カテゴリ: 驚き

263 :名無しさん@おーぷん
義弟夫婦が理解できない。
夫・義弟ともに義実家近距離別居で、私たち夫婦は用事がなければ顔を出さないので、義弟夫婦に会うのは年に1〜2回程度。
あと、夫は義両親・義弟との感覚が違うからと付き合いが薄い。なので、義実家の事を聞いても「さぁ?」で終わるため、私にはほとんど情報が来ない。
先月私に赤が出來、落ち着いてきたので義実家に顔を出すようになったのだけれど、そこで初めて義弟夫婦の話を聞いた。
義弟夫婦、毎晩義実家に来ているらしい。多分、夕食と愚痴りが目的。
義弟が来れない日でも、義弟嫁単独で義実家訪問もあるとか。
何が理解できないって、義弟、婿養子で義実家を出たはずなんだけど・・・
義弟嫁は、自分の実家のように義実家に入り浸っているらしい。
来月初めに義弟夫婦の結婚式があるけど、その準備に義母がかなり頼られていて、かなり疲れた顔をしていた。
義弟嫁が嫁入りしたならまだしも、図々しいと思う。
よく喋る人懐っこい人と思っていたけど、単なる空気読めない箱入り娘にしか見えなくなった。
他にも色々思うところがあるけど、両親世代がいなくなった時、私たちに依存して来ないように準備していこう。
続きを読む

363 :名無しさん@おーぷん
同じ大学だったさえない男の子にお付き合いを申し込まれた。
私はボッチだけど、ボッチだからこそまじめに勉強して授業も欠かさなかったら、
むこうからたまに講義のこと教えてって声かけられて時間があれば教えてあげたり、
お昼一人で食べてたら合い席頼まれたりして何となく仲良くなった。
仲良くなったといってもたまに一緒に勉強、一緒にお昼くらいで、
はたから見たら友人にカウントされるのかも微妙だったと思う。
でも大学で一番私が一緒にいたのはこの人だったし、かっこいいというわけでもなかったけど、
一緒にいても疲れないし、何となくOKした。
今年に入ってプロポーズされた。これもOKした。
私の両親は彼のことを結構気に入っていて(何度か家で食事をした)
このことを話すと喜んでくれた。
この間彼の実家にあいさつに行くことになって彼が私の家に車で迎えに来てくれた。
彼の家に行ってびっくりした。
とんでもなく大きな家だった。彼のご両親もご兄弟もやさしくて
彼との結婚を喜んでくれた。
あんなにお金持ちとは知らなかった。
父親は私を迎えに来た彼の車を見て腰を抜かしたと言っていた。
マセラッティって車らしい。
結婚してもいいのだろうか。うちの両親はただの公務員でほんとにふつうの人。
彼の家とお付き合いしていけるのかな。
ものすごく不安だ。
続きを読む

このページのトップヘ