カテゴリ: 感動・いい話

    mixiチェック

776: おさかなくわえた名無しさん 2015/05/17(日) 20:54:27.40 ID:JUIyeg75

修羅場といえば修羅場なので投下させてもらいます。

少し前、資格とりたくて数年勤めた職場を退社してフリーターしながら資格の勉強してた。
バイト先は牛丼屋で、基本は22時から朝までのシフト。
2年前のちょうど今時、深夜1時頃にある父子が客で入ってきたんだ。

父親は30代くらい。子供は女の子でたぶん2才~3才くらいかな。
深夜にもかかわらず女の子は眠い感じがなく、活発に喋ってた。
お冷を持っていったら父親「ちょっと注文考えさせて下さい」と。


当時は1人シフトで地方都市の国道沿いの店なもんで他に客は無し。 
父子の会話が明瞭に聞こえてきた。 

娘「これナホちゃん食べたいなー」 
父「ナホはこれ食べたいんだなー(財布の中身見て)いいよ、これ頼もうか!」 
娘「ぎゅどんておいしいー?」 
父「うん、すごくおいしいよー!」 

呼び出しが鳴ったので注文を取りに行った。 

父「すいません、この(小盛の牛丼)をひとつください」 
俺「他にご注文は?」 
父「以上です」 

え、子供の分しかないじゃん。お金ないのかなーと思った。 
この父子をよく見れば、父親はけっこう着古したスラックスにヨレヨレのYシャツ。 
娘はもう5月も終わる時期なのにスウェットっぽいズボンに毛玉いっぱいついた長袖。 
荷物は汚い大き目のリュックひとつ。 
明らかに何日かは風呂も入ってないなって感じの風貌だった。 

続きます

続きを読む

    mixiチェック

28: 名無しさん@お腹いっぱい。 2000/12/20(水) 17:01

3年前の話。 
当時、金融屋をやっていたんだけど<裏金>その年の夏。 
いつものように追い込みかけに行ったら、親はとっくに消えていたんだけど 
子供が2人置いてかれてた。 
5歳と3歳。<上は男の子、下は女の子 
俺はまだペーペーで、周りの兄さんらと違って顔も怖くなかったらしく 
家に行ったときすぐに下の子になつかれた。 
ボロボロの服で風呂にも入ってなくて、「いつから親はいないんだ?」って 
聞いても答えない。 

「何食ってたんだ?」って聞いたら、上の子は下をむいて泣いた。
下の子が「こっち」って手を引いて裏庭に俺をつれていった。
破れた金網を通ってでたところは、小学校の裏庭だった。
「あのね、みーちゃんこれ食べたの」って池を指す。
嫌な予感がした。
だってさ、その池って金魚がウヨウヨ泳いでるんだよ・・・。
2人を抱きかかえて家に戻ると、テーブルに小さいボウルと茶碗。
「お前ら・・・金魚食ってたのか・・・」って聞いたら「・・・うん」
すっげーやるせなくて涙がでて、俺もその場にいた兄さんらも泣いた。
すぐに兄さんがたくさん食べ物と洋服を買ってきた。
近くの銭湯で体を洗ってやった。
その後、俺らじゃどうしようもないから施設に連絡をいれた。
連れていかれる時に「お兄ちゃんありがとう」っていってた。
・・・全然ありがとうじゃねーよ・・・俺たちがお前らの親を追いつめたのに。
俺を含めて何人かは、この後仕事を抜けた。
ただ、救われたのは、こいつらの親がきちんと出てきた事だった。

続きを読む

    mixiチェック

748: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/[sage] 2015/03/11(水) 10:36:55.94 ID:gOYYFZOi.net
震災の時、実家で流れて来た?猫を拾って飼っていた(雑メス5歳)。

一昨年、家に来るヤОトの配達員が変わり、挨拶と配達に来た際に
猫が配達員に駆け寄り配達員の兄さんが、号泣しながら「トラ(仮)!!トラ!(泣」と抱き締めて 元飼い主だったと判明。
兄さんは、再会時ペットが飼えないアパート暮らしだったので暫く家で預かる事になり
主に猫の面倒を見ていた母親と姉が「いつでも猫に会いに来て下さい」と
家も両親兄弟も亡くした兄さんに同情した。

私は去年大学に入り家を出たが、
年末姉が結婚すると言うので、帰省したら 相手がその配達員の兄さんだった事。
猫を見に行っているうち、おやつ、ご飯と親しくなり姉とも親しくなったらしい。

猫は3日で恩を忘れてしまうと言うけど、意外とずっと忘れないものかも知れないよね。
震災つながりで姉が猫と共に嫁さ行くのでかきこ。

続きを読む

    mixiチェック

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/04(土) 00:22:43.54 ID:uagw4JoP0
彼女「これからは節約して頑張って行こう! 
しばらくは休養とってまた仕事探せばいいよ!」 


婚姻届もらってくるわ

続きを読む

    mixiチェック

638: おさかなくわえた名無しさん[sage] 2018/09/07(金) 15:12:32.35 ID:/LG6BYk1.net
高校生になった瞬間に捨てられた。 
親がそりゃもうウシジマ君の登場人物並みにしょうもなくて私は通信制に行かされた。理由は一番学資が安いからw 
いきなりくそボロいアパートを契約させられてそこに捨てられた。

しかもお金は私が全て払う。
家賃も携帯も光熱費もいきなり払う生活になった。そんな話なんてしてないのに。 
最初の月はタヒぬかと思った。入ったバイト先がお弁当屋さんだったので賄いでなんとか生きた。 
普通に生活してる友達にはなんか言えなかった。 
中学時代にチャットにハマっててそこの住人達(中学生からおじさんまで様々な人がいる)がいきなり私が消えた事を心配してくれて携帯に連絡が来てたが止まってたのでやっと払うとメールが来てて泣けた。 
私はありのまま話すとその子が色んな人に言ってくれたみたいで住所を教えるとみんな物資を送ってくれた。 
中には封筒の中にお金とか入れてくれる人もいた。 
バイト先の人にも話すと率先して(?)破棄のお弁当くれたり本当はいけないんだけど扶養超えたら別でくれたり、パートのおばちゃんが野菜たっぷりのお弁当作ってくれたり本当色んな人にお世話になった。 
お返しはみんな拒否するので生活が軌道に乗ったらお菓子作って送ったりした。 
おばちゃんになった今、今度は困った人がいたら私が助けたいが、そんな生活してる人に出会わない。。w

続きを読む

    mixiチェック

386: なごみ[sage] 2012/11/15(木) 12:58:11.12 ID:gVZiw6o80
335 :おさかなくわえた名無しさん:2012/11/13(火) 01:47:30.71 ID:t6Y+6OQh 

フィンランドに旅行したとき 
「うちの犬がここまで懐くんだから、いいやつに違いない」 
っていう理由で、ご老人の家に泊めてもらった 
フィニッシュ・スピッツっていう犬 
立ち耳で尾が巻いててキツネっぽい、ちょっと日本犬のようにも見える 
お孫さんとメールアドレスを交換して、ときどき連絡してた 
半年前にその犬がタヒんでおじいさんが元気をなくしてるっていうんで 
日本に遊びに来てくれと誘った 
おじいさんとお孫さんの二人連れでうちに泊まってもらった 
うちの甲斐犬と柴犬がおじいさんにすっごい懐いてた 
おじいさんももう観光なんかそっちのけで毎日公園でフリスビーとボール遊び 
「ぜったいにまた来るから!」 
と言ってフィンランドに帰ってった

続きを読む

    mixiチェック

889: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/02/03(日) 05:24:58

俺、嫁27 

少し長くなるけど聞いてくれ。 
嫁との初デートの時(お互い大学生だった)に嫁がある店で見つけたネックレスが綺麗だと言っていたんだが、お互いあんまり金持ってなくてその時は買えなかった。 

俺が金曜に仕事帰りで少し寄り道してたら、偶然嫁が欲しがってたネックレスと同じ物が売ってて俺は思わず買ったんだ。 
正直8年前のことなんて嫁は覚えていないだろうと少し見くびりながらも、嫁に渡してみた。

嫁号泣。俺挙動不審。 

嫁は覚えていたようだ。

思わず、「8年前から愛してるよ」と言った。慣れないことを言ったのでかなり赤面した。 
向こうのスレはageてないけど、手はつないで寝ました。 

文才なくてすまん。

続きを読む

    mixiチェック

1: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2014/10/29(水) 06:33:16.42 ID:9nuPyzhm0.net
まあよかったら聞いてって 

書きためてないから遅いけど

続きを読む

    mixiチェック

110:名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/01(日) 13:32:09 ID:6UxSIvpwa

長くなりそうだから産業

・会社の屋上から飛び降り自*をしようとしていた女を説得
・余りにもウダウダ言うから家政婦に雇う
・胃袋捕まれたので褒め倒し拝み倒し結婚に持ち込む

続きを読む

    mixiチェック

970:名無しの心子知らず\(^o^)/2014/11/28(金) 13:51:09.76 ID:WrHzVZmj.net

大きな公園でどんぐりを山ほど拾ってきた小1。

家の前のちょっとしたスペースに
どんぐり ほしい人 どうぞ
って書いて置いていた。

ごんぎつねかwと思いつつ見守っていたら、
近所の小さい子とか、図工で使うから欲しいという子がいて結構繁盛?していた。

どんぐりも残り少なくなってきた昨日のこと、
ふとみるとありがとうというメモとともにどんぐりが置かれていた。

ごんぎつねかw

続きを読む

このページのトップヘ