カテゴリ: みんなの馴れ初め話


557:名無しさん@お腹いっぱい。[sage]2008/02/21(木) 22:01:23

話豚切りで申し訳ないが
俺も馴れ初めを書いてみる

嫁と出会ったのは高校3年の夏だ
弓道部に所属していた俺は昇段審査の時
一緒に審査を受けていた女友達が
見学をしたいと言うことで友達(以下「彼女」とする)を連れて来ていた
審査までの待ち時間の間、いろいろと彼女と話していた

結構TVゲームをする事や、草野球をやっている事など
俺の趣味や嗜好とかなり合致して話がすごく弾んだ
それでお互い携帯の番号とアドレスを交換して

時折だがメールするようになった
だがそれも長くは続かず、お互い進学の勉強や準備で追われて自然消滅してしまった
更には俺が携帯を落としてしまい彼女の番号が分からなくなってしまったため
彼女との接点は完全に消えてしまった

翌年4月に俺は専門学校に行くため上京し、一人暮らしを始めた
彼女の事は頭の片隅に置いた程度で特段思い出す訳もなく

国家資格取得のための勉強やレポートに精を出した
そんなある時、専門学校で仲良くなった友人から合コンの誘いが来た
4対4でやるんだが、どうしても男側が1人足りないとのこと
俺は合コンには大して興味も無かったので断りを入れた
だが、どうしてもとしつこく誘うので仕方なしに俺は合コンの参加を決めた
正直な話、19にもなって女の子と付き合ったこともないし

合コンなんて行っても何をしたらいいか分からない
合コンは楽しいものらしいが俺には苦行以外の何物でもなかった
ちょっと続く

続きを読む


661:3-1[sage]2008/07/27(日) 20:14:30

作文投下。

学生時代、A子に惚れた。A子も俺に好意的で仲良しだったが彼氏にはなれず。
そのまま2年の間、A子に未練たらたら。貴重な学生時代を無駄に浪費。

周囲からは俺とA子が「珍しい男女の親友」認定されたがちっとも嬉しくない。
4年生の時、別の彼女ができる。A子のことはころっと忘れその娘に夢中になる。遅い初めて脱出。彼女も一緒。夢ごこち第一次絶頂期。
A子にも彼氏が出来て安定的平和的親友付き合い開始。

社会人2年目。俺、彼女に振られる。虚脱状態。
噂を聞いてA子慰めの電話をかけてくる。
が、1ヵ月後A子も彼氏に乗り換えられて振られる。A子呆然。
俺とA子、勢いでヤケクソ温泉お泊り旅行に行く。
行きの車中はお互いに落ち込んでいて、さらにその日の夜のことを考えて緊張して全く盛り上がらず。

旅館で。こんなんでヤっていいのか?
でもこの状況はヤるよなと考えているところに風呂上り浴衣のA子登場。

布団に寝て「いいよ」というが
下手に付き合いの長い悲しさで嫌がっているのを看破する。
怒らせないように優しく問い詰めると
「今は誰ともしたくない。でもあなたなら仕方ない」
「仕方ない」といわれて萎えたが冷静さも芽生えて、行為は諦める。
布団に寄り添って観光地図を見たり思い出話に終始する。

胸元から胸の谷間が覗いたり、浴衣がはだけてパンツがチラリと見えてぎゃあああと思うが暖かく柔らかいA子と寄り添い、手をつないで眠ったらお互いの失恋気分が癒されたのは癒された。

続きを読む

804:名無しさん@お腹いっぱい。2013/05/19(日) 14:15:33.80

俺は54歳で結婚したが、その時嫁は17歳だった。
37歳差だから、加藤某ほどではないな。
とはいえあちらは大人同士だが、こちらは大人と子ども。
出会ったのは俺が50歳で、嫁が中学2年の時。
世の中何が起きるかわからん、長生きはしてみるものだ。

続きを読む

550: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/11/16(月) 00:54:13

今日久々に姉と会って昔話しているうちに、嫁との馴れ初めの話になったので
懐かしむとともに投下します。
続きを読む

69:名無しさん@お腹いっぱい。2011/06/06(月) 20:07:53.35

高校の時の廊下で

嫁「カバディカバディカバディカバ」Σ(゚д゚)ビクッ

俺Σ(゚д゚)ビクッ


嫁「あっ、あれっ?お兄ちゃ…、…ごめんなさい!間違えましたっ!!」
ダダダダダ…走り去る嫁

俺(゚д゚)…ボーゼン


数日後

妹「ただいま~」

俺「おかえり~」

妹「友達連れてきた。勉強会するから」

俺「マジか。解んないとこあったら聞けよ」

妹「わかった。上がって上がって」

嫁「お邪魔しまーす。こんにちわ」

俺「あ、この前のカバディ娘」

嫁Σ(゚д゚)


妹「カバディ?」
続きを読む

180:名無しさん@お腹いっぱい。2013/07/05(金) 22:48:28

中3の時に学校からの帰り道で家から50mくらいのとこで嫁がうん子漏らしてたのがきっかけで付き合う→結婚
続きを読む

204:名無しさん@お腹いっぱい。2015/01/16(金) 17:21:28.63

明後日に式を挙げるから書き込んでみる

駅のホームで電車待ち
    ↓
駅員さんに声を掛けられる
    ↓
盗撮してますと通報があり身柄確保される
    ↓
K察署に連行されて取り調べ
    ↓
あさって結婚式を挙げる
続きを読む

438:名無しさん@お腹いっぱい。2015/06/12(金) 06:02:30.08

騙されて臓器でも売られるんじゃないかという出会いだった
俺、ガタイがいいだけのブサメン、これ大前提な

大学生のころゼミが一緒になった人らが親睦会しようって、日曜日の夕方に駅の近くで待ち合わせしてたんだ
でも待てども待てども誰も来なくて、二時間ぐらい待ってたかな
幹事の携帯に電話したら電源入ってないって言われるし、メアドは聞いてないから途方に暮れてた

そしたらDQNなタバコ加えたギャル男とギャル女タチに絡まれて

「なぁニーチャン、何やってんのw」

「ずっと立ってるよなw」

「すっぽかされた?」

「じゃあ金余ってるよな?」

と年下からカツアゲされた

あー、カーチャンから友達できたから飲みのお金貸してって頼んで、カーチャンが喜んで差し出してくれた金だからなー

ぜってー渡したくねーなー
とタヒんだ心で考えてた
てかDQNってマジ腰パンに手突っ込んでガムクチャクチャさせてんのな

ピアスギラギラだけどがに股だから俺よりかなり目線が低くてあんまり怖くなかった
でも人数で押し負けてるし、どうするかな、男なのに叫び声とかないな
と3秒程考えていると

「ゆっくんおまたせーゴメンね!長引いちゃって!早く行こ!」
とヒールを履いたスラリ長身の美人なオネーサンが俺のところまで来た
もちろん知らない人
オネーサンはDQNを押しのけて俺の腕を掴んだが、180ある俺と目線が殆ど変わらなかった

呆気にとられているとオネーサンは俺を引っ張り歩き出す
ついでに俺に話しかけてたDQNの足をヒールでむにっと踏んで
「ふふ」と言っていた

「これで歩けないね」と耳打ちしてたオネーサンはかなり迫力があった
そのまましばらくオネーサンは無言で俺を引き連れ歩き続けた
え、何コレ、俺怖いところに連行されて臓器売られたりすんのかな
とかビビりまくっていたが、駅前の551の蓬莱の店までくると、ぱっと手を離した
続きを読む

623:名無しさん@お腹いっぱい。2011/09/13(火) 23:16:39.96
上司と外訪終えて日比谷公園でアイス食ってた社会人3年目の夏
座ってたベンチの前を女子大生と女子高生っぽい二人連れが通りかかった

女子大生風「あ、おっじさん、あたしもアイス食べたーい」

女子高生風「あ、こら、ちょっと!」

上司「それが人に物をねだる態度かね?もっとちゃんと頼みなさい」

俺「いや、そういう問題じゃ……」

女子大生風「ではおじ様、私達にもアイスをご馳走していただけませんでしょうか?」

上司「よろしい。これで買ってきなさい」

そんな感じのやりとりをしつつ、しれっと小銭を渡す上司と嬉しそうに

受け取る女子大生風に全くついていけない俺と女子高生風は、

俺「あの、ごめんなさい、何か変な上司で」

女子高生風「いえ、こちらこそ、すいません。ご迷惑をおかけして」

なんてペコペコ頭下げあってたら、上司は不思議そうに首を傾げて
「いや、あれ姪だから」
と…

俺はてっきり初対面の他人同士だと思ってあわあわしてたんだが、
身内だと解ったら思わずホッとして、で、四人で自己紹介し合った

その女子高生風が嫁さんです
続きを読む

314:名無しさん@お腹いっぱい。2011/11/16(水) 21:58:12.31
ちと重い話だが・・・

俺は当時実家住みで、実家はものすごい僻地ってか山奥
リアルに、隣の家が100m離れてるレベル
勿論街灯なんかも殆ど無く、夜は真っ暗


ある冬の日、夜中にタバコ吸いつつ歩きながら近くの川がある橋へ
するとぼんやり人影が

幽霊!?と驚きつつ、よく見たら生きてる人
何かを抱きかかえて、橋から今にも身を乗り出し落ちていきそうだった


こんな夜中、しかも冬にと驚いて、
「何してる!?」
と大きい声を出してしまった


すると、その人影はよほどビックリしたのか
ビクッと小さく飛び上がって橋の手すりのそばで座り込んでしまった

続きを読む

このページのトップヘ