カテゴリ: 長編


【①はこちら】
【②はこちら】
【③はこちら】
199:名無しさん@お腹いっぱい。2014/02/18(火) 03:19:13.35

子供に話したことは、嘘つくよりは懸命な判断だったったと思うよ。
子供はどんなに小さくても、大人が思う以上に色んな事見えてるから。
その上で、大人が話したがらないことなら知らない振りだってする。
嫁が出てって、もう事が大きくなってるんだから、子供だからと蚊帳の外にすることなくきちんと話した方がいいと思うね。

続きを読む


【①はこちら】
【②はこちら】
【④はこちら】
154:京都 ◆aRUJ.xZW3I2014/02/17(月) 18:02:40.44

取り急ぎ報告。

①従兄について
電話して状況を説明した。
今頼るのは余計に嫁に疑われそうな気がするから、飛び火しないように説明だけ。
今回の件にはあんまり関わらせない方が良さそうだね。

②蔵書の処分について
すぐに本を売る・譲るのは難しいし、書き込みを見る限り得策じゃないようだから、ジャンル別に箱詰めして譲渡先をリストアップすることにした。
早めにレンタルルームを借りて、順次運び出していこうと思う。

③仲人(第三者について)
昼過ぎに嫁姉から電話があった。
「(嫁)が帰ってきたらしいんだけど、どういうこと?」と聞かれたので事情を説明したら、橋渡しになってくれるようだ。
一応仲人にも連絡取って、「いざという時は一緒に説明してください」と話しておいた。
嫁実家への説明が直接になるか手紙になるかは分からないけど、話してみようと思う。

続きを読む


【①はこちら】
【③はこちら】
【④はこちら】
66:京都 ◆aRUJ.xZW3I2014/02/16(日) 22:06:19.13

誤解を生むような書き方してごめん。
集めてるのが百合やショタ本だけなんじゃなくて、幅広く集めてたんだ。少女漫画系とか(元々そっち系のオタだった)。
偶々見られたのはBLだったみたいだけど。
二次創作の同人誌なんかも含めると相当量あるから(それこそ小部屋一つ埋まるくらい)、搬送の手間とかもあって今日明日だけでは処分できないと思う。

手紙は書いたけど、まだ出さない方が良いのかな。

続きを読む


【②はこちら】
【③はこちら】
【④はこちら】
30:京都 ◆aRUJ.xZW3I2014/02/16(日) 18:08:57.16

他の人の相談途中?
スレチ・マナー違反だったら指摘してほしい。

◆現在の状況
俺が仕事に行ってる間に嫁が実家に帰り、「離婚したい」という手紙が送られてきた。
電話しても会話にならないor嫁父が出て怒鳴られる。メールは返信してもらえない。

◆最終的にどうしたいか
趣味(後述)を諦めても良いから嫁に帰ってきてほしい。また家族で暮らしたい。誤解を解きたい。
ただ、今まで集めた物を譲渡・売却する為の期間が欲しい(捨てたくはない)。

◆相談者の年齢・職業・年収(手取り額)
39歳・公務員・800万

◆嫁の年齢・職業・年収(手取り額)
40歳・ピアノの先生(趣味程度)・120万

◆家賃・住宅ローンの状況
無し(俺の実家)

◆貯金額
俺が学生時代から貯めてたのが1500万と少し
夫婦共同貯金が1000万弱

◆借金額と借金の理由
無し

◆結婚年数
15年

◆子供の人数・年齢・性別
14歳の娘・息子一人ずつ(双子)

◆親と同居かどうか
別居、俺両親は鬼籍

◆相談者と嫁の離婚歴、あればその理由
無し

◆離婚危機の原因の詳細(長くなっても思い付くものを全て書いて下さい)
結婚前からのオタク趣味がバレた。
嫁が見つけた本が運悪く『男同士の恋愛』を描く物ばかりだったらしく、嫁は俺を同性.愛者だと思ってる。
しかも俺の従兄と交際関係にあると思われているっぽい。

これで良いのかな?

続きを読む


【①はこちら】
【②はこちら】
【③はこちら】
348:名無しさん@お腹いっぱい。2013/03/14(木) 08:43:21.69

夫婦なんだから義理母にサポート頼む前に自分がサポートすりゃよくね?
つかパーカーの嫁は朝起きなくても仕事には行ってるし飯も作ってくれてるんだろ
手取り200そこそこの低収入で嫁の稼ぎに頼ってる状況で
ちょっと寝込んだから蹴り出すとか墓穴www

続きを読む


【①はこちら】
【②はこちら】
【④はこちら】
310:パーカー ◆xWmKjcwlFA2013/03/13(水) 04:20:33.14

ここまで読み返して、テンプレ通りすぎて皆さんの言葉に頷くしかありません。
精神的暴力にあたる事も平気でやってたんですね。

これから改めるってのは嫁に限界以上に我慢させるという事だとも考え無しでした。
嫁のことを思えば潔く手を引くのが一番ですね。

続きを読む


【②はこちら】
【③はこちら】
【④はこちら】
271:207.31.138.58.dy.bbexcite.jp ◆xWmKjcwlFA2013/03/13(水) 02:02:25.79

よろしくお願いします。

◆現在の状況

・嫁が子供を連れて実家に戻り「話したくない」と言うため待っていたら、数日後突然「離婚したい」と言ってきた。

・理由を聞いたところ、
お互いの生活に関する価値観の違いから話し合いする度に
俺が正論や誘導するような言い方で嫁の意見を潰してしまっていた。
また、納得の行くまで長々と話す。
嫁からは、「それをずっと言わずに我慢していたが、限界になった。その性格は治るとは思えない。」と言われた。

◆最終的にどうしたいか

離婚はしたくない。
上記のことは、今回初めて聞いてハッと気づいたため
これから本当に治して、もっと柔らかい対応をしていきたい。
それを嫁に信じてもらいたい。

◆相談者の年齢・職業・年収(手取り額)

29歳、IT契約社員、手取り年216

◆嫁の年齢・職業・年収(手取り額)

24歳、事務、140

◆家賃・住宅ローンの状況

家賃7万

◆貯金額

無し

◆借金額と借金の理由

無し

◆結婚年数

10ヶ月

◆子供の人数・年齢・性別

1人、4ヶ月女

◆親と同居かどうか

別居

◆相談者と嫁の離婚歴、あればその理由

無し

◆離婚危機の原因の詳細(長くなっても思い付くものを全て書いて下さい)

・俺が嫁をコントロールしたくてアレコレ言ってる訳ではないのはわかるが、素でそれをしてるとわかったから嫁は諦めたんだと思う。

・あと、家事が苦手な嫁のために「お互いに声を掛け合って2人で家事しよう」という提案をした。
しかし嫁からの声掛けが全くなかった事を心配した俺が、嫁が気づいて声をかけるまでわざと放置した事がとても悲しかった、声を掛けて欲しかった。と言っていた。

続きを読む


【①はこちら】
【②はこちら】
【③はこちら】
706:名無しさん@お腹いっぱい。2013/04/01(月) 02:13:46.25

鳶なんて肉体労働してたら弁当だけじゃ足りなくなるのは、大工の知り合いがいるから解る、めっさ食うよそいつ。
ただしタバコは吸ってない、というか子供のために辞めた。飲み会なぞ行かない。

贔屓目に見ても嫁さん頑張ってるよ。
21の遊びたい盛りの年で0歳児抱えながら毎日弁当作ってくれてる、飲み会代や必要経費も出してくれてる。
なんの落ち度もない。
しかも「言ってくれれば用意する」と、おまいの出費自体には文句つけてない。

おまいはそんな出来た嫁を再三裏切ってきてんだよ。そこを理解すべきだ。

緑の紙が署名・捺印済みで置かれてなかっただけマシ。
土下座でもして、誠心誠意謝り、今後はこうしていく、との姿勢を見せろ。
それで無理なら諦めろ。
若い嫁は子持ちでもまだ未来があるんだからな。

続きを読む


【①はこちら】
【②はこちら】
【④はこちら】
688:7qT3Nl8置き手紙 ◆o0wKQtehBU2013/04/01(月) 01:54:15.26

携帯代は嫁のと合わせて20,000円くらい。
車は2台持ってて嫁のだけローンが毎月2万5千円があと3年ある。
買い食いは俺は少ない方なんだ。
俺だって節約してる方なんだよ。
他の皆は1,000円使ったりしてる時もあるし、俺だけ家から持って来た菓子とかジュース飲み食いしてるとちょっと恥ずかしいんだよ。あんまり気にしないようにしてるけど。

8万の事は、嫁が育児休業給付金を毎月8万もらってて、ある日いきなりその金であるブランドの財布買って来て「あんた返しそうにないから、これ8万するけど買っちゃった。これでもう文句言わないから。」って言われた。
それからは本当に文句言わなくなったから返さなくていいと思ったんだけどやっぱり返した方がいい?

すごい変な事聞くけど俺の嫁って「良い嫁」かな?

続きを読む


【①はこちら】
【③はこちら】
【④はこちら】
662:名無しさん@お腹いっぱい。2013/04/01(月) 01:26:01.59

問題は給料の少なさや小遣いの額じゃない。
夫婦の金である生活費に勝手に手を出したことだろ
乳幼児抱えてる母親ってのはストレスたまってるから
余計イライラするんだろ思うぞ。お前から離れてちょっと
落ち着くだろうから、とりあえず口座のカード渡して
謝ってこい。まだ置手紙で離婚届け置かれたわけじゃないんだろ?

あと嫁だけだと生活できないだろ?みたいな上から目線で話したら
多分ブチギレされるから気を付けろ。嫁両親だって若いだろうし
どっかに子供預けて働けば生活できるだろうし、(手に職持ってるしな)
余計、意地になって、置手紙がいなくても余裕で生活できるし!!って
離婚に一直線になるからな

続きを読む

このページのトップヘ