カテゴリ: 不倫

    mixiチェック

127: タヒんだ嫁 ◆oK16.QktgM 2018/07/16(月) 17:47:49.78 ID:NtE4GRbW0
先月癌でタヒんだ嫁のスマホ見てみたら4年前から浮気してた様子。 

・相談者の年齢職業   50、会社員 
・嫁の年齢職業     48、無職 
・婚姻期間       24年 
・子供の人数、年齢   2人、21男、20男

・わかってるなら間男の年齢職業 年齢不明(40前くらい?)医師 
・過去の不倫の有無(夫婦共に) 自分無し、嫁多分無し 
・現時点で決別か再構築か方針は決まってるか タヒ別なので・・ 

・その他、経緯と状況説明 

今週末49日法要の予定。 
嫁のスマホをなにげに眺めてたら、とあるLINEのやり取りを発見。 
ガラケーからスマホに変更した当時から延々と続くやり取りが。
(その前はメールのやり取りをしてたみたい
スマホにする数ヶ月前から) 


その中には
「友達と食事に行くから待ち合わせ場所まで送ってって」
と言われ送っていった記憶があるものが複数。 

(近所のコンビニだったり、隣の市のコンビニだったり、
別方向の隣の市のコンビニだったり) 

新幹線を使わないと行けない所の「友達に会いに行く」と
言っていたのも間に会いに行ってた
(学会発表の後に会ってたみたい) 

ハグやキスはあったと思われるが、行為については白に近いグレー 

今年2月下旬に最後のLINEがあってからは音沙汰無し
(別れたのか?と思われる) 

証拠としては嫁のスマホと自分の記憶(証拠にならんね)くらい。
慰謝料というか、見舞金としていくらか取れないか?
と、考えている。

続きを読む

    mixiチェック

282: 名無しさんといつまでも一緒 2008/02/04(月) 19:01:54

ん年前に旦那に現場見られたけどギャーギャーじゃなかったな。 

彼と腕組んでいちゃこら歩いてたら旦那と鉢合わせしたんだけど 
旦那はなぜか彼に会釈をして黙って立ち去った。 

やべー帰ったらどう言おうと思ってたけど一切のお咎めなし。 
見なかったことにするってのが旦那の結論だったみたい。 

続きを読む

    mixiチェック

722: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2017/05/07(日) 06:09:47.00 ID:0Xao2gvO.net
社会人になりたての頃に一時、ちょっと有名なバンドの人と不倫関係だった。 
当時そのバンド自体は休止中で、何か色々あって復帰する事になり 
私の勤務先にその人が出入りして、私は新人なので先輩について雑用みたいな事をしていた。 
暑い日にお茶買って来たら、「キミ飲まんの?」って言われたので 
私は「仕事中なので」とか言ったのが挨拶以外の最初の会話で、それから何となく話すようになって 
ごはん食べに行って、何だかそんな関係になってしまった。

半年くらいそんな感じで会ってたけど 
奥さんとかいるだろうし、私の職場との仕事が終われば関係も終わるんだろうなと思っていた。 
やっぱり最後に「ごめん」って謝られてフラれたんだけど、こんなもんだよねと思って寂しいけど諦めた。 
特に証拠は残っていないから自分の中だけの話なんだけど 
この頃ラジオでその人の曲がかかる事が多くて思い出して 
私も最近ようやく一人で担当持って仕事出来るようになったので書いてみた。


続きを読む

    mixiチェック

1: 名無しさん@おーぷん 2015/05/02(土)01:46:24 ID:34X

顔があまりに俺にそっくり

大事になる前に引っ越そ… 

続きを読む

    mixiチェック

427: 名無しさんといつまでも一緒 2016/03/07(月) 10:51:18.60 0

うちは略奪10年だけど既彼(現夫)は離婚してから一切子供に会ってない。
離婚する時の締結で子供に会う時は前嫁を必ず通すという一文をつけられたから。 

当たり前っちゃ当たり前だけど、その当たり前で会わない事に決めたらしい。 
なので前嫁も夫に会う口実が取れないらしく未だにグレーゾーン系嫌がらせを私にしてくる。 

おかげで夫は私に気を使ってくれて非常に優しい。
前嫁の子供には悪いけど家族幸せ満載。

続きを読む

    mixiチェック

617: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/08/31(木) 19:29:45.49 ID:06lh+wMy0

会社で俺に気がある既婚女忄生が露骨に着飾るようになって 
結婚指輪もはずしてた。 
さらにアプローチをしてくるんだけど彼女は俺より7歳上で45歳。 

前は良い妻そうな所が魅力だったのに実は不倫願望ありの欲求不満だった。 
会社の中ではこの変化がバレバレでみんなは俺に気をつけろと言うが 
綺麗な容姿をしているし超笑顔で魅力ムンムン。 

もともと俺も気にはなってたけど
あくまで一度きりでお互いの家庭は大切にする
という前提なら良かったが 
いま関係を持てば地雷になるのだろうか。 

俺のところは嫁が2歳の子供の世話で俺に冷たく
仮面になりかけてる。

続きを読む

    mixiチェック

753: 名無しさんといつまでも一緒 2016/04/14(木) 11:56:18.63 0

ネットではやたらプリン叩かれてるけど、驚くほど普通に暮らしてる 
去年は子供も産まれた 
義両親や親戚も旦那の前の結婚は無かったかのようになってる 

ただ、徹底的に周りには隠した 
友人や親にも不倫だと言ってないし
前妻にも隠したまま旦那は離婚した 
だから慰謝料もなし 

まぁ相場より高めの養育費を払ってるし
そこが贖罪になってるのかな? 

ペラペラ周りに不倫のこと言うから失敗するんだと思う 
悪妻だったため旦那は元々離婚しようと思っていたみたいで、
私と出会って決定的になった感じ 

私と付き合うようになり3ヶ月くらいで離婚してた 
人は本気になれば行動早いもんだなと思う

続きを読む

    mixiチェック

467: 可愛い奥様 2018/03/29(木) 07:17:09.61 ID:4DREzgPM0.net

プリが地元のフリーペーパーの表紙に載っていた。 
プリとのメールのやりとりで知ってたけど、少し前のものだから現物も見れず話題にも出せなかったけど、昨日まとめて置いてある場所に用事があったので写真撮って話題に出した。 
晩御飯の時に「これ、デブスちゃんでしょ?全然デブスじゃないじゃーん」って見せたら分かりやすく汗を噴き出して面白かった。 
子供達も「デブス」として話題に出てたのは聞いてたから「ほんとだ。むしろ今どきのお洒落女子じゃん」「ま、かわいくはないけど普通じゃん」と批評されてるのを汗だくで「醤油かけすぎた」とわけわからんこと言いながら聞いてたわ。 
そこからは聞いてもないのに喋る喋る。 
プリの会社での評判、現場での評判、起こした騒ぎや忄生格の悪さ。 
同じような話は何度か聞いていて、それを鵜呑みにしてたから全く疑ってなかったけど、知ってから聞くと「え…なんだコイツ…?」ってちょっと怖かったわ。 
メールでは「会いたい。可愛いよ。心配だよ」って言ってるのに…。 
なんだこれ?どうしたいんだ?守りたいのは家庭だとしたらもう放っておこうかとも思ってしまうんだけど、やっぱりプリを思いやるメールとか見ちゃうとざわざわして動悸がするし。 


あんまり長く泳がせたりこうやって反応伺うようなことしてるとますます切り出しにくくなるよね。 
切り出したときシタのプライドはズッタズタだりうし。 
シタの中では「何にも知らない、俺に従順な嫁」なはずなのに全部知っててニコニコしながら仕掛けてたって知ったら怖くもあるだろうな、と。 
でも、ボロクソに言ってた女と実はラブラブで何度も抱きました!っていうのも私にとっては怖いからお互い様だわ。 
まだ時期じゃないからもうしばらく泳がせよう。 
ギクシャクする前にやりたいこといっぱいあるし。 
とりあえず「色々ユルそうな顔だけどデブスってほどじゃないね。現場では重宝されそう」って言ったら「いやいや、みんな煙たがってるし騒ぎも起こしてよく出勤できるな、って言ってる」だって。 
表面上みんな酷評しつつ、陰で「デブスちゃん大丈夫?」って近付いててプリも全部ユルい顔で受け入れてたら…って考えたら怖くなったわ。

続きを読む

    mixiチェック

515: 名無しさん@お腹いっぱい。 2018/08/31(金) 01:41:59.16 ID:CDpnO9uF0.net
俺はこのスレで嫁を坊主にというのを参考にし 
寝ている嫁の髪の毛を無造作に切りまくってやった 
もちろん離婚するの覚悟でね。DVで訴えられても受けて立つつもりでもいた

続きを読む

    mixiチェック

862: 名無しさんといつまでも一緒 2009/01/01(木) 03:29:12 O

相談です 
社内不倫3年で 
鬼彼37私26です 
鬼には妻と子がいます 

慰謝料はなしで穏便に離婚しようと、 
ここ2年、話し合いをしているそうです 
そして私のことはその話には出てないそうです 

ほんとは去年、離婚成立する予定でしたが 
うまくいかなかったらしく 
今年の3月の彼の子の卒園を待つ話になっているみたいですが 
私はその話を詳しく聞かされてません 

そんな折り、私は妊娠が発覚しました 
(昨日、検査薬をしました) 

会社をやめるべきでしょうし、 
早く鬼彼といっしょになりたいとも思うのですが、 
恥ずかしい話、それらをどういうふうな手順でいけばいいかわかりません 

続きを読む

このページのトップヘ