カテゴリ: みんなの馴れ初め話


704:名無しさん@おーぷん2015/11/11(水)21:15:23 ID:lOr
高校生の時に、ある男の子のグループがクラスの誰が可愛いと思うかという話題で盛り上がっていました。
その話である男の子が私のことを挙げてくれて、
「〇〇がいい!〇〇すっごい美人じゃない?ドンピシャすぎる!〇〇のうなじ見てるだけで幸せだわ。〇〇のうなじ舐めたいもん!(その時私はポニーテールにしてた)」
と言っていて、トイレから帰ってきた私が教室のドアを開けたときに、ちょうど友達と盛り上がっていました。
周りの友達は大爆笑だけど、その男の子は顔面蒼白で、当の私はドン引きしました。
それからは、彼とはなるべく関わらないようにしていました。しかし、学校帰りにたまたま彼が、妊婦さんに席を譲ってるのを見て、「なんだキモいと思ってたけど、優しい所もあるんだ。」って少し見直したこと。
また、結婚というものに対して高校生の頃から私自身憧れを持っていたので、「こういう人っていい旦那さんになるんだろうな」と思ったのを覚えています。
その後もチラホラと、彼の人柄の良さを感じさせられる出来事には巡り会ったのですが、恋愛感情には到底及びませんでした。卒業式の時に、彼から告白もされましたが、やはりお断りしました。
そうして大学に進学し、社会人になって言ったのですが、あまりいい相手には恵まれませんでした。
私が結婚を意識しすぎていたということもあったと思うのですが、友達や恋人としてはよくても、結婚となるとこの人とは…と足踏みさせられたということです。

続きを読む


572:名無しさん@お腹いっぱい。2013/10/22(火) 12:06:14.01

嫁の聞き間違いで付き合って、結婚した話
学生の時に近くの女子大との実務系の合同サークルに入っていた
同級生にすごいイケメンがいて20人の女子のうち12名くらいは彼狙い
イケメン君は勧誘要員で俺は運営要員としてサークル管理していた
イケメン君がサークル外で幼馴染の彼女がいるってわかった途端
女子間で微妙な雰囲気が流れるも元々真面目なサークルだったので落ち着いて行ったが
まだ真剣に落ち込み引きずる女子も2,3名いた
女子側の責任者がその一人(のちの嫁)だったんで、面倒くさいけど管理上問題がでないように励ましたり慰めていた
役員数名で打ち合わせ兼ねて飲んでいる時も、嫁の横で励ましていた

俺 「お前は可愛いだからつぎいけよ」(そこそこ可愛いんだからさっさと次の相手探せや)

嫁耳「お前は可愛いから付き合ってよ」

嫁 「ヤッタ-☆└(゚∀゚└))((┘゚∀゚)┘ヤッター☆」

嫁以外一同、俺も含めてどうしたのか嫁の顔を見る
俺さんから交際申し込まれたって大騒ぎで他の女子も手を叩いているし
いやいやこんな複数の飲み会の場で告白する奴いないでしょ
男の奴らも慰めてる振りして女口説いているんじゃないよと冷たい空気
まぁいろいろあったが嫁と付き合うことになった
後で知ったことだが嫁はイケメン君の事は早い時期に吹っ切れていたんだが
俺が嫁に対して慰めるために食事に誘ったりケーキを買ってきたりした
イケメン君に振られて落ち込んでいるから構ってくれているのに
俺に興味があると分かると、もう構ってくないかもしれないし、女としてどう思っているかも不安だった
女子の中では相談していたらしく応援ムードの中の飲み会で上の嫁の空耳につながる

続きを読む


954:名無しさん@お腹いっぱい。2013/11/14(木) 17:27:15.93

みんなの馴れ初め見てるときれいで羨ましい
俺なんか初めて見たのは、嫁の白い尻だった

続きを読む


50:名無しさん@お腹いっぱい。2018/03/11(日) 04:49:56.14ID:B6Ng0Iiw0
高校に入学して1週間も経たないうちに車に轢かれて
左足を複雑骨折と診断された。
それまで松葉杖など使ったこともなく不自由な生活が続いてた。

階段は松葉杖と手すりを使ってうまく昇り降りしていくんだけど、
ある雨の日の放課後に階段を降りていて中間踊場のところで
濡れた床が原因で松葉杖が滑って派手に転んでしまった。

中間踊場で転んだので命や身体に危険はなかったが
松葉杖が下まで落ちていってしまった。

松葉杖がないと歩けない状態なので困り果てていると
生徒会という腕章を巻いた女の人が近づいてきた。
嫁「こんな所で何遊んでるんですか?ふざけてるんですか?」
俺「えっ……(´;ω;`)」

これが嫁との初会話。

続きを読む


577:名無しさん@お腹いっぱい。2014/08/16(土) 14:04:30.10 .net


俺が初めて嫁に出会ったのは、イトコに会いに他県に遊びに行ってた時。

イトコ宅に向かう途中、むこうから歩いてくる会社員らしき二人組(男女)と目があったと思ったら
女セイが小走りで近寄ってきて話しかけられた。

女セイ(←嫁)「あの、すみません!お尋ねしたいことがあるんですが」と地図をみせられ
「○○ビルに行きたいんだがこの大通りの先にあるか」とのこと。

その地図には、現在地ちかくに某医院の名前が書いてあったみたいだけど
見渡す限り通りには医院がなかったので道を間違えたのかと思ってたらしい。

俺「前はたしかにあそこに○○医院ってあったと思いますよ。今は無いみたいですが」

この辺は道が入り組んでてややこしかったし、○○ビルの近くの電気屋は知っていたので、俺はとりあえずそこまで案内。
ビルの名前を見つけて安心した顔を見せた二人に、お礼を言われその場で別れた。

が、吃驚したのが地元へ帰る日、帰りの電車の4人席で偶然にもまたこの二人組と相席になったこと。


続きを読む


1:名無しさん@おーぷん2018/01/31(水)21:29:39ID:Zdi
彼女に打ち明けたほうがいいかな?

とりあえず当時の詳細書く

続きを読む


344: 名無しさん@おーぷん 2014/08/02(土)11:19:05 ID:???
映画館での話に便乗。
いい大人なんだけど仮面ライダー好きだけは卒業できなくて
平成ライダーの劇場版も大の大人が1人で行ってたんだよね。
当然、知らない子供たちがテンション極限に上がってるのなんて想定内。
雑音なんてあって当然って感じで席に座って観賞してた。
その時の映画は、初めて歴代ライダーが総出演する作品で超満席。
俺は通路側に座ってたんだけど、照明が消えてから女性の声で
「すみません、よかったらこの子を膝に座らせてあげてもらえませんか」
って言われた。
さすがに内心「え?おれ?マジ?」とか思ったけど好奇心が勝って
「ええ、いいですよどうぞ」って承諾。
ライダーマニアのオッサンの膝に最近のライダーしか知らない子供が乗って
映画スタート。

続きを読む


812名無しさん@お腹いっぱい。 2018/01/10(水) 11:35:01.03 ID:mIudm9Tw0
今日は朝から冷えると思ったら雪降ってたよ
めったに降らない地域なのに
雪が降ると思い出すから書く

嫁との出会いは俺が大学二年の頃の年末
粉雪が降る夜だった
バイトの帰り道、ふらふら歩く嫁を発見
夜中に、しかも粉雪とはいえ雪が降ってる中傘もささずに、しかもコートとかもなんもなし
最初情けないけど幽霊かと思って本気でビビったし、できる限り見ないようにスルーして通りすぎようとした
けどよくよく見たら顔中あざだらけで、しかも口も切れてる
ちゃんと足があること確認したうえで、心配になって声をかけた
不審な出で立ちじゃなきゃお近づきになりたいと思うくらい可愛かったっていう下心があったのは否定しない
嫁は立ち止まりはしたけど、こっちを見つめるだけで返事しないし、今だから言うけど声をかけたことちょっと後悔した

「とりあえず怪我してるんだし救急車呼ぶなり警察なり」って言ったとこで嫁過剰反応して「それだけは」って懇願してきたんだよ
それでなんともないのでってどっか行こうとする嫁に、「カツ丼作れますか?」って聞いたのがきっかけ
その次の日大事な試験で「ゲン担ぎにはカツ丼だろって思うけど作れないから作って」って頼んだ
24時間スーパーはあっても外食するようなとこは車で行かなきゃいけないような田舎だったから、我ながら上手い言い訳だったと思う
とにかくそのまま一人にしたらタヒぬんじゃないかって思って、でも次の日ニュースになんかなったら後味悪過ぎるって必タヒだった
それ以来うちは記念日にはカツ丼が出てくる
嫁のカツ丼を食べ続けて10数年になるが安定の美味さ
歳とってもきちんと食べきれるように健康でいたいと思うっていう年末年始の思い出話

続きを読む


580:名無しさん@お腹いっぱい。2017/12/06(水) 11:11:10.40 ID:pcxt898q0

出会いは俺40
嫁10
10年後に結婚
「おじちゃん!退屈だからどっかいこ!」って太ももに乗っかって来たのが初めての会話

続きを読む


17: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/12/09(金) 12:45:33.07


親父の実家の近くのお店の店員さんだった嫁と結婚したった。


嫁「いらっしゃいませ~」

俺「こんにちわ~。え~と、牛乳と卵はありますか?」

嫁「はいはい、こっちの冷蔵庫の中ですね~。あんまり見ない顔ですけど、観光の方ですか?」

俺「あ、俺、連絡船の船長の孫です」

嫁「えー!あのおじいちゃんの!へー!どこから?」

俺「埼玉から仕事辞めて、連絡船の手伝いしようと引っ越して来たんです」

嫁「あ、ホントに!私もちょっと前に東京から引っ越して来て~」
しばらく世間話。

俺「あ、あのぉ、それでちょっと聞きたいんですけど」

嫁「はいはい?」

俺「今日の朝、日の出くらいの時間に東の海岸のとこで、ユニバァァスって叫んでましたよね?」

嫁、絶句。


そのあとゲーム、アニメ好きで意気投合し、何だかんだで付き合って、何だかんだで結婚した。
初めてしようかってなり、いざ挿入って時に
嫁「レ、レェェェッツコンバイィィィン!!」
って叫ばれて
俺「…何でこんなときにそんなこと言うの…?俺、本気で一生懸命やってんのに…(泣)」
って泣かされたのも今となっちゃ良い思い出。


続きを読む

このページのトップヘ