カテゴリ: 修羅場


640 :名無しさん@おーぷん
学生時代地下鉄で学校に通ってた。
その駅はかなり深いつくりで、大きい駅じゃないからか狭くて急な階段だった。

毎日その階段を昇り降りして通学してたんだけど、
ちょうど毎日下校する時間に階段でよくすれ違う男がいた。

多分27、8の痩せ型で黒髪、ジャンパーにジーンズみたいなくたびれた格好。
時間的に仕事帰りっぽくて、結構な頻度で見かけた。

いつもその男は階段を早足で降りてくるんだけど、
私とか他の人が歩いていると、わざと真正面から突っ込んでくる。

その駅の階段は、入って少し降りると踊り場、
Uターンしてまた降りると改札のフロアにつくっていうつくりなんだけど、
その男は
『入口から降りてきて踊り場へ→下から昇って来ている人間を見て、
 わざわざその人の歩いている側に寄る→一直線に降りる』 って感じ。

真正面から結構な勢いで来るから、
こちらが避けなければ思い切りぶつかるレベル。

男にぶつかって落ちるのもいやだし、腹たちながらも毎回避けていた。
その男は必ず地味な女性を狙ってやっているみたいだった。

誰かが駅員に訴えたのか、しばらくしたら階段に
「譲り合って利用しましょう」みたいな張り紙が貼られたりもしたけど、
やっぱり男は変わらず誰かに向かってかけ降りる、を繰り返してた。

ある日いつも通り階段を昇っていると、丁度その男と踊り場で一緒になった。
その日も階段の下を見てかけ降りていく男が気になって後ろを振り返ったら、
丁度下から30代後半くらいの地味な感じの女の人が登ってきてたんだけど、
いつも通り男が突っ込んでいき、よろめきながら女性が避けた。

「うわやっぱり...」と思って見ていたら、
その女性がおもむろに履いていたパンプスを両足脱ぎすて、
降りていく男の方へ数段走り降り、そのまま男の背中に体当たりした。

背は小さいけどがっしりした体型の女性だったから、多分結構な衝撃だったんだと思う。
男は階段から両足が浮いてすごい勢いで落ちて、手も出さずにモロに頭を階段に打った。
そしてそのまま動かなかった。

私は突っ立ったまま固まってた。
女性はまた振り返って数段昇ってパンプスを履き、そのままこちらとは目も合わせず、
何事も無かったようにスタスタ階段を昇って消えていった。

私は横を向いて倒れたまま動かない男をボーッと見てた。
男を介抱しなきゃ、駅員さんに言わなきゃ...とか、
これは事件だから警察に言わなきゃダメだよなとか、頭の中でグルグル回った。
でも男への憎さも湧き上がって、動きたくなかった。
自業自得だろとか、私だって前から腹が立ってた、とか...。
手のひらに汗かきながらグルグルグルグル考えてた。
ありがちだけど、長く感じたけど本当はほんの短い時間だったと思う。
改札の方からアナウンスがかすかに聞こえた瞬間にハッとなった。
そしてそのまま早足で階段を駆け上がって家に帰った。

男は助けなかった。

駅員のいる改札まで遠かったから、男の落ちた音は聞こえなかったんだと思う。
人は来なかった。
家に帰ってからすぐ、駅まで続く大通りを救急車がサイレン鳴らして走っていくのを見た。
それが男の為だったのかは分からない。
新聞には何も載らなかった。
この事は誰にも言わなかった。

実家はちょうどその駅と次の駅までのほぼ中間(歩くと数分違うくらい)にあったから、卒業まではもう一つの駅を使って通学した。
あれからもう10年以上たった。

学校を卒業して3年くらいたった時に、駅の近くであの男を1度だけ見た。
変わらずジャンパーを着て、髪型も当時と同じで、
でも足を引きずるように歩いてた。それが当時の事が原因かは分からない。
男をみても何の感情も沸かなかった。

正直、あの時男を助けず逃げたのは人として失格だと思う。
普通は男憎しより救助が先に来るだろうと。
でも後悔だったり反省する気は無い。
一生ないと思う。

だからひっそり墓場まで持っていく。
続きを読む


261 :可愛い奥様@\(^o^)/ 2016/03/22(火) 23:04:23.00 ID:5ZBUvmbS0.net
犬が手術だからって言っても何にもいいもしない
私にはいいから犬に一言でも声かけてあげて欲しかったのになんかすごくガッカリした
こんな人だったんだなぁ子供作らなくてよかった
はやく色々済ませてはやくはやくはなれたい
こっちは犬大好きだから手術すごく不安なのに頼れもしない旦那なんていらない
こんななら犬と二人だけの方がよっぽどいい
続きを読む

813 :名無しさん@おーぷん
息子の嫁が我が家に里帰り出産希望者らしい
入院中のお世話も私にしてほしいらしい
仕事してるんだけど…
嫁の実家も遠方って程でもなく
車で高速無しで一時間だし
何故??
しかもまだ妊娠したわけでも無いらしい

神経というか意味がわかんない
続きを読む

169 :名無しさん@お腹いっぱい。 2016/09/09(金) 23:55:17.64 .net
去年の冬の俺の奮闘記

自分が覚えてる限り病気はしたことが無いと言う嫁
確かに出会いからそれまで嫁が具合を悪くしたのを見たことがなかった

ある朝、いつも以上に機嫌の良い嫁が朝飯を作ってくれてた
俺「なんか良いことあった?」
嫁「なんかあった訳じゃないけど、なんか楽しい!」
やたらテンションの高い嫁をよく見ると、顔は赤いし目はどことなく潤んでる
俺「お前、もしかして熱ある?」
嫁「えー、私が熱とか出す訳ないじゃん!むしろ今日は体が軽くて調子良いよ!」
問答無用で額に触ってみたら尋常じゃなく熱い
大丈夫といって聞かない嫁をなんとかベッドに座らせて体温を計らせたら体温計が壊れてると言いだす
確認してみたら38.9度だった
時期的にインフルエンザの可能性もあったので会社に連絡して午後出勤にしてもらって嫁を病院へ
病院でも看護師さんに言われて体温を計ったら39.6度
嫁「ちがうの!いま暑いから!本当はこんなにない!」
インフルエンザでした
とりあえず、薬を飲ませて買いこんだポカリとゼリー類を枕元に置いて出勤
俺「とにかくポカリ飲んで寝てろ!何もするなよ!晩飯に食べたいのは?」
嫁「・・・ケンタ」
食える訳がないと思いつつ、ケンタを3ピース(俺の分含)とレトルトの粥を買って帰宅
まずはケンタと普通の白飯を出した
ケンタを一口食べた嫁、泣きだす
嫁「うえええん!お腹空いてるのに食べられないよ〜!」
何とか宥めて粥を舐めさせて薬を飲ませて寝かしつける
嫁「私、元気だよ?具合悪ってよく分からない!」
俺「元気じゃないの!お前の今の状態を具合が悪いっていうんだよ!」
嫁「・・・元気なのに」

頑なに具合が悪いことを認めない嫁がスレタイ(/-_-\)
ご飯食べれないって泣くし熱が高くて夜中に何度も起きて寝れないって泣くし本当に大変だった
インフルエンザが治ってからやっと「あれが具合悪いってことだったんだ!」と自覚してくれた
もうインフルエンザでご飯が食べられなくなるのが嫌だから今年から予防接種も受けると言ってる
続きを読む

551 :名無しさん@おーぷん
もう20年以上前に亡くなった祖父は、たぶん完全犯罪者。
私も私の家族も「犯罪者の身内」になりたくなくて
祖父を庇った。
おかげで何事もなく人生を過ごしてきた。
ごく平凡な毎日が、とてつもなくありがたい。
あの時祖父を自首させていたら
結婚することも出産することもなく
今頃孤独な生活をしていたんだろうな。
Kサツにうそのアリバイ証言をしたことは、まったく公開していない。
ただ、刑事ドラマを見るたびに
いつも犯人の立場で見てしまう。
相棒の右京さんが、もっかの「心の天敵」。
続きを読む

724 :可愛い奥様@\(^o^)/ 2016/09/16(金) 06:33:47.49 ID:RsY6hnQB0.net
子供寝かしつけていっしょに寝ちゃって5時に目が覚めるってのを何回かしちゃって、全然時間が足りないって同僚に言ったら、
「5時に起きればけっこう家事できるよね。なんで時間足りないの?」って言われた
その人は本も読まないしテレビもほとんど見ない
自分みたいに本や録画やネット見てない人って、そういうもんなのかぁ
自分がそういうものにうつつを抜かしてるから時間が足りなくてイライラするんだな
こういう人が家事育児に向いてる人っていうんだろか
自分の時間が欲しいって思うのって、こういう人から見たらわがままなことなんだな
続きを読む

このページのトップヘ