
友人葬は学会に対する理解を深めてもらえる場にもなっている」(中堅幹部) 


だが、当然ながら、友人葬でも葬儀会場代などの最低限の経費はかかる。香典が必要ないというスタイルゆえ、その大半が遺族の持ち出しとなる。 

とはいえ、「なるべくお金をかけたくない」「家族に迷惑をかけたくない」と、派手な葬儀より、今の時代は身内の家族葬がもてはやされている。はからずも、池田大作名誉会長は91年11月12日付の「聖教新聞」でこう述べている。 

<学会の友人葬は『時代を先取り』している。“先端中の先端”を行っている。その誇りを強くもって、堂々と進むべきだ> 

これぞ、先見の明というべきか。 (編集部・作田裕史) 

配信 2017/8/5 07:00 
AERA 
https://dot.asahi.com/aera/2017080400065.html?page=2
続きを読む

304:可愛い奥様2017/07/14(金) 20:23:33.20ID:BIXjaA7K0
夫の姉が50歳という若さで亡くなり、先日通夜と告別式に参加してきた。
義姉の通夜・葬儀には、義姉のお友達や元職場の方々など200人ほど参列してくれた。
お香典の計上をしてみると、かなりの赤字になったことがわかった。

内訳を見てみると、親戚以外のほとんどは3,000円が多く、
親しくしていた友人からもそのくらいだった。
中でもびっくりしたのは、2,500円というのがかなりあったこと!
香典袋に硬貨入れてるってことだよね?そんなの聞いたことがなくて心底びっくりした。
まあこういうのは気持ちだし、
来ていただいて故人に手を合わせてもらえるのは本当にありがたいし
お金の話を言うのもいやらしいことなんだけど、ちょっと常識を疑ってしまった。

中には、義姉のママさん仲間が子供の写真をこちらに持ってきて、
「これを棺に一緒に入れてください」って言ってきたこと。
マ、マジで言ってんのか!?と驚いた。
続きを読む

38: 名無しさん@HOME 2014/04/05(土) 20:51:51.63 0
もうすぐ祖父の一周忌がある。 
この間旦那が息子を連れて義実家に行った時に香典を渡されたんだけど、 
ふくろにも入っていない不祝儀袋に一万円がポンと添えられてるだけだった。 
義母が字が下手で旦那に代筆を頼む→旦那も字に自信がない→じゃあ嫁子さんに書いてもらおう!って流れでそのまま持って帰ってきたらしい。 
気持ちは本当に嬉しいんだけど、現金をほらよ!って投げて渡されたみたいに感じてモヤモヤしてしまう。
続きを読む

563:愛とタヒの名無しさん2010/08/25(水) 12:41:36
多分、不幸であったと思われる結婚式。
本家の隣が数年前に改築して、小洒落たレストランになったんだけど、
大きな窓から素敵な庭を眺めながらのウェディングがウリ。
(レストランがそれを売っているのではなくて、口コミで人気らしい)
と、いってもその庭は、今年88才のうちの大ばあちゃんが趣味で作っているもの。
レストランが出来た時に、家族で行ってみたけど、いやあ~
縁側に出るときも、おしゃれしないとねえ(けっこう丸見えなんで)と、はしゃいでました。

さて、今年は大ばあちゃんは米寿なんで、お祝いしないとねえと話していたら、本人からの
希望で「米寿に合わせて生前葬をしたい」(ようは自分でこれまでのお礼を)とのこと。
で、一族、大ばあちゃんのお友達、お世話になった方を招いて、お葬式を行いました。
庭に面した、部屋はふすまを外されブチ抜きに、ええと本人はニコニコしてますが、
大好きな花(バラがメイン)で祭壇が作られて、写真飾られて、坊様5人で読経ですよ。
出席者、みんなニコニコしてますが、全員が喪服です。
行ったのは、葬式とはいえお祝いごとなので、大安祝日の休日でした。なので、お隣も結婚式を
していました。
結婚式の写真を撮ったら、喪服の集団が写ってしまうのは、かなり不幸だと思います。
でも、お祝いごとだから許して欲しい。まあ、これまでも洒落っ気の無い我が一族が
庭をウロウロしているのが見えていたんだろうけど、喪服となると話は別かな。
庭に面したふすまが外されてるので、本当に丸見えだし。
ちなみに、お葬式の後は、大じいちゃん(82才)と黒いリムジンに乗り、クラクションを
鳴らした後に、ホテルでセッティングの祝賀会場へという流れだったので、タイミング悪ければ
申し訳無かったかも。(素敵なスピーチの最中とか、母への手紙とか)
長生きの家系で、先日の健康診断で本当のお葬式は後10年は無さそうだと
このお葬式にも出席して下さった、お医者さまから太鼓判を押されました。
続きを読む

174: 名無しさん@HOME 2014/09/30(火) 15:13:53.43
なんかもりあがってるけど、質問します。 

義弟の娘が今年三才で七五三を来月するそうなの。 

それで今日義弟嫁にスーパーで会って立ち話をした時に 
「物はかぶると困るし、服は小さくても気に入るかうるさいからお金にして下さいね。」と言われた。
何かわからなくて「何が?」と聞いたら「何しらばっくれてんですか
七五三のお祝いに決まってるでしょうに。子供いないとわからない?」
と喧嘩売られました。

小梨ですが今まで兄の子の七五三にお祝いあげたことないです。

冠婚葬祭の本にも書いてありません。
皆さん普通にあげてますか?
続きを読む

このページのトップヘ