カテゴリ: 兄弟

    mixiチェック

799: 本当にあった怖い名無し 2012/06/25(月) 22:43:50.55 ID:iy3kTIDh0

姉にしたプチ復讐 

何故か姉はいつも私をいじめていた。悪さをしても私(妹)の所為。 
物は盗るは、幼稚園卒園の記念に貰った漢字辞典の表紙を塗りつぶすわ、 
勉強机にクレヨンで落書きするわ、引き出しの中ひっくり返すわ、
歯ブラシにミューズをつけるわ。 
おまけに二人部屋の扇風機はいつも姉側。 

両親はいつもきっちり叱ってくれたけど、癖は治らず。私が中学に上がるまで続いた。 

両親は姉の意地が悪い上に嘘吐きという忄生質を知っていたのと、
私が周りより小柄で四歳の時に全身麻酔の大手術をしたというのもあって
私にばかり甘かったのは事実。

姉が意地悪をするもんだから両親の愛情は私だけのものだった。

成長してからは姉が風呂場で使う髪留めに毎晩os*kk*をかけてやっていた。
やられた分はやり返そうと、枕カバーで鼻をかみ、
姉が自腹で買った傘のついたムードランプの傘
(ボウルみたいになってる)に爪を切ったカスを入れたり、
体を洗うスポンジで風呂場掃除し、姉の肌着を延ばしたり、

フローリングの床掃除につかってたり
姉の歯ブラシでカビ掃除してやってたら
顔中ブツブツで一杯www

正直ちょっとやりすぎたかもしれない。


続きを読む

    mixiチェック

664: 名無しの心子知らず 2020/11/06(金) 18:01:34.96 ID:mv+/EJMA
年末年始と里帰りが被るから、母が兄に
私が妊娠して年末年始に家にいることを報告したら
直接連絡が来たんだ

おめでとうと言われるのが当たり前と思うな、
素直におめでとうと言えない人がいるのに
自分のことしか考えてない自己中野郎と言われて
撃沈してる

兄とは疎遠でその話の流れで言うと
兄嫁が不妊治療してるのかもしれないけど、
家族の誰も聞いたことがない

私は流産や不妊治療を経て妊娠したんだけど
なんだか悔しいやら悲しいやらで昼から動けない
デリケートな話題なことは承知してるけども、
こう突然激怒されると気持ちのやり場がない


続きを読む

    mixiチェック

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/11/08(日) 19:20:56.298 ID:OsO01Si1r
流石に反対したほうがいいよな?


続きを読む

    mixiチェック

1: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/12/30(日) 13:14:12 ID:VatpkLge0.net

自分が姉失踪当時の年齢になったので立ったら書き込みたい


続きを読む

    mixiチェック

645:  ↓名無しさん@おーぷん 20/09/10(木)23:43:23 ID:Uz.en.L1
自分の兄弟の子より、生まれた時から姉妹同然に従姉妹の子の方が可愛いっていけないことですかねえ

プレゼントやお年玉にきちんと直接御礼を言ってくれる従甥姪達の方が、
何かあげてもノーリアクション(両親にはちゃんと電話で御礼言ってる)の甥姪より可愛くなるのは心理的に仕方ねーだろと思う

ちびっとだけある私の遺産を、葬式費用以外は従甥姪に残せないかなあ…
子供持てないから、兄弟やその子供よりは従姉妹とその子供達にあげたいけど弁護士に相談でいいのだろうか

ほんっと、従甥姪への可愛さが1000としたら甥姪への可愛さはマイナス100くらいです
10歳になっても礼も言えない子なんて血縁でも可愛いとは思わん


続きを読む

    mixiチェック

127: ◆4IykyRaT.uWD 2012/05/27(日) 02:46:59.68 0

いつかの君へ 

僕が君の元を去ってから五年の月日が流れたね 
僕らが破局したあの日は悪夢、あまりにもナイトメアだった 
だけど僕らカップルを邪魔する悪魔はもう去ったよ 
僕は君の元へ戻ることが出来る 
君がいつか作ってくれた
極上の春巻きを食べながらもう一度スタートラインに立とう 
君の愛する男より 

以上、先日離婚したばかりの 実 兄 からの誤爆ロミオメールでした 
本来メールを送りたかったのは、
婚約寸前まで行ってうちの親に紹介まで行った相手を
「好きな人ができました」で振った人だと思われる 
指摘してやる必要もないし、
そもそもその人はもう引っ越したみたいだし、
放置しておこうと思ったけどあまりにキモかったんで吐き出し


続きを読む

    mixiチェック

193: おさかなくわえた名無しさん 2020/06/02(火) 18:25:58.27 ID:KTXBGki4

疎遠だった従兄弟の結婚が破談になって、妹がいることを思い出した。
従兄弟の婚約者の家に、怪文書が来て破談。
それが私の妹の仕業だというので従兄弟は両親に掛けあった
でも判らなかったので私の所に来た。それで思いだした。

子供の頃、妹が従兄弟を刺した。私のせいだった。
田舎の祖母の家に泊まりに行ったときに私は風邪ひいて寝てた。
そして従兄弟に襲われた。



最後までされたわけじゃ無いけど 
偶々妹が入ってきて、持ってた肥後守で刺した。
逃げた従兄弟を妹は追いかけて刺した。 

私は、妹が刺した理由を説明できなかった。
妹も言わなかった。従兄弟も言わなかった。 

我が家は従兄弟の家と疎遠になった。
妹は母方の叔母が引き取った。叔母は引っ越していった。 

事件後の私は妹が怖かった。
妹の顔を見ると、従兄弟に襲われたことを思い出すから。 
そして妹がいなくなった後、全てを忘れた。
妹がいることも忘れてた。 

私の家が引っ越したのも、近所の人や学校の友達は、私に妹がいたことを知っていたからだと思う。 

両親にも聞いたけど、妹の行方は判らない。 
叔母は癌を患い、献体するので供養は無用。という手紙が来てたらしい。 
暫くして妹から、叔母が亡くなったこと。献体したこと。 
コレが最後の連絡になる事を連絡してきたらしい。 

妹を引き取った叔母は母方の親戚で、従兄弟は父方の親戚。 
母方の親戚にも聞いたけど、妹の所在は判らない。
どこかで幸せになっていて欲しいと思う

従兄弟が妹の居場所を知ることは出来ないだろうから、従兄弟が妹に何かすることは出来ないと思いたい 

両親には、妹が従兄弟を刺して理由を言っていない。今更言えない。 
あの時、妹は夏休みの工作で竹とんぼを作って、完成したのを私に見せに来た。そして私のために従兄弟を刺した 
なのに私は、全て無かったことにしてた。本当に悪い姉だ


続きを読む

    mixiチェック

238: おさかなくわえた名無しさん 2016/04/03(日) 10:44:09.79 ID:YGeM1Tnt

そんなに凄い話ではありませんが、個人的に衝撃的だったので。

妹家族は外食好きで、休日は朝食以外外食。
ラインで「今日は○○に来ています」と画像が送られてくるけど、週3とか普通。
我が家は外食なんて月1もあるかないか。

日曜日に妹の家の近くで用事があるので、金曜日の夜、妹の家に私と息子で泊まった。
土曜日は家でまったりしていて、お昼にあり合わせで豚丼を作ったら妹家族「豚丼って家で作れるんだー!」と、驚いていた。
その夜、子ども達のリクエストでハンバーグを作ったら、妹の子ども達(高1と中1)に「ハンバーグって家で作れるんだー!」
ポン酢が無かったので作ったら妹と妹の旦那さんが驚いていた。
息子(高1)がポカーンとしていた。


離れた所に住んでいるので年に1回行くかいかないかですが、
私が行くと大概外食か鍋か焼き肉なので、
普段、どんなものを作って食べさせているのか…


続きを読む

    mixiチェック

767: 名無しさん@HOME 2013/06/09(日) 19:42:00.70 0

うちは、夫婦共に原因が有り結局子供には恵まれなかった
弟夫婦には何度も、子供が出来ない事を話題にされたり
老後に甥に迷惑掛けるなとか言われてた

その度に夫婦で働いて、お金も貯めてるし大丈夫だと言っていたが
会う度に言われた、妻にも申し訳無かったし、親父に相談して弟家族とは
最低限の付き合いしかしない事を話して疎遠に
親父が亡くなった時に相続関係で弟嫁が訳分からん事吼えていたが
無視して淡々と法定相続分の通り相続、
最近弟から、甥の進学資金の援助を願う電話が来るようになった
妻の方にも弟嫁から電話来てる
甥には可哀想かもしれんが、知らん

将来、あいつらに何も残さないようにするには、誰かと養子縁組とか
すれば良いのかな


続きを読む

    mixiチェック

925: 名無しさん@おーぷん 20/09/24(木)10:17:47 ID:J8.mo.L1

高校生の妹が仲良くなれそうな子何人かに
私の知らない人の連絡先を消して、
消さなきゃ自杀殳するとしつこく迫ってトラブルになったそうです。
そのうち2人は本当にその通りにしてくれたそうですが、
連絡先を消させておいて飽きたら無視するようになったようです。

最近、仲良くなった子にも
「友達の連絡先を消して!」
「消さない」
「「消して!」
と押し問答になったらしく先生に報告されました。
その流れで前に連絡先を消させた2人が
「実は自分も連絡先を消すように強要された」と名乗り出たようです。
別にいじめではないので先生からは注意で済んだのですが
両親が怒っていて「お前の友達の連絡先を消す」と言っています。
さすがにやりすぎだと言ったのですが両親は聞いてくれません。
いじめでもないのにここまでするのは異常ではないでしょうか?


続きを読む

このページのトップヘ