カテゴリ: おかしな人達

771 :名無しさん@おーぷん
前に勤めてた会社での話。私のいた部署の隣部署の女性。私の母より年上(当時の私の年の2倍以上年上だった)で、最初は近づきがたい印象で、弱弱しく振舞っているけど実は気が強そうだなという外見。
時間が合えば休憩室で会う程度。時々彼女は休憩室の隅で泣いていた。泣いている原因は主に「生きているのがツライ」と。

周りから入ってくる話によると、彼女はもう数年間心の病気に悩んでいるとのこと。
今思えば、そんなに辛い状態で高額な金額を扱う業務をしていることに疑問を持てばよかった・・。
私は同じ病気になったことがあったので、彼女の扱い方が他の人たちとは違った。
私の同僚は私以外全員50歳オーバーの女性だったので、「心の病気は甘え!」や、「くよくよしてるのはおかしい」という考えだったから。
休憩室で泣いている彼女にかなり厳しい言葉を浴びせている同僚が多かった。

私は「ああ、そんなこと言っちゃだめなのにな・・」と思いつつ、適度に(のつもりだった)「病気だから仕方がない」「考え方をすぐ変えれる体質ならばこんな状態にはならない」等声をかけていた。

しばらくすると、毎朝休憩室(兼更衣室)の私のロッカーの中にお菓子やパンが置かれるようになった。
そう、隣部署の彼女からだった。一緒に手紙も添えられ私に対する感謝の気持ちで綴られていた。
少し違和感を感じつつも、こうすることで彼女の気が晴れる、私にお礼を言われることで心の安定を図ってるんだろうと時々お返しをしながら受け取っていた。
しかし、限度もある。本当に毎朝だったし、コンビニの高めのスイーツプラスジュース、私の好きなマスコットのキーホルダーやストラップなど。
徐々に金額と量が増えてきた。ロッカーを開けるのが憂鬱になった。返すことができればいいけど「返す、悪いから」と言うとすごい剣幕で怒り出すので無理だった。お返しも私の懐事情により毎回は無理。

「自分のお古で悪いんだけど、一度も着てない、はいてないから」と某有名ブランドの洋服十数点と靴3点が私のロッカーにきつきつに入ってたときは飛び上がりそうに。
このときはさすがにものすごく抵抗したけど、「私は物を捨てられない体質なの。だからあなたが捨ててほしい」と懇願され、紙袋3つ分を抱えバスとチャリを乗り継ぎ帰宅。
本人の望みどおり普通に処分した。
さすがにこの頃は怖くなっていたのだが、少しでも拒絶しようものなら、「私はもうだめなのね、あなたに迷惑ばかりかけて・・。もう私のことは忘れてください。」というようなメールが唐突に送られてくるようになっていた。
最初に感じた違和感で気付けばよかったのだが、まだ心の病気だから仕方ないのか・・と自分を無理に納得させて相手をしていた。夜中に泣きながら電話してきたりもあったし、ほんとにタヒなれたら困るし。
メールもここではかなり要約して書いてるけど、毎回かなりの長文で鬱々とした気持ちとどうやったら楽になれるかとか書いてたんだ。脅迫じみてるんだよ毎回。
いきなり怒り出すのも火がついたように喚き散らすし、さっきまでシクシクしてたのに!?って毎回ビビる。

この後私は、別件で体調を崩してしまい退職することになった。
色々断ち切りたい縁もあったので辞めれてよかったと思ってた。隣部署の女性ともこれで疎遠になれたら・・と。
続きを読む

543: おさかなくわえた名無しさん[sage] 2013/08/19(月) 13:14:59.69 ID:hwT9gGui

ここのご常連と私のパターンとは少し違うかもしれません。 
今、私は皆様言うところの勘助からの攻撃がちょっと激しくってうんざりしています。 

この勘助、私は所謂ブサイクな女なので、「惚れる」という感覚は恐らく彼にはないと思います。 
それどころか、彼は自分だけがものすごく大好きな自己愛の人なので、どんな女性でも彼からちゃんと 
好きになってもらえているか怪しいものです。現に、別の女性で彼の粘着被害に遭っていた人も 
やはりうんざりしているようでしたので。彼女は私よりももっと接触が多かったので、果たして逃げられたのやら…。
ではどこが勘助かというと、彼は女性にセクハラを平気で行うんですよね。
それも、自分のプライドやコンプレックスをなにがしか刺激するような立場の女性に。
(勘助でも、性根では女嫌いなんでしょうね。バイセクの噂もありましたし)
でもさそういうのって、はっきり言えば勘助の機嫌を予備知識のひとつもなく
無条件に女たちは見なければならないというわけで、無理無理の無理ゲーなんです。

で、その無理ゲーをやっぱりこなせなかった(むしろ初めからこなせられない設定で目をつけられ敵認定された女)は
彼は近づいてやけに好意的な態度を取るんですね。
「あーこの人イイヒトだー友達になれるかもー」って思ったら、なんか粘着開始ー、ってゲーム開始になるんです。

この勘助は自分の感情に責任を持たないように育ってきているらしく、好きも嫌いも基本的には
相手任せになるようです。何せ本当に一番好きなのは自分なので、二番目以降は順番も決められないほど
どうでもいいんですよ、恐らくね。
で、彼のプライドとしては「この女は自分を好きでなければならない」って使命感(目的)があるんですよ。
それをただただ達成するために粘着しまくるわけです。これが彼を勘助って私の判断する所以です。
続きを読む

248: おさかなくわえた名無しさん 2012/09/12(水) 09:22:40.39 ID:ztdelSvX
ここに書かれているような感じじゃないけど勘違いされた。 
みなさんからしたら勘違い度はかなり低めだと思われるのでお茶うけ程度に。 

勘とはバイト仲間。唯一の同い年だったしシフトの時間帯もほぼ一緒だったから必然的にしゃべる事は多いかった。 
と言ってもしゃべるのは休憩中だけだし、バイト以外の交流は一切なかった。(プライベートで遊んだり等。) 
ある時私に彼氏が出来た。私の彼氏としゃべった事のあるバイトのおばちゃん達(たまに彼氏にお迎えに来てもらったので会った事ある人が複数いる。)から「いい彼氏さんじゃなーい♪あんな優しい人と結婚するのが幸せになる近道よ!」なんて話してたらドヤ顔の勘がやってきた。

以下おばちゃん達と勘の会話。(お=おばちゃん 勘=勘違い男 私=私)
勘「いやー、結婚なんてまだ僕らには早いですよー。僕はまだバイトだから彼女を養うほどの稼ぎがないですもん。あ、でもいつか式をやる時は出席してくださいね☆」
お「え?勘くんって彼女いたの?」
勘「はい!私子ちゃんと結婚を前提に付き合ってます!」
私「いやいやw付き合ってと言った覚えも言われた覚えもないよwてかお互いにアドすら知らないのに付き合ってるってどんなカップルだよw」
お「私子ちゃんには彼氏がいる。私達も話したけどとても素敵な子だし私子ちゃんとラブラブよ。勘くんが割り込む隙なんてミドリムシ程も空いてないわよ。」
勘「え?じゃあ休憩中に話しかけてくれてたのは?仕事中にフォローしてくれたのは??」
お「勘くんも私達みたいなおばちゃんともしゃべったり優しくしてくれるでしょ?でもそうしてくれるのは、別に私達に好意があるからではないわよね?私子ちゃんのはそれと一緒。仕事仲間に親切にするのは当然だもの。」
勘「そういう事かぁ...俺勘違いじゃん...恥ずかしいもうバイト来れない...」

勘はそういいながらまるで少女漫画みたいに顔を両手で覆いながらペタンと女の子座りにへたり込んでた。
勘違いだったと本人が自覚したし、勘違い=恥ずかしい事と思ってくれたみたいだったから、勘違い度は低かったな。
続きを読む

376: 名無しさん@おーぷん 2017/02/24(金)17:07:55 ID:ap9

隣のアパートに住んでるシンママが

本当にムカつく大嫌い。
幼稚園が娘と同じで、
うちのマンションの前にバスがとまる為に
バス停で毎日顔を合わせる。

最初の印象は気弱そうだけど
ニコニコで可愛らしい感じの人だなと思ってた。

その人にバレンタイン直前に声を掛けられて、
旦那さんにチョコを渡してもいいですか?と聞かれた。

義理なのか本命なのかよく分からなくて
戸惑っていたら好きになってしまいました。
だってさ。


いやいや、それは許可出来ないよと言ったら
悲劇のヒロインみたいにポロポロ泣きだして、
フラフラ家に帰って行った。

私が言うのも変だけど、旦那は私の事が大好きだし、
不誠実なことは大嫌いな人なので心配はしてないけど、
それでも不安になって旦那に聞いてみたら
誰それ?って感じだった。
もしもなんか言われたら私を呼んで目の前で
ボロカス言ってやるよって言ってくれたので
安心は出来た。

その後、バレンタインは特に
なんのリアクションも無かったから良かったけど、
バス停で会う度にワザとらしく
シュンと落ち込んでますアピールしてくる。

毎日、毎日、私の顔を見る度に女優のように
「あっ・・・(俯く)」って感じ。
あのリアクション見る度にものすごくイラっとくる。
あーゆー感じに騙される人は絶対居るのが分かる分、
本当にやだ。

あの日以来、朝から毎日テンション落とされて
イライラしてどうしようもない。
事が何も起こってないだけに
変に騒ぎ立てたりも出来なくて辛い。
続きを読む

24: 可愛い奥様 2012/09/13(木) 10:27:14.25 ID:Z97vmV1Z0
真向かいの奥さん(同世代で自称ご主人年収1000万超え)が
とても嫌味な人で、
私が庭でせっせと野菜作りして収穫してる所に
「野菜作り大変そう。うちは産地直送の採れたて野菜毎週頼んでるの」とか
言いにきたり
家の前で10年以上乗ってる愛車を洗車してたら
「年数の経った車洗ってもそんなに綺麗にならないでしょう(ニッコリ)」とか
他数々のうちの貧乏生活&彼女宅のセレブ生活嫌味自慢炸裂
そのシーンをたまたま向かいの旦那さんが聞いていて
その場で奥さんを怒鳴りつけてた(旦那さんはマトモな性格らしい)

これで少し大人しくなるだろう!と思ったら
いきなり離婚してました・・・
嫌味な奥さんは無一文で追い出されたらしい
子供も取られ、実家がない彼女は女性生活支援センター的な所に転がりこんだそうだが
転落人生を歩むはめになるだろう

後日、向かいのご主人は大きな菓子折りをもってきて
「今までご迷惑をおかけして、すみませんでした」と謝りにきたけれど
あれから3ヶ月、今以前の奥さんより10歳以上若い女性が住んでますw
旦那さん上手い事やったなw
続きを読む


679: 名無しさん@おーぷん 2015/12/31(木)07:17:47 ID:6hY
昨日水族館に行った

深海魚の標本コーナーの標本の真ん前でカップルが立っててなにか話してた

見たらすぐにどいて欲しいなー(そこそこ混んでた)と思いながら
なんとなく話に耳を傾けると
内容は親戚のおじさんの話で、
男のほうが
「だから俺、ドナーにはなりたくないんだ(キリッ☆&ドヤッ」

もう脱力した
そんな話ならベンチあんだからそこでやれ
続きを読む

849 :1/2
雰囲気に沿っていなかったり、またスマホからなので不備があったらすみません。

昨年末から今日に掛けてあった出来事。
昨年末に知らないアドレスから、携帯キャリアとアドレスを変更する旨及びこちらの体調を気遣い、来週にでも食事に行こうという内容のメールが届いた。
アドレス変更の旨だけで無記名のメールは迷惑メールの可能性があるので普段は放置している。
しかし私自身が病弱な為に体調を気遣う文面などから友人の誰かが無記名でアドレス変更メールを送ったのだろうと判断した。
なので「失礼ですがどちら様ですか?」と仕事の手が空いた年明けに返信した。

すると「A(苗字)です。Bちゃん(渾名)だよね?」と返信が。
知人友人にAという人物は居らず、私自身もBではない。
その為「人違いです」とこちらも返信。その後「え?でも女性の方ですよね?」と返信が着た。
私は、アドレス等で検索してもヒットしないのでこのアドレスの主は恐らく業者でなく個人であり、しかも友人女性が人違いのふりをしていると思っている可能性があると判断した。
その為「確かに女ですが、知人の中にAさんはいないし私はBちゃんでもない」と返信した。
この間私から送ったメールはあくまで事務的な物のみ。砕けた口調でもないし絵文字や顔文字は無し。
続きを読む



前編 後編

86: 名無しさん@HOME 2012/07/01(日) 14:21:17.08 0
私も愚痴るだけかもだけど、書いていい?
続きを読む

146 :名無しさん@おーぷん
どこまでも伸びるリードで犬を散歩させてる飼い主
それって
リードの意味無いよね
しかもその状態で犬を先に行かせている
(犬って飼い主より少し後方を歩かせないと、自分が飼い主より上だと認識するんじゃないっけ)

その状態で歩道を占領して結構でかい犬を散歩させてるジジイが向こうから来たので、仕方なく私が車道に避けたら
避けた事が気に食わないとすれ違い様に怒鳴られた
どうしろと言うの
続きを読む

930 :名無しさん@おーぷん
何年か前の話。フェイクあります。
私ではなくて友人のやったこと。

10年来の付き合いがある知人A、友人Bと、久々に飲みに行く事になった。
私たち三人は高校の文芸部で知りあった関係で、話すのも小説とかの話。
皆オタクなので、小説といってもライトノベルなんだけど。
Aはずっと「××アニメ化はステマの結果」「〇〇新人賞は爆タヒ確定」「業界は衰退してる」とか、
出版業界や書店に勤めてるわけでもなんでも無いのに、そんな事ばっかり言ってた。
そのうち話題が自分たちの学生時代の作品に移って、Aの矛先もこっちに向いて来た。

A「そういえばC(私)、まだあんなつまんないの書いてるの? アドバイスしてあげようか?」
私「良いよ。私は好きなもの書いてたいだけだし」
A「Bは? いい加減あんなジャンルやめなよ。読者に媚びてるだけだって」
B「いや、俺、もうデビューしてるから」
私「そうそう。今度〇巻目出るんだよね。おめでとう」
B「ありがとう!」

そしたらAは面白いように発狂した。

「今の流行に便乗してるだけでBの作品は面白くない」
「Bを出版させるなんて編集者は見る目が無い」
「携帯で検索してみたが売上も爆タヒしている」
「Bは最低だ。昔からCに良く学食をタカってた」
(1回か2回、財布を忘れたBに学食代を貸しただけ。Aは貸してないはず)
「そもそもあのレーベルはオワコンだ」

それで顔真っ赤にして自分の分の代金も払わないでお店を出て行ったので、
Bの新刊発売をお祝いして、縁切り代かわりに二人でAの代金も払って、解散した。
続きを読む

このページのトップヘ