カテゴリ: 修羅場


746: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/@\(^o^)/[] 2015/02/19(木) 02:20:03.25 ID:zCv+28+J.net

流れを止めるようでスマソ 
落ち着いたので厄祓いの意味も込め投下させてもらいます 

三ヶ月前に、結婚を前提としてた彼氏が女の人と施設に入っていくのを見た。 
大学から帰宅途中だったんだけど、それを見て頭真っ白になって家に帰ってしばらく無気力だった。 
今考えたら写真とか撮っとけば良かったと思うけど、その時はとにかく頭真っ白で何も出来なかったんだと思う。

続きを読む


※結果報告なしm(__)m※

114:名無しさん@おーぷん[]2014/11/02(日)21:21:06 ID:JkYz8eQAu [1/2回]
旦那から理不尽な理由で緑の神を突きつけられてる今が修羅場なんだが。

家族構成は↓
私(結婚と同時に退職して専業主婦。とある事故に巻き込まれて右手に若干の後遺症有り)
旦那(某大手企業勤めの会社員。残業はあるが必ず週に2日の休み有り)
子供(2歳と0歳の2人)
専業主婦だから当然ながら家の一切合切は全部私がやってて、普段の食事の材料なんかは毎日0歳を抱っこバンドでおぶって2歳を自転車の後ろに乗せて買いに行ってるんだけど、さすがに子供2人を連れてビールの箱は買えない。
あ、ビールは旦那専用ね。帰ってきたら必ず4本以上は飲むから毎週箱買いしてる。
だから旦那の仕事が休みの日に子供達を旦那に預けて買いに行ってたんだけど、先日旦那が
「もう我慢ならん!!」ってブチ切れて「俺のせっかくの休みになんで子供達の面倒を見なくちゃならんのだ!俺がいるからって手を抜いてんじゃねーよ!もうお前には愛想が尽きた!これにサインしろ!」て事で離婚を突きつけられた次第で。


子供達を旦那に預けてって言ってもほんの30分程度の事だし、「子供を自転車に乗せたらビールを乗せるとこ無いから連れてはいけない」って説明したのに、「離婚!離婚!」ばっかで話を取り合ってくれない。
「車の免許取って車で買い物行け!」って言うけど、後遺症で免許取れないって言ったじゃん…。
これって私が変な主張してる?
旦那に子供を預けるのってそんなにおかしい事??

続きを読む


456: 名無しさん@HOME 2010/01/04(月) 22:43:47 0

ちょっと前の話なんだが聞いておくれ、
自分は、初めて逢ったときから元妻が大好きだった。
色々と海外に連れて行ったり、テーマパークに連れて行ったりしたな。
元妻はディズニーランド関係が好きだったからだ。
そして、料理は壊滅的に下手というか、レパートリーが少なく、料理を作ろうとしないから、
休日にはかわりに自分Yが料理を作っていた。
元妻は
「子供は嫌い」というので、結婚生活6年間の間ずっと避妊してて子供は作らなかったな。

或る年の冬に、元妻と何時もの様にディズニーランドに行った。
その3週間後、女子高時代の友人達と一緒にスキーに行くというので、自分が持っていたカメラを貸したんだよ。
その週以降、元妻は頻繁に
「“女子高時代の友達3人”と遊ぶんで」といい、土日は自分とは別行動になった。
でも、「学生時代の友人は大切にするように」常々言っていたから、自分Yは別に咎めはしなかった。
今にして思えば、このときに不貞行為をしていたんだよな。
元妻の「女子高時代の友達3人」には、自分Yは会った事がない。
自分Yが会ったことがあるのは元妻の中学時代の友人のみ。
だから体よく不貞行為の口実に使えたんだろうな。
元妻が自分と別行動というのが何週目かになったとき、あれっと思った。
何時もならば、一緒に週末を過ごしていたのに。
そして、同時に元妻が自分の些細な行動をなじり、けなすことが多くなった。
しかも自分がそう思うという言葉ではなく、元妻の兄(=義理兄)や、元妻の母(=義理母)の言葉としてけなすんだ。
その行動というのも、
「あなたは冠婚葬祭のときに○○すべきでだったのに、常識がないと義理兄に言われた」という言葉なんだが、
○○すべきだなんて、そんな常識あったか?
今、あらためてぐぐってみたがヒットしない。
元妻の場合には、そういう風にオブラートに包みながら、自分の本音を吐くんだよな。
「あなたが嫌だ」という本音を。

続きを読む


【①はこちら】
370: ◆Kx3iggOPC6 2016/02/23(火)18:18:43 ID:7ht(主)

1です
状況報告します
       
      
                  

         

続きを読む


【②はこちら】
1: 名無しさん@おーぷん 2016/02/22(月)18:33:06 ID:ib7(主)

女の子自杀殳未遂・・・
親と先生と警察に怒られ
人生終了確定


         










続きを読む

このページのトップヘ