カテゴリ: 相談・愚痴・嫉妬


1:風吹けば名無し2017/09/20(水) 20:03:46.03ID:bIY3jkXv0

私は6歳の男の子と4歳の女の子の母親です。
つい最近、夫と離婚し実家に帰ってきていました。

兄は4歳上で、既婚ですが子供はいません(作らない方針だそうです)
実家の隣の土地に家を建てて住んでいます。

兄は自転車が趣味で、大会にも出ています。
先日、兄は大会に行く準備を庭でしていました。

息子は自転車が欲しいのですが、残念ながら私の今の経済力では買ってあげれないため、持っていません。
隣で兄が自転車を外に出しているのを見て、興味を持ったみたいでした。

兄がちょっと目を離した隙に、私の息子がいつの間にか兄の家に入っていき、自転車を触っていました。
子供なので、つい力を入れてしまって自転車を壊してしまいました。

兄は大激怒。
自転車を弁償しろと言われてしまいました。
その金額なんと50万。
壊れた部品だけでそれくらいするそうです。
更に、練習して備えてきた大会に出られなくなったのでその保証も求められました。
私だって四六時中子供を見ていられるわけじゃないし、子供のしたことだから大目に見て欲しいと頼んでも、全く聞く耳持ちません。
親に何とかして欲しいと頼んだのですが、私の息子と私が全面的に悪いから兄の言う通りにしろ
兄はあれでも我慢して低く抑えてくれているんだと言います。
私はお金がないので無理だと言ったら、だったら今月から生活費を入れろ、その中から兄に分割で弁償するからと言われました。
兄の家は夫婦共総合職で子供がいないから比較的裕福なはず。
50万くらいなら特に痛手なしに出せるはずなのですが、弁償しろと言いはります。
親からは、弁償しないなら私たちが建替えるが、払う気がないなら出て行けと言われてしまいました。
小さな子供を抱えてそうそう給料がもらえる仕事もないし、ほかに頼るところもないし。
親と兄に、許してもらうにはどうしたらいいですか。

http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2014/1122/690199.htm?g=01


続きを読む


464:名無しさん@おーぷん2018/06/19(火)10:16:07ID:UwV
3歳の子供の夜驚症がつらい。
色々ググってみたけど、通過儀礼みたいなものだし
治療方法はないらしい。
脳の成長過程だから仕方ないけどここんとこ連日で
私も夫も少し参ってる。

夜驚症って幻覚症状も出るんですかね?
「蛇がいるー!」ってギャン泣きで葉っぱの柄の布団がそう見えるみたい。
これいつまで続くんだろう。

続きを読む


890:名無しの心子知らず2018/06/14(木) 13:11:43.37ID:6EMVyak0
8月に女の子出産予定、
夫が子供の名前に「まのあ」と付けたいと言い張っています
私の感覚だとキラキラ風味なので嫌だと言ったのですが、
「気にしすぎ、今どきは全然珍しくない、かわいい名前を付けたい」
と主張してきます

私は「涼」という字を入れてすずかと付けたいのですが、
凡庸で埋もれるし古いと言われまして…

毎日まのあかわいいと言い聞かされて
社会的な感覚がわからなくなってきたので相談したいのですが、
まのあって名前は正直どうですか?


続きを読む


655:名無しの心子知らず2018/07/01(日) 15:54:22.03ID:OT066rGg
ここに昔カキコしたかもしれないけど、
反抗期の子供が今ちょっとやんちゃ系寄りの子と仲良くしだして
色々不安要素ある。
反抗期って言っても先生に反抗する系の。

家でも門限とスマホと交友関係うるさく言ってて、
それだけ聞き入れようとしない。

情けないことに、学校の通学ヘルメット加工?して付けてったとか
机の上マッキーで卍とか書いてシャーペンで色々掘ったとか
授業中ほぼ寝てるとかで学校から電話かかってきた。

去年はそんなことなかったのに。
机に関しては元々古いサビサビだったけど、器物破損だって言い聞かせたら
うるせえ真面目みてえな考えして!!だってさ

とりあえず交友関係なんとかしたいけど流石に無理そうなんだな…

続きを読む


763:名無しの心子知らず2018/06/02(土) 15:00:24.72ID:drHrWBIw
子供が一歳半です。みなさんの所は夫に子供を預けて外出してますか?
夫が協力的でないため、美容院も子連れOKのところや実母にお願いしてます。
低月齢の頃に一度だけ、無理矢理夫に預けて寝てる隙に美容院に行きましたが、
帰ったら丁度起きた所で夫が見てた時間は少しです。

夜間授乳が必要だった時期や夜泣き続きで寝不足の頃も
夫に任せて仮眠を取ることも出来ない。

夫は子供と2人でいることが出来ないので、
私はいつも子供と一緒で最近疲れてしまいました。
トイレにゆっくり入りたいとか、フラッと買い物に行きたいとか、
夫が面倒見てくれればなぁと思います。

夫に面倒見てと言うと、なんで俺ばっかり!お前はなにもしてない!
家事もしないで毎日子供と遊んでるだけだろ!と喧嘩になりました。
家事はしてますが、夫的にはなにもしてないそうです。
洗濯、掃除機は毎日してますが、別件の喧嘩で
(作った食事を捨てカップ麺を食べることが月の半分くらいある)
夕食を作るのをやめてたから、なにもしてない発言なんだと思います。

友人数人に食事や掃除をジャッジしてもらいましたが、
料理は普通に美味しい、完璧ではないけど掃除もできてると言われました。
子育てに追われながら家事も最低限やっていますがまだ足りないんでしょうか。
仕事をしてる夫はそんなに偉いのでしょうか。

週末は趣味で出掛けて、年に数回ですが夜中まで飲み会に行ける夫が羨ましい。
実母に預けるのや一時保育にも嫌な顔をされ、
働くから保育園に入れたいと言うのも却下され、
四六時中育児と家事だけ精一杯やれと言われました。

もう疲れました。一人暮らしの頃のように美容にお金をかけたり
可愛い服買ったり休日にゴロゴロダラダラしたい。
離婚したら楽になるのでしょうか。それとも今より大変な毎日になるのでしょうか。
ものすごく長文になってしまいましたがアドバイスください。

続きを読む


217:名無しさん@おーぷん2018/07/01(日)11:32:05ID:gZg
妻が妊娠してから親父に会いたがらなくなった。親父とは俺の親父。
妻「子供を守る本能なのかもしれない。妊娠してから言動が気になるようになった」と談。
妻の反応は普通か、それとも過剰反応だろうか?
・出っ張ってきた腹を触る→妻「ちょっと掌をあてるくらいならいいけどずっと撫でてるのがイヤ。
急に手を伸ばしてくるのが怖い」

・産んだ後母乳が出るかどうかを会うたび言う→妻「プレッシャーになる」
・「ミルクタンクちゃん」と呼んだらしい→妻「気持ち悪いし名前で呼んでほしい」
最後のは俺もないと思った。その場に俺はいなかったんだがこれは抗議する予定。
妻は「セクハラとまでは感じてないが、毎回言われたり触られると苦痛」と言う。
親父に悪気がないことは理解してる模様。

これはいわゆるガルガル期ってやつなんだろうか。
出産まであまり会わせない、俺から「母乳だのミルクタンクだの言うな」と抗議する。
産んだ後、目の前で授乳しろとか言わせない。こんな対応でいいかな。
女性/から見て夫にしてほしい対応があったら教えて下さい。

続きを読む


613:名無しさん@お腹いっぱい。2018/07/01(日) 08:59:31.35ID:aEmlDlMx0
共働きでお互いシフト勤務なんだけど、
嫁が休みの日に遅くまで帰ってこない日がある
学生時代の友人女性/とボランティア活動をしているらしい

休みの日くらい俺が帰りを迎えて欲しい
掃除洗濯はしてあるし、メシは作っておいてあるがなんか嫌だ


続きを読む


645:名無しさん@お腹いっぱい。2018/07/02(月) 03:00:29.38ID:9dI9iaeNa
嫁が明らかに暗い顔してるからどうしたのか聞いたら
あなたからの酷い言葉が忘れられないとか言われたんだが
何のことかわからなかったけど1週間前に
俺が子どもなんていなければ良かったと言ったやつらしい


あれは俺は仕事で疲れてるのに嫁の体調が悪いから育児手伝えとか
言われたからイライラしてつい言ってしまっただけだし
ここ数日は元気そうにしてたのに今さら何なのか

そう言ったら
あれから毎晩寝る前にこの言葉が頭の中をグルグル回って
悔しくて泣いてたとか返された
慣れない赤ん坊の世話で精神的に追い詰められてるのか?
前はあんな不安定じゃなかったのに

続きを読む


54:名無しの心子知らず2018/07/01(日) 15:09:43.72ID:/vZYxDbj
室温32度超えてきた
子が寝苦しそうにしてる
水もお茶も飲まないし、今日はミルクも飲みが悪いから心配だわ

続きを読む


1:名無しさん@おーぷん2017/02/09(木)18:26:58 ID:b88

男の方も「あ、話は聞いてます。どうも~」

とかめっちゃラフな感じですげームカついたから
「人の女に何手だしてんの」ってぶんなぐったら、
彼女がブチギレやがったwwwww


そんで後からわかったんだけど彼女の弟だった。

すげーシにたい

免許証とか見せてもらったけど確かに名字も一緒だし言われてみたら顔も似ててワロタ

いきなり人をなぐるような人とはちょっと考えさせてほしいって言われて
彼女が部屋出ていって今に至るwwwww

あああああああああああああああああ
弟来てるなら弟着てるって教えてくれよおおおおおおおおおおおおおお

続きを読む

このページのトップヘ