カテゴリ: セコケチ

172: 名無しさん@HOME 2014/11/20(木) 17:30:47.04 O
うちの義実家は借金なしだが資産もなし。

ウトメは自営で瞬間的に羽振りが良かった時代があったけど
義弟が就職した後に一気に失速して廃業した。
そのあとトメだけになりうちが引き取り同居してたが、つい先日なくなった。

夫は義実家の長い貧乏期に育って、高校大学と親に頼らずバイトと奨学金で乗り越えてきた。
年の離れた義弟は、義実家の徒花のような繁栄に重なったせいで
塾と家庭教と補欠入学金でずっと私立に通ってた。
生まれた時期のせいで家庭の経済状態が違うのは仕方ないし
それについて夫は特に思うところは無いそうだ。
トメは「長男はしっかり者、次男は優しい子だからいつまでも心配」
と言ってたが、愛玩要員とその他みたいな扱いだと思う。
トメを引き取るとき

「家賃や食費の足しにして下さい」
ともう着れなくなった着物やアクセサリーをもらった。
それを知った義弟嫁からは
「女系(うちは男の子しかいないが義弟子は女の子)に渡すべき」とネチネチ言われてた。
トメが亡くなったあとも
「トメさんから良いお品を受けついで幸せですよ、羨ましいわ」
とお世辞と嫌味混じりで何度も言う。かなり欲しいらしい。
生地ペラペラ柄お下品(昔の花柳界のお姐さん好み)仕立て適当な和服と
ジャンクに毛を生やした子供騙しアクセサリー各種、トメの顔を立てる為だけに受けとったけど
果てしなくいらない。
形見分けはやっぱり女系に行くべきですよね、お持ちになりますか?と聞いたら
「気が変わっても遅いですからねー」とトメの宝石箱ごとマッハで持って帰った。
それほとんどロジウムメッキです、と言う暇もなかった。

着物は残念だけど義弟嫁の身幅に合わなかったが
半襟と帯(実家の祖父が緋牡丹シリーズと評した粋なやつ多数)は気にいってもらえた。
義弟子の七五三に「母子でお着物きるわ」だそうで、トメも草葉のかげで喜んでると思う。
アゲアゲ七五三ステキー
続きを読む

615: 名無しの心子知らず 2013/10/31(木) 17:07:33.93 ID:I0MuxHTg
この間セコキチにHP削り食らったので投下 
 かなり長いので分割、失礼します 

大型スーパーの駐車場にてあった出来事 
 彼とドライブがてら普段と違うスーパーまで夕飯の買い物へ行き 
用事済ませて「じゃー帰ってビール飲みながら鍋しますかー」 
と普通~に話しながら車目指して駐車場歩いていたら 
「いいねー!」とまるでいい○ものように後方から相槌があった 
  
で、え?!って反射的に振り返ってみたら
見知らぬ女性+小学生低学年くらい?の女の子 
 知り合いかと思ったけどそうじゃない、でも明らか自分たちの会話に混ざってきてた
続きを読む

756: 2016/06/28(火) 23:44:25.81 ID:ozm9NVbj
遠距離恋愛中サプライズで彼の家を訪れたところ、
別の女の影があり二股かけられていたことが発覚。 
誕生日に可愛いネックレスを貰って浮かれていた矢先のことだった。 
当然口論となり、ネックレスを彼に投げつけそのまま別れて1年。 

大好きだったから、悔しいけど忘れられなくて実はずっとひきずっていた。

先日、彼のFacebookを見てしまった。
彼女と思われる女性のバースデーを祝っている様子、ツーショットをアップしていたり気分は複雑。
だがしかし、彼女の胸元を見てみるとなんか見覚えのある 。。。
そう、私が投げ捨てたネックレスをバースデープレゼントとしてあげたらしい。

すごく引いた。引いたというかもうドン引き。
サーっと気持ちが完全に冷める瞬間がわかった。

続きを読む

251: 1/4 2009/12/04(金) 12:02:20 ID:cm+DsQN/
今まで、「誰にも言わない」という約束を守ってきましたが、時効かとも思うのでフェイク込みで。
時系列は私が認識した順番になっています。

私が高校を卒業するまで住んでいた新興住宅地では、年一回、私が通っていた中学校を会場に、
地域の親交を深めるための運動会があった。
毎年、お昼時に現れるセコケチで有名なシングルママ(離婚、持ち家、非ナマポ)は、小学生の
子供を連れて、「家にお弁当を忘れてきちゃったの。余分にあったら少しわけていただけない?」と
空のタッパーを持って、校庭でお弁当を食べているグループを回っていた。
優しい人に「一緒に食べましょうよ」と提案されると、何かと理由をつけてとにかくタッパーに
分けてもらってその場を離れる。

どうやら、タッパーがいっぱいになるとどこかにしまいこんで、別の空のタッパーを持って
同じことを繰り返していたようで、三年目くらいには噂が広まってほとんど相手にされなくなっていた。

そのうち自分でもお弁当を持ってきて、大人数のグループを探して一緒に食べるようになった。
みんなで食べるために広げられたおかずが目当てなのはバレバレだったが、別れた旦那からもらった
持ち家を手放したくないために生活保護を受けず、パートの収入で苦しい生活をしていることは
知られていたので、大目に見てもらっていたようだ。
続きを読む

このページのトップヘ