カテゴリ: ご近所トラブル

149:名無しの心子知らず@無断\(^o^)/2014/11/02(日) 02:13:47.57 ID:Fm88Zye/.net

数時間前の話しだけど、近所のキチママに車を強奪されそうになったわ
免許とったばっかりの息子にスポーツカーを運転させてあげたいから車貸してクレクレ
初心者が運転できる代物じゃないってやんわり断ったらお決まりの逆ギレ


うちの息子の運転が下手だって言うのかー!!って壁にかけてあった鍵を取って車にダッシュ
まぁステアリングもバッテリーを盗難防止のために外してあるんですけどね
車に乗るやいなや「なによ!エンジンかからないしハンドルもないじゃない!」ってさらに逆ギレしてそのまま帰って行った
次きたら通報しよう…
続きを読む

807: 本当にあった怖い名無し 2010/09/29(水) 14:29:56 ID:y6YH1y7F0
今年の7月、妊娠9ヶ月の時、
実家のばあちゃんが泊まりに来た。
続きを読む

350: 彼氏いない歴774年 2012/07/01(日) 09:24:50 ID:YCP2UeqO

去年の話なんだけど、 
家庭菜園で育てていたプチトマトが全部もぎ取られていたことww 
水やるかと思って、庭に出たら全部なくなってたwww

まだ緑の状態だったので、「盗むなら赤くなってからだよな普通…」とか思いながら、
昼ごはん買いに出かけたんだけど、そのときに公園を横を通ったんだ。
たまに変なおっさんとかがこの辺をうろついてたりするので、
公園の横を通ったらいつも目を通すようにしてるんだけど、そのときは7〜8才の女の子が何人か居ただけだった。

で、視線を戻してスーパー行こうとしたら、
足元(公園の入り口)に潰れた緑のプチトマトを発見…

再び視線を公園に向けたら、女の子達のままごとに使われてた\(^o^)/

余談だけど、うちではつつじも植えていて、度々ターゲットにされるんだけど、
それは何かまだ許せてた。自分も子供のときやっていたし。

だけど今回のは“庭の中に浸入した”“全部もぎ取った”“花とは違って食べ物”が、頭の中をかけめぐってしまい、
女の子達に確認が取れ次第、きつめに注意することに決めた。

自分達がとっていったことを認め、全員シュン…となるなか、
私の中では一人の子のことが気にがかっていた。
というのも、私が声を掛けた瞬間、
逃げようとする→コケる→再び逃亡って子がいて、膝から血が出ていたので…

だけどもそんな心配もよそに次の日、
町内会長がいきなりうちの家に訪ねてきて色々聞かれてしまった。
要約すると“公園にいる変な大人認定”されたらしいwww

何でもコケた子の家から苦情を受けたんだとか…(あの子は一体親になんて伝えたのだろう…)

一応誤解が解けて、
「○○さんのとこのお子さんに謝罪しに来させる、私も正直スマンかった」みたいな話になったんだけど、
一年近く経った今でもあの家から謝罪に来る様子はない。

だけど、釘をさす程度には対応出来たと思うので自分的には解決だと思ってる。
続きを読む

隣室の子供(4)が毎朝「行ってきます」の挨拶に来るんだが 


1 :
名無しさん@おーぷん:2017/11/08(水)12:33:37 ID:6GL

普通は母ちゃんが止めるよな?
なんで子供に付き添ってるくせに「あらあらうふふ」って態度なんじゃーい
毎朝毎朝8時に訪問されて迷惑なんじゃーい
続きを読む

【前編はこちら】
62:7402012/11/27(火) 15:09:58.03ID:2vpozhtV

前のスレで塾のことで書きこんだ740です。
塾の先生が、A子ママに塾をやめるよう言ってから、
(この時感情的になったA子ママが暴言連発で、ほぼケンカ別れ状態になったらしい)
A子は塾に来なくなり、解決のメドがついたと書きこもうかと思ってた。
でも昨日、学校でうちの娘がA子に泣かれ、
うちのせいで塾をやめさせられたって、娘がA子の友達数人に責められた。
続きを読む

【後編はこちら】
740:名無しの心子知らず2012/11/19(月) 18:06:47.21ID:OAi7geEs

塾のお迎えでトラブル発生。
小3娘が平日毎日の個人塾に通ってる。
終わるのが夜の8時で、ほとんどの親が送迎してる。
新しく同じクラスの女の子A子が入ってきて、
親がお迎えに来りないっていうから、方向一緒だし、途中まで一緒に帰ったら、
「暗くて怖いから1人じゃ帰れない」って、分かれ道で泣きだした。
親に電話してあげようか?って聞いても、怒られる〜で番号言わない。
困って塾まで送って行くから、先生に相談しようと言っても、
怒られる〜って座り込む。
どうしろと。
困って塾に電話したら、先生がわざわざ駆けつけてくれて、
とりあえず塾へ連れて帰り、親に連絡取ってくれることになったからお任せした。
続きを読む

このページのトップヘ