カテゴリ: 感動・いい話

1:2008/11/12(水) 18:10:37.14 ID:
野球始めたのは小1 野球チームに入ったのは小3
続きを読む

【前編はこちら】

73: 名も無き被検体774号+ 2012/03/11(日) 20:32:33.62 ID:vmgblQ6a0

翌日、旦那を連れて私の車で大学病院に行った 
旦那を心配したその大学の助教授の昨晩の生徒さんが、休みを取って一緒に付き添ってくださった 
CTとMRIを取って、医師の診断を待つ 
生徒さんのいない時は私が旦那に何の検査をするのか説明しなくてはならなくて、自分の英語力の無さに涙が出そうだった 
途中からは生徒さんが通訳としてついてくださったので、とても助かった・・・ 

担当医師はアメリカのデューク大学で働いていたことがある方だったため、英語が話せた
旦那に英語で説明をする
開頭してみないとはっきりは言えないが、まず悪性脳腫瘍で間違いないだろうとのことだった

旦那「余命はどのくらいですか?」
医師「それは・・・とても応え辛い質問ですが・・・何もしなければ1ヶ月以内に歩けなくなるでしょう。余命は1年程度だと思います」

旦那はアメリカの兄にまず相談して、アメリカで手術を受けたいと答えた
医師が紹介状を書いてくださった 
続きを読む

【後編はこちら】

1: 名も無き被検体774号+ 2012/03/11(日) 17:35:00.22 ID:vmgblQ6a0

身バレするかも知れんが書かせて欲しい 
書き溜めはしていないので、ゆっくりになるけど勘弁な
続きを読む

351:愛とタヒの名無しさん2010/07/06(火) 17:42:39
流れを無視して10年以上も前の話を投下

前提1
新郎:かなりのイケメンだが、寡黙でめったに感情を表さない。でも面倒見は良い。
新婦:可愛いとは言えないがいつも笑顔で明るい人。
新郎新婦は高校からの付き合いで大学も同じ。
「私が猛アタックして付き合ってもらったんですよ♪」と新婦が公言していて、
端から見ると愛情の比重が新婦>>新郎。新郎が新婦にしぶしぶ従ってるようにも
見えたらしい。
続きを読む

231: 名無しの心子知らず 2011/12/20(火) 10:09:40.33 ID:rg1zEePf
もうすぐ来るクリスマスを、心待ちにしている息子君。
君がいつまでサンタさんを信じていられるだろうと、かーちゃんは思っていました。

ここ一ヶ月、不気味なくらいいいこにしてた理由、
「妹ちゃんのお薬をサンタさんにお願いしたから」
かーちゃん、こらえきれなくなって、小児病棟のトイレに駆け込んで、
声をコロしてないたよ。

君のところへサンタさんが持ってきてくれるのは、春先からほしがっていたDSだよ。
妹ちゃんの病気が治るお薬は・・・・。

君は、プレゼントの交換を受け入れてくれなかったサンタさんをうらむかな?
おじいちゃんとおばあちゃんが本当は用意してくれたんだ、
今、ウチにはお金がないから。

来年の春、君のランドセル姿を、妹ちゃんが見れたらいいね。
「お兄ちゃん、かっこいい」って、それまでがんばってほしいよ。

クリスマスは、入院している妹ちゃんのところに、
チキンとケーキとプレゼントもって行くって張り切っている息子君。
写真いっぱいとろうね。
かーちゃんも、なかないでがんばるね。
続きを読む

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/11(月) 10:38:30.99 ID:1vffdNrAO
というわけで>>2の半生を語ってもらいたい

>>2は語り終えたら安価出して貰えるとありがたい
続きを読む

このページのトップヘ