カテゴリ: 離婚・浮気・別居




221: 名無しの恋愛速報さん 2016/08/03(水) 03:16:22.01 ID:F/qwjfdM
修羅場と言うか気持ち悪い話。

妻が息子と浮気してた。終わり。
現場を見た時に47歳になって初めて吐いたわwww




 
続きを読む




281: 名無しさん@おーぷん 2016/02/09(火)23:03:48 ID:LBm
うちの嫁は子供が最優先で、夫婦関係はどうでもいい人。
あまりに嫁の態度がひどいんで、子供が大事なのは当たり前だけど、
夫婦関係も少しは大事にしようよって言ったら、
散々躊躇した後に、子供以外に興味ないと伝えられた。

専業主婦なんだけど大変だからと俺の分の食事は作らないし、やってるのって洗濯くらいか。

3歳児とかならまだわかるけど、もう子供は学校通ってる。
嫁は万事につけて子供がー子供がーで、夫婦については何も考えられない模様。


話すのに疲れた。




月曜日にもう我慢できなくなって、これからは全部自分でやるから、もう何もやらなくていいよ、
いずれ出ていくからその覚悟でいてねって思いっきり突き放したら、
今日数年ぶりに夕食があった。

でも仮に嫁の態度が直ったところで、嫁は子供と自分の生活のために離婚したくないだけなんだよな。

俺、ぶっちゃけ嫁のことが嫌いなんだよね。

謝られたところで変わらないんだろうな。


 
  続きを読む





743: 名無しさん@おーぷん 2016/09/22(木)20:54:25 ID:X59
吐き出し。長文ごめん。近々既女でなくなる予定。

ちょっと前までごく普通に夫婦仲は良好で、子供が出来なかったことを除けば順風満帆だった。
が、数日前夫から離婚を切り出された。
そこに至る経緯、ざっくり書いても長くなったけどこういうこと。

同い年の40代、そろそろマイホームを建てようかと言うことになった。
貯金も十分貯まってローンを組まなくても建てられそうだった。
亡くなった実父から貰って月極駐車場にしてる土地があり、そこに建てることにした。
どこに建築をお願いするかと言うことになって夫婦で話し合っていた時に
HM何社かで主催しているイベントがあったので見学に行ってきた。
その事を夫から聞いた義父から、義叔父の息子(夫の従弟)の工務店を使ってやってくれと言ってきた。
良い家を安く建ててくれると評判がいいらしい。
HPを持っていて、ブログには建築の途中経過の画像がいくつもあった。
夫は「立派な家ばかりだし、安く建ててくれるなら有難い、親戚なら信用もできる」とノリノリ。
でも私は真逆の感想だった。
いい加減な仕事をしているとは思っていない。信用できる親戚なんだろうとも思ってる。
だけど、そこの工務店が建てる家そのものが簡単に言えば好きじゃない。
実績として紹介してる家の9割方がカントリー風。それは別にいい。
でもどのリビングの床も水玉模様かってぐらい節が多い。
安さの理由を見たような気がした。
家は一生に3度建てないと満足できる家は建たないって言うけど、
私らにはそんな経済力もなく、おそらく最初で最後の新居だから
安さよりも出来るかぎり自分の理想に近づけたい。
分不相応な贅沢な家を希望してるわけじゃない。
ただ、せっかく土地を譲り受けたのだから、そのぶん家にお金を掛けてもいいんじゃないか、
安さに拘ることもないんじゃないか、そう思って夫に言った。

 
続きを読む

1: 名も無き被検体774号+ 2012/07/16(月) 23:22:50.24 ID:rdlZ0ByT0
まあ一年前の話なんだけどね

当時のスペック

30歳
リーマン


30歳
パート

大学で出会って結婚 
続きを読む




1: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2015/07/05(日) 02:39:22.72 ID:XQrKIa8W0.net
 
今、弁護士挟んで慰謝料の話し合いしてる。 
話せば話すほど、なんでこんなのと結婚しちゃったのかと、昔の自分を小一時間問い詰めたい。


 
続きを読む

798: 1 2005/09/04(日) 12:29:49 ID:SmX9JZFg
現在進行形じゃないのだが、話題もないみたいなので書いてみます。 
不本意な成り行きですが放置子撃退できた話です。 
電車で2駅ほど離れたところに住む友人が、パートを始めるっていうんで 
( ´_ゝ`)フーン  と話を聞いてたが、ふと 
「子どもどうするの?(3歳女) 預け先は?」 
と聞いたら、泣きべそ顔で「まだなの」と言うから、 
「結構託児所とかいっぱいなんだ?」(私は小梨なので何も知らん)と聞いたら、 
「だって有料なんだもん。パート代右から左にそっちへ払っちゃうのも...」 
たしかにわからなくもない。でも、もうパートは決まったのでは。 
急にイヤな予感がしたので、その話はここまでにしようと思ったけど遅かった。 
続きを読む

このページのトップヘ