カテゴリ: 離婚・浮気・別居

214: バーメイド◆0LBPZVMnF86Y 2014/04/02(水)15:35:22 ID:zzXrmOydL
もう5年か6年前

その当時の彼との間に子供ができました
いろいろあったものの変わってくれてると信じてた矢先です、
その時はちょうど夏で彼氏と私と彼氏の友達とその彼が好きな女の子四人で
花火大会に行くことになりました
わたしはそこでその女の子と仲良くなり信用をしてました、
そしてお腹も大きくなってきた頃その女の子からも元気に大きくなってねっと言われ
とても充実してたと思っていたのですが、
ある日行動がおかしくなりはじめた当時の彼氏、いろいろあったので
疑い始めてしてはいけないと思い開いてしまった彼氏の携帯電話、
そしたら案の定女の子とのメールがメールアドレスだけで
名前は書いてなく誰かと思って調べ出しました
そしてまさかのあんなに信用してた
花火大会で知り合った女の子でした

続きを読む

561: 元嫁カムバック 2012/12/10 13:28:04
俺の浮気が原因で別れた元嫁は 
かなりのメシウマだったんだよ。 

浮気相手と先月結婚したら 
メシマズ発覚してしもた。 

鯖の味噌煮が食べたいと言ったら 
色んな味噌ブレンドして常温で置いといて 
味噌ブレンドと鯖と何かのハーブを 
4時間煮込んだわけわからんもの出てきた。 

鯖をつけた味噌が余ったと言って 
コンソメに何かのハーブを入れて 
キュウリとレモンとマックのポテトを 
入れた味噌汁出されて吹いた。 

元嫁俺が悪かった 
何でもするからやり直したい。

続きを読む

274: 名無しさん@HOME 2010/12/28(火) 12:13:16 0
数年前の話。 

出張先のファミレスで仕事後、食事していたら、還暦近かったお袋が男とイチャイチャしながら入店して来た。 
ていうか、ファミレスで還暦近かったババアがイチャイチャしていた図式って、自分の親以外でもひくと思う。


あっちからは顔が見えない位置だし、しかも結構離れた席に座ったが、 
「定年したら・・・」 
「離婚・・・」 
とか、不穏当な言葉が漏れ聞こえてきたので、危険だがお袋の背中側で、少し近くの席に移動してみた。 
近過ぎてばれても気まずかったので、顔を隠しながらだったんで、他の客からは俺の方が不審だったと思う。 

そして、聞いてみると、 
○親父が定年したら離婚する、 
○退職金が振り込まれたら全額引き落とし手に入れる、 
○家も売り払う、 
○そして貴方と再婚する、 
○もう20年以上騙してきた親父には悪いが私は真実の愛に目覚めた、 
なんて内容だった。 

俺は三男で、実家から離れた場所で生活していて、実家には年に2、3回子供と嫁さん連れて帰省するくらいだったから、
実家の様子が分からなくて、混乱してしまい悩んでいたら、嫁さんから電話がかかって来た。 
嫁さんは俺の様子伺いで電話したらしいんだが、
俺の様子から何かあったと思ったらしく、強い口調で白状するよう迫ってきた。 
いつも押し切られる俺は、ファミレスでの話をしたところ、ちょっと待ってろ、と電話を切られてしまったんだ。 

30分くらい後、嫁さんから電話がかかってきて、 
○実家で同居している長男嫁と電話していた 
◯お袋は習い事の友達と旅行に出かけているらしい。後、3日は帰らない。 
◯もう20年以上続けている習い事らしい。 
◯その他幾つか世間話のふりをして聞き出したが、貴方の話とバッチリ符号していて、不倫旅行&離婚の相談だと思う。 
◯私は正直、貴方のお母さん(お袋)よりお父さん(親父)の方が好きだから、味方するならお父さん。 
と、言ってくれた。 

続きを読む

316: 可愛い奥様 2013/08/07(水) 00:31:12.77 ID:otPZV2vi0
独身の時、不倫してた。 

一度目は21の時。 
彼は26の既婚者。 
彼は直ぐに離婚してくれたけど、慰謝料養育費でボロボロ。 
トタンで出来たアパートでくらし始め「俺達はココカラ始まるんだ・・・」なんてのたまった。 
こんなボロイところに住みたくなかったから、ポイ捨てした。


二度目は23の時。 
彼は私に入れあげて、家に一切お金を入れなくなった。 
当時ナースをしていた彼の妻は、必死に働いて家族を支えていたらしい。 
そして彼が経営していた会社が潰れ、彼の妻は子どもを連れて離婚した。 
彼は貧乏になった。 
「お前となら何もいらない」 
なんてのたまったけど、貧乏な親父に興味はないからポイ捨てした。 

3度目は24の時。 
私と一緒になるために、彼は妻子を捨てた。 
でもその捨てっぷりがゾッとするほど冷たかったから、冷めて 
彼の離婚成立後、逃げた。 

それから暫く恋愛しなかったけど、26の時大学時代の先輩と偶然再会。 
彼は独身の司法試験受験生だった。 
凄く貧乏だったけど、彼となら何故か貧乏でも平気だと思った。 
つきあい始めた夏の司法試験に彼は合格し、私はプロポーズされた。 

あれから20年。 
長子は御三家と呼ばれる中高一貫校で 
旧帝大を目指し勉強している。 
次子は芸術系の才能があるらしく、色々なコンクールで賞を取りまくり 
芸術系の国立大学を目指し、努力を続けている。 
私は現在ボランティア活動をしつつ、家族を支える母になっている。 
夫は弁護士、仕事はすごく上手くいっている。 
天罰は、いまのところ何一つ当たっていない。 

続きを読む

219: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/03/04 03:05:30
嫁が素人人妻物のビデオ(R-18)に出ているのを発見した。 
単身赴任中に拾ったサンプルがドンピシャだった。 
偽名使ってたけど、どう見ても嫁だった。 
ほくろとかの特徴も完全一致。 

で、出演理由で「まだまだ遊びたい」とか「刺激が欲しい」とか言っちゃってんの。 
気持ち悪い猫撫で声であれこれ質問しながら腰ふってる男優に 
「旦那のよりおxきい」とか「プロは凄い」とか一々言っちゃってんの。
証拠としてDVD買ったりとか、あれこれと準備をした上で、 
嫁に離婚を突きつけた。


そしたら、何か「寂しかった」とかふざけたこと言ってきた。 
「大好きなのはあなただけ」
「あれは演出で、本当はあなたが一番」とか 
言い出してきてさ、もう卓上にあったクリスタル灰皿に伸びそうになった 
手を抑えるのに苦労したよ。
 
で、灰皿顔面投擲の代わりに、署名捺印全部済ませた離婚届を 
叩きつけてやったんだが、そしたら何か基地外みたいに喚き出した。 
「家計の足しにしようと思った」とか「欲しいものがあった」とか、 
もう支離滅裂なこと言い出してんの。 
ああ、俺の名誉のために言っておくが、俺の年収は一千万近くあったから、 
経済的な事情というのはあり得ない。 

他にも「あなたも一回浮気していいから」とか言ってきたが、 
全部書くと凄い量になるから割愛。 
まあ、あんまりうるさいから俺も頭に来て、DVD追加で買って、 
それを「あなた方の娘さんが浮気をした証拠映像です」的な 
ことを書いた手紙を同封した上で嫁の実家に送りつけてやった。 

そうしたらもう効果覿面で、嫁の両親がすっ飛んできて、 
もう弁護士とか一切なしで、即行で離婚決定したよ。 
慰謝料百万、財産分与なし、所有物の中で購入価格または 
時価が一万円を超える品の所有権放棄その他という 
破格の条件で嫁を丸ハダカにして家から放り出してやった。 

あ、そうそう。 
当時の俺はちょっと頭に血が上りすぎていて、 
つーかもうやけくそになってたところがあって、 
嫁のことを知っている友人一同と嫁のデビュー作の鑑賞会やったりしてた。 



続きを読む

259: 本当にあった怖い名無し 2014/01/05 17:28:38 ID:J9xnxuDMO
私 28歳 
彼 34歳 
彼子 17歳 

私と彼は4年の付き合いで結婚前提の同棲中、 
お互い親と挨拶済みだった。 
そんなとき彼が女子高生に本気になった。


ある日を境にそっけない態度が続き、 
疲れてるのかと彼の好きな料理やマッサージなどをしたが態度は変わらず、 
私が何かしたんだろうかと悩んでいたら彼からファミレスに呼び出された。 
ファミレスに行くと彼にぴったりくっつく美少女が… 
「だ、誰?」とびっくりしてたら私の声真似しながら「だっ誰?だって~w」 
と彼と顔を見合わせながらクスクス。 
そして「彼君の本命の彼女ですよ~おばさーんw」とクスクス。 

その後は二人で私の容姿と年齢を小馬鹿にしながらの別れ話。 
告白も同棲も彼からの話なのに、 
彼は私が彼のアパートに無理矢理押し掛けたと彼子に話していた。 
「もうおばさんなんだから彼君が嫌になるのも仕方ないでしょ?羊水腐ってるんだしw」 
と勝ち誇ってて凄かった。 
彼もニヤニヤしながら頷いていた。 
こんな底意地悪いことする人じゃなかったのにどうして…と思ったが、 
その場は身をひいて別れ話をした。 

続きを読む

886: 名無しさん@HOME 2012/03/31(土) 21:59:34.56 0
生死の話なので注意。 

夫が交通事故で亡くなった。 
不倫しててその不倫相手と○○山(その地方の定番デートコース、下山した先にホテル多数)で事故った。 
事故の前に不倫が発覚してたんだが、 
やたら相手をかばって慰謝料請求するなと言ったので 
腹が立ってやり過ぎ?と思うくらい請求した。 
弁護士さんには請求するだけなら決まりはないけど 
受け取れるとは限らないよと言われてたけど 
なぜか不倫相手はそのまま要求を飲んだ。 

不思議だったけど、元夫が「愛の証」として 
わざわざあちこちから借金して 
その破格の金額を不倫相手に渡し 
それが私の手に来たということだったよ。 
たぶん元夫は、私が受け取る=自分のところに戻ってくる 
と思ってたんじゃないかと思うけど 
今となっては確かめる術がないからどうだったんだろう? 
しかもそのお金は一割ほど不倫相手がぬいてたらしくて全額じゃなかった。 

慰謝料の後、これでもう解決したから 
これ以上騒ぐと本当に離婚するよ?と元夫に言われた。 
離婚視野に入れてたから無茶な請求したんだけどね。 
それすら伝わらなかったんだと思うと 
悲しい気持ちすらすーっと無くなったよ。


続きを読む

786: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/01/04(金) 19:27:46.22
流れぶった切ってスマソ。 
嫁が家事や育児をしなくなりはじめて家の家事は子供の相手は仕事終わりの俺がすることに。 
理由は嫁の浮気。本当家事だって子育てだって二人で協力して毎日楽しい家族だったんだが 
専業主婦仲間とのバトミントンサークルで知り合った男昼間にあっていた事が営業中の同期の仲間の目撃から判明 
携帯で写真までとってくれた。 

夜子供が寝てから嫁にそのことを問いただしたら何時ものほんわかした態度から急変、鬼神のごとくヒスるヒスる。 

嫁「プライベートを隠し撮りするなんて最低!
大体おまえみたいな普通の男じゃ満足できないんだよ!ふじこふじこ」 

と支離滅裂なこと言い出して食器投げる投げる。 

じゃあ浮気は悪くないのかよ?理由はどんなであれ浮気する方が最低だろ?
子供を悲しませるとかありえないだろ? 
って言っても 

嫁「嫁は家事で忙しいの!だからある程度そう言うのは許されて当然!国もそういう法律つくらなきゃだめなのくぁせふじけぷふぇ!!」 


つづきます


続きを読む

872: 名無しさん@HOME 2009/02/20 14:46:48
ネタだと思って、私の呟きを聞いてやってください。 

関係者には全員【元】がつきます。 

私の親は、時代錯誤も良い所で、私に決まった婚約者を押し付けてきました。 
って言っても、お嬢様ってわけではなく、普通のサラリーマンの家。 
ただ、「この家と家族ぐるみで付き合ってて、将来男女が生まれたら結婚させるの!」って言う、 
言葉だけの約束が、その内本気になったって感じでした。 
私は、高校を卒業と同時に、大学も行かせてもらえず、結婚させられました。 

当日まで、本当に抵抗はしました。 
当時、ラブラブだった彼氏がいたので、逃げる準備をしてたら、ほぼ自宅で監禁状態。 
彼氏は、何度も迎えに来てくれ、両親を説得しにきてくれましたが、門前払いでした。 
キレて泣いて、ドアも壊す勢いで怒り狂ったのに、 
「お前の幸せのためだ!いずれ感謝する!」 
と、父に見張りをたてられました。 
結婚式当日は、父が雇ったガードマンみたいなのがいっぱいいて、 
私が逃げ出さないようにしていました。 
本当に、狂ってるとしか言いようがありません。 

そんな状態ですから、絶対に愛情がうまれるはずもなく。 
しかも、夫は、 
「嫁子がホレて嫁いできた!」 
と、勘違いし、浮気し放題。 
トメも、クソトメで、馬車馬のように働かされました。 

そんな事を、両親に訴えても 
「そんなの何所の家でも当たり前よ。」 
「我慢しなさい。」 
で、終了です。


続きを読む

800: 名無しさん@HOME 2008/09/06(土) 01:19:24 0
どこに書いていいかわからないので、ここに投下させてください。 

2週間前に離婚成立した元夫から、ロミオメールが届く、届く。 

元義理母からさんざんいびられたのに、
元夫は「ママンの言うとおり。お前ががまんしろ」と全然かばってくれず。 
その上浮気して、浮気相手と再婚すると言い出した。 
再婚相手はソxプ嬢。 
「でもママンには黙っててね」だと。 
なぜ私に言う??? 

もう精も魂もつき果て、情すらなくなり離婚に同意。 
離婚届に双方書いて、私が提出すると預かる。 
最後の会話。 
私「よく元ソxプ嬢と結婚を決意したね」 
夫「愛だよ。愛。(こう言った) 
  彼女が何をしていたかなんて関係ない。 
  これからが大事なんだ」 
私「へー。 
  (夫の嫌いな)上司の○○さんのテxンコなめた女でもいいんだ。 
  (夫の嫌いな)同僚の××さんに股ひらいた女でもいいんだ。 
  (夫の嫌いな)おじさんの穴責めてた女でもいいんだ。 
  へー。」 
夫フリーズ。 
私さっさと帰った。 

現在、夫から「俺が間違っていた」だの「気の迷いだった」だの、メールがばんばん入ってくる。 
二度と連絡なんか来ないと思ってたのに。 
ケータイ買い換えることにしました。

続きを読む

このページのトップヘ