カテゴリ: 相談・愚痴

862: 名無しさん@おーぷん 2015/05/03(日)17:50:52 ID:VcX

やらない善よりやる偽善って言葉吐く奴大嫌いだ


私は困ってる他人がいても見てみぬふりしてた
小柄なうえ足の関節が悪いから、何かあった時に走って逃げたりできない
だから知らない人は困ってても話しかけたりしなかったしそれが親の教えでもあった
でも私自身がよく知らない人から助けを求められる
友達と一緒にいても声をかけられるのは私、それも男性が多い

私は外はもちろん、大学内でも何か助けを求められても
「知りません」「わかりません」「他をあたってください」とすぐにつっぱねてた

でも周りの子たちから冷たいとか酷いと言われた、すっごい言われた
「善意は誰かから強要されるものじゃなくて、やりたい人がするものだよ」と言ったら
「やらない善よりやる偽善」といつも反論された
友達が離れたりはしなかったけど、「一度の人助けで何かあったりしないよ」と言われ続けたし、
たまにボランティアに強制参加させられたりした


友達と大学からの帰り、最寄り駅に向かった時に大荷物を抱えて足を骨折した人が困ってた
そして案の定通りかかった私に声をかけた
私は即座に「電車の時間があるので」と断った
その時本当に電車の時間が差し迫っていたし、私は片道一時間半かかるから電車の乗り合わせが悪いと乗り換えで30分待つこともあった
でも友達はそんなことを知らないので「終電じゃあるまいし」と私の言葉を跳ね除けて「手伝います」と言った
ここで逃げたら見知らぬ人だけでなく友達も捨てたことになる・・・私は仕方なく手伝った

これが悪かった


大学生なんだからその駅を利用するのは相手にバレている
ストーカーが始まった
駅に向かうと必ずその男性がいて声をかけられた
一度助けてしまったから無下にもできずに会釈だけしたら「困ってるんだけどなぁー」と言われた
友達にも小突かれ仕方なくまた手伝った
その後も3回待ち伏せされて手伝わされた
友達に助けを求めたら「大下座だよ、やらない善よりやすい偽善、自分の行動に誇りを持ちなよ」と言われた


やがて男性の足は治った
声をかけられた時、私はこれで関わりが切れると思って男性を無視した
友達には冷たいとか怒られたけど、「怪我が治ったんだから行う偽善もないでしょ」と言ったら
「えーでもあの人イケメンなのに」唇をとがらせてた
友達は気づいてないようだったけど、その時うしろから男性がついてきてた
駅に用事があるだけかもしれないし、たまたまかもしれないと様子をみてた
駅では私と友達は路線が違うので別れた
友達の方についていったら電話で知らせるつもりだったけど、私のほうについてきた
あくまで男性に気づいていないふりをし、乗る予定だった急行をスルーし、次の普通電車もスルーした

普通ならそのどちらかに乗るはずなのに男性は乗らなかった
そして4つめにきた急行に乗るとやはり男性は乗り込んできた
ラッシュ時だったので人混みに紛れて逃げ出せるかと思ったけど、走れない私には撒くのは無理だった
3回の乗り換えもしっかりストーキングされた
これ、最寄り駅にいったらヤバいんじゃないかと思って途中で親の職場に行くための路線に乗り換えた
駅に着くなり女子トイレに行くふりをして親に電話、迎えに来てもらった
男性は改札を出ることなく迎えに来てくれた父親と私をじっと睨んでいたのが車の窓越しに見えた


ことの経緯を友達に話したけど、困惑しながら口にした言葉は
「イケメンだったし・・・あんたが何か勘違いさせる行動したんじゃ?」
友達とはそこで関係を切った
思い返すと関係切ったのが遅すぎたんだと思うけど、
男性の待ち伏せが怖くて一緒に帰る人が居なくなるのが嫌で切れなかった

父親が毎日タクシー代を持たせてくれて、大学の中から最寄り駅の一つ隣の駅まで行き帰り
タクシーを利用するようになってから男性とは会っていない
大学までくるような行動力がない人で良かったと思う
 
続きを読む

959: おさかなくわえた名無しさん 2013/06/28(金) 16:32:53.71 ID:nWtu7afz
結婚して20年以上になる旦那にいきなり離婚したいと言われて、 
その理由が「初恋の人が未亡人になった。今すぐ独り身になって 
プロポーズしないと、他の男に取られてしまう」だったこと
続きを読む

484: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/10/01(火) 16:22:01.47
10年下の妊娠8ヶ月の嫁が、先日微力な異変で病院へ。 
医者にはご飯食べる時とトイレ以外は寝てろと言われ、
病院から近いこともあり、実家に戻ることを勧められた。 

原因はわかってないが、
妊娠8ヶ月でこの症状は怖いからと
先生に絶対安静を命じられたらしい。 
先生の勧め通りに嫁は次の定期検診まで実家に帰った。 

専業主婦の嫁だが、ずっと家にいないとダメだったから
ストレスも関係あるのかなって思えてきた。 

先月、嫁が市民図書館に1人で出掛けたところ、
館内で意識を無くして倒れた。 
職員の人が救急車を呼んでくれたらしいが、
検査しても倒れた原因はわからず。妊娠も関係ないと。 

脳神経外科で精密検査しても原因は分からず、
なのに医者には二年間ほど
車の運転を辞めた方がいいと言われた。 
妊娠してることもあるし、
もし次運転中に意識を失ったら
取り返しのつかないことになると。 

1番はてんかんが疑われてるらしいが、検査じゃわからんと。 
検査ではっきりてんかんって証明されたら
免許証取り上げられるけど、
てんかん疑いじゃ免許は所持してもいいし、
運転もしていいんだよね。
でも嫁すごいショック受けてた。 

それでも俺は少しなら運転しないと
二年もしなかったら運転忘れてしまう!と思って、
俺が助手席にいるときと短距離なら…と
運転許可を出してた。 
そしたら嫁運転時に今度は車と接触事故起こした。 

気を失ったとかじゃなく、
単に嫁の運転ミスで車同士を微妙にかすったんだが、
これも相当ショックだったみたいで
しばらくは具合が悪くなってた。 

その時は体に異常があるわけではないからと
産婦人科には断固として行かなかったが、
その結果がこれなら確実にストレスだよなぁ… 

車の保険会社にも
念の為に受診をって言われてたみたいだけど、
100%嫁が悪い事故なのに
相手に迷惑かけられないからと遠慮してたっぽい。 

最近は元気を足り戻してたから安心してたけど、
元気に振舞ってただけなのかなー…
続きを読む



273: 名無しさん@HOME 2016/08/07(日) 13:52:19.75 0.net
相談させてください。

◆現在の状況
夫に離婚したいと言われた
◆最終的にどうしたいか
離婚せずに再構築
◆相談者の年齢・職業・年収(手取り額)
26歳、事務、250万
◆配偶者の年齢・職業・年収(手取り額)
28歳、飲食、350万
◆家賃・住宅ローンの状況
家賃7万、ローンなし
◆貯金額
50万
◆借金額と借金の理由
なし
◆結婚年数
3年目
◆子供の人数・年齢・性別
1人、0歳、男
◆親と同居かどうか
別居
◆相談者と配偶者の離婚歴、あればその理由
なし
◆離婚危機の原因の詳細(長くなっても思い付くものを全て書いて下さい)
夫から、以前は私と子供の為と思ってできていた家事ができなくなってしまった。一人に戻りたい、自杀殳したら楽になれるのかな?子供は可愛いと思うが、私への愛は無くなってしまった、嫌いになった訳ではない、冷めてしまったと言われました。

 
続きを読む




281: 名無しさん@おーぷん 2016/02/09(火)23:03:48 ID:LBm
うちの嫁は子供が最優先で、夫婦関係はどうでもいい人。
あまりに嫁の態度がひどいんで、子供が大事なのは当たり前だけど、
夫婦関係も少しは大事にしようよって言ったら、
散々躊躇した後に、子供以外に興味ないと伝えられた。

専業主婦なんだけど大変だからと俺の分の食事は作らないし、やってるのって洗濯くらいか。

3歳児とかならまだわかるけど、もう子供は学校通ってる。
嫁は万事につけて子供がー子供がーで、夫婦については何も考えられない模様。


話すのに疲れた。




月曜日にもう我慢できなくなって、これからは全部自分でやるから、もう何もやらなくていいよ、
いずれ出ていくからその覚悟でいてねって思いっきり突き放したら、
今日数年ぶりに夕食があった。

でも仮に嫁の態度が直ったところで、嫁は子供と自分の生活のために離婚したくないだけなんだよな。

俺、ぶっちゃけ嫁のことが嫌いなんだよね。

謝られたところで変わらないんだろうな。


 
  続きを読む




748: 名無しの心子知らず 投稿日:2013/05/17(金) 22:54:46.09 ID:UTS+o7EX
ごめん、吐き出させてください。 

私は未婚なので苦手な方は見ないでください。 
先日ある事情(関係無いので略)で 
彼氏にお弁当を作って持って行き、其の儘朝帰りしました。 
色気のある様な事情ではなかった為、徹夜明けの私はフラフラと自宅への階段を登って居ると 
幼児が私の横を走り去り、その後ろをパタパタとキャリアウーマン的なママが追いかけ 
すれ違いざま私の持っていた殻のお弁当をひったくって行った。

「急いでるから!お弁当いただくわ」

と捨て台詞?を吐いて
私も思考が回ってないせいか、100円(急遽だったので100均だった)だし
いいかと自宅へ帰り其の儘泥の様に寝た。

そして夕方起き買い物に出よう家を出れば扉に

私コロス!とスプレーで落書きがされてた

変な叫び声上げて其の儘 警察へ電話した。 


続きを読む

このページのトップヘ