カテゴリ: 結婚式

441:愛とタヒの名無しさん2010/06/22(火) 00:42:30

私の見た恐ろしい披露宴の話。

私は新郎の同僚として出席しました。
初めて見る新婦さんは小柄で色白の可愛らしい女性。
披露宴の時に同僚達と2人のもとへ行き、
新婦さんとも言葉を交わしましたが
23歳と若いのに(ちなみに新郎は26歳)
しっかりとした言葉で挨拶をしてきて、
でもほんわりしていて本当に可愛らしかった。 

「いいカップルだね~」「お似合いだね~」
なんて話ながらテーブルに戻った時、 
入れ違いに新婦側の招待客の女性達が2人の席へと近づいた。 
ちょっとして、私が料理に夢中になっていると、
2人の方から「きゃっ!」という声が。 
そっちを見ると、どうやら新婦のウエディングドレスに
飲み物がこぼれてしまった様子。 


続きを読む

1: 名無しさん@おーぷん 2017/07/20(木)09:57:14 ID:TTk
非常識なんだろうってのは分かるんだけど
正直姉と特別仲良くもないし…
っていうか、去年身内だけの結婚式してるから
もういいと思ってるんだが
続きを読む

186:愛とタヒの名無しさん2011/09/17(土) 08:34:00.32
私が見たわけではないのですが私の夫が出席した結婚式
夫ポジションは新郎の母方の従兄弟。

新郎は少し安請け合いする深く考えないタイプ(夫分析)
新郎父方祖母(80代)、新郎両親(50後半)が良いお嫁さんが来てくれるのよ、
これで○○家も安泰、ひ孫も見ることができるかもと大喜びしてたんだけど、
式で寝耳に水な情報がサプライズ発表。

進行の人「なんと二重の喜びです、新婦のお腹には新たな命が宿っています、
皆さま新しい家族に拍手〜」
「ますますの△△家の繁栄お喜び申し上げます」

新郎祖母、新郎両親、新郎親族「えええ?」
式の前に籍を入れた新郎、新婦親族と新婦にすすめられ
新婦の姓に。理由は新婦の姓の方がかっこいいのと
新婦両親がうちの姓を名乗ってほしいなぁ、そしたらとても嬉しいんだよと言われて
無断でやっちゃった。(新郎姓、田中鈴木級)そこで新郎祖母が帰る騒ぎに。

夫の従兄弟は一人息子、おばあちゃんがなんでも買ってくれる
少々甘やかされ坊主。その新郎祖母が大激怒、
孫にやる予定だったいろんなものの約束を全部破棄して
住んでいる家から新郎両親夫婦を追い出して、
新郎両親の妹夫婦を住まわせて、妹夫婦の息子に跡継ぎ変更。
富豪ではなかったが、社長業であった夫の残したものを
全部新後継ぎに渡した、大半が3カ月以内の動き。

新郎は新婦と同じ会社に勤めてたけど、
いつかは自分の実家の会社で社長だと思われていたし、
自分もそう思っていたのだが3カ月で全部ボッシュート。
新郎両親の妹夫婦は妹旦那親が虐待親で
妹の方の姓を名乗っていたことからスムーズな入れ替え劇となりました。
新郎両親は家を持っていたのでそこへ、新郎夫婦は結婚式からぎくしゃくし始めて
子供が生まれることもなく(流産)その後1年以内に離婚。新後継ぎにひ孫誕生で祖母一人勝ちだそうです。
続きを読む

231: 名無しさん@HOME 2013/04/23(火) 11:31:24.88 O
ちょっと微妙で修羅場じゃないかもしれないけど、
フェイクありで投下 

会社の飲み会で行った居酒屋で
何かやかましい連中と一緒になった 
酔っ払って騒いでるのかと思ったら、
どうも連中の一人を吊し上げてる様だった 
人が沢山居る中で公開処刑とか空気悪くなる一方で、
周囲もイライラしてたんだけど、その標的になっているのが
中、高と一緒だった後輩Aだとしばらくしてから気がついた 



続きを読む

65: 名無しさん@おーぷん 2017/09/23(土)08:26:37 ID:107

結婚式に参列したら新婦から顔の傷をpgrされて修羅場になった。

中学の時のジコが原因で私の額には傷がある。
メイクと前髪である程度は隠れるけど、傷の場所が眉間に近いことから完璧に隠すことはできない。
両親と祖父母が女の子の顔に一生ものの傷があることを憂いて整形や皮膚移植にだいぶお金をつぎ込んでくれたんだけど、それでも完全には消えなかった。

思春期のころはそれなりに苦しんだけど、周囲の助けがあったから乗り越えられた。
ジコに遭ったのが中三の受験シーズンで退院した時にはもう学年があがっていて、高校進学が一年遅れたけどそれ以外は普通に大学を卒業してOLをやっていたし、
ちゃんと恋愛して結婚もした。今は専業主婦。

ある日、高校時代の友人から結婚式の招待状が届いた。
この友人をYとする。
私が地元を離れてしまったことで直接会うのは地元に戻った時くらいだったけど、私の結婚式にも参列してくれたし、行きたい気持ちのほうが強かった。
でもおめでたい席に顔に傷がある私が行くことで水をさすことになりはしないか心配で、Yに一度電話でその旨を伝えたら、彼女はそんなこと気にしない。それより直接祝ってくれるほうがうれしいと言ってくれたので喜んで参列させてもらうことにした。

まだ手のかかる子供たちは旦那と同居の良ウトメさんが見てくれることになって、小旅行のつもりで行っておいでと送り出してくれた。

途中までいいお式だった。
元々美人な花嫁だけどウェディングドレス姿はまた格別にきれいで、優しそうな旦那さんと並んでいる姿に感動した。
(もう入籍はしていたから旦那さん。)
今思うと私って能天気なんだなぁって思う。

私はひたすら感動していたんだけど、一緒に参列していた高校時代の友人たちは、Yが時々私のことを忌々しいものを見るみたいな目で睨んでいたんだそうだ。
でも私は気付いていないし、注意を促してその場の水を差すわけにもいかないから黙っていたらYが自爆した。

Yが私の顔の傷のことや高校進学が遅れたことを、大学時代の友人と論ってpgrしはじめた。
小さい声で言っているのならそのグループ内の会話で済んだんだろうけど、Yは少し離れた席に座っている私に聞こえるように言ったものだから会場内に響き渡った。途中からシーン…って耳が痛くなるような空気になったから余計に声が響いた。

「あんな傷があるのに、よく恥ずかしげもなく参列できたよねー」
「あたしだったらあんな傷があったら恥ずかしくて外に出られないけど、あいつ図太いからwww」
「あいつ、落ちこぼれなんだよ。高校に進学するの遅れてんのwww」
「かわいそうだからお情けで呼んでやったのに、勘違いしちゃって馬鹿だよねwww」
「あいつの旦那、よくあんなのと結婚したよねwww よっぽどもてない男なんだwww」
「妥協、妥協www」

とまあ、こんな会話を大声で。
新郎が小声で止めようとしていたけど、そのせいかますますムキになってヒートアップしていくのが少し離れた場所にいた私からもわかった。

新婦側だけでなく、新郎側の親戚まで大顰蹙を買っていることに花嫁とそこのグループだけが気づいていない状態。
居たたまれなくなった私が、席を立つべきか聞こえないフリに徹していたほうがいいのか悩んでいたら、顔を真っ赤にしたY母が鬼の形相で娘に近づいて行ってビンタした。
pgrされていた私が思わず飛び上がるくらい物凄い音だった。

で、一喝。
「あんたって子は!! 〇子さんに謝りなさい!!」
お母さん、実名報道は勘弁してください…って思ってたら、Y父と旦那さんがつかつか私のほうに歩いてきて、その場で土下座した。
土下座なんてテレビのなかでしか見たことがない私パニック。慌てて私も土下座した。

お互い土下座したまま「とんだ恥をおかけして……」って感じでひたすら謝罪。
その間もYとY母が口論していて、「花嫁の顔をぶつ!?」って感じでキレている娘と「あんたの態度は遠路わざわざ来てくれた人に、いい年をした大人がやることなの!?」って感じでキレていたそうだ。

「その年までロクに仕事もしないでふらふら、それに引き換え〇子さんは学生の時から自分でバイトしてうんぬん……」
私は高校生の時、Y母のパート先でアルバイトしたことがあって、その時のことまで掘り返してY母はYを怒鳴りつけていたみたい。
(土下座中の私に聞き耳を立てる余裕はなく、周囲にいた友人たちに後から聞いた)
続きを読む

923: 愛とタヒの名無しさん 2017/09/26(火) 13:50:24.13 ID:FCFRn2xM
かなり大昔の結婚式 
付き合ってた頃から新郎両親は反対していた

何故なら新婦は関西で5本の指に入る底辺高校卒 
ヤンキーではなかったが、勉強はからきし出来なかった 

新郎両親はそれが気に入らず、
怪しい占い師を引っ張ってきて
「一緒になったら不幸になる」などと嫌がらせをしていた 

そして結婚式にも
この占い師(新郎の叔母だった)を出席させた 
それが披露宴が始まってからも
「不幸になるのは確定なのに結婚なさるのですね」
などと不吉なスピーチをかましてくれた 

今までは占いなんて信じてこなかった新郎新婦だが、
その日に限って
「子供は間違いなく障害児」という一言があった 
これに新婦が動揺した 

自分たちは不幸に耐えられても、
子供を巻き添えにしたくない 
たかが占いなんて…と言ってきたけれど、
胸に不安が雨雲のように広がってしまった 

新郎はずっと新婦を庇っていたが、
とうとう耐えきれず二人で退室 
二度と戻らなかった 

新郎両親と新郎叔母は
「そもそも家の格式が違い過ぎるのだから
不幸になるのは確実」
「うちにはもっと相応しいお嬢さんに来ていただく」
などと言ったので 
新婦両親も
「そうですね。
うちももっとマシなお宅にお嫁にやりたいですし」 
「おたくの息子さん(新郎)は高校は出ていないのに
鑑別所は出ているようですし、
もっと相応しい方とご結婚なさって下さいませ」 
と返し、破談になった 

お互いに会社関係者なしで親族も少数だったけど、
後始末は実に気の休まらないものだった 

披露宴費用は全額新郎側が払わせられた 
新婦はずっと塞ぎ込んでいたが、後にお見合い結婚した 
そして授かり婚を疑われるスピードで子供を授かった 

後に聞いたけれど
新郎はずっと独身を貫くとばかり見合いも無視し続け、
新婦が2人目を無事出産したと聞いてからようやく結婚 
ただし実家とはほぼ絶縁しているらしい
続きを読む

このページのトップヘ