カテゴリ: 驚き


335:名無しさん@HOME2017/09/22(金) 10:12:34.96 0.net
祖母の入っている施設で、職員が利用者に対し暴言暴/力で問題になり退職させられたという話を聞いた

幸い祖母には被害はなかったが、その元職員の名前を聞いて驚愕
小中学校で同級生の女で、癖っ毛の髪ボサボサ、暗くていつもひとりぼっちだった子だった
名前、年齢、見た目の特徴も一致、間違いないみたい
なぜ彼女のように人付き合いが苦手そうな人が、コミュニケーション能力必須な仕事に就いてしまうんだろう…
これほど適忄生が求められる職なのに、門戸が広すぎて余計状況を悪くしている気がする


続きを読む


183: おさかなくわえた名無しさん 2018/03/12(月) 22:33:20.59 ID:K2P4A2BS.net
友人の子供(幼稚園)が食物アレルギーで一時危篤になった
友人がどうしても歯医者に行かなければならなくなり母親に子供を預けた時に
母親がクリームたっぷりのプリンをあげてしまったらしい
一命は取り留めたから良かったけど一時呼吸が止まったと聞いた時はゾッとした
様子はどうかラインをしたらすぐ友人から折り返し電話がかかってきて吐き出すかのように
「アレルギーの事は前々から説明していたし
当日も絶対におやつはあげないでと念を押したし
まだ現役で働いていて呆けるような歳でもないから信用していたのに。
ちゃんと説明したよね!って怒ったらうんうん、悪かった悪かったと生返事で
全然私の話を聞いてないの」と号泣していて思わずもらい泣きしてしまった

続きを読む


55:恋人は名無しさん2018/03/24(土) 21:51:29.84ID:2W4bcqa+0
いつか同棲しようって話をしたら「いくら出せばいい?」と言われてビックリした。
現在家には3万入れてるらしく、5万入れたら足りる?と聞かれて更にビックリ。

「全然足りないから!」と慌てて言ったら「家では3万で充分って言われたけど…」
と払えオーラを出されて言葉を失った。

「いま毎月かかってる生活費の平均を出して。
それで一緒に住んで足が出た分は払う形でもいい?」
と妥協したみたいに言ってたけど明らかに妥協じゃない。


付き合った時は甘えたな感じが可愛くて仕方なかったけどこれじゃあただの馬鹿だ。


続きを読む


973:おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/[sage]2016/10/03(月) 06:17:47.04 ID:802FMCre.net
弁当店でバイトしていた時
おっさん客が来店。
『唐揚げ弁当一個!』て注文されたから、マニュアルに則って『唐揚げ弁当がオヒトツですね。以上で宜しいでしょうか?』って返した。
もうほんと普通のやり取り。

そしたら、『は?それだけに決まってるだろ、、、お前さ、俺が一人で二個も三個も食べると思うのか?』って言われた。
唖然とした。
どういう人生を送ればこういう人になれ、生きていけるのか。

続きを読む


20:おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/[sage]2016/10/04(火) 00:43:30.29 ID:PQacL0gi.net
友人宅で「今日すき焼きだから食べてって」と言われたので
お呼ばれした(ちなみに京都ではないので本音)。
支度ができたというのでテーブルについたら何かおかしい。
その様子を感じたのか友人が「うちの家族、好き嫌い多いから
普通のすき焼きとちょっと違うかも」と説明してくれた。

みんな牛豚肉が嫌いなので鶏肉を使う
ネギは苦手なので入れない
しらたきも苦手なので入れない
焼き豆腐は食感が嫌いなので絹ごし豆腐
葉物の野菜(白菜や春菊)がくたっと煮えた食感が苦手なので入れない
その代わりに野菜として人参と大根の薄切り、そしてモヤシとニラを入れる
みんなジャガイモが好きなので薄く切ったのを入れる
生卵は苦手なので使わない
甘辛い味は飽きるので出汁で煮てポン酢で食べる

もうさ、「すき焼き」って呼ぶなよと思った。

続きを読む


1:風吹けば名無し2017/12/26(火) 00:45:38.51ID:coImMDJK0

東京からやが2万人で集団行動・乗り物は使用禁止なんや
ブラックすぎてやばい

続きを読む


669:1/22018/03/18(日)17:51:26 ID:Gwt


旦那のお気に入りのラーメン屋がある。チェーン店ではなく、個人がやっている店。
濃いとんこつ味でクセはあるんだけどすごく美味しい。テレビに出るような有名なお店じゃないけど、地元の固定客がをがっちり掴んでいるようなそんな店。

で、先週主人とそのラーメン屋に一緒にいったときのこと。私達夫婦がカウンターに座ったとき、大学生らしきカップルが入ってきた。
男の子は背が高くて爽やかな感じでかっこよく、女の子もお洒落で細身で可愛らしいという、美男美女のカップルだった。
男の子のほうは常連らしく、慣れた様子で私達の隣に座り、
「○○はあんまりラーメンとか食べないかもしれないけど、ここのは凄く美味しいから食べさせたかった。
今日はご馳走するから好きなもの頼んで」
って言ってて、女の子のほうは嫌がる様子なんか全くなく、ニコニコしながら、
「え、ラーメン好きだよ!ご馳走してくれるなんて嬉しいな。何頼もうかな」
って返してて、それがすごくほのぼのしてて凄く雰囲気が良かった。店員さんも笑顔になってた。

雰囲気が一変したのは、店員さんが注文を取りに言ったとき。
男の子は普通にチャーシュー麺を頼んだんだけど、続けて女の子が注文したのが「プレミアム全部のせ大盛りチャーシュー麺(2000円)」だった。
これ、メニュー名見ればわかる通り、すっごく量が多い。壁に写真だってわかりやすく貼ってある。
とてもこの細い女の子が食べきれるとは思えない。だから、店員さんも男の子もびっくりして、
「凄く量多いよ?!絶対食べきれないだろ?」
「女忄生には厳しい量だと思いますよ?」
って言ったんだけど、女の子は、
「これが一番美味しそう。これが食べたい。私はラーメン好きだから食べられる」
って繰返してた。
店員さんはわざわざこのぐらいの大きさですよ、ってどんぶり持ってくるし、
男の子が、ここは味が濃いから、一回普通の食べてみようよ、それで気に入ったら次回はそれをご馳走する、って言ったりしたんだけど、女の子は一歩も退かず、
「△△くん何でも好きなもの頼んでいいって言ったのに、一番高い奴だから駄目っていうの?」
ってぶんむくれ始めた。
男の子もそこで諦めて、「わかった…じゃあそれで」って注文し、現物が運ばれてきた。
女の子はでっかいどんぶりの前でパシャパシャ写真取った後、
「おいしそー!いただきまーす!」
と笑顔で食べ始めたんだけど、案の定、ほんのちょっと箸をつけただけで
「おなかいっぱーい!ごちそうさま!」
ってどんぶりを押し戻した。
その瞬間、男の子が財布を出して5000円札をカウンターに置き、店員さんに向かって
「今日は帰ります。僕も彼女も全部食べられなくてすみません。お釣りはいりません」
って言って、店を出て行ってしまった。それが凄くあっという間で、彼女も店員さんもポカーン。
少しの間の後、我に返った彼女が何か叫びながら追いかけていき、店員さんも慌ててお釣り持って追いかけていった。
一連の流れを思わず見届けてしまった私達夫婦は、ラーメンを啜りつつ、「あの二人は別れちゃうんだろうね」って話してた。


続きを読む


447:名無しの心子知らず2009/10/21(水) 23:50:20 ID:DG843ZoZ
類似報告あったかもだけど報告
まだ興奮気味で文章荒れてるかも

今日お昼をファミレスに彼氏と食べに行ったんだけど、そこでセコケチに遭遇


彼氏が今日給料日で、私の分も奢ってやるよ、みたいな話をして、和やかなお昼ご飯になる予定だった
私がドリンクバーを取りに席を立ち、戻ってくるとそこには見知らぬ幼稚園児4人が運ばれてきた料理をがっついて食ってる
席に座ってた彼氏も余りのことに思考回路停止状態
敢えて言えたのは、ちょっと、ぐらい
子供たちは、何日食ってないの、とばかりにご飯を食べる食べる
やっと我に返った私が、ダメでしょ、と子供たちを席から剥がしたら母親登場
今月生活費苦しいの、彼氏さん給料日何でしょう、だったらうちらの分のお金クレ、と何故か斜め上発言


続きを読む


1:名無しさん@おーぷん2018/05/20(日)19:21:26ID:Sie


近くの小学校で運動会開かれてたんだけど、並行して部屋の掃除してたら
「家からずっと見てる男がいる」って通報入ったらしくて警察4人来た

掃除しやすい恰好(クッソださい)で髪オールバックに結んでスッピンだったから恥ずかしすぎたわ

警察の方には「男が~」って通報入ったから
私が一人暮らしの女の家だって分かると苦笑してた
新潟住みなんだけど先日の事件でピリピリしてるから仕方ないと考えるべきなのかな
ちなみに掃除してただけで外をずっと見てた、とかは無い


続きを読む


15:名無しの心子知らず2018/03/03(土) 23:58:34.96ID:2a72j8wD
初めて役員決めの会に参加してきた
みんな俯いたり押し付けあい…というのを想像していたら、
立候補いないなら仕方ない!やります!って人が一人出た途端
わたしもわたしもと次々立候補がでてきてびっくりした

それでも少し人が足りなくて最終的にくじになったんだけど
当たりひいてしまった人が、親も頼れないし役員なんて無理ですって
涙ぐんでてかわいそうだった

うちも旦那激務親遠方で役員無理だから他人事じゃなくて
胸が痛かったけど何も言えなかった

続きを読む

このページのトップヘ