カテゴリ:修羅場・衝撃的 > 離婚・浮気・別居

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/24(月) 14:25:01.72 ID:09ZOV0we0
1年前に振られた彼氏のことをいまだに引きずってて 
ネットで見つけた2万円相当の復縁本を買うことにしたってメールが来たんだが 
どう対応したらいい?

続きを読む

46: 名無しさん@おーぷん 2016/04/05(火)17:46:54 ID:Fbu
気団で嫁にメシマズメシマズ言ってたら
自分が味覚障害だった
というやつの書き込みを見て、
俺もまさかと思って検査受けたら
かなり重度の味覚障害だった

半年くらい前に味付けの件で大喧嘩してから、
嫁は俺の料理を作ってくれない
頼み込んだら、出来合いの味付けの肉や
魚を焼いたりするくらいはしてくれるようになったけど
あとは惣菜を皿に移したり、
冷食をチンして食卓に並べてくれる
用意してくれるだけでもありがたいとは思う

嫁に土下座して謝ったけど、
ああそうなんだって冷ややかな視線
昨日の食卓は
味付けのしょうが焼きを焼いて、
袋入りの千切りキャベツと
惣菜が2品、
インスタントの味噌汁と
サトウのご飯を茶碗に移したもの

食後に薬を飲む水を出してくれたのは、嫁の優しさだな・・・
こんなに優しい嫁に何てことしたんだろうって後悔しかない
態度を改めて謝り続けたら、
いつかは嫁の手料理がまた食えるのかな
続きを読む



1: 名無しさん@おーぷん:2016/05/19(木)12:20:14 ID: 
俺トラック運転手
年齢   27歳
年収   450万

嫁    化粧品の経営
年齢   35歳
年収   分からない

俺の学歴 中卒

母子家庭で母はホステス、2歳上の姉がいたけど
中二の時家出してその後不明
俺中学出た時家を追い出されて先生の紹介で
自動車の解体屋で住み込みで働く

16歳の時お上さんに誘われて親しくなって
23歳の時に親父さんに見つかって凹られて
2週間入院して追い出された。
おかみさんも追い出された。

23歳の時からトラックの運転手をしている
女にはモテるみたいだ、女の方から言い寄られる

いつも女の方から誘われる、でも俺頭が悪いから
いつも振られる。最初はいいけと無く続かない



続きを読む

655: 名無しさんといつまでも一緒 2008/05/27(火) 17:00:32 O
妻の携帯から数年来の不倫が発覚。 
相手は10歳以上年上の既婚者。 

妻は泣いて謝りながら離婚したくないと言ってきた。 
一歳の子供もいるし、情けない事に
まだ妻が好きなのでそれを受け入れる事にした。

相手のクソ野郎にメールで
「妻と二度と連絡とるな。今回は慰謝料を請求しないでやるけど次は即会社と家に行くから。」って内容のメールを送付。 

甘過ぎる処置とは思ったが妻の事が親バレや
向こうの奥バレとかしてほしくなかったから。 

翌日クソ野郎から詫びと連絡しない約束のメールが届く。 
脅えまくってる感じ。 

もう忘れようと務めて明るく生活する。 
一週間後くらい、深夜に急に
クソ野郎に対するサツ意でいっぱいになる。 
家はわかっているので包丁を持って頃しに行こうとした。 

でも子供をさつ人犯の子供には出来ないと思った。 
タヒのうと思って遺書を書いた。 
最後に子供の顔を見たくなった。 
眠ってる子供の手のひらを触った。 
子供はギュッと握り返してきた。 
涙がボロボロ出てきて止まらなくなった。 

妻が気がついて起きて、ボロボロ泣きながら
ごめんなさいタヒなないでと繰り返しながら
俺の背中に抱きついていた。 
妻は一生償うと言っていた。 

無理やり信じて頑張る。 
長文ごめんなさい。

続きを読む

1: 離婚さんいらっしゃい 2016/10/13(木) 06:14:56.58
ここでいいのかな

見てる人いないかもしれないけど
まったりと書かせてもらいます
続きを読む


188: 恋人は名無しさん 2009/04/20(月) 17:09:57 ID:q3BDihGj0
なんだ、かんだでもう3年もたつので記念カキコ
私子(25才)・彼男(27才)
呑子(27才)彼男の大学時代のサークル仲間
呑太郎(27才)同上
呑介(27才)同上
その他もろもろの飲兵衛
彼男父(50台後半)

私子と彼男は社内恋愛で婚約中
ただし、式まで半年ほどあったので社内で婚約しているのを
知っているのは、数名の上司と私子と彼男の友人数名のみ。

彼男は、日本酒が大好きで学生時代のサークル仲間と月イチで飲み会をしてた。
幹事が持ち回りだったらしいが、呑子が仕切ることが多かったらしい。
私子は彼男に連れられて、飲み会に一度参加したことがあるが
呑子にからまれて、飲めない私子は、二度と行きたくない状態になった。 
続きを読む

このページのトップヘ