カテゴリ: 元カレ(旦那)・元カノ(妻)


58:おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2017/08/02(水) 16:37:59.73 ID:cgsl8dnB.net
高校卒業と同時に家出同然で都会へ出た
夢を追ってバイトしてる時に知り合った彼女と3年間同棲してたんだけど、
とにかく事あるごとに俺と、実家の親父さんと弟さんを比べる子だった

最初は「家族仲良いのなら良い子だろうな~」くらいにしか思ってなかったが、
本当に1時間に一回は口癖の「ウチのお父さんなら~」「ウチの弟なら~」が出てくる
段々とウンザリしてきて
俺「君のお父さんと弟さんのことは好きだけど、何かにつけて比べられるのは男として我慢できない。やめてほしい。」
彼女「はぁ…?」
みたいな生返事しか返って来ずすぐにまた比較される

ある日、彼女のバイト先に迎えに行った帰りに酔っぱらいのニーチャン4人に絡まれた
路地裏だったし夜遅かったから誰もいないし、
ヒールが高い靴を履いてる彼女連れてたら逃げきれも出来ない
瞬間的に色々天秤にかけ最終的にこちらが下手に出て謝ることでその場は事なきを得た
理不尽に絡まれ、謝らされる状況にイライラしてたけど、
なんとか彼女に笑顔で
俺「無事で良かったね」
彼女「ウチのお父さんと弟なら5人でも倒せたわw」
と笑顔で一言…

この一言でいっっっっっきに冷めた…
その後俺もちょくちょく実家に帰りつつフェードアウト
あの時別れて良かったと本当に思ってる

続きを読む


511:おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/[sage]2015/07/29(水) 06:28:53.80 ID:RGK07HSV.net
私のバースデーケーキを元彼と一緒に買いに行ったとき
店員さんに保冷剤が要るか聞かれたけど知らなかったみたいで
「おれいざい?」とか聞き返してて恥ずかしかった

チョコのプレートに名前を入れてもらうのもフルネームで言っちゃって
店員さん困ってて恥ずかしかった
隣でフォローはしたけど、自分で自分の名前を書いてもらうのは惨めな気がしたし
ケーキひとつ満足に買えない人だと思ったら冷めてしまった

続きを読む


898:8972015/08/31(月) 01:53:03.15ID:H18Q2eou0

初めての投稿なので、至らない文面ですが見守っていただけると幸いです。
フェイク混みなので辻褄が合わないことがあると思いますが、ご容赦ください。それと堕胎注意です。

付き合って4年、そろそろ結婚してもいいんじゃないかっていう彼氏がいた。
当時20歳そこそこ、半同棲、互いの両親とも面識がありました。

付き合い出して半年で、元カノに「一番好きなのはお前だよ」メールを送る瞬間を見てしまってから、私は元彼への信用と不信が半々。
次やったら周りにいろいろばらまくから、と脅しが効いたのかしばらくは静かだった。

私はサービス業だけど正社員、元彼は現場の正社員。
最初は同じ地元で働いていたけれど、彼氏の会社が車で2時間のところに移ることになった。なのでアパートを借り、私は仕事を辞めるわけにもいかず実家に戻った。

落ち着いたら彼氏のアパートで同棲する、とのことで、週末婚みたいな感じでしばらくは過ごしていたのだけど、今思うとこれが間違いだった。

続きを読む


184:名無しさん@HOME2007/11/28(水) 09:14:49 0
先月離婚した。
夫が働かなくなり、家に義両親を連れ込み
全力で寄りかかってきてから2年。

もう一家を支えていく気力がなくなった。
慰謝料も養育費もいらないから、と言ったら
ホイホイと印鑑を押した。
「子供?イラネ。勝手に育てろ。もううちとは関係ないからな。
俺たちにはこの家と土地があるから、何とでもなる」
と言うことで、親権も私。

あ。言うの忘れてた。
その家と土地、(元)義父の借金を肩代わりする時に
担保にしたんだよね。
手続きやらなんやら全部私にさせて
ノータッチだったあなたは知らないだろうけど。
私の稼ぎでは借金の返済は殆どしてないから
年明けぐらいに、向こうから何らかの連絡があるかもね。

もう顔も見たくないって言われたから
このこと教えなくても良いよね。

続きを読む


244:おさかなくわえた名無しさん2018/08/19(日) 21:33:07.19ID:YHTqWLwA
彼の同期の嫁が子供を産んだ
出産祝いに人生ゲームをあげるんだ!
ともう1人の幼馴染と計画をしてると話してきた
その時点で、えーこいつ何考えてんの?って思ったが、とりあえず
消耗品の方が喜ばれると思うよ?って言っておいた


しかし人生ゲームをあげたい!俺たちはそんな仲間なんだ!と聞く耳を持たず
それが嫁の耳に入ったのか、嫁から欲しいもののリクエストが入った(消耗品またはお金
腑に落ちない様子の彼に子供を産んだママの気持ちを丁寧に教えたが、ご立腹なようで
そうならあげない!嫁は嫌いだから!って、オイオイ
なんのための出産祝いなのかすらわかってないみたいで冷めて別れた

嫁と同期の私には彼(元)から人生ゲームが贈られたけど
意味がわからないから甥っ子にあげたわ、とだけ連絡が来た
もちろん私はおしりふきとガーゼタオルを贈った

続きを読む


48: 名無しさん@HOME 2012/04/28(土) 00:44:21.69

せくはらってなんで自分の妻がされても平気なんだろうね 

元旦那も私がウトにせくはら(上も下も触ってくる、フロに入る脱衣所をのぞく等) 
をされた時「いちいち構うからちょっかい出されるんだろ」って言った 

実家でそのことを話したら家族が怒って、 
私たちが実家に行った時弟や兄がしたを触ったり 
一緒におフロに入って熱い視線で見つめたりしてた 
元旦那が私にそれを言ってきたので、「いちいち構うからちょっかい出されるんじゃない?」 
って言ったらグーでなぐられたよ 

続きを読む


11: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/12/11(木) 23:57:09.14 .net
少し前に高校の頃の友人が結婚し、二次会で元嫁と再会したのだが…
スッキリしたので書き込む事にする。 

俺(34) 
元嫁(34) 
間男(34) 
全員高校の同級生。

元嫁と会ったのは高校一年の頃。 
後の間男と色恋沙汰でやらかして下さり、後に間男の嫁となる女と大喧嘩し、
いじめを受け不登校になったのだが…当時ルーム長だった俺は必然的に間に入る事に。 
元嫁は結局退学し、別の高校に入り直すも、それまでの事が縁となり俺と付き合う事に。 
結婚も早かったし、俺はこいつを守ると心から思っていた。 

結論から言うと、離婚まで間男と水面下で続いていて、結局俺はATMだったわけだがな。 

調子に乗った二匹が自宅で事に及びはじめ、家事の大半をしていた俺が
気付かぬはずがない。 
気の利く連中に相談し、お任せコースでサクッと解決。
報告の度に吐き、体重は相当減ったが。 
証拠を提示した時に元嫁から浴びせられた言葉は、未だにトラウマになっている。 

「そういう細かいところが嫌で嫌で仕方なかった!間男は男らしい!」 

精神的に持たず、さっさと離婚。勿論間男からも金を取った。
慰謝料は一般的な額。意地でも一括で受け取った。
間男も離婚したようだが、こいつらに会わないで済むなら、もうどうでもよかった。 

リーマンショックもあり俺は仕事を依頼退職し、退職金慰謝料
全てを住宅ローン返済に充て、援助してくれた両親、兄のお陰もあり完済。 
晴れて無一文となり、元々やりたかった仕事に就く。


続きを読む


443: 名無しさん@おーぷん 2018/08/26(日)21:40:05 ID:F0Y
元嫁と子供達がテレビに出てた。
よっぽど野球観戦が好きなんだな。
俺が知る限りでテレビに映ってるの見たのは今シーズンで2回目だよ。


続きを読む


707:恋人は名無しさん2015/11/18(水) 00:05:34.03 ID:wuuDJfx90.net

先日彼女の誕生日に店に5千円ちょっとのケーキを用意してもらっていた

食事の後そのケーキが出された瞬間
「うわー何この安っぽいケーキ。ありえないわ。
 去年の誕生日は元カレが1万円するケーキ出してくれたのに
 こんな安っぽいケーキ出すとか大人の男じゃないね」
とディスられまくった

帰宅して無理だと思って彼女にケーキのことで嫌になったから
別れてくれと電話したら、
「ああ 私もあんな安いケーキ出すあなたとなんかは別れようって思ってたところだからw
 元々私がふる予定だったんで自分がふったとか勘違いしないでねw
 まあ私はあなたよりスペック高い男いくらでもいるからねw」
とまじで言われた

付き合ってたった2週間だったがこんなクズ女だったとは・・・

続きを読む


743:◆f3jvMpYyGc2011/10/29(土) 17:11:12.79 0
八ッピー八ロウィン?
八ロウィンは感謝祭イブなんだよ。
こういうとなんか恋人のためのイベントに見えてロマンチックだよな。
だからさ、おまえも感謝すべき存在の所に素直になって戻ってこいよ。

唯一おまえを愛した、唯一おまえを支えた男の所にさ。
せっかくの八ロウィンなんだから、トリックorトリートメントで、ナースコスプレでケーキ焼いてくれよ!
ブラウニーレベルの簡単なやつでも俺は許しちゃうダメなやつだからさ。

件名は、re:早めにつくよ、で意味不明でした。
別れた経緯は、たまたま大学が私と同じで面識のない男性.が私の上司になったのを、浮気相手だと疑い続け、仕事辞めろとせまられたので別れました。
その件についてメールで一切ふれてないのが気味悪いです


続きを読む

このページのトップヘ