カテゴリ: 結婚式

65: 名無しさん@おーぷん 2017/09/23(土)08:26:37 ID:107

結婚式に参列したら新婦から顔の傷をpgrされて修羅場になった。

中学の時のジコが原因で私の額には傷がある。
メイクと前髪である程度は隠れるけど、傷の場所が眉間に近いことから完璧に隠すことはできない。
両親と祖父母が女の子の顔に一生ものの傷があることを憂いて整形や皮膚移植にだいぶお金をつぎ込んでくれたんだけど、それでも完全には消えなかった。

思春期のころはそれなりに苦しんだけど、周囲の助けがあったから乗り越えられた。
ジコに遭ったのが中三の受験シーズンで退院した時にはもう学年があがっていて、高校進学が一年遅れたけどそれ以外は普通に大学を卒業してOLをやっていたし、
ちゃんと恋愛して結婚もした。今は専業主婦。

ある日、高校時代の友人から結婚式の招待状が届いた。
この友人をYとする。
私が地元を離れてしまったことで直接会うのは地元に戻った時くらいだったけど、私の結婚式にも参列してくれたし、行きたい気持ちのほうが強かった。
でもおめでたい席に顔に傷がある私が行くことで水をさすことになりはしないか心配で、Yに一度電話でその旨を伝えたら、彼女はそんなこと気にしない。それより直接祝ってくれるほうがうれしいと言ってくれたので喜んで参列させてもらうことにした。

まだ手のかかる子供たちは旦那と同居の良ウトメさんが見てくれることになって、小旅行のつもりで行っておいでと送り出してくれた。

途中までいいお式だった。
元々美人な花嫁だけどウェディングドレス姿はまた格別にきれいで、優しそうな旦那さんと並んでいる姿に感動した。
(もう入籍はしていたから旦那さん。)
今思うと私って能天気なんだなぁって思う。

私はひたすら感動していたんだけど、一緒に参列していた高校時代の友人たちは、Yが時々私のことを忌々しいものを見るみたいな目で睨んでいたんだそうだ。
でも私は気付いていないし、注意を促してその場の水を差すわけにもいかないから黙っていたらYが自爆した。

Yが私の顔の傷のことや高校進学が遅れたことを、大学時代の友人と論ってpgrしはじめた。
小さい声で言っているのならそのグループ内の会話で済んだんだろうけど、Yは少し離れた席に座っている私に聞こえるように言ったものだから会場内に響き渡った。途中からシーン…って耳が痛くなるような空気になったから余計に声が響いた。

「あんな傷があるのに、よく恥ずかしげもなく参列できたよねー」
「あたしだったらあんな傷があったら恥ずかしくて外に出られないけど、あいつ図太いからwww」
「あいつ、落ちこぼれなんだよ。高校に進学するの遅れてんのwww」
「かわいそうだからお情けで呼んでやったのに、勘違いしちゃって馬鹿だよねwww」
「あいつの旦那、よくあんなのと結婚したよねwww よっぽどもてない男なんだwww」
「妥協、妥協www」

とまあ、こんな会話を大声で。
新郎が小声で止めようとしていたけど、そのせいかますますムキになってヒートアップしていくのが少し離れた場所にいた私からもわかった。

新婦側だけでなく、新郎側の親戚まで大顰蹙を買っていることに花嫁とそこのグループだけが気づいていない状態。
居たたまれなくなった私が、席を立つべきか聞こえないフリに徹していたほうがいいのか悩んでいたら、顔を真っ赤にしたY母が鬼の形相で娘に近づいて行ってビンタした。
pgrされていた私が思わず飛び上がるくらい物凄い音だった。

で、一喝。
「あんたって子は!! 〇子さんに謝りなさい!!」
お母さん、実名報道は勘弁してください…って思ってたら、Y父と旦那さんがつかつか私のほうに歩いてきて、その場で土下座した。
土下座なんてテレビのなかでしか見たことがない私パニック。慌てて私も土下座した。

お互い土下座したまま「とんだ恥をおかけして……」って感じでひたすら謝罪。
その間もYとY母が口論していて、「花嫁の顔をぶつ!?」って感じでキレている娘と「あんたの態度は遠路わざわざ来てくれた人に、いい年をした大人がやることなの!?」って感じでキレていたそうだ。

「その年までロクに仕事もしないでふらふら、それに引き換え〇子さんは学生の時から自分でバイトしてうんぬん……」
私は高校生の時、Y母のパート先でアルバイトしたことがあって、その時のことまで掘り返してY母はYを怒鳴りつけていたみたい。
(土下座中の私に聞き耳を立てる余裕はなく、周囲にいた友人たちに後から聞いた)
続きを読む

923: 愛とタヒの名無しさん 2017/09/26(火) 13:50:24.13 ID:FCFRn2xM
かなり大昔の結婚式 
付き合ってた頃から新郎両親は反対していた

何故なら新婦は関西で5本の指に入る底辺高校卒 
ヤンキーではなかったが、勉強はからきし出来なかった 

新郎両親はそれが気に入らず、
怪しい占い師を引っ張ってきて
「一緒になったら不幸になる」などと嫌がらせをしていた 

そして結婚式にも
この占い師(新郎の叔母だった)を出席させた 
それが披露宴が始まってからも
「不幸になるのは確定なのに結婚なさるのですね」
などと不吉なスピーチをかましてくれた 

今までは占いなんて信じてこなかった新郎新婦だが、
その日に限って
「子供は間違いなく障害児」という一言があった 
これに新婦が動揺した 

自分たちは不幸に耐えられても、
子供を巻き添えにしたくない 
たかが占いなんて…と言ってきたけれど、
胸に不安が雨雲のように広がってしまった 

新郎はずっと新婦を庇っていたが、
とうとう耐えきれず二人で退室 
二度と戻らなかった 

新郎両親と新郎叔母は
「そもそも家の格式が違い過ぎるのだから
不幸になるのは確実」
「うちにはもっと相応しいお嬢さんに来ていただく」
などと言ったので 
新婦両親も
「そうですね。
うちももっとマシなお宅にお嫁にやりたいですし」 
「おたくの息子さん(新郎)は高校は出ていないのに
鑑別所は出ているようですし、
もっと相応しい方とご結婚なさって下さいませ」 
と返し、破談になった 

お互いに会社関係者なしで親族も少数だったけど、
後始末は実に気の休まらないものだった 

披露宴費用は全額新郎側が払わせられた 
新婦はずっと塞ぎ込んでいたが、後にお見合い結婚した 
そして授かり婚を疑われるスピードで子供を授かった 

後に聞いたけれど
新郎はずっと独身を貫くとばかり見合いも無視し続け、
新婦が2人目を無事出産したと聞いてからようやく結婚 
ただし実家とはほぼ絶縁しているらしい
続きを読む

456: 愛とタヒの名無しさん 2013/12/14(土) 13:40:54

ここに書かれているようなショッキングな事件は無かったけど 
ひたすら疲れた遠い親戚の結婚式。 

新郎新婦二人とも芸能活動していて、舞台とかも良く出てる。 
でも売れてないし誰も知らない、生活も出来てない。 
だから完全に親スポンサーの結婚式になった。

なのに有名ホテルで100人呼んで、300万の式&披露宴。 

自分達で全部考えるので大変!って半年前から言ってたけど 
300万親に出させておいて「自分達でやる」って…と、 
最初から親戚一同げんなりモード。 

当日は明らかに基本パックなすごいチープな料理、飾り。 
おもてなしの心は一切感じない。これで300万?て思ったら 
新郎新婦、自分たちに何より金もかけていた。 

お色直し5回、小芝居の演出毎回、 
大河ドラマのような自己紹介映像(30分)、 
ブーケプルズとかファーストバイトとかウエディング系の 
イベントは全部挿入(毎回新郎新婦の小芝居付き)。 
その小芝居も音響や光線も入れて大仰な作り。 

でも全部全然面白くない。笑えないし共感もしない 
しまいには「私達からのサプライズです!」って、 
二人の歌謡ショーが始まった…。15分くらいかなあ。 
上手かったけど、敢えて聴きたい程ではない。 
選曲も、運命の恋人同士がお互いを讃え合うような曲だった。 

最後の花嫁の手紙でも、ひたすら自分の事ばっかり。 
貧乏だったのにピアノを習わせてくれたお母さん、 
最初から私の才能に気付いていたんですねさすがですみたいな。

続きを読む

736: 愛とタヒの名無しさん 2009/09/30(水) 14:25:45
ちょっと縁遠い親戚の披露宴に出席した時の話 

おめでたく和やかな雰囲気の中、
何も問題は起こらず進行していた。 

新婦父は、 
・昨日は一睡も出来なかった 
・高血圧で止められてるが
今日だけは飲んでいい日なんだ 

みたいなことを他の親戚と話していた。 

で、新婦父のお言葉になった。 
結構飲んでたようだが、足取りもしっかりしてる。 
と思ってたら、突然膝が抜けるように崩れ落ち、
ちょうど正座した状態から
仰向けに寝たような格好で倒れこんだ


続きを読む

377: 1-4 2011/01/14(金) 10:27:06
昔、新年早々結婚式があった。 
地元に帰省してる人が多いから
合理的といえば合理的なんだろか? 

高校時代の友人の結婚式に行ってきた。 
場所は新郎の地元。 
私は新婦側友人。 
新婦は地元出身ではないので新婦友人達はみんな遠方。
たまたま独身の私だけがその地方の近くに仕事で住んでいた。 
なので、時期的なこともあり新婦側友人は私一人となった。 
年齢的に皆、新婚さんだったり妊娠してたり小さい子供がいたりで、
新年早々結婚式とはいえ雪国へは来れなかった。 
対して、自分の地元の結婚式となった新郎側の友人はかなりの人数。 
男性の友人だけでなく女性の友人も多くいた。 

最初はごくごく普通に乾杯があってスピーチが始まった。 
普通は上司などのスピーチがまずあるはずなのに、
上司という立場の人が見当たらない。 
しょっぱなから、新郎親族が延々しゃべる。 
内容は田舎ではよくある内容。 
子供をたくさん~妻は夫に~夜は~とちょいセクハラ系。


続きを読む

793: :2015/07/28(火)20:12:57 ID: 
自分の結婚式が、
イトコ(姉妹)の不倫暴露合戦会場となったのが最大の修羅場。

一年ほど前に挙式した者です。
この件が原因で伯父が亡くなりました。
吐き出したくて来たので長文ですがお付き合いください。

年が近く、同じ学区で育ったためイトコとは
幼い頃から仲良くしていました。
その流れで、一年前の私の結婚式にも参列してもらったのですが、
そこで姉妹がお互いの不倫を暴露する合戦が起きました。
その時のことを書きます。

 
続きを読む

132: 愛とタヒの名無しさん 2010/11/29(月) 04:11:44

後々不幸になった結婚式 
もしスレチだったらすみません 
高校時代の友人(女)が結婚した 
披露宴は肉親と会社の人と親友(幼なじみ)だけだったので私を始めとする同級生は招待されていなかったんだけど 
レストランで同窓会も兼ねて簡単に結婚祝いパーティーをした 
披露宴の写真を見せてもらったりして和気藹々と新婦のノロケを聞いていると 
新婦が上司を差して「この上司が下品なスピーチをしたりヤジを飛ばしたり無理やり飲ませたりしようとしたんだけど新郎君が守ってくれたの(意訳)」と言った 
良かったね~災難だったね~新郎くんやるね~なんて言っていると 
友人の一人が顔を真っ青にしてそれうちの叔父だ、ごめんなさい!と頭を下げた 
新婦も真っ青になって「叔父に謝らせる」と「過ぎたことだし良いよ」の繰り返し 
結局新婦が止めるのも聞かず友人は叔父さんに電話、その時は叔父さんが出なくて 
新婦が「この話はもう終わり!上司と新郎くんの関係悪化させたくないから言わなくて良いからね」と言った 

しかし後日友人が叔父さんに言ってしまい叔父さんは大激怒 
どうやら叔父さんは失礼な真似をしていなかったらしく 
しばらく新婦(「私は言ってないと口裏を合わせてくれ」)と友人(「あの時新婦は確かに言ってたよね」の確認)の板挟みになって辛かった 
続きを読む

545: 本当にあった怖い名無し 2013/11/07(木) 01:01:21 ID:ryE7qJeL0
彼氏だった男にした復讐の話書きます。 
長い事付き合ってた男なんだけど、
私が仕事で忙しくしている間に婚約した。 
つーか、それブログで知った。あとからツイッターでも知った。
ちなみに私はどっちも興味ないから見ないし登録とかしてない。 

は?ってなって、共通の友人に聞いたら知らなくて、
二人して、は?ってなった。 
とりあえず私は号泣した。


続きを読む

861: 愛とタヒの名無しさん 2013/06/21(金) 20:36:51

結婚式の「健やかなる時も病める時も〜」の誓いで 
新婦が「やっぱり○○君と結婚したかった」と言い出し、 
その○○君は新婦の事何とも思ってなかったからパニックになり 
「新婦さんの事なんか好きでも何でも無いから!!」とはっきり言ってしまい、 

新婦が半狂乱になり、それを何とか止めようとした新郎がなぐられた 

今度は新郎がキレて「誰のためにこんなアホみたいな事してると思ってんだ!」と 
本当は親族だけのささやかな式にしたかったのに 
新婦が見栄張って知り合い親戚招待しまくりのチャペル式+大披露宴をしたいと言うから 
それに仕方なく合わせた事、そのせいで現在自転車操業状態な事などを 
聞いてもいないのに暴露した 

更にそれを聞いて「そんな事聞いてない!」と 
新婦家族がキレて(新婦が大見得を切っていたらしい) 
馬鹿な事言ってる場合じゃ無いだろう!と新婦に怒鳴り 
そしたら「私は本気で○○君が好きなんだもぉおおん」と新婦が大泣きし 
そして○○君がまた「俺は新婦さんの事好きじゃ無い」とばっさり斬って… 

というピタゴラスイッチみたいな結婚式についこの前出てきたよ… 
いつまで経っても終わらないから疲れた…
続きを読む

469: 愛とタヒの名無しさん 05/03/16 12:45:35
このスレ頭だけ読んで、
思い当たる節があるのでカキコさせてください。 

俺、妹の結婚式に
「相手は美男美女が多いのに、お兄ちゃんみたいなブサイク出したら、 
うちがどう思われるか分からない」という理由で出席拒否されました。 
親が出席を勧めても
「もう相手には兄はタヒんだ事にしてあるから無理」と返事。 
親もその言葉を聞いて了承。 

当日。 
携帯の電源を切って、
家から300キロほど離れたサービスエリアでバイクを降り、
携帯を確認すると親戚と親と妹から結構な数のメールが入っていた。 


続きを読む

このページのトップヘ