カテゴリ: キチガイ・非常識


133: 名無しさん@おーぷん 2014/07/24(木)16:02:38 ID:???
神経わからんし意味わからんな話
光GENJIのやつが託卵されたってワイドショーで騒いでた時嫁とテレビ観ながら
うちもDNA検査やってみたほうがいいなーってシャレで言ったのよ
そしたら嫁真っ青になって発狂
これはあやしいとピンときて嫁の反対を押し切って検査した
そしたらシロで息子は俺の子だった
めでたしめでたしなのに嫁は怒ったままで別居
シロなのに顔面蒼白になって発狂した嫁がイミフすぎてやっぱり身に覚えがあるに違いないと
母にグチったら泣かれてああ親不孝したなと思ったよ
変な嫁もらってごめんかーちゃん

続きを読む


570: 名無しさん@おーぷん 2015/03/02(月)13:48:54 ID:SYO
登場人物
私→私
私旦那→私の旦那(次男)
姑→旦那、義兄の母親、(軽度だが足を悪くしてる)
義兄→旦那の兄(長男)
義兄嫁→義兄の嫁、義兄より一回り以上年下

親と同居でマザコン気味の義兄(30代後半)が、
成人したての若い彼女を連れてきたと知ったときはびっくりした。
姑は「あの子にも春が!」と泣いて喜んでいた。
姑さんは(自分が義兄の結婚の障害となっているのでは?)と気にしていたのでこっちもホッとした。
結婚話が出た直後舅が亡くなり、私達夫婦が姑を引き取るか話をしていたら、
義兄嫁(まだ恋人)が同居を申し出てくれた。
義兄嫁はまだ若くて、しかも新婚早々同居でいいんだろうか?と不安になったけど、
姑は舅との思い出深い住み慣れた家を出たくないし、
私達も職場から遠い義実家に移るのは辛い、
と正直ありがたかったのでお願いした。

姑はとても優しくて家庭的。
料理上手で綺麗好き、足が悪くて一人じゃ買い物行きにくいぐらいで介護は必要ない人。
いつもニコニコしてて家に一人居て欲しいタイプ。
だから義兄がマザコンになるのも仕方ないと思ってたんだよ。

続きを読む


445: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)12:49:53 ID:???
鯉のぼり盗まれたのが、我が家では大事件だった。
といざ○すで買った量販品の、真鯉が一メートルちょっとぐらい
の奴で。
庭のウッドデッキにポール括って飾ってたんだけど、朝起きたらポールごと無くなってた。
毎朝起たらて鯉のぼりを眺めに行ってた2歳の息子、号泣。
泣く息子に朝食食べさせ、交番に被害届を出しに行ったが、鯉のぼりの盗難なんて正直真面目に操作なんてしてくれない
だろうなと思ってた。
だがしかし、犯人が間もなく捕まった。

続きを読む


686:名無しさん@おーぷん2017/08/21(月)15:34:47 ID:3Gp

嫁が数年ぶりに何回ぶりかもわからん悪癖を発動した
以下少しフェイクあり

俺と嫁と子どもが外食に出かけて其々注文を決めるってところで
子どもが
「ハンバーグ食べたい。これでいい?」とか言った所で嫁は突然「ダメー」と突然否定

「え?ダメなの?」ってなった子どもに向けてまた「ハンバーグダメー」
俺が「いやいやハンバーグいいじゃん」とか助け舟出しても「ダメー。却下」
子どもが「じゃあ他のを…」ってステーキ定食とかに決めて店員呼んで注文し始めた所で
「え?本気にしたの?本当に食べないの?」みたいな感じで
「一品追加でハンバーグ頼んだら?」みたいな事を言い出した

そんなん言われても母親に「ダメー」「イヤー」って
さんざん言われたのを今さら追加なんてできないし
そもそももう決まったんだから追加なんて出来るわけがない

嫁は昔からこういう癖がある
とりあえず形式的に聞くけど肯定してくれるよね?とか
もう全部決まっててあとは確認の肯定だよねってところでいきなり否定する癖
一瞬だけ否定して「ウソウソ。いいよハンバーグね」とかだと
まだまあ面白いネタだったねで終わるかもしれないけど
メニューも決めて店員が来て注文してる状態まで我に返らないってのはちょっとやり過ぎだ

続きを読む


341: 名無しの心子知らず 投稿日:2013/02/03(日) 21:06:26.46 ID:wsNRLbTN
自分男だけど今日起きたトラブルについて書いてもおk? 
クソガキの親が基地だったっつう話なんですが
344: 名無しの心子知らず 投稿日:2013/02/03(日) 21:23:55.34 ID:wsNRLbTN
今日はうちの町内の子供会が節分のイベントを行う日で、俺は役員さんから鬼役を頼まれたんだ。 
で、予定通り赤の全身タイツに虎の模様っぽいカラーリングのバスタオルを腰に巻き、鬼の仮面(スーパーとかでもらえるやつ)と新聞紙で作った金棒を装備して子どもたちの前に現れて豆をぶつけられていたんですよ。 
そしたら急に眉の辺りに激痛が走って、何かと思ったら足元にピンポン玉くらいの大きさの石が落ちてた。

続きを読む


684: 名無しさん@おーぷん 2015/03/09(月)07:11:10 ID:VkI
色んな人の体験談を読んでて私もまとめてみた。
一度目の、失敗した結婚生活の話。(グロ注意です)

夫の実家は車で10分ぐらいの所にあるんだけど、
休日にはしょっちゅう集合命令があった。

義祖父母、義父母、義兄夫婦と子供たちが住んでる大きな田舎の家の
二間続きの部屋に座卓を3卓並べて、
大きなお皿に盛ったいくつかの料理をそれぞれが取って食べる方式。

その食べ方が揃いも揃って全員ありえないほど汚い。

続きを読む


7: 名無しの心子知らず 投稿日:2012/05/07(月) 16:39:20.85 ID:sqk3PGMu
婦警さんが来て、何かと思ったら 
昨夜から近所の放置子が行方不明だって。 
何時頃いなくなったんですか?って聞いたら 
「昨夜の夜10時半にから明け方の4時の間にいなくなったようです」って言われて 
「えっ!?あの子4歳ですよね?」って聞き返してしまった。 
母親は彼氏とドライブデート()だったんだって。 
「うちはその間は寝てるので・・・。子供も小さいですし夜外出しませんから、分かりません」 
ビックリしてって答えたけど、今思うと嫌味っぽかったかな。 
あとキラキラネームでなので分からなかったっけど、男の子だと初めて知った。 
女の子物の服着て、髪も長くてお団子とかにしてたのに・・・・。 
なんか理解不能過ぎて、まだビックリしているわ。 

続きを読む


296: 名無しさん@おーぷん 2015/03/10(火)17:20:13 ID:Umk
高校時代のころ、父と図書館に行った。
席に座って夢中になって読んでたんだけど、きゃ、という誰かの声でふと我に返った。
知らないヨチヨチ歩きの赤ちゃんが父のバックの中からタバコを出してモグモグしていた。

なぜか周囲に父はいなくって、
モグモグタバコ=赤ちゃんがタヒぬ!と思った私はパニック。

絶叫しながらタバコを取り上げたら図書館の職員が
「煩い!図書館で静かにできないなら出ていけ!」とガン切れ。
「なら、貴方が赤ちゃん見てよ!誰、この子の赤ちゃん誰!!」
と混乱のあまり意味不明な発言をしていると、
赤ちゃん私の大声にびっくりしたのか泣き出す。
(本当は、私の子じゃないですとか、赤ちゃんのお母さんは誰ですかとか
 赤ちゃんがタヒにそうとか言いたかったorz)

続きを読む


877: 名無しさん@HOME 投稿日:2008/02/21(木) 20:35:54 0
豚切失礼。 
トメ(ウトは他界して遠距離一人暮らし)は一人息子大好き。 
その一人息子の旦那は「でも、お袋には俺一人だし」「でも、もう他に身寄りもないし」の 
デモデモダッテのマザコンエネ夫。 

今日が誕生日のトメが、先週突然「息子ちゃんとバースデー旅行に行きたい~」と言い出した。 
どこそこに行って、このホテルに泊まって、というのを仕事中の旦那に電話したらしく、 
帰ってきたエネ夫に走り書きのメモ書き一枚渡された。「手配しといて」と。 
「お金は?」と言ったら
「おまえ、お袋に感謝の気持ちぐらいないのかよ!払えよ!」と切れられた。 

感謝の気持ちなんぞ微塵もないわ。
息子の嫁だっていうだけで嫌がらせのオンパレード、 
ストレスで髪がごっそり抜けたのも「気持ち悪い」で済ませたトメとエネ夫。 
めでたく有給を取り、朝からいそいそトメを迎えに行ったエネ夫。 
「ホテルが取れてない!」と先ほど怒りの電話が来た。

続きを読む


946: 946(1/3) 投稿日:2012/03/28(水) 21:26:26.52 ID:0Ip94I+E
空気←読めない   文才←無い 
基地ママをご報告させてください。 
フェイク込み。矛盾あっても見逃してくださいませ 
そして長い(´・ω・`) 

【前提】 
半年近く前、某スーパーにてレジに並んでいたら、ズボンの裾を引っ張られる感覚が… 
振り向いて見下ろすと、犯人はよたよた歩きの2・3歳位の子供。 
目がくりくりしててすんげー可愛い子だった。 

後ろには財布を持ったおっとり系妊婦の若ママさんと、籠を持った優しそうな旦那さん 
自分の挙動で気が付いたのか、足元の若ママ子を見て「こらっ順番守って!」と軽く叱り 
「ごめんなさい」と謝ってくださった。「大丈夫ですよー」 デレデレな自分 
若ママ「いい子で待てるよね?」に、「うん。」と素直にごめんなさいする若ママ子。 
「あっくん(仮)のおにいちゃになるから、いい子になる!(`・ω・´)」と 
若ママの少し膨らんだお腹をぽんぽんしていた。(ここでようやく妊婦だと気づいた 
若ママ夫婦も自分も、周りの客も、従業員も(*´д`)←こんな顔してた 

ここまでは良かった。

続きを読む

このページのトップヘ