カテゴリ: 修羅場・衝撃的


67:名無しさん@おーぷん2017/09/29(金)23:44:48 ID:diJ

某所で働いてる頃にトイレ清掃に入ったら拳銃があったのが衝撃。
凄いニュースにもなったけど警察官の忘れ物。
誰かが持ち去っていたら大問題になってたと思う。

警察官が来る出来事があってトイレも貸したからすぐに持ち主はわかった。
何かで得た知識で許可証を持たないものが銃を持ち上げるだけで違法っていうのが頭を過り触らなかった。
あとで聞いたらちょっとでも触っていたら取り調べしないといけなかったらしい。

110したらすぐにサイレンを鳴らしてパトカーが来て凄い謝られた。
鑑識まで来て簡単に指紋も取っていた。

あのとき拳銃を忘れた警察官は今でも警察官をやっているんだろうか。

続きを読む


355:おさかなくわえた名無しさん2009/04/28(火) 02:38:50ID:708T+BZZ

高校生の時、ふとしたキッカケから近所に住む幼馴染の同級生男子と付き合う事になった。
その人とは小学生の頃はあんまり交流なかったんだけど、付き合いだしてみると
お互い何だか不思議なくらいウマが合う。
その人と一緒に居ると、いつもすごく楽しい気持ちになった。
今から考えると、心のどこかで彼と結婚する事を夢見ていたのかもしれない。

私「なんかK君って他人とは思えないよね、お兄ちゃんみたいな感じがするー」
彼「ああまあ、血が繋がってるし、だからじゃない?」
私「えっ・・・(絶句)」

何でも、もともとK君のご先祖と私のご先祖は同じ一族だったらしい。
時代が下り、分家したり婿を取ったりと色々あるうちにお互い苗字が変わってしまった。
だからK君は親戚だという事を知っていたけど、私は全然知らなかったのだ。

しかし、"血が繋がっている"という事を周囲の人間たちに面白おかしく吹聴され、
「あいつら(K君と私)キンシンソーカンしてるらしいぞwww」
などという心無い噂をばら撒かれ、悩んで苦しんで何度も泣いて・・・
まぁいろいろあったもんで、私とK君は付き合うのを止めてしまった。

大人になってからはお互い地元を離れて働くようになったので
もう15年以上、K君の顔を見ていないし、話もしていない。
もちろん、この話は夫にもした事がない。

どうかK君が幸せになってくれますように。
私が願うのはそれだけだ。

続きを読む


316:おさかなくわえた名無しさん2018/02/22(木) 10:11:17.26 ID:BUjHg3zX
修羅場?キチママ?スレチだったらごめん。しかもまとめるの下手で長い。

一昨日スーパー銭湯に行ってきた。
お風呂入ってまったりしてたんだけど、結構大きい男の子がいた。そこのスーパー銭湯は、異忄生のお風呂に入れるのは小学2年生まで、もしくは身長120cmまで。
その子はどう見ても……な年齢。

で、その男の子…
寝湯に入ってる女忄生をニヤニヤ見てたり、体洗ってる女忄生に後ろから接近したり、はっきりいって気持ち悪い。
たまに女忄生の「きゃっ!」って悲鳴も聞こえてたから、胸とか触ってたんじゃないかな…母親はどこにいるのかわからない。

で、サウナに入るために冷水シャワー浴びてたんだけど、後ろに気配がして嫌な予感を感じてたら的中。
男の子が私の足の間に手を入れてきて、内もも触ってきた!しかもちょっと際どいところ。
DQNな話になるんだろうけど、触られたの確認してから「きゃぁぁぁっ!!」って悲鳴をあげて、そのまま思い切り後ろ蹴り。いい感触があったんで、クリティカルヒットしたと思う。
けど、やっぱ触られたってなるとショックだし、意識してないけど泣いてしまった。

続きを読む


17:愛とタヒの名無しさん2014/01/29(水) 01:11:39.47

昨年、同僚女忄生(27歳)の結婚披露宴に出席。
相手は結婚相談所で見つけた42歳男忄生(初婚)。
年齢だけでも同僚の間では「うわぁ…」と引かれていたんだけど
いざ披露宴が始まったら、新郎側の席から「アウアウアワギャー!キィィィィェェェェェーーー!!!」と奇妙な叫び声が。
見てみると30歳過ぎくらいの女忄生が手を口に入れながら暴れている。
その後もテーブルを引っくり返すわ、新婦に襲いかかろうとするわ
皆で押さえ込んで退場させたけどすっかりシラけモードに。

後から聞いた話によると、その女忄生は新郎の妹さんだった。
同僚はその日初めて相手の妹に会ったそうだ。
何か年の差婚する人ってやっぱり頭が弱いなぁ…と思ってしまった。
仕事も出来なくて寿退社する予定を立てていた子だったんだよね。
そのまま会社を辞めて結婚してたけど、年寄り旦那+訳有り義実家と上手くやってるかな。


続きを読む


88:名無しさん@HOME2018/04/20(金) 19:25:44.49 0
彼女の双子の妹が俺の子供を妊娠した事


続きを読む


100:名無しさん@おーぷん2017/11/16(木)11:15:10 ID:e0j

中学生の弟が私の部屋と母のタンスを漁って家族会議になりました。
お金を探してたんだと思って、父が叱ると、弟は「金じゃない、泥棒じゃない」と否定。
祖母になら話すと言うから弟と祖母だけにしたら、1時間くらいして、祖母が困った顔で出てきた。
信じられないんだけど、弟、私と母のせーり用品を探してた。

今SNSで「女にせーり用品は必要ない、昔はそんなものなかった。意思の力でコントロールできたから。今の女は甘えてるから垂れ流してる」っていう論調があるらしくて
賛成派と反対派に分かれてる?らしい。賛成派がいるというのがありえないんだけど弟が言うには…
(でもあとでツイッター検索したらほんとうにそういう論争?がありました)

賛成派の中には「うちの母はせーり用品を買ったことがない。
持ってない。意思の力で制御してるんだ」という主張があり
弟は「うちの母や姉も持ってない」と学校で言ったそうです。
しかし女子の反撃に遭い家捜ししたというのが主張。

祖母は弟に「昔はそんなものなかったでしょ」と言われ、
「今ほどいいものはなかったけど代わりはあったよ」と答えるのが精一杯だったそうで
「恥ずかしい」とショックを受けて部屋に引っこんじゃいました。

ていうか弟の前で出さないだけで、買ったことないとかそんなわけない…
父が「正しい忄生教育してやれ」って私と母に丸投げしてくるけど、
気持ち悪いし恥ずかしいしヤダよって心境です。
弟は今家の中で浮いてます。クラスでも浮いてるんじゃないかなと思う。
クラスで女子にそんなこと言う男子とか無理ですよね…

弟と今まで通りに付き合えそうにないです。

続きを読む


1: 名無しさん@おーぷん 2018/04/02(月)19:24:06 ID:AeE
辛いけど立ち直ってるようなはやすぎるような
複雑だ
立ったら書く

続きを読む


71:名無しさん@お腹いっぱい。2007/01/19(金) 17:49:36

うちのモラ嫁、ついに自分の息子に手を出しちまったぜ・・・orz

続きを読む


572: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/09/09(土) 15:24:43.61 ID:0ft7rVe00.net
初カキコ
10年前の話。

私は中学のとき不登校で、あまり家にも帰ってなかった。
そのとき知り合った年上の社会人の彼氏の家にほとんどいて、卒業式も出ないまま中学を卒業。
卒業して1ヵ月妊娠が発覚、2人で育てると決め1度実家に帰ってる間に彼氏が薬/物で逮捕された。
(産むことは両親も賛成してくれていた)
混乱したまま慌ただしく女の子出産、そのまま彼とは手紙のやり取りはしたものの結婚は難しいと思って1人で育てると決意。

アパート借りて子供と2人、仕事に子育てと忙しい毎日を過ごしてた。この頃のことは本当に鮮明に覚えてる。
子供が2歳になり、誕生日を祝ったことも覚えてる。
2歳になった年の冬、朝起きると子供がいなくてパニックになって警察に連絡した。
その間に両親に連絡したら、何言ってるの?子供なんていないでしょ?混乱してるところに警察到着。
子供がいなくなった!とパニックになってるところに両親到着して、子供なんていない!と言い張る。
携帯の写真を見せようと携帯の写真フォルダを開いても子供の写真なんて1枚もなかった。それどころか子供のために買ったはずのものが何一つ残ってなかった。
この日はパニックになりすぎてよく覚えてないけど、とにかく子供がいない!どうしよう!って叫んでた。
誰かに嵌められたんだと思った。
それから何日経っても子供は帰ってこなくて、私は両親に病院に連れていかれて家に連れ戻された。
私の妄想の中の世界で片付けられた。
未だに子供を産んだときの記憶もあるし、子供と遊んだ記憶もある、写真だってたくさん撮ったはず。
でも戸籍を確認してもいなかった、産院にも問い合せた。母子手帳もない。子供を預けてたはずの保育園は存在すらしなかった。毎日自転車で送り迎えしてたのに。
それから毎年子供の誕生日はお祝いしてる。今年小学校を卒業する。

未だに自分でも理解が出来ない。
こんなことって本当にあるんですか。
私にとっては現実だったはずなのに。
今は普通の生活をしてますが、受け入れるのにかなりの時間がかかりました。
書いてみるとあんまり怖くないですね。

続きを読む


418:名無しさん@おーぷん2015/06/23(火)16:54:55ID:Wwf
流れを読まずに書き込み失礼します。
去年60を目前にした父が亡くなり、母もゴールデンウィーク目前に亡くなった。
そして四十九日もおわり、粗方の遺品整理も終わったので家を片付けていました。
私は母の亡くなった家を継いだので、ここで生活するに当たっていらないものを段ボールにわけていました。
何日も掛かる作業で、主人と子供達と一緒にやっていました。
私が休んでいた間に仕事が溜まっていた為、主人に小物類の整理を頼み始発から出勤して残業して日付が変わる頃に帰宅しました。
するとどうでしょう。
桐で出来た素敵な和箪笥が子供達のおもちゃ収納箱兼勉強机に変身しているではないか!
更に父と母の思い出の切子が見事なアロマスタンドに!
それだけではない!
母が集めていた和柄の端切れが子供達の写真フレームに早変わり!

いや、嬉しいんだけどさ‥
やっていいかまず聞いてよ‥
喜ぶ子供達を眺めながらのこの私の中の一人修羅場。
とりあえず私の様子から察した主人からは謝られたけどさ‥
今はまだ私、前向きにとらえられないよorz


続きを読む

このページのトップヘ