カテゴリ: 修羅場・衝撃的

2013/07/03(水) 08:09:22.84 ID:xBd9ptTV0

とある新婚夫婦の話

夫が仕事中に陣痛の間隔が短くなってきたと産婦人科からの連絡

わくわく感とドキドキ感でいっぱいの中とにかく病院へ直行

病院到着、看護士さんへ案内され分娩室へ間もなく産まれるらしい

嫁の手を握り励ましながら我が子の誕生を待つ

オギャー
助産医「あら、肌が黒いねおじいちゃんかおばあちゃんからの遺伝かしら」

夫「いえ、私の両親や彼女の両親は色黒ではないですがどういうことですか?なにか良くない病気ですか?」

助産医「いえ、こ、これは…旦那さんちょっとこちらへ」
続きを読む

751: おさかなくわえた名無しさん[sage] 2012/06/11(月) 22:01:02.87 ID:0Qo5BXRk
近所に底辺DQN高校(定時制)がある。 

しかしDQN校の近所の高校生が働けるお店(コンビニやファミレス、カフェ等)では 
絶対にDQN校の生徒を雇わないことにしていた。 
といってもそれぞれ申し合わせたとかではなく、どの店も一度そのDQN校の生徒を雇って 
大変な目に遭っていため。 

無断欠勤、無断遅刻はいつものこと。 
シフトの日に友達を呼んで万引きし放題。レジの金を取る 
(頭が悪いから防犯カメラに堂々と映る)、 
休憩時間に入り口の喫煙所で煙草をふかす…※未成年 
DQN校だけど、この子はしっかりしてそうだから大丈夫と思って雇ったら 
バイクでの出勤途中に事故死(しかも無免許)したとか、とにかくもう 
ろくでもないやつしかいなかった。だからDQN校なんだろうけど。 

二部制だったので学費に困る学生もいたのだろう、しかし働ける場所は無い。 
DQN校の教師は近所で求人募集の張り紙を出してるお店に 
「うちの生徒を雇ってくれ、学歴差別反対!」等と言いながら回っていたが 
ずうずうしいにもほどがある。 
てめえのところでちゃんと教育してから連れてこいや。
続きを読む

600: おさかなくわえた名無しさん[sage] 2012/06/05(火) 02:34:56.46 ID:6gMPePQH
通っていた病院で明細書を見ると「初診料」が取られてた。 

初診じゃないし、って受付の人に聞いたら 
「違う症状で診察したなら初診料かかる」って言われた。 

同じ症状での受診だし、先週も来たって言うと「調べます」って言われて、その後音沙汰なし。 

いつも明細書なんてみないけど、たまたま見たらこれ。 
なにこれ、ずうずうしい。 
続きを読む

947: 名無しの心子知らず[sage] 2012/11/24(土) 00:56:00.21 ID:0RDEcKs/
姑って何様だと思ってるんだろうね 

初産で超過42週を迎えるのにうんともすんとも言わなくて、流石に出さないと・・・と言うことになり 
促進剤を使うから翌日に病院に来るように言われた、と 
来ていたトメに話したら、その後義姉(個人的にトメより嫌い)となんか話し合ってて 
「別に行きたくなければ行かなくてもいいのよ?おなかも下がってるしもうそろそろでしょ?そんなの行かなくても良いわよ」と 
なぜか言ってきた。 
医者が判断してるのに何で?2,3日の超過じゃなくてもう42週なんだよ!?意味不明。 
結局、促進剤でもなかなか出なくて、結局更に時間がかかってやっと出産したんだけど 
やっぱり羊水が古くなってきていたらしい 
子供も大きく育ってたし、あれ以上待たなくてよかった、もっと早くした方が良かったくらい 
本当に意味不明 思い出すたびにイライラする
続きを読む

615: 名無しさん@おーぷん 2016/10/15(土)10:43:13 ID:QgU
私は体型のせいで昔よく痴漢に遭ってた。
ボン・キュッ・ボンならぬス…ッボン!!みたいな体型。
顔は線四本と丸だけで顔が描けるくらい超地味顔なので、大人しそうに思われるのも原因だと思う。
ただ顔に似合わず気が強かったので、触ってくる手を抓ってやったり手を掴んで捻ってやったりして反撃したりしてた。

ある日電車に乗ると、満員ではなかったが座席は埋まっていたので立っていた。
止まったある駅で、ひょろっとした三十代くらいの男が近づいてきていきなりお尻をむんずと掴まれた。
あまりのことにびっくりして「ぁぐぇ!?」と変な声が出た。
信じられないことに男は私のお尻を数回揉んでから私から離れ、その駅ですっと降りようとした。
ちょうど見える位置に座っていた優しそうなおじさんが「お前何やってるんだ!」と言ってくれたし、入り口に立っていた高校生くらいの二人組の男の子がそいつを捕まえてくれた。

そしたら男が「あんたこれ見て触らずにいられるかよ!?」とすごい勢いで怒鳴った。
私もおじさんも男の子たちもそこにいる乗客たちもぽかーんとなってたと思う。
「あなたは触られるために生まれてきたお尻なんだ!!」
「俺はこれを触るために生きてきたんだー!!!」
とかなんとかめちゃくちゃなことを叫んでた。
結局その痴漢は駅員さんに引き渡されたんだけど、「あれ見たら!!触らないわけにはいかないでしょうが!!!そうでしょ!?」って唾飛ばして怒鳴ってて駅員さん困ってたし、あまりに力説されるものだからすごく注目されたような気がして恥ずかしかった。
一緒に降りてくれたおじさんとその隣にいた女性(恐らく奥さん)に「変な人がいるね」「怖かったでしょう」と慰めてくれたのが救いだったけど、あんな痴漢は後にも先にもあれだけだった。

当時付き合っていた彼氏(今の夫)に「こんなことがあって」というと「気持ちはわかる」と言ったのでちょっと喧嘩になった。
続きを読む

535: 愛と死の名無しさん 2011/11/21(月) 10:29:46.61
んじゃ、流れを戻そうか・・・ 
ありがちな話だとは思うけど、数年前に経験した結婚式。 

新郎(×1子×3)新婦(初婚)ともに40代。 
新郎側友人として披露宴に参加したのだが、 
新婦側の親族が新婦妹夫妻のみと言うのに出くわした。 

後日、新郎に確認したところ・・・ 
新婦両親は既に他界。新婦は妹を育てるのに必死に働いて婚期を逃した模様。 
で、問題は新婦親族の取りまとめをしている立場の人物。 
この人物が、結婚に大反対。その影響力により、新婦側親族は皆欠席となったそうな。 
自身が納得いかないから欠席はわかるけれども、 
立場を利用して回りを巻き込むなよと思った次第。 
続きを読む

このページのトップヘ