カテゴリ: ほんわか


701:名無しさん@お腹いっぱい。2008/02/22(金) 14:25:40
話の流れ豚切りでうちの馬鹿嫁ネタ

もうすぐ引越しのため毎日ダンボールに荷物詰めてるんだが
ふと気付いたら、本を入れてるダンボールに片っ端から
「重いです」と書いてある
ちょwwwwと思って持ってみたら実際重い
なかでも一番重い奴には「めちゃくちゃ重いです」と書いてあり
俺でももちあがらなかったので嫁に
「これはちょっと重過ぎるだろ。ダンボール二つにわけたほうがいいんじゃね?」と提案

翌日、「めちゃくちゃ重いです」に大きく×をつけて「軽くなりました」と書いてあった
引越し屋さんが混乱するだろうがw

続きを読む


79:本当にあった怖い名無し[sage]2013/01/08(火) 14:57:16.61 ID:RkLWWCD/0
長い話になるよ。まとめようと思っても、なんか言い足りないくらいでさ。

頭良くなくて、デブなやつがいたとするでしょ。
そいつがもし、小学生で、大人が驚くほど歌が上手だったらどう育つと思う?

一つの例だけど。
僕の場合、歌を拠り所にして、歌に人生賭けたいと思うほどの大人に育った。
高卒で、母と取引をして上京、上京に反対してる伯父を母にとめてもらって、
実家の支援なしで突っ走ったよ。
高校時代からバイトして溜めた、三十万ぽっち握りしめてね。
不動産屋で実家に連絡とられると、
伯父が出たら連れ戻したいなんて言われたりして。
それでもどうにか、事情を説明して母と連絡とってもらってさ。
で、実家の支援が受けられないから、
どんな問題があってもいいから、安い部屋をって頼み込んで。
カプセルホテルで三週間くらいすごして、
ようやくみつけたのが、すさまじいアパートだった。

場所は都庁が見えるとこ。渋谷区なんだけどね。
ちょっと出たとこの通りからほんと都庁が見えるのね。
とりあえず、物件下見にいったときに、なんかものっすごい寒気したの。寒気。
当日はうららかな春の見本みたいな日だったのよ。
その部屋日当たりもいいのよ。
つきそいの担当者はアパートの門の前で、
鍵だけ渡してみてきてくれって始末。
郵便受け見ると、一階二階にそれぞれ三室あるはずなのに、
埋まってるのは下だけ。

で、階段上る途中で、
二階のどこかの部屋から、足音がきこえたような気がする。
とりあえず手近な扉からあけたら、なんか誰かいたような気がする。
部屋はいって即、となりの部屋との境となってる壁の四隅にね。
木製の板に見慣れない模様が刻まれてるようなのが、釘でうちつけられてるわけ。

で、全部の部屋みてまわっておりてきたら、
丁度下の十人のくたびれたおばさまと鉢合わせ。
鍵もってる姿みて、担当者がいるのみて、挨拶もかわさないうちに。
「ひょっとして二階に住むの検討してるの?
やめといたほうがいいわ。悪いこと言わないから」
なんてひそめもしない声で言って、ノシノシ歩いて行く。
「えーと、今のって二階に人が入ると、
うるさくなるからってことですかね?」
「いえ、ご希望どおりに、
問題がいろいろとあるかわりに家賃一万円のお部屋ですので」



続きを読む

623:名無しさん@お腹いっぱい。2011/09/13(火) 23:16:39.96
上司と外訪終えて日比谷公園でアイス食ってた社会人3年目の夏
座ってたベンチの前を女子大生と女子高生っぽい二人連れが通りかかった

女子大生風「あ、おっじさん、あたしもアイス食べたーい」

女子高生風「あ、こら、ちょっと!」

上司「それが人に物をねだる態度かね?もっとちゃんと頼みなさい」

俺「いや、そういう問題じゃ……」

女子大生風「ではおじ様、私達にもアイスをご馳走していただけませんでしょうか?」

上司「よろしい。これで買ってきなさい」

そんな感じのやりとりをしつつ、しれっと小銭を渡す上司と嬉しそうに

受け取る女子大生風に全くついていけない俺と女子高生風は、

俺「あの、ごめんなさい、何か変な上司で」

女子高生風「いえ、こちらこそ、すいません。ご迷惑をおかけして」

なんてペコペコ頭下げあってたら、上司は不思議そうに首を傾げて
「いや、あれ姪だから」
と…

俺はてっきり初対面の他人同士だと思ってあわあわしてたんだが、
身内だと解ったら思わずホッとして、で、四人で自己紹介し合った

その女子高生風が嫁さんです
続きを読む


541:名無しさん@HOME2006/10/29(日) 21:04:40
今日のトメ

臨月妊婦です。
今日、旦那祖父の1周忌だった。
昨日、トメさんに時間の確認の電話をしたら

「アンタは来なくていいから!」

と言われ、軽くショックだった。



続きを読む


139:おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2015/07/29(水) 20:24:20.17 ID:h4I7w5p0.net
もう何年も前のこと、義弟ができ婚することになった
飛行機の距離の旦那実家へ夫婦で向かい、式に参列
披露宴の後、ホテルに帰って一息ついていたら、電話が鳴った

電話は義父からで
「明日ウチ(義実家)に来るって言ってたけど、ちょっと無理かも。」
「どうかした?」と旦那が聞くと
「お母さんが病院に運ばれてね。」



続きを読む

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2017/08/14(月) 04:09:29.147ID:cN3hFcJa0
隠れて出てこない

0f042a86-s
続きを読む

55: 本当にあった怖い名無し 2009/08/06(木) 12:39:51 ID:IbK5ix9e0
話投下。 

自営業で店をやってるんだが、バイトの女の子が、たまに霊を拾ってくる。 
こないだも、白いワンピース姿の女の霊を引き連れて出勤してきた。 
それまでお客さんで賑わっていた店内が、夕方からのかきいれ時だというのに、ぴったり客足が止まる。 
どころか、たった20分で店内のお客さんゼロに! 
天気も良く、いつも通りの照明なのに、急に店内が暗く感じられる。 
困ったな~って思ってたら、誰も乗っていない、誰も呼んでないエレベーターが、やたらウチの店の階で止まるようになった。 
さらには入口に設置している、人の動きを感知して鳴るピヨピヨ~っていうやつが、誰もいないのに鳴るように。 
霊連れてきたのとは別のバイトの子は、体調おかしいとか言い出すし。 
もう、霊に出て行ってもらうしかない。 
霊は店の中やエレベーター前をウロウロしている。 
「あの~、何か御用ですか?」 
と、テレパシーみたいな感じで、頭の中で霊に話しかけてみた。 
すると霊、「ええっ! 私が見えるんですか!!!(°▽°)」とびっくりしている。 
「見えてますよ。で、何してるんですか?さっきから」 
「帰りたいんですけど、ここに迷い込んでしまって。見ていたらみんなこの扉開けて出ていくので、私もそうしようと思ったら、 
扉が開いても行き止まりで……(;ω;)」 
って、エレベーターを知らんのか? 来る時乗ってきただろうが。 
「じゃあこちらからどうぞ」と、非常階段の扉を開けてやった。 
「(≧▽≦)すみません」と言って、霊はふわりと空に飛びあがって消えた。 

後日談、続きます。 

続きを読む

374: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/03/20(月) 23:08:31.47 ID:EUG5zjlN0
馴れ初めかー
俺と嫁の旧姓&名前が一字ちがいだったことかなー

例えば
俺:田中和夫
嫁:田中和子
年齢も同じ

昔は嫁の友達に会うのが面倒くさいかったなー
婿もらったのかとか説明するのうんざりしたw
続きを読む

このページのトップヘ