カテゴリ: 修羅場・衝撃的

853: おさかなくわえた名無しさん 2017/04/26(水) 17:07:58.19 ID:/ddf9eHa
旦那が今年の夏に旦那の友達家族と
野外フェスに泊まりで行こうって言うのですが、
どちらの家族も0歳児がいますし、
正直行きたくありません。

提案した友人の旦那も
なに考えてんだと思います。

野外フェスなんて熱中症こわいし、
って旦那に行ったら、
日陰で休憩できるところもあるよ。って。

そうじゃねー!!!

はぁ。なんて断ろう。。。
続きを読む

539: 名無しさん@HOME 2017/02/04(土) 13:06:09.54 0
夫は従業員5人を抱えたいわゆる親方みたいな立場。
社長。(フェイク入れますが)

お弁当は既婚従業員除く2名と夫の3人分、
うん年作り続けてきた。
働き盛りの男性方の、
肉多め、味濃いめ!の要望に応えると
まぁ弁当は毎日茶色い。
野菜もなるべく入れるけど、彩るほどでもなく。
トマト嫌いもいるし。

料理苦手だった新婚の頃から弁当作りは苦痛だったけど、
美味しいとは言われなくても
ありがたいと言われて頑張ってた。

そのうち未婚だった従業員2名が結婚し
一名は自分の奥さんのお弁当、
もう一名は事情で私の弁当継続とのこと。

ある日、従業員が持ってきた奥さんのお弁当が、
とても良かったらしく、夫に
「すごく美味しそうだった。
お前もそれくらい作れればね」と言われた。

「肉多め味濃いめ!という要望に応えた結果が
今のお弁当なんだけど」と言ったら

「あの奥さんのお弁当は肉メインだけど
なんかすごい凝ってて彩りも女性らしさがあって。
味も美味いって言ってた。羨ましい」と。

その言葉でなんかもう、
自分の料理スキルも恨めしくなるし、
今まで小さい子供抱えて必タヒで早起きして
頑張ってきたのはなんだったの…と打ちのめされた。

私の顔を見て慌てて
「いや嫁ちゃんのも美味しいよ!ジョーダンだよ冗談!
嘘だから!嫁ちゃんのご飯オイシー!」
と誤魔化せてない誤魔化しをしてた。


続きを読む

755: 名無しの心子知らず 2010/10/16(土) 14:27:41 ID:GwPs26p/
昨日児童相談所の人が突然来た。 

息子を虐待していると思った近所の誰かが通報したらしい。 
そりゃ1日中母親の絶叫とシんでくれと哀願する声が聞こえれば、 
誰だって疑うよね。 

相談員と保健士は家に来るなり
「お子さんがいる部屋に見えない位綺麗」
だの言いながら息子を抱き上げ、
息子をなめ回すように見ていた。
相手の魂胆は見えていたので
「息子に対し虐待はしていません。けど私はもう育てられません」
と息子の服をめくりながら言った後、
自分の腕や脚を見せた。

どうにも感情のコントロールが出来なくなった時は、
沢山食べて吐くか、身体を切り刻んだり、
鈍器で殴ったりしてた。
体重も半年で20?近く痩せ、160/32とシにそうだ。
いやシにたかった。
コロせないならシぬしかないと思ってた。

その後旦那が呼ばれ、何やら身支度をして、
息子は一時保護された。
明後日もう一度相談員が来て、
その後少し落ち着いたら離婚する事を決めた。
今息子が居なくて凄くホッとしてる。
通報してくれたご近所さんに感謝さえしてる、
こんな自分シねば良いんだ。 
続きを読む

278:恋人は名無しさん2011/10/30(日) 20:05:55.83 ID:K11SDVo/0
数年前の話。

彼氏の家にお呼ばれし(初めてではなく三度目)
その日は牡蠣鍋だった。
牡蠣は大好物だし、アレルギーもないし大喜びでいただいたら

なぜか私だけあたった。
牡蠣にあたったことある人はご存知かと思いますが
あれはマジで数日動けません。

当時一人暮らしだったし、職場に電話するのがやっとで
病院にも行けず数日苦しんだ。
続きを読む


707 :名無しさん@HOME 2017/05/30(火) 04:14:37.49 0.net
夜勤終わりにふと思い出した昔の思い出を書きます。

俺が中学の時に学校で火事が起こり、火事の方はボヤ騒ぎ程度で過ぎに収まったんだけど
その日は消防の何かの都合で急きょ休学になった。

そんでラッキーと家に帰ってジュースを飲もうとリビングの扉を開けると、
そこには姉(高校生)の体操着を着た母と全裸の父が居た。

両手を上にあげ何て言えばいいかな?
犬?オオカミ?のような感じで
「ガオー!」と言いながら姉の体操着を着てる母に襲い掛かろうとしている父。

かたや母は若かりし頃の乙女に戻ったのか
「キャー」と普段は聞いたことの無い若作りしたか細い声で叫んでいる。


もうどうしていいか分からなかった。


二人は俺に気づいてない、見て見ぬ振りをすれば良いのか迷ったが

  俺は 喉が渇いてた。

だから父と母には申し訳ないが無言でリビングに入り、
台所に行くと冷蔵庫あけてコーラとってそのまま自分の部屋に行った。

いつもは無口な父は両手を挙げて
獣ポーズのまま固まり、母は床に女座りしたまま硬直してた。

夕方飯食いにリビングに行ったら普段どおり無口な父が
 ソ・・・っと俺に 1万円札 渡してきた。
もちろん有難く貰いました。
でも姉にはチクっておいた。
続きを読む

763: おさかなくわえた名無しさん 2013/09/14(土) 13:53:53.63 ID:j7ZmxTWP
お茶請け程度になれば。高校時代の話。 

私は少し変わったアレルギーを持っていて、校内の体育館に入れない体質だった。 
体育祭が近くて、体育館が練習場所に取れた日は、私は練習に参加できず、 
ぎりぎりクラスメイトが見えるくらいの場所で見ていた。
そこで、勘助(他クラス、同学年)登場。

「私さん、体育のときとかいっつもそこにいるよね。どうかしたの?」
勘助は頭が良いことで有名だったので、私も彼の存在は知っていました。

でも、私のことを知っていたのに驚いて、キョドって、
あーえっと、体質で、ちょっと……みたいな返事。
ふーんそうなんだぁ。と言われ、クラスと名前を聞かれる。

クラスと、名前(苗字だけ)を答えたら、ちょっと小馬鹿にしたような、嫌な笑みで去って行った。
続きを読む

このページのトップヘ