カテゴリ: 結婚式

    mixiチェック

544: 愛とタヒの名無しさん[sage] 2013/10/17(木) 22:40:59.27
小さいころから仲良くしてた幼馴染の女の子。
俺は彼女のことが好きだったし、彼女も俺のことを好きでいてくれると思ってた。
そんなでずっと友達以上恋人未満な関係でいたんだが、大学の時、幼馴染がサークルの先輩に告白され
そのままその先輩と付き合い始めた。
聞いたときは俺もショックだったが、まあ俺も幼馴染という関係にあぐらかいて告白も何もしなかったわけだし、
彼女が自分で選んだことなわけだしと、何とか自分を納得させた。
その後も幼馴染と友達付き合いは続いていたし、幼馴染に紹介された女の子と付き合い始めたりもした。
で、大学卒業して少しして、幼馴染から結婚式の招待状が届いた。

続きを読む

    mixiチェック

874: 恋人は名無しさん 2019/06/24(月) 19:20:31.11 ID:HAr/AQbr0
結婚式について質問なんだが、女は教会でやりたいもんなの?
人によるって言われたらそれまでだけど、特有の憧れみたいなもん
とかあるのかな?

彼女と結婚式について話してるんだけど、俺は神前式がよくて、
理由も話した時になんか微妙に無理矢理納得させた感があって
気になるんだ

続きを読む

    mixiチェック

513: おさかなくわえた名無しさん[sage] 2011/12/02(金) 11:43:00.44 ID:nfPq4sgA
ボーナスで思い出した
12月1日ボーナスが支給され、翌12月2日に披露宴を挙げる同僚Aがいた
案内を受け取った時点で魂胆丸見え
「こりゃあ、、、明らかに集金婚だなw」
とはいえ一応は会社の仲間だから渋々と参加

俺らのテーブルは中の良い同期、先輩、後輩が集まったが、事前に打ち合わせた通り祝儀は2万円オール

食事は相場が分からんが、量はともかく質は可も無く不可も無くといったところか
ところが引き出物が最悪
ロビーで開けてみたら新郎新婦の手作りショートケーキだとか
「うわああああ、、、」
絶句した俺らはこんなもの後生大事に抱える必要もないと、ロビーで食ったりゴミ箱に廃棄したりで荷物を減らした

この後二次会に行く予定だったのだが、Aの本心が見えたところで俺らの殆どがドタキャン
唯一参加したBの後日談によると、会費1万円でみやげはチュッパチャプス一本だけだったらしい
その間口にしたものはビール2,3杯とツマミ少々だったとか
披露宴の後、俺らはドタキャンして居酒屋で飲みなおして大正解
新婚旅行から帰ってきたAが俺らに食ってかかったけど、華麗にスルー

続きを読む

    mixiチェック

808: 愛とタヒの名無しさん[sage] 2019/06/03(月) 11:22:00.88 ID:zsPvJ4PC.net
26歳初婚の新婦が、50過ぎて癌になって妻子にポイ捨てされた可哀想なオッサンを拾い上げて結婚したという、美談な結婚式に行った
最後の方で花嫁から両親への手紙があったんだが
その手紙の最後で

「お父さんお母さん、協力ありがとう。前の奥さんから奪えて良かった!」と、爆弾が投下された
美談はウソっぱちだった
癌になったのは新郎ではなく前妻さん
小学校高学年~成人の子持ちで癌になった前妻さんを捨てての結婚式だった
しかも新婦両親の入れ知恵で、不倫を隠し通したので、慰謝料はなし
「やったー!勝ったー!黙っててごめんねー!おかげで式も挙げられたしー!」と、明るい顔で言い放つ新婦
お前そんなヤツだったか?
しかし新婦両親がどや顔で呼んだ某大学教授を初め、招待客の中高年が怒ってしまった
情けないけど若者グループは右往左往しか出来なかった
両親に応援してもらっていた新婦は、両親以外も応援してくれると勝手に思い込んでいたらしく
叱られてパニック起こして号泣
新郎も何かとんでもない発言をしたらしく、かなりキツく叱りつけられていた
ちなみに新郎両親は前妻についたらしく不参加だった
つか確か新郎側の招待客はいなかった
そんな中でも「お見送りする!」と叫んだ新婦凄い
お見送りと言っても親族が揉めてる最中だから、新婦友人と他数人が帰るだけなんだけどな
ボロボロの顔で目だけ真っ赤で「新居に来てね!」「新婚旅行のお土産持ってくね!」と異様なハイテンションな新婦はホラーだった
ちなみにその後は着拒したからあまり知らない

続きを読む

    mixiチェック

805: 愛とシの名無しさん 2008/04/16(水) 22:26:16

自分の結婚式で自分が不幸だったという話ですが… 

5年付き合った彼と結婚が決まり、大安の日曜日に式場も押さえ 
新居を探したりいろいろ忙しく過ごしていました 
彼は仕事が忙しくほとんど私が切り盛りしていた感じだったので 
お詫びに…と彼の姉がやっているエステサロンの招待券をくれました 

プリンセスコースというもので、二時間たっぷり全身をキレイにしてくれるものでした 

代金は彼もち、彼のお姉さんが皮膚の弱い私のために、
「皮膚科の先生もお墨付き」の特別なオイルなんかをつかって 
さらに念入りに全身のお手入れをしてくれるとのことで 

結婚式の前々日、なんとか時間をみつけてサロンに予約を入れました 

エステは最高に気持ちよかったのですが…最後にシャワーを浴びている時
なんだか、背中や顔がヒリヒリするような気がするなぁ…とちょっと思いました
…といっても、生まれて初めてのエステだったので「こんなもんかな」とその時は思いました

家に帰る途中もなんだかあちこちが痛痒い感じで、特に背中と顔の輪郭と鼻の周辺がヒリヒリし
その痛痒い感じはどんどん増してきて、家について親に
「あんた、顔赤いけどどうしたの?」と言われ
急いで鏡をみると…鼻の周辺と頬からクビにかけての輪郭が真っ赤に晴れ上がっていました

母に背中をみてもらうと背中もそのほかの部分も真っ赤になっていて
さすがに「これはヤバイ」と思い、ぬれタオルで必シで冷やし、翌日急いで皮膚科へ走りました
医者曰く「摩擦による皮膚炎」と同時に「かぶれ」も併発していました

要するに、肌にあわない薬品を使ったうえに、必要以上に擦ったりして起きた現象…とのこと
…といっても、当然翌日は結婚式、なんとかしてください!
とマジ泣きしたものの「こればっかりはどうにも…」と困る先生

「とにかく、炎症自体は冷やせば治まるはず」というアドバイスを受け、まだ肌寒い春先に
全身を冷たいタオルで冷やす私

そして翌日…肌のろ出はそんなに多くないものの、
腕もむな元も、そして顔(特に鼻)が真っ赤に腫れあがったままなうえ
前日の冷たいタオルのせいか、風邪の初期症状として
鼻水がずっと垂れた花嫁が高砂に座っていました…orz

(介添えさんがティッシュを常にもちあるき、
誰かがスピーチしている時にこっそり渡してくれて鼻をかんでました)




続きを読む

    mixiチェック

661: 愛とタヒの名無しさん[] 2019/03/22(金) 15:23:51.31 ID:WZJycIJi.net
私が去年新婦友人として参列した式。
文章まとめるのが苦手なので箇条書きで。

1/2

・12月下旬の土曜日に開催(新郎新婦の記念日らしい)。
 接客業の子は繁忙期の土曜に休みを取るのも大変だし土日休みの子はまだ助かったものの
 どちらにせよ年末だし寒いし迷惑なことには変わりない。

・新郎は大阪、新婦は富山出身。式場は富山だったが富山市ではなく富山駅から電車で30分+路面電車10分。
 新郎が大学時代にそこの式場でアルバイトをしていたためそこにしたらしい。
 新婦も新婦側の参列者も全員富山市出身。田舎なので電車の本数もそんなにない。もちろん送迎バスもなし。

・新婦SNS「呼ぼうか悩んだくらいの親戚に日程について文句言われてむかつく。
 祝われる側なのになんでそんなこと言われないといけないの?」
 「旦那が式場でアルバイトしていたおかげで衣装5着分ほぼ無料にしてもらえた」

・ラインで出欠確認はあったが招待状は来なかった。

・式の数週間前新婦のSNS「参加者減りすぎて落ち込む」
 「400万もかけてる大事な日なのにキャンセルなんて社会人としてどうなの?
  来てくれるみんなに喜んでほしくて色々考えてるのに。」
 ↑確かにキャンセルはあまりよろしくないし落ち込むのもわかるけど
  この時期とその態度では仕方ないのでは?と思ってた。
  ちなみにキャンセルした子も新婦のSNSはフォローしている。

続きます。

続きを読む

    mixiチェック

277: 愛とシの名無しさん 2016/02/24(水) 18:15:30.72 ID:JQ+Q0ZA/.net

会場が寒かった話はやはり定番なのですね。 

先日新婦友人として行った結婚式。

当日は雨で気温も低く、そこは誰のせいでもないし、
式の後の外での写真撮影までは震えながら耐えた。 
(教会の入り口の階段に屋根があり、そこに並んで撮影) 

しかし、披露宴会場も室内なのにめちゃくちゃ寒い! 
窓が壁一面に大きくとってある構造な上、 
私は窓に一番近い席だった。 

手足が冷え切り、他に使っている人がいたので会場の人にひざかけを頼んだけど、 
「妊婦の方が使っているので無いです、申し訳ありません」 
と言われてしまった。 

いやいや、私も個人的事情だけど妊活中だし、できれば冷やしたくない・・・。

それがなくたって、女忄生は基本パーティドレスで薄着だし、寒すぎた。

一緒に参列した友人も披露宴中すでに体調が悪くなってた。
私は帰ってから丸1日ダウン。
室内であんなに寒かった会場は初めてでびっくりした。
空調でどうにもならないなら、せめてひざかけや毛布を多めに用意するとか、
小さめのストーブを各テーブルに用意とかできなかったのかな。

時間がおしてるのか、メインの肉料理を食べてる最中に下げようとするし、
結婚した友人自体は全く悪くなく、式自体はとても良かったけど、
あの会場には二度と行きたくないな〜。

寒い季節に呼ばれたら、ある程度自衛する手段を自分で持って行かないとダメだな、と
強く思った結婚式でした。

続きを読む

    mixiチェック

970: 愛とシの名無しさん 2007/12/04(火) 00:08:13

姉が結婚前某結婚式場の衣装部に勤めていたころの話をいくつか聞いたので投下してみる 

地元の名士であるA一族の結婚式を姉の勤める結婚式場でやることになった 
新郎は30代後半のお世辞にもイケメソとは言えないオッサン 
新婦は20代前半でミス○○になったこともある美人 

招待客も120人近くで盛大な挙式が予定されていた 

ところが、式のほんの数日前、新婦を名乗る女忄生からから電話があり 
「結婚が破談になったのでキャンセルしたい」と言い出した 

念のため新郎側に確認したところ、新郎自らが
「そんな事実は無い。誰かの悪戯だ」と言い切ったので

玉の輿を妬んだ誰かの仕業だろう、ということになった

そして結婚式当日

約束の時間を過ぎても新婦がやってこないと大騒ぎに
新婦宅へ電話をかけても誰も出ないので、もう家は出ているんだろう
途中で事故にでもあってるんじゃないか?新郎に電話したほうが…?
と支配人は顔が真っ青

しばらくして新郎が1人でタクシーに乗ってやってきた…が、
何故かワンピースにロングヘアのカツラをつけていた

さらに顔には奇妙なほどコッテリとファンデーションが塗られ、
青いアイシャドーに真っ赤な口紅…
そして「ごめんなさい。遅れちゃった。さ、ウェディングドレス着なきゃ」
といそいそと式場へやってきた

一同困惑するなか
「今日は私の一生に一度の晴れ舞台なのよ。頑張ってキレイにしてね」と平然と言った
やがて新郎の両親がやってきて新郎を取り押さえ、無理矢理連れて帰った

後から聞いた話では、玉の輿に乗る予定だった新婦が突然結婚したくないと言い出し

その頃から新郎はおかしくなり、
突然新婦の服を着て女装をし、まるで新婦のように振る舞うようになったらしい…

続きを読む

    mixiチェック

479: 愛とシの名無しさん 2009/07/15(水) 07:58:47

地味に不幸だった結婚式。 

元同僚が婚約をして結婚式場を探している間ににうっかり妊娠。 
とりあえず籍を入れて一緒に暮らし始め、子供を出産してから式を行った。 
旦那とちょっと遠距離だったこともあり、籍を入れる少し前に会社を辞めてしまったんだけど 

同僚でそこそこ仲良かったこともあり披露宴には招かれた。 

披露宴は無難に始まり無難に終わった…が、何となく新郎新婦がよそよそしい。
新郎側の親族も新婦側の親族も挨拶に回ることもなく、なんとなく盛り上がりにかける。
帰り道別の同僚と「なんかイマイチ変な披露宴だったねー」などと言っていた数日後

元同僚からお詫びの手紙を添えてご祝儀がそのまま返されてきた。

二人は披露宴の前からケンカをして離婚をしようということになっていたが
旦那が「会社の上司も呼んでいるし取引先も呼んでいるから、今更披露宴は中止にできない。
いっそご祝儀をもらうだけもらってその後離婚しよう」といいだしたらしい。
一応彼の立場を考えて披露宴だけは行ったが、ご祝儀は返還する(させる)ことを約束させた。

大事な休日を潰して本当に申し訳ない…と延々とお詫びの言葉が綴られていた。

ちなみに離婚原因は旦那の浮気で浮気相手は同じマンションの真下の部屋に住む奥さん。
ベランダから旦那が帰ってきたのをみかけたのに、部屋になかなかあがってこず
数時間後「今日も残業大変だったよ〜」と普通の顔して帰ってきた旦那をみて
同じマンション内に浮気相手がいることを確信。

数日の張り込み(?)の結果、真下の部屋に入っていった旦那を確認して
ベランダ伝いに浮気現場に突撃。
服未着用状態の二人を前に離婚届をつきつけ慰謝料請求したらしい…。

当日はわかりにくかったけど、その話を聞いてあの雰囲気に納得した。

オマケになるけど、その後旦那は約束を破り、
もらったご祝儀を返そうとしないのでさらに揉めたとか…

続きを読む

    mixiチェック

618: 愛とシの名無しさん 2009/01/21(水) 18:08:28

コピペじゃない話を投下。 
私が見たワケじゃないけど、うちの旦那の友人の結婚式。 

旦那の友人Sは、自他共に認める女好き。 
自身も割とイイ男の部類だから、とりあえず狙った獲物は逃がさなかったらしい。 
大学時代の武勇伝をいろいろ旦那から聞いたけど、 
「男同士なら笑えるけど、女が聞いたらチョット引く」系な感じだった。 

で、そのSがついに結婚すると言うので、独身だった旦那は式にお呼ばれされた。

それなりにイケメンの新郎と美人の新婦。
新郎は某有名企業に勤めていたので、招待客300人超の豪勢な披露宴。

うわ〜すげーなーと友人席からキョロキョロしてた旦那、しばらくして何か「違う」コトに気づく。
結婚する予定の彼女とは、数回会ったことがあった・・・
・・・はずだったのに、なんか違和感。なんか変。
何に引っかかっているのか自分でも分からずに、でも披露宴はどんどん進行。

続きを読む

このページのトップヘ