カテゴリ: 長編


【①はこちら】
【②はこちら】
【④はこちら】
405:嫁別荘 ◆jGmP8AirgY2014/01/14(火) 20:03:58.18

恐らく今週、兄と会社の社長の三人で間と嫁の別荘に行きます。
弁のアドバイスでは、不貞行為を認めさせ、一週間以内に相手に誠意の内容を示させることが目標です。
後日、相手の誠意に不服がある場合は弁を通して内容証明を家と職場に提出する事を間に伝えます。

別荘に突撃したとき、icレコーダを持って行き同意のもと録音しますが、果たしてペラペラ話してくれますかね?
黙秘を貫きそうな予感がします。

ここ最近の二人の動きは完璧につかんでますので、こちらの情報を小出しにしつつ向こうが正直に吐いてくれれば良いのですか、、、

最初に嘘や黙秘をするのなら、直ぐにでも法的処置を行う!って言った方がいいですかね?
それとも、嫁と間のいる時に最初に部屋と携帯を調べで新たな証拠で落とすか?

相手の出方次第だから難しいです。

続きを読む


【①はこちら】
【③はこちら】
【④はこちら】
9:嫁別荘 ◆iFiFg9AMqk2014/01/02(木) 09:50:51.83

スレ建てありがとうごさいます。
また、これからの交渉に向けて、万が一、相手にバレるとまずいので、ほんの少し内容を変えているところがありますが、それは日時や数字等は少々いじっているくらいです。ご了承ください。
今朝、最近の通帳を調べて全てカメラに収めました。
週に2〜3回で2万〜5万私の通帳から抜かれております!全てATMです。

夜勤と言って間と過ごしたクリスマスの日
には私の通帳から15万抜いてます。

嫁の通帳にはクレジット会社の引き落としの他に、現金がたまに入金してあります。


支払いのメインは私の通帳で自分の通帳は最低限確保したい意向が感じ取れます。

色々な事が分かったんですが、本当にここは安全でしょうかね?
話したい気持ちはあるのですが、奴等に気づかれたらお終いなので、少しびびってます。
前スレを読み返してましたら、2千万も慰謝料請求に成功した方がいらっしゃいましたが、羨ましいです。
間も2千万以上年収があるそうなので、先ずは弁護士に相談でしょうが、高額の慰謝料と医師免状返上あたりを提示したいです!
正月休み中は弁護士に会えませんが、その前に二人が会う日が分かってますので、別荘と間の確認くらいしてまいります!

続きを読む


【②はこちら】
【③はこちら】
【④はこちら】
899:名無しさん@お腹いっぱい。2014/01/01(水) 11:02:54.82

嫁が最近仕事を変えて勤務場所が遠いから社員寮にたまに泊まっています。

それが嘘で女房の名義で部屋借りて間男とそこで密会しているらしい。

前の職場で知り合った間男の転勤と一緒に自分ま で転勤したのです。
付き合ってる期間は1年以上。

間男は医者で嫁の上司。私は離婚は心に決めているが、なんとか双方を地獄に落としたい。
嫁の名義のマンションなら俺がマンションの管理会社に言ったら合鍵くれますかね?
嫁と間男かやってるところをおさえたいんです。
また、子供は四人いるが俺は子供のことをなによりも大切に思っているので親権はとりたい。
部屋の住所と間男の名前はわかっています。弁護士とか探偵に頼むか、自分で部屋の前を張って、乗り込むか、迷ってます。
結婚15年での発覚で精神的にも今、非常に辛いのですがなんとか一矢報いたい気持ちでいっぱいです。
可能であれば、住宅ローンもたくさん残っているので、取れるだけ慰謝料を取り、病院と間男の嫁とその両親、また職場にもぶちまけたいです。


皆様のお知恵など頂ければ幸いです。

続きを読む


【①はこちら】
204: 名無しさんといつまでも一緒 2005/08/06(土) 22:41:57
>>166です。

最悪です(T0T)
今、妻が風呂に入っている間に久しぶりにきちっとメールチェックしたら、
掃除器具の営業マンとも何かしようとしてるのが判りました。
「君が夢に出てきた」どうのと、つまらないメールしてる。
最悪です・・・

続きを読む


【②はこちら】
166: 名無しさんといつまでも一緒 2005/07/27(水) 06:17:49

聞いてください。小蟻です。
妻が不倫していることを知りました。

4日ほど前、妻が風呂に入っている間にゲーム感覚で妻のケータイのシーク
レットボックスを開けることに挑戦していたら、たまたま暗証番号がヒット
して開いてしまったんです。
そこには不倫相手とのメールが詰まっていました。
メールを見ていると、今はお互い家族と両立させておいて、将来は一緒にな
ろう、みたいな約束もしているようです。

不思議と腹も立たず、冷静に、でも何か割り切れない脱力感があって・・・

数日経ちましたが、僕はますます冷静です。
「他人に見つからないように巧くやれよ、常に家族第一で考えろよ」程度に
しか思っていません。

実は来月から転勤で単身赴任します。多少なり、僕にも浮気願望があるのも
事実です。万一、お互い様になるかもしれないから、だから妻を許せている
ような気もします・・・

バレてるぞって、真正面からあるいは遠まわしに責めて止めさせた方がいい
んでしょうか?

今は、これまで以上に良き夫・良き父親を演じて、また言葉の端々に家族第
一だよな、みたいなことを挟みながら、妻の顔色を見て、ある意味楽しんで
いる自分がいます。




続きを読む


【①はこちら】
【②はこちら】
【③はこちら】
【④はこちら】
【⑤はこちら】
154: 1/3 2008/01/05(土) 22:11:42 ID:???0

突然で申し訳ありません口下手の妻です。
恐らく夫のことなどどなたも気にも留めてないとは思いますが
今日決着をつけましたのでその後のご報告をさせていただきます。
夫の書き込みのまとめを見て眩暈を覚えつつも、子供のために
現実を突きつけました。

数時間ほど前に夫に車の鍵と一万円を持たせ家を叩き出しました。
行き先は夫実家です。
夫実家にも「返品」の旨を伝えました。
離婚届も既に書かせてこちらが保管しています。


続きを読む


【①はこちら】
【②はこちら】
【③はこちら】
【④はこちら】
【⑥はこちら】
679: 口下手 ◆A9.WhbKLTQ 2007/12/12(水) 00:30:40 ID:???0

妻と俺親は仲がいいです。
一回仲が悪くなり俺はどうしようもできませんでしたが、妻親が妻を説得し
今では仲もよくなりよく遊びに行きます。
俺も自分の親がおかしいと思うところはいくつかありました。
俺親は絶対に自分の意見を曲げない人間なので話合いはできません。
妻もそれが原因で俺親と電話でやりあうことになりました。

借金返すまで奴隷にと言うことですが、これは実際お金を妻に借りるときに
何があっても我慢することと約束して借りました。
でもまさか人間扱いされないとは思いませんでした。

生命保険は結婚したときに増額し受け取りを妻にしました。
意味合いとしては俺に何かあったときにその保険金で借金返済に
充ててもらうつもりです。

続きを読む


【①はこちら】
【②はこちら】
【③はこちら】
【⑤はこちら】
【⑥はこちら】
537: 口下手 ◆A9.WhbKLTQ 2007/12/10(月) 06:12:53 ID:???0

俺自身は波風立てたくないのです。
離婚はできません。
嫁から離婚と言われていないですし、どちらかと言うと嫁も離婚までは
考えてないと思います。
(よく口では「離婚離婚!」と言ってますが)
俺の親にまでわざわざ俺のことを言いつけて離婚すると言ってました。
する気もないはずなのに。

続きを読む


【①はこちら】
【②はこちら】
【④はこちら】
【⑤はこちら】
【⑥はこちら】
478: 口下手 ◆A9.WhbKLTQ 2007/12/10(月) 04:15:03 ID:???0

この数ヶ月ですが生活が激変しました。
給料日には嫁が百貨店で高いステーキ肉と刺身を買ってくるように
なりました。
俺が頑張ってるというから俺だけに買ってきます。
ちゃんと嫁が頑張りを認めてるのに、ちょっと時間が経つと俺の借金を
責めます。
俺は別に無理をしてそういうことをしなくても、日々平穏に嫌味を言われる
ことなく暮らしたいだけです。
確かに嫁にはいっぱい苦労させました。
だから一緒にいれば俺は働いて稼ぐしこれから楽にしてあげられると思うんです。
その気持ちは俺にあるのに、嫁は過去の暗い借金話から脱却できてないと思います。
俺が働くのが当たり前で妻子を養うのが当たり前なら
嫁も怒らず穏やかに過ごして欲しいです。
たかだか数ヶ月で俺の信用は回復できないのはわかりました。
では嫁はそれを知りつつ俺が何もいえない(言ってますが)弱い立場なのを
良いことに傷つく言葉を言ってるんではないですか?
俺はひたすら耐えればいいんですか。
嫁の罵倒は人の言葉とは思えません。

続きを読む


【①はこちら】
【③はこちら】
【④はこちら】
【⑤はこちら】
【⑥はこちら】
975: 口下手 ◆A9.WhbKLTQ 2007/08/16(木) 13:49:18

今更ですが緑の紙を書いて嫁と話し合ってみようと思います。
でもおそらく今までがこんな俺なので、俺がしゃべれなくなり昨日の嫁の態度なら
嫁が無視して話し合いにはならないでしょう。
今朝も俺が挨拶しても嫁は挨拶一つなしでしたので。

手紙に緑の紙を添えて、嫁がどういう対応をするのか見てみたいと思います。

自作パソコンは一台は嫁の親にもう一台は嫁の親友にあげました。

続きを読む

このページのトップヘ