カテゴリ: 修羅場


85:本当にあった怖い名無し2011/04/23(土) 00:27:48.03ID:QX1G/T/sO

じゃあ超ライトなのを。

父方実家は古井戸を塞いだせいで、家を継いだ伯父家族怪我しまくったり、従兄が寝煙草で車ごと焼タヒしたり、家が全焼したり。
古井戸とおいなりさんが竹林にあったんだけど、昔から近くへ行くと頭痛がした。
両方お祓いしたらよくなったけど、親父は冠婚葬祭以外では行かなくなった。

母方実家は母が小さい頃は虫封じ(携帯で漢字がでない)の術者さんに、姉妹弟全員が癇の虫封じしてもらってる。
曾祖母の姉妹だか従兄だかは狐に憑かれて祓うの大変だったらしい(伝聞でよく分からん。)

しかし家族従姉妹の中で霊感あって、霊を鎮める姑が居るのは私だけだ。

続きを読む


629: 名無しさん@HOME 2017/08/10(木) 12:27:14.31 0
義兄嫁が馬鹿な勘違いをしていたのが判明
わが家は姑の事情で一時的な同居で引取同居形式
なので、ここは私達一家の家(厳密には名義は私のみなので私の家)
姑は舅が無くなってから市内のケアハウス付の老健病院へ入居予定で
順番が来て入ったのはいいけど
中で老人同士の恋愛トラブルに巻き込まれて病んでしまい、
わが家に一時滞在して通院している

姑と私親、私達一家の関係は良好
トラブル相手が他界したのと、通院ケアで姑の心痛も落ち着いたので
年内にはケアハウスか病院の空いた方へ戻れそう

義兄嫁は義実家で私達次男一家が同居してると思いこんでた
義兄達が結婚する少し前に同居になったから知らなかったってのは
まあいい(言った記憶あるけどね!)

問題は義兄嫁は
近いうちにわが家を追い出してここに住む気満々だったってこと
少し早いお盆の帰省で、「ぎけいよめのやぼう」がばれて
えらい騒ぎになって夫婦喧嘩して義兄嫁だけ帰った

以前から細々した事があったので
旦那は義兄に「子供ができないうちに別れなよ」と勧めてる

続きを読む


941: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2014/09/07(日) 12:35:34.25 ID:YUY3YEdI

昔の話だが、
当時小5だった弟に、俺が血が繋がらない兄だとばれてプチ修羅場になった
父親が弟に激怒。母親と俺と弟で父親に土下座して許してもらった

詳しく書くと…
母親(養母)…アネゴ肌。実家(自営)の手伝いもしてて、色々免許や資格を持ってる。
父親(養父)…趣味人。母親にベタぼれ。子煩悩。本業は月10日程働くだけ
       余暇を趣味や趣味関連のバイトしてる。炊事も主に父親担当
弟…当時小5。俺に懐いてた       
俺…当時中3。弟を可愛がってた。生家は養母の血の繋がらない遠縁
       (赤の他人。と言った方が早い、縁しかない家)
  
【前提】
産まれつき肌が黒い俺を、生家の父と家族が自分の子供じゃないと拒否。
生みの母親も新婚旅行先で乱暴されて生まれた子供だと言って俺の引取りを拒否
始末に困った生家家族が施設に入れると言ってたら、それを伝え聞いた母親(養母)が強引に貰い受けた
俺を引き取る時に母達は、俺の生家家族に一生かかわり持ちませんと一筆書かされた。
俺が中1の時に、生母がタヒ亡。何も知らなかった俺を養父母が葬式に連れて行く。
俺を見た生家父が、俺を引き取りたいと養父母に言ってきて揉める。結局改めて生家と縁を切った。
その時俺は出生の秘密を知った(黙ってたこと、面倒に巻き込んだことを養父母に謝られた)

そんなある日弟が、友達の家から泣いて帰ってきた
友達と喧嘩したのかと聞いても泣いて、首を振るだけ。それが夕飯で食卓囲んだ途端に爆発
母親に、俺が家族と血が繋がらないことをぶちまけて「母親がウワキしたんだ。○○(当時流行ってたドロドロドラマ)みたいな事したんだ。 母親なんて嫌いだ。タヒんじゃえ」と叫んで、修羅場になった。

父親が激昂して、弟ぶっ飛ばす。
殴りかかった父親と弟の間に入った母親を弟が蹴りつける。
俺が父親を押さえにかかる。
最終的に母親の一喝で父親が大人しくなり、 俺が母親と替わり弟を抑えた。

弟は俺に抱きついて号泣してた。
で、母親が「後始末するから風呂入れ。話し合いはそれからだ」というんで、風呂に入った。

続きを読む



803: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/09/13(土) 21:06:54.62

もう10年近く前に決着のついた話なんだけど
投稿してもいいですか?

続きを読む


1: 以下、VIPがお送りします 2017/07/24(月) 17:35:56.377 ID:wGmc//iGa
ショックで会社休んじまったお

続きを読む


576:名無しさん@HOME2011/10/26(水) 23:37:38.23 0
自分的には修羅場だった話。

私が中1か小6の頃曾祖母の葬式があった。
遺体も焼いて骨壷に納めて、そのあとの会食っぽいとき(ごめん、他に葬式出たことないから名称知らない)、
女衆は食い物の準備だとかで忙しく男衆は飯を食うので忙しかった。
私はまだ幼稚園に入るか入らないかの弟がいて、母は忙しそうなのでずっと空いた部屋で相手していた。
弟と遊んでいたら他の小さい子持ちのお母さんがたも「あらあらじゃあうちの子も」とどんどん私に押し付けていく。
無理ですと言っても聞いてくれない。最終的に10人前後を私一人で面倒見るハメになっていた。

中学生が10人の小学生未満を全員まとめられるわけもなく、ガキ共は騒ぐわ他の部屋に突入しようとするわ
寺の備品?を勝手にぶん投げようとするわ、それを抑えて私は走りまわらされるわ。

ちょっとでも会食の部屋に子供が行けば「なんで見ててくれないの!」と私が怒られるわ。
そのうちガキ共が「お腹すいたー」の大合唱。男衆は食べていても私たちに食事は出なかった。
最終的に9時前後に10人で1パック3本入りの納豆巻きをもらってみんなで分けて食べた。
納豆が嫌いっていう子が大騒ぎしてそれをなだめて大変だった。
母親たちは8時半頃にもう飯食ってて「まだ食べてないの?なんで言ってくれないの!」と何故か私が怒られた。

最終的に10時すぎまで一人で10人面倒見てた。
寝ちゃった子には布団もないから座布団の上に移動させて上着かけて、起きてる子には部屋の反対側で遊ばせて。
預けたお母さんがたはありがとうの一言もなく、私は寝た弟背負って両親と一緒に寺から歩いて帰った。
今日父親に、別の曾祖母の33回忌の手伝いに参加してくれないかと言われて思い出した話。

続きを読む


465:おさかなくわえた名無しさん2018/06/21(木) 03:27:45.27 ID:Ob41qvlt.net
黒歴史つうか俺が100%バカで悪い話。
10代前半の頃、俺の家の近所で車イスに乗ってる中年の男性.が車イスで歩道を進んでた。
俺は気にせずその男性.の脇を通ったんだけど良く見たらその男性.の膝の上に女の子が
乗ってた。
で、こっからが無知でバカで頭のおかしい俺の行動なんだけど。

当時の俺の認識が【障/碍者=頭がおかしい】だった、女児連続刹害の事件が起こった直後だったし
「あ、女の子を助けないと」って事になって男性.の膝の上に乗ってる女の子を持ち上げると
その車イスの男性.を思いっきり蹴った。

そしたら女の子が「パパー!」って言いながら泣き出すし、男性.は俺の腕から娘を取り戻そうと
必タヒで地べたを這いずりながら俺にしがみつく。

一方俺は完全に固まってた、明らかに事件じゃないし、てか俺の方が頭がおかしいだし。
結局俺は警察に捕まりましたが向こうの家族様の配慮も有り
少年院にいかなくて済みました。

続きを読む


145:名無しさん@おーぷん2015/11/27(金)19:00:08 ID:ZKq
ついさっきホヤホヤの事。フェイクは入れる。
国会議事堂あたりから千代田線に乗った。
席は全部埋まってるけど満員じゃない位の混み具合。スマホで音楽聴いてた。
ふと見ると優先席の真ん中が空いてる。
元々持病があって、かつ今日はなんか体調悪かったので、座ろうと思って近づいたら、
奥にめっちゃスペース使って座ってる女がいるの。
そこそこ人いるのに、何でここだけ空いてるんだろう?って疑問が浮かんだのと、
女の鞄についてるヘルプマークが見えた時、物凄く嫌な予感がした。
でもそれ以上に具合が悪かったから座ったんだけど。
その瞬間、ものすごい勢いでイヤホン引っ張られた。

「電源切れ!」ってなんか滑舌悪いんだか何だかわからないけど、聞き取りにくい。
けどそう言ってるんだなって思って、
「わかった!わかりました」って、電源オフにする画面を見せてオフにしたら、イヤホン投げてきた。それ私のなんですけどwww
その瞬間、思い出した。
この人、千代田線をよく止める南柏のペースメーカーババァだ!って。ババァってほどでもなかったけど。ヴィトン持ってたし。
乗ってきて、ババァの前で携帯出すと、「ふじこふじこ!」ってやっぱり叫んでた。
中には慣れてるのか、ババァを見た瞬間、遠くへ行く人もいた。
2chではよくキチの話とか見かけてたけど、実際出会うと、うわぁ…ってただただドン引きで、言い返すとかはできないもんだなって思ったのと、ババァに慣れてる乗客の人が衝撃だったw
キチってこわいんだねー。え

続きを読む



949:名無しさん@HOME2013/03/03(日) 18:41:48.14 0

私は六十のおばさん(おばあさん?)です。昔語りを聞いてください。
二十とちょっとで嫁いだのは、旧家で両親も祖父母もまだ健在の家でした。
農家ではありませんが、土地はたくさんあるので、土地を貸して暮らしている家でした。

祖父母と両親はいい人たちで、よくある嫁いびりは一切なく遠くから嫁いできた私に
優しくしてくれました。野菜主体の食卓だったので、海のある土地から来たから
魚が食べたかろうとわざわざ魚屋を御用聞きさせてくれました。

それなのに一人息子の主人が、だんだん私に冷たくなって来ました。
私達は恋愛結婚で、主人がこれでなきゃ結婚はしないと言って望まれて結婚した
はずだったんですが。二人目を妊娠中にふっと主人がいなくなりました。
まわりもびっくりして手を尽くして探したのですが、見つかりません。
二人目が産まれても帰って来ませんでした。それでもその家で子供二人がいるので
暮らしていました。

続きを読む

このページのトップヘ