カテゴリ: 感動・いい話

405: 名無しさん@HOME 2010/02/07(日) 12:59:16
 
では立派なエネ物件を。 

年始に義実家に行った。子供がそこで「春休みにTDRいくんだ!」とトメに報告。 
トメはにこにこで「よかったねー」と行ってくれた。 
がその後エネが「やっぱりTDRはやめよう」と言い始めた。 

なんでよ?ときくと「コトメコが可哀想だから」 
コトメ夫婦はパ*ンカスサイマー。
トメも「もうあの二人は駄目よ・・・」と
コトメコのことは気にしながらも距離をとってる。


続きを読む

463: 名無しさん@HOME 2017/06/30(金) 20:36:02.14 0
義実家遠方でなかなか帰省できてなかったんだけど義実家が作れといって作って放置した口座を確認したら毎月2万きっちり入金されてた
50万貯まってたよ
泣ける
なんて親不孝な息子家族だったんだろうなー
今まで美味しいもの送ってくれるだけで何も催促されなかった
罪悪感
続きを読む

107: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2017/02/14(火) 18:45:35.75 ID:nICkaIPD
私には7個上に兄がいる。
頭は良くて稼いではいたが女性に免疫がなくて、よく絵画や象牙のハンコを買わされていた。
何度かは母親が「あんたは騙されている!」と説得してクーリングオフ?させた。


よく飲む友達に私の3個下の子がいて、その子(A)は私の兄(まさし)と小さい頃音楽教室がいっしょだったらしい。

Aが終わる時間にまさしが教室に来るような感じで、
まさしはオルガンが上手よね、まさしは私が出るときドアを開けて待ってくれていた、
まさしは優しい、まさしは紳士だよ、
とまさしを褒めるので、ならまさしをもらってくれよ!
と冗談を言って一回合わせてみた。

Aは明るくて可愛くてモテるから、私はもちろんまさしもその他友人もAがまさしに惚れるなんておもってもいなかった。

でもAは、まさしを一目見た瞬間から顔が赤くなってしまって、
もちろんまさしも満更ではなく、わりとすぐに結婚した。
本当にオタクで、メガネで、ハゲ気味で、母親が見ても私から見ても変な奴なんだけど、
Aにはまさしが控えめな紳士に見えるらしい。

ちょっとでもまさしを悪く言うと、「まさしを悪く言わないで!」ってAはすごく怒る。
Aの過去の彼氏も何人かは知っている。みんな普通にかっこいい人だったから、
冴えない兄と恋に落ちてしまったのがすごく衝撃だった。
続きを読む

139: おさかなくわえた名無しさん 2017/07/05(水) 23:18:09.84 ID:nbfvmaJ5
獣医でもないのに、
仕事してたら生後1週間の猫に浣腸することになった 
あと、医療チームが結成されて親父の痴呆が治った
続きを読む

94: おさかなくわえた名無しさん 2006/12/09(土) 18:10:33 ID:abvCH2EM
710 :774RR :2006/12/08(金) 18:37:34 ID:W1TK/wnW

バイト先に彼氏いない歴25年らしい大人しい子がいた。
局の子にお昼おごらされたり、
派遣社員の子から
高額なマルチ商法の商品買わされたりしてた。

皆が「アイツはお人好しだから何言っても絶対断らない」と
学生のイジメのようにバカにして
嫌な事押し付けたりしていた。
もともとその子を
優しくて良い女だと好感を抱いていた上に
この子なら断らないかもと思った俺は
彼女を休日に食事に誘ってみた。

生まれて初めて女性からOKをもらい、
嬉しくて店を色々調べて下準備し、
当日は思いきりお洒落して
ピカピカに洗った車で迎えに行き、
頑張って話を盛り上げてご飯を御馳走し、
家まで送り届けた。

とても楽しくて何度も誘った。
彼女も楽しんでくれていると思った。

段々好きになって
今度告白しようと決心して食事に誘った時、
「本当はずっと嫌だった。もう誘わないで欲しい」
と言われた。

彼女の顔は気の毒になる位必シだった。
きっと決シの思いで言ったのだろう。

「ほら~!麻衣、ちゃんと断れるじゃないですか!
今度から嫌な事頼まれたら、今みたいにビシッと言えよ!
俺、ずっと麻衣が何言っても断れないの、心配したよ!」
と、俺は泣き出しそうなのをこらえて
出来るだけ明るく元気に取り繕った。

彼女はとてもホッとしたような顔をして
何度も俺にお礼を言った。
俺から好かれている訳じゃない事がわかって、
そんなに嬉しかったのかな。

昨日の話です。もう色恋は諦めますた。
一生独身でかまいません
続きを読む

1: 名も無き被検体774号+ 2012/01/13(金) 18:48:24.28 ID:BEDtYInZ0
スペック
>>1当時二十歳♀
医者 五十半ばくらい?
会長 某大手水産会社の会長 年齢は分からないけど爺
続きを読む

このページのトップヘ