カテゴリ: 修羅場・衝撃的

178: 名無しさん@おーぷん 2014/05/20(火)16:45:34 ID:FBLUqxvTD

 >>159を読んで、自分の小学三四年のエピソードを思い出した クソフェミBBAのせいで学級崩壊した話。 もうどのへんが修羅場かわからないくらい長い話なんだけど、ここで吐き出していいかな
 
続きを読む

844: 名無しさん@HOME 2013/05/23(木) 13:43:13.90 O
妊娠中に旦那から「生まれたらDNA鑑定する(キリッ)」と宣言された。 
妊娠出産に関することを調べてるうちにネットにはまり、 
「妊娠は病気じゃないんだぞ、甘えるなよ」と言い出して、 
2ちゃんの女叩き系に染まっていったのは気付いていたがここまでだったとは… 
現実で最底辺にいる男達がネットでする女叩きなんかに影響受けてるのに呆れて、 
ぎりぎりまで働きながらも家事してたのは誰の為だったんだよと情けなくて、 
静かに泣きながら「うん、いいよ」と承諾。 
旦那はなぜかどや顔をしていた。


翌日離婚届をサインしてもってきたのでサインしたら「これでいつでも出せるからな」とどや顔。 
私も離婚届を彼に書いてもらいお互い一枚ずつもつことにした。 
旦那は「とことん生意気な女だな!」と呆れてた。 

出産するまで家事だけして喋らなかった。 

向こうも意地になったのか託卵確定と思ったのか話しかけてこなかった。 

どんなに体調悪くても這うように家事をした。 

出産した日に旦那は友達と遊びにいっていた。 

無事に出産して手続きを全て一人で終えて、DNA鑑定をした。 

「わかってるだろうけど、慰謝料払ってもらうから、女はもらう側じゃないからなw」 
と旦那はせせら笑ってた。 
鑑定結果は白だった。 
旦那は何故か愕然としてた。 
一ヶ所だけじゃ信用ならんと五ヶ所に出した旦那。 
離婚届を出して実家に帰った。 
「今回は俺の子だったってだけで浮気はしてたんだろ!」と暴言が留守録に入ってた。 
旦那が周りにないことないこと言い触らしてた慰謝料と、 
養育費などを弁護士に任せて実家で子育て中。 

続きを読む

189: 名無しさん@おーぷん 2014/05/21(水)13:47:13 ID:JCLXOpn7q
俺がし掛けた嫁の修羅場。
流行遅れのちょい悪親父もどきが暴走したので利用して、嫁と別居した。
結婚して2年目だったのだが、嫁の上から目線と自覚したメシマズよる家事放棄にも辟易し始めて
惚れた見た目の良さよりも欠点が目に付くようになっていた。

この親父は、嫁の同僚で嫁の年上なのに部下というと
その仕事ぶりと人物も察しが出来るもの。
思い込みと見栄で生きているような30半ばの独身。
嫁はこの親父を使い走りにくらいしか思っていなかったが
お互い頼まれるとノリでやってしまうような関係。


嫁が出かけている時に、揉めているメールを何気なく見た 嫁のノートパソコンで見つけた。
親父がアップした写真のモザイクが薄すぎて元嫁と断定できるのでダメだししてた。

この親父が何を思ったか、ちょい悪親父を気取り始めて空想ブログも開設。
そのブログで、架空の愛人と甘い生活を綴り始める。
嫁と居酒屋で飲んでいるのツーショットやラウンジで昼食している所を
モザイク入りの写真をちょい悪生活の証拠としてブログに載せはじめた。
嫁もノリで合わせてみたいで、俺が見つけた時にはホテルから出てくるところの写真やら
親父の頬にキスしているところなどエスカレートしていった様だった。
親父「ホテルの部屋の中でツーショット写真を撮りたい」
嫁「旦那と離婚したくないから死んでもいやだ、そんな事言うのなら二度と協力しない。」
親父のブログを見たら、架空の女との行為の詳細記事と元嫁の写真を載せていた。
嫁は家ではつけないような真っ赤なルージュやマニキュアを付けて、胸まで開いた服を着て
薄いモザイクで載っていた。
過去のメールで、親父から生写真とそのモザイク写真の添付メールがあったので全てコピーした。 

続きを読む

77: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/05/20(火) 22:25:19.26
勤めていた工作機器メーカーが、大口取引先である自動車メーカーから 
取引停止を宣告されたことを受け、売り上げが激減。 
真っ先にリストラの槍玉に挙げられクビを切られるまでは、 
ごく平凡なサラリーマン家庭だった。 
35歳のときに5000万円弱で買った「我が家(郊外の3LDKのマンション)」に帰ると、
高校生の長男と中学生の長女の「おかえり!」の声が聞こえてくる。 
台所からは妻の声が聞こえる。


妻とは職場恋愛だった。 
20代後半で転勤が決定したのをきっかけに結婚し、 
妻は長男を出産すると会社を辞めた。 
年に1回は家族で温泉や海水浴に行く。 
定年退職した後は、愛車『プリウス』で妻と二人で日本全国を旅するのが夢だ。 
なんら不自由のない幸せな生活。それがリストラ退職によって暗転した。 

なんとかなるだろうと思っていた再就職はうまくいかない。 

それでも割増退職金があったし、貯金もある。 
生活はなんとかなると思っていたが、妻は「耐えられない」 
「将来が不安だ」と言い出し、離婚を迫ってきた。 
話し合いを重ねても、妻の気持ちは変わらず、結局離婚が成立。 
マンションから追い出され、資産も根こそぎ持っていかれた。 
その日以来、子供とも会えていない。 

いまは都内のワンルームアパートで一人暮らしだ。 

派遣労働で生活は苦しく、1日1食、牛丼で済ます日もある。 
会社員時代の知人はクモの子を散らすように離れていったから、 
心を許して話せる相手もいない。 
まさか自分が50歳を超えて、こんな生活に陥るとは。 
狭い部屋で一人、昔の家族写真を見返すと、涙が止まらない。 

続きを読む

322: 名無しさん@おーぷん 2014/05/22(木)22:41:35 ID:???
浮気なんてどこでばれるか分からないから、するなよ。

俺の仕事は、転勤の多い仕事で3年位で移動するから
出会いは職場しかないので社内結婚が多い。
俺も例にもれずに、最初に配属された支店で嫁と交際した。
次も同県内の転勤で、嫁との交際は続いて結婚した。
結婚後すぐに県外転勤の辞令が下りる、しかし嫁は地元に残ると言う。
結婚した女子社員は、旦那についていくため退職するのが当たり前の職場。
転勤当たり前なので、単身赴任手当などもないし、そこそこ給料は出してくれている。


それなりの給料は貰っていても、2軒分の生活費を出す気もないので嫁を説得するも
嫁祖父(嫁実家は3世代同居)が県外に嫁に行かすのは反対。
嫁実家から嫁祖父が病気で長く持たないから、嫁を一番可愛がっている祖父の為に
その間だけ実家に置いてほしいと頼まれる。
嫁は地元の喫茶店で、アルバイトして実家に残ることになった。
新婚だったので、月に3,4回は嫁実家に顔を出して、たまに嫁の喫茶店に手土産持って挨拶にも行った。

転勤先の外回り中に、休憩で入った有名なK温泉地近くの道の駅で、温泉地のPR誌を手に取った。
その中の記事で温泉地のあるガラス工芸館の入場者10万人目のプレゼント企画があり、
K温泉H旅館ペア宿泊券が当たった夫婦のインタビューが載っていた。
「昨日、同じH旅館に泊まって来たところで、すごく良かった、今度は母と来ます」(S県 N夫妻)
N夫妻と伏字になっているが、明らかに嫁とバイト先の喫茶店のマスターだった。
取り敢えず、PR誌を数部持ちかえり、週末に嫁実家でいつも通り過ごして、
帰りに興信所に2週間尾行とマスターの調査を依頼。
マスターは既婚者で嫁の学生時代からの知り合いで、子供が2人いて別の浮気が原因で別居中
嫁との不倫関係も俺達の結婚前から続いている。
ある程度、俺は証拠が揃って弁護士と契約して、準備が整った所で
離婚を切り出す機会を待った。

何時のように週末に嫁実家に行って、例のK温泉地の話題を振ってみた。
嫁母に「日頃の疲れを癒すためにK温泉なんか行ってみたらどうですか?
    いい旅館もあっていいですよ」
嫁に顔を向けて 「H旅館ってよかったんだろう、今度お義母さんと行くって言ってたよな」
嫁が、えっどういう事と、もごもご言いながら挙動不審になった時に例のPR誌の記事の所を開いて、
俺は、月曜日に弁護士から連絡が来ますので、離婚をご了解くださいと言って
嫁一家が記事を見て固まっている間に嫁実家から逃亡、勤務先に戻るまでメールや着信が鳴るが無視。

後はよくある浮気の言い訳テンプレを聞きながら、両方から慰謝料を貰って離婚。
学生時代から、不倫をしていた事を嫁実家に話して、喫茶店でも逆上した振りして
マスター、従業員、お客さんがいる前で洗いざらい喚いて来たせいで
嫁が実家にも地元にも居場所が無くなったのはやり過ぎたかもしれない。
マスターの嫁さんにも、嫁とマスターとの長い不倫を話したせいでマスターも
地元にいられなくなった。
二人とも地元大好き人間だったのにね。
PR誌に載った事は、本人たちは知らなかったようだけど
いくら宿泊券が当たったからって、舞い上がって不倫なのに写真撮らせるなよ。
偽名使っても知人が見たら、ばれると考えないのか。
この馬鹿達、興信所で調査中に当たった宿泊券で旅行しようとしてたので
旅行行く寸前に離婚を切り出した。
なお、嫁祖父は今も元気です。 

続きを読む

325: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/06/14(金) 20:21:34.99
ちょっと慰めて欲しい気持ちはありますが、長いので嫌な方はスルーしてください 

親父は根っからの職人で頑固者 
常に理不尽だった 
なんで怒られてるかわからないことばかりだった 
会えば怒鳴られて、鬱にもなった 
手首や腕も切りまくってた 
厨二も入ってたのは否定しないけど、そうすると本当に落ち着いたから 
結婚して、家から出て、距離があいていい関係になった 
でも、やっぱり変わってない 
年とって濃縮された感じ


今娘つれて実家にきたけど、久しぶりに大爆発 
もうヒス 
そこまで深く言ってないことを「お前はこう言った!」と決めつけキレる 
(例えば「箸がテーブルから落ちそうだよ」と言うと「俺が箸も持てねえって言うのか!」と言われ、否定すると「言っただろう!」とキレられ、「いじめだ!言われた気持ちを考えろ!」と言われ、「いや、言われたら私は気を付けるよ」と言っても聞いてない) 
もう、フラッシュバックで涙がでてきた 
今は昔みたいに足音や声でビクビクしてる 
涙も止まらない 
なんで謝らなきゃならないんだかわからないし、土下座する意味もわからない 
帰れと言われたけど、本当に帰ったら火に油を注ぐだけだから、出来ない 
泣いてるの気付かれるのは悔しいから、娘寝かせながら気付かれないように泣いてる 
本当は縁切ればいいだけだけど、昔からの恐怖とかしきたりとか生活とかが刷り込まれ過ぎてて、出来ない 
長すぎって言われたので一旦切ります

続きを読む

このページのトップヘ