カテゴリ: いい話


914: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/01/06(火) 00:08:02.04 ID:eVJKSuCf.net
すごく間抜けな修羅場。しかも長いですごめんね。 

夫婦で地方から東京へ旅行に来て2日目、ピンヒールで歩き過ぎて、足がパンパンで痛いのなんの。 
ヨチヨチ足で引きずるように一旦宿に戻った後、旦那が所用で一時間程別行動を取ることになった。 
そこで、その間どこかで足のマッサージでも受けてれば?良さそうだったら後で俺も行くしという旦那からの提案が。 
またヨチヨチ足で外に出て、一番近くにあったマッサージ店の様子をガラス戸越しにうかがっていたら、中から小さい子供がニコニコしながらガラス戸を開けてきて、否応なしに入店する羽目に。 
奥から「イラシャイマセー」とお店の人が出てきて、あ、日本人じゃなかったか…とやや戸惑いながら靴を脱ぎ、足コース30分を依頼。客は私一人。 
荷物を籠に入れ、足湯を少ししてもらい、身体にタオルケットと顔にタオルをかけてもらって施術スタート。

続きを読む


712: 名無しさん@おーぷん 2014/06/19(木)21:13:30 ID:???
小学生の頃の話。
なんとなく学校行くのめんどくさい~休みたいってなる時があった。
私は頭がタヒぬ程痛いから今日休むと母に仮病を使った。
ちょくちょくこんな手を使ってたので母は
「また仮病でしょ!行きなさい!」と怒ってた。

それでもグズグズ言う私に母は
「じゃあ休むなら病院だからね!」と言われ
(よっしゃ休めるううう!)と喜びに震えた。
そして母に宣言通り病院に連れてかれた。

「もしもなんともないって言われたら
1ヶ月おやつ抜き、トイレ掃除だからね!」

と言われ泣いた。



続きを読む

314:名無しさん@お腹いっぱい。2011/11/16(水) 21:58:12.31
ちと重い話だが・・・

俺は当時実家住みで、実家はものすごい僻地ってか山奥
リアルに、隣の家が100m離れてるレベル
勿論街灯なんかも殆ど無く、夜は真っ暗


ある冬の日、夜中にタバコ吸いつつ歩きながら近くの川がある橋へ
するとぼんやり人影が

幽霊!?と驚きつつ、よく見たら生きてる人
何かを抱きかかえて、橋から今にも身を乗り出し落ちていきそうだった


こんな夜中、しかも冬にと驚いて、
「何してる!?」
と大きい声を出してしまった


すると、その人影はよほどビックリしたのか
ビクッと小さく飛び上がって橋の手すりのそばで座り込んでしまった

続きを読む

1:匿名@ガールズちゃんねる2017/03/06(月)
5b4cc55d-s

このツイートには、8000以上のRTと15000以上の「いいね」が集まり、
「素晴らしい旦那様」

「見習いたい」といった声や、

「先進的でかつ自立心が育つ声かけ」


「子供のやる気を阻害せず、何がいいかを具体的に誉めている」
といった

教育における効果を見出す人の返信も寄せられていました。
続きを読む

557:名無しさん@お腹いっぱい。[]2008/11/18(火) 20:11:44
ふーこの前の話なんだけど、ようやく独身の頃から憧れていた
バルセロナ・チェアーを少ないこずかい削ってたばこやめて
20万貯めてレプリカだけどいいやって思って買おうっとして
妻と二人で、家具屋に行ったんだ
正直夫婦共同の貯金は、あるけど将来のために使えないし妻もいろいろ
我慢してる感じだ
独身時代の貯金は、引越しやら、結婚式やらでほとんど残ってなかった
家具屋についたら、妻がずっと化粧台見てるんだなんて言うか寂しそうな
雰囲気で、なんかうしろめたさからその日は、買うのを、やめて食事して
帰った
妻には、
「なんで買わないの?」って聞かれたけど
なんとなく「次でいいや」って答えた
んーやっぱ中学生の頃から、ほしかった家具だったので仕事の帰りに家具屋さん
に一人で行ったんだ
どうしても妻の顔が浮かぶ
寂しい表情の顔がうかぶ
続きを読む

228:名無しさん@そうだ選挙に行こう2010/07/10(土) 17:14:23
大学のサークル見学に来た嫁に
俺「これからみんなで餃子の早食い大会行くけど、一緒に行く?」
嫁「やらなくてもいいなら。。。」

サークルは音楽系だった。


230: 名無しさん@そうだ選挙に行こう 2010/07/11(日) 03:03:39
>>228 
検索すると軽音楽部の方々による ガチンこ餃子早食い大会 
ってのが引っかかるんだが

231: 228 2010/07/11(日) 12:22:20
遅くなってしまうけど夜には書くよ
 
>>230 
もしかしたらそれかもねw


続きを読む

200:名無しさん@HOME2006/07/31(月) 22:28:54
私が5歳の時両親は離婚(原因は父のDV)。
私は母親に引き取られました。
しかし大学の卒業旅行のためパスポートを作ろうと戸籍を取り寄せたら超びっくり。

私、父親と父の前妻の子供だった。
つまり私を引き取って育てて大学まで行かせてくれた母は父親の後妻。
つまりは全くの他人。

あまりの衝撃に何も言えぬまま日々を過ごし、結婚する時にやっと母に聞いてみた。
母はあっさりと事実を認めた。
私の実の母は私が1歳の時にタヒ去。育ての母親は私が3歳〜5歳まで父と結婚していたのだそうだ。
何故他人の子を引き取った?という質問には
「あの人(私の父親)の所に置いちょったら何されるか分からん。
かわいそうじゃけ連れて来てしもた」
とのこと。
私自身が親となった今でも母の情の深さには敵わない。
母は今血の繋がらない孫達に囲まれてとても楽しそうです。
続きを読む

1: 風吹けば名無し 2017/05/09(火) 04:11:23.72 ID:lMQUGQQe0
ほんまによかった…
涙が止まらんのや
続きを読む

このページのトップヘ