カテゴリ: その他

474: 名無しさん@HOME 投稿日:2009/11/23(月) 07:12:39
前提:私が病気していたころの約1年間付き合い婚約に至った。
その病気は子供ができなくなる恐れのある病気で、「結婚しても子供要らないから」って言葉にほだされちゃった。
婚約した時は一番いろいろあった時期で、今はすっかり健康だけど。
元婚約者と私は結構な年齢差、私は当時大学生。
元婚約者にとっては私が初めての彼女だった。
理由は崇拝する恋愛マニュアル本があり、惚れた女にはそれ渡して「これの通り関係を築いていこう、そうしたら幸せになれるから」と口説く。
ちなみに新興宗教ではない。
結婚後の生活についてそのマニュアルに従うことのできない点があり、それを病院で泣いてわめいてコーラの缶壁に投げつけて怒り狂ったので破談。
破談後1年後に来たロミオメール。
メールアドレスは心理専攻の友達に「こういうタイプは逃げ道を断つと危険だから、どうせY○HOOアドレスなんだからあきらめてそいつ専用にしな」と言われて残した。
長文(3000文字程度)のメールが日常だった人なんでメインは携帯じゃなくてPCだったから。
あ、今はもう連絡ないです、元婚約者、結婚したんだって報告メールきた。
ロミオメール1回、結婚報告メール1回以外のアクションはなく、なので弁護士なんかの介入もなし。
だから余計メールの意図がわからない。
以下本文引用。(添付データ:マーメイド、シンプル肩だし、マーメイド肩だしの3着のウェディングドレス写真)
たぶん1レスじゃ無理。

475: 名無しさん@HOME 投稿日:2009/11/23(月) 07:13:32
君と別れて1年がたちました。
私はまだ独身です。
それは君の瞳の光がまだ私を包んでいるからです。
君の瞳は強い力を持っていて、私を包み虜にしました。
その光は今まで見たどんな女性にもなかったものでした。
出会った時君は絶望していましたね。
それでも君の瞳は光を失わず、そのことを私は本当に尊敬しています。
そしてその光は君の頭の良さから来るものであることを私は知っています。
だからこそ私に頼りきれない気持ちもわかります。
君は優秀だから人に頼れないところまでプライドを肥大させてしまいました。
私はそれをいやしたかった、でもできませんでした。
でも私はまだ君を愛しています。
だから結婚を止めるつもりはありません。
幸せになるための法則を守れなかった君は幸せになる資格のない人だけれど、私が一生涯愛する人です。
だから君を幸せにはできませんが、君と結婚したい。
私との生活の中でいつか、10年後、20年後、もしかしたら50年後に君が幸せになってくれることを祈っています。
あの本の通り結婚の1段階前のステップでは喧嘩が必要です。
君の行動で少し大きすぎる喧嘩になってしまったけれど、それぐらいの誤差は仕方ありません。
だからまだ大丈夫です。
私は君を許しています。

476: 名無しさん@HOME 投稿日:2009/11/23(月) 07:15:21
ウェディングドレス、候補を出すので一番気に入ったものを添付してメールを返してください。
君はきっと多すぎる候補を絞る時、私に助けてほしいと言えないから。
私がどんなものを好きなのか、私を喜ばせる方法を私に素直に聞けない君だから。
だから私が先に選んでおきました。
本当は君から言ってほしいです。
君から「あなたの好きなドレスを教えてほしい」って言ってほしかった。
でもそれが望めないことを私は知っています。
だからこれが私にできる最大限のことです。
女性は男性に頼るものです、それが正しい幸せな姿です。
もう強がるのはやめてください。
ゴールは目前です。
ここまで来たらあと一息です。
女性を定義するものはX遺伝子であって子宮でも卵巣でもありません。
だから君は堂々と女性として行動していいのです。
堂々と私を頼ってください。
私はそれを待っています。

477: 名無しさん@HOME 投稿日:2009/11/23(月) 07:19:48
次、結婚報告メール。

私は結婚します。
いえ、本当はもう結婚しました。
式に呼ぶか迷いました。
でも不幸せな人を式に呼ぶのは私にも妻にも君にもよくないと思いやめました。
どうか幸せになれなくても生き抜いてください。


その恋愛マニュアル既に捨てちゃったし、タイトルは不明。
なんか元婚約者お手製?(婚約者母かも?)のレースとボタンとリボンのついたピンクのブックカバーかかってたから。
タイトル印象に残ってなくて。
それにその本には罪がないからさらしたら著者に悪いものね。

続きを読む

436: 名無しさん@HOME 投稿日:2009/11/20(金) 20:24:43
浮気男のロミオメール。
ちなみにそいつは仲間内に初体験は小6、中3で100人斬り達成と自慢してるイタイ子だったらしい。
そういうのを婚約者に告げ口するような友達じゃなかったから別れてから知ったよ。
実際はそれは嘘だろうけど、女癖が悪すぎるのだけは確か。
浮気に至ったのは1人だけど、ナンパが趣味でもうしょっちゅう行ってた。
ナンパの時には医者になるんだそうですよ、あほらし。
(元婚約者の母親が難しい病気で医者の説明を何回か受けていて、医学用語をわかったつもりになっていた。
実際医療福祉関係の人が聞いたらpgrだろうな)
メールは以下。
本当は「お前」じゃなくて名前呼び捨てなんだけど、伏字の代わりに「お前」って入れたらしっくりきちゃったからそれで。
○○は浮気相手。

俺の最後の女へ
女にとって一番名誉なことは最後の女になることだ。
俺はその名誉をお前にささげようと思う。
これからは他の女とは二度はしないと誓う。
だから戻ってこい。
こんなにお前に尽くす男はもう二度と現れないぞ。
○○はお前よりずっとできた女なのに俺はお前を選んだんだ。
惚れた弱みってやつだな。
だから戻ってこいよ。


引用終了。
二度はしない?
二度としないじゃない、じゃないのはミスタイプじゃなくて本気だろうな。
というか○○には捨てられたんだと推測。
なんでこんなのと付き合って婚約までしちゃったかというと、私はピザでワープア。
釣り合ってはいたんだよね。
ただいくら釣り合っていてもこれはイラネ。
一生おひとり様で結構です。

続きを読む

401: 名無しさん@HOME 投稿日:2009/11/18(水) 19:51:41
ひさしぶりだね、もうメールすることもないかな、なんて思っていたけれど。
もう俺のことは吹っ切れたかな?
そうでなかったらごめん…キミの心をかき乱すつもりは無いんだ。
(中略)
キミのことは正直、憎んでいる。
でもそれ以上に愛してた…いや、愛してることをいなめない。
(中略)
俺は通帳も仕事もなくし彷徨い迷う迷子です。
会って話したいことが山ほどあるよ…聞いたらキミはきっと泣いちゃう。
(中略)
今なら話せることがきっとお互いたくさんあると思う。
食事でもどうかな。お店は×××(某高級ステーキ店)が
僕らの門出にふさわしいよ。予約してくれていい。
(中略)
(中略)
(最後に元夫の通帳の口座番号。振り込めってことか?)

↑マザコン無職ハゲ元夫から去年来たメール。

続きを読む

363: 名無しさん@HOME 投稿日:2009/11/16(月) 14:52:47
お前は勘違いしている。
あれのどこからが浮気だと思うのかオレには理解できない。
オレについていけなくなったというが
オレはあの人との付き合いを浮気とは思っていない。
お前に聞きたい。何度キスしたら浮気になるのか?
あの人を毎日車で送り迎えしたくらいなんだというんだ。
オレはもう男として役に立たないから、
浮気なんか出来ないことくらいお前が一番解っているだろう。
お前が出て行ってから、オレはまともなものを食っていない。
家も散らかっている。だから戻って来い。
戻ってきたら、お前を今までとは比べ物にならないくらい
大事に大切にして優しく包み込んでやる。
まず、お前が戻ってきたら、オレは傷ついた心を癒すために
しばらく好きな事をする。
お前を優しく包み込むためには、お前以上に傷ついたオレにも
癒される時間が必要だ。お前に優しく出来るのはそれからだ。
お前はその間、今までどおり家に居ればいい。
だから早く帰って来い。(要約)

バカ過ぎるしワケワカンネ。
ちなみにこれは浮気した父(60)から家出した母(57)に宛てた手紙。
この血が自分に混ざっていると思うと絶望する。

続きを読む

343: 名無しさん@HOME 投稿日:2009/11/15(日) 17:08:27
プロポーズを「酒に酔ってたから覚えてない」と言い放った元彼。
自然消滅から2年8ヶ月経つのですが、ワンギリ着信&メールが来ました。

件名 久しぶり。。。

元気だった?
久しぶりに話ししたいです。
怒ってなければ連絡ください。
今なら冷静に伝えられることも多いかも・・・

だそうです。
元彼と別れた後、旦那と1年交際して結婚して現在妊娠8か月なんですけど。

1週間前にケンカした彼女に送るようなメールだなぁと。
自分はワンギリしておいて、私が喜んで電話かけてくるとでも思ってるのだろうか。

続きを読む

276: 名無しさん@HOME 投稿日:2009/11/08(日) 20:44:20
なんというか、絵文字だらけなので絵文字なしで気持ち悪さが伝わるか心配なんだけど。
○○=私の名前の最初の文字を使った仇名。「まさこ」なら「まあ」みたいな。
××=そいつの名前の最初の文字を使った仇名。
ただしどちらも付き合ってた時は使ってないというか、付き合ってた頃は仇名なんか恥ずかしいって人だった。
絵文字だって付き合ってた頃は使わなかった。
基本的に女(自分より目下だと思った相手)の気持ちは考えようとしない人だったのでそれを責めて別れた。
そいつなりの反省が女子高生張りに絵文字使ったメールと歯の浮くセリフのメールを書くことだったらしい。
反省したからこれから送るメールを見てくれ、ってメールが先月の終わりに来たけど名前書いてなくて知らないアドレスだったから誰かわからなくて放置してたんだけど。
ちなみにその時からさらにメアド変えてて「××-○○-love-season」になってた。


「○○へ(ハートの絵文字と涙の絵文字)
別れて(泣き顔の絵文字)から1年経ったね(桜、ひまわり、もみじ、雪だるまの絵文字)
殺人者(ピストルの絵文字)にすら時効(時計の絵文字)があるのだから、○○が俺を傷つけたことも時効にしよう(時計の絵文字)
だから帰っておいで(笑顔の絵文字とハートの絵文字)
そろそろ○○の好きな(ハートの絵文字)シチュー(鍋料理の絵文字)のおいしい(ハートの絵文字)季節だね(笑顔の絵文字)
大きな鍋にたっぷり(ハートの絵文字)作るのがシチューにはふさわしいよ(フォークとナイフの絵文字)
今日君と別れて初めて材料(鶏の絵文字)買ったよ(お財布の絵文字)
材料が新鮮なうちに帰っておいで(ハートの絵文字)、荷物なんか後でいいからさ(ハートの絵文字、車の絵文字
××より愛をこめて(ハートの絵文字3つ)」

絵文字多すぎ。
書いててばからしくなってきた。

続きを読む

260: 名無しさん@HOME 投稿日:2009/11/07(土) 21:44:13
三年前、離婚した夫から
離婚理由は、経済力のなさ
「拝啓女房殿
俺がどんなに夢を追い続け迷惑をかけようが、女房なんて黙ってついてくるもんだ、と信じて疑ってなかった。
しかし、君は俺を切った。
そりゃぁ怨んださ、俺だって人間だ。しかし、君が俺を切った時の断腸の思いや悲しみ、切なさを考えてあげる余裕もなかった、俺は小さい人間だったな。
今の俺ならお前の悲しみを理解できる。歳月が俺を大人にしたんだ。
君が再婚すると風の噂で聞きました。どうか考えなおしてほしい。新しい男で寂しさを埋めて後々後悔させたくない。
なにより娘(注・10才)のことを考えたら出来ないはずた。
娘の父親は世界中でこの俺だけだ。
また三人で生きていきたい。俺の女房は君だけです。」
相変わらず定職にもつかずにアルバイトで食いつないでると私も風の噂で聞いていたので
「娘をろくに養えないような男を父親と認めない。私も娘も貧乏生活は二度とゴメンです。ふざけたメールしてくる暇あるならまともな仕事さがせ。」
と返して、携帯折りました。

続きを読む

247: 名無しさん@HOME 投稿日:2009/11/07(土) 15:29:17
え~ナルシストロミオ。
もうすぐ40の誕生日を迎える、半年前に私を口説いていた男。
あまりの熱心さにほだされかけたところで既婚者だと発覚。
発覚の原因はうっかり落としたらキーホルダーがパカっと割れて中から赤ちゃんの写真が出てきたこと。
当然付き合わなかったけどしつこいしつこい。
誤字無修正なんであしからず。

「君はまだお姫様でいるのだろうか。
僕はまだ君だけの皇子でいるよ。
君との子供の名前を考えたんだ。
女の子なら翡翠姫。
男の子なら瑠璃弥にしよう。
いや、君との子はきっと女の子の双子だ。
僕のシックスセンスがそう告げている。
だから翡翠姫と瑠璃姫にしよう。
それから真っ黒な犬を飼って、名前はオニキス。
宝石のようなすばらしい一家になるよ。
僕を縛り君との仲を引き裂こうとする醜い船若には必ず天罪を下すから。
だから待っていてほしい。」

とりあえず名前が読めません。
瑠璃が書けるくせに誤字多すぎ。

続きを読む

34: 名無しさん@HOME 投稿日:2009/10/24(土) 10:55:38
すごいの来たので…のせます。



件名:永遠という名の戯れの果てに
本文:
夜、寝ようとする度に、君が寝ていた所がぽっかりしてて…すごく寂しいよ。
お元気、ですか?
僕は全く元気じゃないよ。今の僕より、脱け殻のほうがましだ。
君が残してくれたセミダブルのベッド、君を抱き締めて眠りたくて、もがくよ。
僕がちゃんと眠れる様にと、残してくれたんだろう?君は…優しいから…。
その優しさが僕には痛いよ。今、一人ぼっちの、僕には…ね。

毎日、味気ない物ばかり食べて、みるみる内に痩せてしまったよ。
皆に心配されてしまうよ。あんなに明るかった僕だから…。
皆の気持ちは嬉しいけど、やっぱり、僕が愛してるのは君、君だけなんだ。
愛しさで胸が張り裂けそうで、君の香りを胸一杯に吸い込みたいよ。

もう、お袋には口出しさせやしないよ。僕が、君を守りぬくよ。幸せにするよ。
君が、おかえりなさい、と言ってくれたあの生活が、どんなにかけがえのないものだったのか。
君のために毎日花を買うよ。毎日愛し合おう。毎日、愛を囁くよ。

君を抱き締めて眠りたい。
ムーンリバーのように。
君という光と溶け合って、今また、流れていきたい。

続きを読む

906: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/06/21(金) 00:19:21.84 ID:oijiReS5
2ヶ月前くらいに起きたプチ修羅場。

その日39度の熱を出して仕事を早退した(というか熱があることに気付かず出社して、あまりにフラフラしてるので強制的にかえされた)
寝てれば治るだろうとぼーっとした頭で思いながら寝てたら、夢を見た。

自分が通ってた高校の教室で、サンチョと呼ばれてた国語の先生の授業中だった。
サンチョ「はい、(私)さん124ページ読んでください」
サンチョに言われて立つ自分。
教科書を開いて読もうと思っても、文字がぼやけて見えない。
おかしいなーと思って教科書から目を離していく…と目がさめた。

起きたらベッドの上で立ち上がり、抱き枕を教科書のようにもっていた。
「こりゃやべぇw熱やべぇw」と思いながらもう一回寝た。

やっぱり高校でサンチョの授業中の夢を見た。
サンチョがなにやら教科書をもごもご読みながら歩いてる。
完全にどこを読んでるのか見失ってて、焦って教科書のページをめくる。
めくってもめくっても文字がぼやけて見えない。
えっ!?えっ!?って完全にテンパる自分……で目がさめた。

ベッドのへりに座って、抱き枕をヒザの上において教科書みたいに読んでた。
今までこんなことなかったし、さすがに2回目になったら怖くなった。
寝たらまたサンチョが出てくるんじゃないかとか、次はどんな風になってしまうんだ…と寝るのが怖かったのが修羅場。

続きを読む

このページのトップヘ