カテゴリ: 仕返し(復讐)・GJ !!・武勇伝


5:名無しさん@HOME[sage]2011/02/08(火) 21:04:49 0

姉が亡くなっており
訳あって姪と一緒に暮らしている。
息子は姪のことを「姉ちゃん」と呼び
旦那とも上手くやっていて幸せなんだけど

トメ・ウトともに気に入らないようで
姪の前で色々やらかしてくれた。
旦那や私が見えていない所でも
姪に対して散々酷いことを言っていたらしい

もう我を忘れるくらい怒ってしまい
愛用の竹刀をトメ・ウトに振り回してしまった。
その後すぐに、旦那に止められて幸い義両親に怪我はなし
(旦那のほうが剣道強い)

無防備なトメ・ウトに竹刀を使ったことは
かなり怒られたけど、旦那も「親は人として最悪」とご立腹。
家に来ない約束をさせたし、怖がって近寄らなくなったので

結果的には良かったかな。
暴力行為をしたことは反省しているorz
でも許せなかったんだ……

続きを読む


457: 名無しさん@HOME 投稿日:04/12/10 18:24:01
今まで古い女にネチネチやられていてもスルーしていた旦那が 
最近庇ってくれるようになった。 
嬉しいというより、不審で気味が悪かったので「何なの今さら?」ときいたところ、 
「お前の弟に怒られて泣かれた」そうな。

続きを読む


717:おさかなくわえた名無しさん[sage]2013/04/04(木) 08:56:58.64 ID:P+Rf8B1J

ヤフオクでの話
衣替えついでにクローゼットの掃除をし
家族全員の着なくなった服類
処分に困っていた引き出物や使わなくなった家電などのガラクタを出品
多くを¥1スタートにしたのでほとんど売れて、
複数の商品に入札してくれた1人の落札者がいた

数が多かったので、合算して端数を切り捨てた金額を提示したら
「入札しそびれた物がある」という
どうせ¥100程度の物だったので「無料であげる」と言うと
「他に出品予定の物はありますか?」
「子供の服など今後も出品する」というと「見たい」とのこと
何枚か画像を送るとまとめて安く譲ってくれないかと
送料の計算が面倒で・・・とゴネてみたら、

ブランド物の出品予定も聞いてきたので「後々出品する」と回答
すると「送料全部着払いでいいので タダデ 譲ってほしい」

当初は通常の取引の会話で、謙譲語も使っていた落札者だったが
やりとりの途中でだんだん上からになっていき、
乞食のくせに「もらってあげる」的な態度になってムカついてきたんだけど
最後は「送料着払いでいいので、家中の不要な物、なんでももらってあげる」
とまで上から目線言ってきやがった

続きを読む


4:おさかなくわえた名無しさん[]2012/02/05(日) 23:31:43.51ID:AALKO909
じゃあちょっと前の話を


同じマンションに凄い美少女がいる。

線が細くてすらっとしている。
純日本人なんだけど、顔かたちが東欧にいる少女みたいな感じ。
黒髪、黒目だけど、髪はロングでさらさらで、目は光の反射に
よってちょっと灰色っぽく見えるのが凄く神秘的。
こんな美少女に朝エレベータで挨拶されると幸せになる。

ある日、私がたまたま会社半休して病院帰り、近所の公園で
その少女が変な男(20代後半?)に絡まれてた。
何しているんだろうとそっと立ち止まって見ていたら、
その男、とつぜんその少女に抱きついてきた。
「すきなんだよぉ」


続きを読む


602:おさかなくわえた名無しさん[sage]2012/11/08(木) 13:19:20.57 ID:826nswJQ

DQN返しだが
兄貴は野球部で、一見まじめだが筋肉隆々。
また小学校の頃から生徒会長をやるなりして友人もかなり多い奴だった。
中学になったら校区が広がり、中学には同じ小学校の人7割、違う小学校の人3割という割合となっていた。

そんなある日、グラウンドで野球部が練習してたら兄貴のファウルボールが
近くでたまってた調子こいたヤンキーの一人に当たりそうになったそうな。(当たってないけどな)
それでヤンキーがキレて、兄貴はその場はちゃんと謝ったんだが
ヤンキー調子乗って、「あとでボコボコな、お前w」とか言って、兄貴を呼び出してボコボコにしようとした。

で、後日ありきたりだが校舎裏に呼び出されて兄貴とタイマンするヤンキー
ヤンキー、逆にボコボコに殴られ鼻血噴き出してたらしい。
さらに後日、ヤンキータイマンで勝てないと知ると、「今度はリンチするぞ」と4人の他のヤンキー集めて兄貴を呼び出した。
そしたら兄貴側15人ほど連れてきてヤンキーども呆然としてたそうな。結局ケンカにはならず解散した。
後日ヤンキーの親から苦情がきて、俺の兄貴がヤンキーをイジメてるとかいう話に発展してたw

普段から素行の悪いヤンキーだったから教師連中は全くヤンキーを信用せず
クラスでは「タイマンでボコボコにされて親に泣きついた情けない奴」というレッテルを貼られ
すぐに不登校になったらしい。それでも兄貴は責任を感じてプリントとか届けてやってたらしいがw
自分から絡んできたくせにいざ負けると親に泣きついたりずうずうしい。



続きを読む


270: 名無しさん@おーぷん 2014/12/16(火)09:52:37 ID:6N7
さっき友人から電話があった。
彼女と私は小、中学校の時の同級で同じグループからいじめを受けていた。
私がされたいじめも、彼女がされたいじめもタヒぬまで誰にも知られたくないようなことがたくさんある。
正直今でもものすごく恨んでるし、できることなら〇してやりたいくらいのことは思ってる。
友人からの電話の内容だが、いじめグループの主犯(ここではAとさせてもらいます)が最近
昔いじめていた人たちに謝って回ってるらしい。
友人のところにも一昨日来たそうで、友人に土下座して、「許してください。」と言ってきたらしい。

友人はなぜ謝りに来たのかを最初に聞いたらしい。

続きを読む


439: 名無しさん@おーぷん 2014/08/09(土)02:55:14 ID:LSemq6ovG

長くなるので長文苦手な方はスルー願います

私の姉がバレエを習っていたので、
ついでだからと私も2歳からバレエスクールに入れられた
(姉は幼稚園卒園時に辞めた)
2歳から習ってるのであたりまえだが、他の子より上手に踊れた
だけどそのバレエ団は、金持ち優遇主義
発表会に20万出せば主役・10万で準主役
ド下手くそでも親がお金を出せば主役のお姫様の役になれる
貧乏ではないけれど私の親は基本出演料しか出さないので、いつも脇役だった

そんな中、実力主義のバレエ団の本部が、区内に移転してきた
快活なオーナー先生(女性)、レッスンはスパルタ
オーナーへのお中元・お歳暮・心付けは禁止
発表会出演料は全員一律3万
一番上手な子は主役、下手くそは脇役
パチ○コ屋の社長の娘でも下手な子は脇役
それを知った母親は、私をそのバレエ団に転入させた

続きを読む


202: 名無しさん@おーぷん 2015/03/20(金)11:49:03 ID:UyX
携帯からだから改行変だったらごめんなさい。
ついさっき子供と散歩がてらにホームセンターに行ってきた
子供は歩きたがるけど疲れたらだっこ魔人になるから
持ち物は財布と携帯と子供のおもちゃいれてる斜めがけの小さい鞄
そこのホームセンターはペット館があって子供と
わんちゃんかわいいねーって見てたら後ろから
同じ年ぐらいの子供を抱っこした人に
「あのーバッグの背中側のひも切れそうですよ」って声かけられた
えっ!?って思って鞄を取った瞬間その人が鞄持って走り出したから
すみません!それ、私の鞄です!返してください!私の!!!
って自分でもびっくりするぐらい大きな声が出た

続きを読む


252: ◆uXxJK9lJIA 投稿日:2012/07/18(水) 17:08:27.18 0
小説家になるって言って、無断で退職し寄生開始 
夕飯を作るどころか、私が仕事に行っている間の昼食が無いから弁当を置いていけだの 
小説のネタのために取材旅行に行きたいから金よこせだの言いだしたので 
あっさりは行かなかったが離婚に成功。その半年後のメール。


件名:夢を捨てた君は愚かだ 
○○は本当に馬鹿だね。後少しで大金と直木賞作家の妻というステイタスを手に入れる事が出来たのに 
目先の欲望だけに突き動かされて音かな決断をしたね。本当に馬鹿だ。 
それでも一度は愛し合った仲だから許さない事もないよ? 
○○が心から反省して僕の綴りだす世界と僕自身を愛し支えると誓うなら 
直木賞作家の妻という未来は必ずやってくる。 
素晴らしい未来が待ってる事は○○だって考えれば分かるはずだろ? 
書きあげた原稿をどこかの出版社に送るだけでその未来は確実なものになるんだ 
僕は原稿を書き上げて茶色の封筒に入れるだけで良い。 
それだけで日本中もしかしたら世界中の称賛は僕と僕を支えた妻のものになる。 
もちろん僕が僕を支えてくれたのは妻ですと言わなければいけないわけだが 
今すぐ○○が戻ってくるならそういうのもやぶさかではないと思ってさえいるよ 
もうすぐ丑の日だね。炭火で焼いた国産ウナギが食べたいよ。 

せめて「、」は入れた方がやみやすいと思うんだけど、原文まま

続きを読む


82: 名無しさん@HOME 投稿日:2007/11/02(金) 17:54:55 0
空気読まずに投下。 
余りスカとはしないかもだけど。 
あと、暴力ネタなので嫌いな人はスルーで。 

結婚後すぐ同居。 
それ以来、テンプレ通りのイビリをしてくれた姑。 
そして、争いごと大好きで姑と争ってる時に嬉しそうに顔を出す姑姉。 
私が娘を産んだときなんて、二人して「この女腹め!」「男生めなくて何が女だ!」と散々罵る。 
だけど、事態は急転。 
私が、とある病気をして手術をした日の事。 
目を覚ますと、夫と舅がなんかニッコニコ笑って立っている。 
勿論、私が大ッ嫌いな筈の姑がいなくて、
「ああやっぱり見舞いにも来ない、でも静かでいいや。」って思っていると、
二人から衝撃の言葉が。

続きを読む

このページのトップヘ