カテゴリ: 感動・いい話

139: おさかなくわえた名無しさん 2017/07/05(水) 23:18:09.84 ID:nbfvmaJ5
獣医でもないのに、
仕事してたら生後1週間の猫に浣腸することになった 
あと、医療チームが結成されて親父の痴呆が治った
続きを読む

94: おさかなくわえた名無しさん 2006/12/09(土) 18:10:33 ID:abvCH2EM
710 :774RR :2006/12/08(金) 18:37:34 ID:W1TK/wnW

バイト先に彼氏いない歴25年らしい大人しい子がいた。
局の子にお昼おごらされたり、
派遣社員の子から
高額なマルチ商法の商品買わされたりしてた。

皆が「アイツはお人好しだから何言っても絶対断らない」と
学生のイジメのようにバカにして
嫌な事押し付けたりしていた。
もともとその子を
優しくて良い女だと好感を抱いていた上に
この子なら断らないかもと思った俺は
彼女を休日に食事に誘ってみた。

生まれて初めて女性からOKをもらい、
嬉しくて店を色々調べて下準備し、
当日は思いきりお洒落して
ピカピカに洗った車で迎えに行き、
頑張って話を盛り上げてご飯を御馳走し、
家まで送り届けた。

とても楽しくて何度も誘った。
彼女も楽しんでくれていると思った。

段々好きになって
今度告白しようと決心して食事に誘った時、
「本当はずっと嫌だった。もう誘わないで欲しい」
と言われた。

彼女の顔は気の毒になる位必シだった。
きっと決シの思いで言ったのだろう。

「ほら~!麻衣、ちゃんと断れるじゃないですか!
今度から嫌な事頼まれたら、今みたいにビシッと言えよ!
俺、ずっと麻衣が何言っても断れないの、心配したよ!」
と、俺は泣き出しそうなのをこらえて
出来るだけ明るく元気に取り繕った。

彼女はとてもホッとしたような顔をして
何度も俺にお礼を言った。
俺から好かれている訳じゃない事がわかって、
そんなに嬉しかったのかな。

昨日の話です。もう色恋は諦めますた。
一生独身でかまいません
続きを読む

1: 名も無き被検体774号+ 2012/01/13(金) 18:48:24.28 ID:BEDtYInZ0
スペック
>>1当時二十歳♀
医者 五十半ばくらい?
会長 某大手水産会社の会長 年齢は分からないけど爺
続きを読む

1: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/03/11(土) 16:11:42.44 ID:GwVcrmHK.net
初スレ立て、書き溜めなし、滅茶苦茶長いけど聞いてくれる?
続きを読む

430: おさかなくわえた名無しさん 2009/03/30(月) 00:51:49 ID:OmwOH3JX
404 名前:774RR[sage] 投稿日:2009/03/24(火) 02:00:30 ID:Dj/2STdN

うちにいるデブ猫を飼いだしたのは、
夜中に怪我をして道路の真ん中でジタバタしていたのを
仕事帰りに通り掛かった俺が
近所の動物病院に連れこんだのがキッカケだった
夜中の流れの速い道路の真ん中にいたら、
轢かれてタヒぬのは目に見えていたので
とりあえず道路の端にでも移動させようと車を停めた

実際に近くで見ると結構怪我してて重症っぽかった
置いておくわけにもいかず、
抱き上げて車に乗せようとすると、
これぞ肉食獣!という感じで
歯を剥き出しにして俺を威嚇しまくり抵抗した

トランクにあった毛布をバサっとかぶせて包み、
助手席の足元に置くと
ぐったりしてあまり動かなくなった

素人目にもこれはヤバいと思い、
うちの近所にオープンしたての
動物病院があったのを思い出し
警察に捕まったら
確実に免許が無くなりそうな走り方をして
その病院に急いだ

自宅兼動物病院に着き、呼び鈴を連打すると
若い女の人(奥さん)がインターホンに出て
少ししてパジャマ姿の若い院長先生が
目をこすりながら出てきた

ぐったりと抵抗もしなくなった猫を
車から降ろし検査をしたところ、
後ろの両足と尻尾が大変なことに
左足が特にひどかった。
車に撥ねられたようだった
続きを読む

714: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/08/22(土) 21:10:53.88
 
大学三年の時に入ったゼミに、当時修士の一年だった嫁がいた 
三年の夏にお袋がシんで、なぜか全然悲しくなくて平然としてたらみんなドン引き 
そんな中で嫁が俺を呼び出して、この人も説教するのかと構えてたら 

「今は平気でも何ヶ月か何年か先、 
お母さんが亡くなったのが悲しくてたまらなくなることが必ず来る」 
「その時は私を頼りなさい。遠慮しなくていいから」 
て連絡先渡された。
新手のナンパ?やっぱりヘンな人だなーとか思った 

そしたら冬になって、予言通りにいきなり来た

部屋でボーッとしながら、今年の正月はさすがに帰省しなきゃなー、
お袋いないから正月に何が必要か親父と妹に聞かないとなーて考えてたら
いきなりお袋のことが色々思い出されて、想い出とかがぶわーって
溢れて涙が止まらなくなった
布団の上に水たまりができるぐらい泣き続けて、これやばいって自分でも直感して
泣きながら渡された嫁の番号に電話したら二十分ぐらいで
部屋に飛んできてくれて(ゼミの住所録経由)

そのまま二時間ぐらいずっと嫁にすがりついて泣きわめいてた

それがきっかけで距離が縮まって、嫁が博士課程終わってから結婚、四年経って今に至る
後になってなんで連絡先教えてくれたのって聞いたら
嫁も高2の時に父親亡くして、その時は全然悲しくなくてそれで色んな人に責められて
大学に入る時になっていきなり父親のことが悲しくてたまらなくなったって言ってた
自分の時は誰にも頼れなくて本当につらくて、
だから同じような状態になった俺のことがほっとけなかったって

本当に頭あがりません
続きを読む

1: 忍法帖【Lv=11,xxxPT】[sage] 2012/09/10(月) 22:12:11.47 ID:XGy/iOlN0
先日、6年程前の話を未だに引きずったままだと実感したんだ。
ここに書き込むことで気持ちの整理をさせて欲しい。

その上で相談にのって欲しい事があるんだ。

スレ立ては初めてなんで至らぬ点は許してください。
話の関係上、補足も多く、ほぼ自分語りな上に、記憶補正が多い稚拙な文章になるけど、許して下さい。
あと、全部テキスト化したけど、かなり長くなったので半分以上省略した。
だから補足が必要な時は言って下さい。
続きを読む

349: このスレ見てたら思い出した。 ID:???
去年の夏。
飼っていたハムスターに腫瘍が出来て、手術したのを引き取りにいった時だった。
病院に入る前はカンカン照りの青空だったんだけど、出てくる時には
すっごいどしゃぶりの雨。どう見ても通り雨じゃない。天気予報を呪った。
でも、病院の中で待とうか?とも思ったけどイパーイでとても居られそうに無い。
でも外に出るにも術後のハムを雨に濡らすなんて冗談じゃない。
しかたないから着ていた男物のサマーセーターのお腹でハムゲージをくるみ
10m程離れた小さなラーメン屋さんの軒下を借りてタクシーを待つ事にした。
そこに移動した私はすでにびしょ濡れ。5分程たったがタクシーは来ず。

すると、出前から帰ってきたと思われるおじちゃんが店の前に来た。
慌てて「すみません、タクシー来るまでちょっと居させて貰えないでしょうか?」
と言った所「それは全然かまいませんけど…?」(お腹の中のハムゲージwを見る)
事情を説明すると、おじちゃんは店の中に入りなさいと言ってくれてタオルをくれた。
そしてありがたくゲージをタオルで拭いていたら、いつの間にか外に出ていた
おじちゃんが「タクシーきたよ」 
おじちゃんは、タオルを貸してくれただけでなく、どしゃ降りの中道路に立って
タクシーを止めてくれたのである。浸水した道路に居たおじちゃんの足元びしょ濡れ。
そして相合傘でタクシーまで送ってくれた。
愛しのハムが病気になって落ち込んでただけに、その優しさに泣きそうになった。
あの時のおじちゃん、ほんとにありがとう。
ハムは寿命でタヒんじゃったけど、あの出来事はいまだに忘れられません。
今度あのお店にラーメン食べに行ってみようかな…。
超文スマソ。思い出してまたチョトホローリ
続きを読む

698: 名無しさん@おーぷん 2016/02/17(水)13:24:52 ID:vjE

これから頑張るという決意表明。
長いから嫌な人はスルーしてね。

夫が不倫した。
私が双子妊娠して、経過が悪くて初期から入院が多く、さらに難産め、そして産後もヘロヘロだったことで、寂しかったからが理由。

うちの子が産まれる少し前に相手の女性も妊娠していて、ただし一人で経過は順調、ギリギリまで普通に残業も出張もしながら働いて産休に入って、するっと産まれたらしい。産後も床上げ後からすぐに家事も完璧にこなしたらしい。

それを見ていた元夫は、いつも疲れきってご飯も魚や肉焼いただけと味噌汁サラダで暗い顔している私より、いつも元気で明るくご飯も毎日違うメニューでおいしい不倫相手と生きていくことを決めたらしい。

で、離婚。もうもめる力も無くて、とにかく子供たちに不利にならないように金銭面だけは頑張った。

そしたら、うちの両親が略奪婚だったことを知った。
父親は、元妻が妊娠中に母と不倫。
元妻は堕胎したんだか流産したんだかで子供は産まれず、母との間にできた子が私。

普通に優しく真面目な両親で、全く知らなかった。
元夫の不倫で夫にブチ切れた父親には、同じことやったくせにと軽蔑の気持ちしか湧かないし、あなたも可哀想だし、相手の女性も可哀想とお花畑な母親にも軽蔑の気持ちしか湧かない。

離婚後しばらく双子育児を手伝ってもらうつもりでいたけど、そんなクソみたいな人間にうちの可愛い子供たちを見てもらいたくないので、絶縁した。

当時0歳だった子供たちを保育園に預け、私は元夫からの慰謝料と財産分与で看護学校に入った。看護師になるなんて全く考えたこともなかったけど、2人を育てるために一番現実的な高収入の仕事はこれしかないと思った。

出産までは普通の会社員だったから、資格もないし。
何度も泣いたし、子供たちにも寂しい思いをさせてしまった。

でもこの3月で卒業。試験は終わって、結果待ち。
でも取得見込みで4月から就職も決まった。

寝返りもはいはいもたっちもおしゃべりも新しい何かができるようになった瞬間は、全部保育園。先生たちには感謝しかない。

保育園は、来週退園。あと2ヶ月、たくさんたくさん子供たちと遊んで、4月からは就職先の保育所に転園する。

貯金も財産分与も慰謝料も生活費と学費でなくなったし、勉強も辛かった。
どうしてもお金がなくて日雇いの仕事もしたし、私だけ食事抜きの日もあった。

保育園でパパという存在を知った子供たちに、どうしてうちにはパパがいないの?シんじゃったの?離婚したの?と聞かれたこと。だれだれちゃんのパパも離婚したんだって!おそろいだね!と笑う子供たちに胸が締め付けられた。

おじいちゃん、おばあちゃんという存在、しかも2人ずついるらしいと知った子供たちに、どうしてうちには1人もいないの?と聞かれたこと。うちには大人はママだけいるんだねと言われて、ごめんねと泣いてしまったこと。

でもママも妹ちゃんもいるから楽しいね!と上の子が言ってくれて、下の子も私たちが大人になったら大人がたくさんになるから安心だね!と言ってくれた。

クリスマスにも、お手伝いがしたいからと子供も使える包丁が欲しいと言っていた。
変身ベルトもプリキュアも、全部ダンボールや紙の手作りなのに喜んでくれる子供たちに、就職したら本物のやつを買ってあげたい。

今も子供たちといられて私は幸せだけど、子供たちはどうだろう。
絶対幸せにしなければと思う。



続きを読む

1: 風吹けば名無し 2017/05/09(火) 04:11:23.72 ID:lMQUGQQe0
ほんまによかった…
涙が止まらんのや
続きを読む

このページのトップヘ