カテゴリ: ウト

【前編はこちら】 680:名無しさん@HOME 2011/08/05(金) 13:12:27.45 0

すみません。さらっとだけ相談させてください。 
嫁の親が亡くなったときに、「線香の臭いが嫌いだから(旦那曰く)」「祖母がいるから置いて行けない」と葬式にも49日にも出席せず新盆にも 
来る気がない舅さんってどう思いますか?

続きを読む

【後編はこちら】
387:名無しさん@HOME2011/07/10(日) 12:47:16.53 0

◆現在の状況 
夫婦でアパート住み、子無し。震災の被災地に居住 

◆最終的にどうしたいか、どうなりたいか 
疎遠になりたい

続きを読む

253: 名無しさん@HOME 2011/11/03(木) 13:36:48.43 0

先月のこと、夕方家に帰ったら家の中に犬が4匹いた。うちのペットではない。 
びっくりして警察に電話した。捨て犬かもと。夜になって置いていったのはウトだとわかった。 
警察には事情を説明し、謝罪した。 
私子と散歩してた時に「わんわんかわいいねー」と言っていたから買ってきたと。 
それにしたってまず相談とか考え付かなかったのか?4匹、しかも大型犬ってアホなんですか? 
いろいろ言ったけど、「うち、賃貸ペット不可だし、ペットショップは返品受け付けてないって(大笑い)」 
と言われたので、義実家(ウト・コトメ)への援助を打ち切らせてもらった。 
犬のエサ代もどんどん増えていくし、最初に部屋に適当に放されたせいで 
家電のコードが切れてたり、●でカーペットが汚れて使えなくなったり、 
もっと広い賃貸の一軒家に引っ越さなくてはいけないのでね。 
自業自得だ!
続きを読む

124: なごみ 2013/10/12(土) 00:41:58.85 ID:qktiKNSN0

ちょっと前のことだけど... 

息子の小学校の運動会は、陸上競技場の大トラック貸切でやるすごい本格的な運動会。親も積極的に出てくる。 
うちの息子も当然、父親が走る様を見たがっていた。旦那も出たがっていた。のに、前日に骨折。息子凹みまくり。 
当日、遠くからダブル祖父母が来てるのに終始テンション低めの息子。事件が起きたのは午前の最後、色別対抗父兄リレー。参加を募られ、あちこちでパパたちが手を上げてた。凹む息子。そんな中、祖父母ズで歓談してた義父がおもむろに動いた。 
※義父:花が大好きな農民。65歳

息子「(´-ω-`)」
義父「これ、僕も出ていいの?(*・ω・*)」
よそのママ「パパじゃなくても30歳以上ならいいらしいですよー」
義父「僕出たいな!(`・ω・´)」
息子「おじいちゃん、パパの代わりに走ってくれるの?(*・ω・*)」
義父「走るよー(`・ω・´)」
義父、荷物の中から何か袋を取り出す。
義父「孫ちゃんだけ応援する人いないのは寂しいもんね(`・ω・´)」
息子「(@⌒ー⌒@)」
旦那「親父、無理はよせよ...」
義父「息子よ、実はお前には言っていなかったが...僕は...」
周りに急かされ、袋を持って集合場所へ行く義父。

1人100m,セミアンカー200m,アンカー400mのリレースタート。中にはスパイク靴を履いた人も。
1チーム20人でトラック6周、4チーム対抗。義父の番がなかなかこない。レースは終盤。
息子「おじいちゃん来ないの?(´-ω-`)」
旦那「まさか...」
そのまさか。全チームセミアンカーに。義父はまだ待機中。
旦那「親父、スパイク履いてる...」
一家総立ち、緊張しながら見守る中、義父にバトンが3位で渡った。
で、義父、大暴れ。半周で1位に追いつき、他の人たちがバテる中残り半周もペース落とさず独走。両手突き上げてゴール。

某田舎の県で、義父が400mマスターズの記録保持者だと知ったのはその夜のことでした。
続きを読む

659: 名無しさん@HOME 2011/05/01(日) 17:16:44.00

ウトにしり肉鷲掴みにされたので、すだれハゲを無言でむしった。
私はいい大人が恥ずかしいんだけど、普段から自己主張できないタイプで
無口なんでとっさに上手い事言ったりできなくて、悲鳴もあげられなくて
無言で涙流しながら黙々とむしった。
そのかわりウトが悲鳴上げたけど。
後悔も謝罪もしないしGWも行く予定はない。
続きを読む

435:名無しさん@HOME2007/05/17(木) 10:13:29
「サルでも弾ける」で思い出した。
車はMT車しか認めん、というウトが
私が買ったAT車にぐちぐちと文句をつけるので

「AT車なんざぁサルでもタコでも運転できる」と言い返したら
「言ったな、じゃタコに運転させてみろ」と返してきたので
「おうよ、お義父さんがハンドルとペダルに足が届くタコ捕まえてきたら
私が運転教えてやろうじゃないか」と返した。

口惜しそうな顔で詰まったので「勝った」と悦に入ったが

しばらくは
「本当に全長2mぐらいの生きたタコ持って来たらどうしようか」
とちょっと心配だった。

あれから5年、まだウトは生きた巨大タコを持って来ていない。
続きを読む

このページのトップヘ