カテゴリ: 黒歴史・墓場


71: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/01/01(金) 22:45:09.46 ID:j8xG6e5Q.net
誰もいないようなのでこそっと書き込み。(初心者のためご容赦ください) 

・会社の1年後輩の女忄生がと真ん中ストレートだった。 

・自宅に何度か電話したりして、映画に行ったり食事をしたりして、付き合っているつもりだった。 

・あるとき、俺は二人で出かけた先で意を決してプロポーズした。 

・1週間考えさせてと時間を経たあと、俺は呼び出されて振られた。 

・それから数年後、俺は今嫁と出会い、結婚、子どももできた。 

・それから20年以上経って、実は彼女は子どもができない身体だったことを知った。

・もしかしたら、彼女はその事情があったからか?と思い至ったたときの衝撃。 

・「○○さん、子ども好き?」って目を見て訊かれた瞬間のフラッシュバックが何度か。 

以上、これだけ。嫁には言えない。このまま墓場に持っていく。 

どこかに書きたかった。元日からお邪魔しました。


続きを読む


634: 可愛い奥様 2018/04/21(土) 06:09:51.25
28年前の5月に娘を捨てた 
当時付き合っていた彼氏がとんでもない女好きで、私以外にも5人程彼女がいる人だった 
どうしても彼氏を自分だけの物にしたくて妊娠したのを堕ろせなくなるまで秘密にし、無理矢理結婚に漕ぎ着けた

結婚して子供が生まれたら変わってくれると思ってたけど変わる訳もなくて 
出産後退院して一週間後には娘を旦那実家に放置して自分の実家に逃げた 
その後すぐに離婚成立 
それ以来元旦那に連絡もとってないし、もちろん娘にも会ってない 
その後元旦那は2度結婚したと人伝に聞いてる 
私も再婚して子供もいる 
昨日の夕方たまたま元旦那実家の前を28年ぶりに通ったからチラッと覗いたら、おそらく娘だと思う女忄生が制服を着た中高生くらいの元旦那そっくりの男の子と庭に立ってた 
若い頃の私に似てたから娘なんだろうな 
私の自分勝手な独占欲で妊娠出産して、元旦那も望むどころかふざけんなって思ってる中生まれて捨てられた娘はどんな28年間を送ったんだろう 
今更名乗り出るつもりなんてないけど本当にごめんなさい


続きを読む


628:可愛い奥様2011/11/16(水) 20:31:33.28 ID:I08ZNJIx0

このスレを読むと1年半前に自宅火災で助けず焼タヒした糞嫁を思い出すなぁ・・・

先に外に出た俺なら嫁を助けられたけど、ど~~~しても助ける気にならなかった。

今では助けなくて正解だと思う。嫁もこのスレの常連だったから。


続きを読む


970: おさかなくわえた名無しさん 2017/01/30(月) 13:42:47.96 ID:On7YJGuV.net
下書きしてから投稿するが長文になってしまった。
2chに書き込むのは初めてだが書いてみる。

身バレするとマズいので5割は俺の創作、
ということにしておく。
創作なので辻褄が合わない所もたくさんあるが
スルーして欲しい。
当時俺は幼稚園生ぐらいの年齢で
今で言う所謂ネグレクトというやつだった。
両親共にパ㋠カスで、俺と妹(当時まだ乳飲み子)は
両親がパ㋠屋で遊んでる間は
家か車かパ㋠店かで適当に過ごしていた。

幸い暴 /力の虐待などはなく、
本当に子どもに興味がない、
という感じだったんだと思う。

両親に遊んでもらった記憶はなく、
おもちゃなども家に全くなかったので、
広告の裏に鉛筆でひたすら絵を書いて遊んでいた。

生きていく最低限のことはやってもらっていて、
お風呂も時々だけど入れたし、
食べ物も両親の気が向いた時や、
近所からの頂き物?のお菓子か何かがあるときは
それごとくれることもあった。

ギャソブルで勝ったときは両親の機嫌も良くて、
本当に時々だけど
ファミレスに連れて行ってもらったこともある。
(これが子どもながらに一番嬉しかったw)

妹はまだ産まれたばかりでミルクももらっていたけど、
両親がいない時は俺がミルクをあげたりもしていた。

初めは泣いていてもどうするべきか分からず
そのままにしていたが、
母親と同じようにすれば泣き止むのかなと考えて、
台所にあるミルクの缶で
見よう見まねでミルクを作ってあげた。

今思うと量って入れたわけではなかったので
分量とかめちゃくちゃで
飲ませて良かったのかわからないけど、
当時は妹もゴクゴク飲んでたので安心した記憶がある。

あとオムツも替えてあげたが
ウンチの時はどうしたらいいか分からず放置していた。
(帰ってきてから母親が替えていた)

そんなある日、
俺と妹は両親に連れられてパ㋠に行き、
2人が遊んでる間俺は買ったオニギリを持たされ
入り口のベンチ?みたいなところで食べながら待っていた。
(妹は母親におんぶ紐で背負われていた)

続きを読む


396: おさかなくわえた名無しさん 2010/07/27(火) 17:53:47 ID:8tHblkl/

人を頃したことがあります。10年以上前になりますが・・・・。

当時バックパッカーだった俺はカンボジアを旅しておりました。
ある英語ができるクメール人と仲良くなり、1ヶ月ほど滞在を延長していました。
2人でけっこう山間部の農村などを旅していたら、ある時泊まった村では
子供が地雷でふきとばされたり、けっこうすごい現場を見ました。
そんな環境にずっといたせいか、マ㋷ファナで毎日ラリってたせいか、
少しおかしなテンションではありました。

そんなある日、ある村で別のクメール人が話しかけてきました。
通訳してもらうと、「人を撃ってみないか?」と持ちかけられていた。
今考えるととんでもない話だが当時そこに1ヶ月以上滞在していたので
感覚が狂っていたのだと思います。
とりあえず見にいこう、と2人で現場まで連れていってもらうと
両手両脚縛られてボコボコにされたクメール人が3人転がっていました。
話を聞くとポル・ポト派の残党だとか。
で、いろいろあって俺が2人、友人が1人、刹すことになった。
金は全部俺が出した。600ドル。

ここから先はぐろい話なんで割愛しますがまあ、貴重な経験をさせてもらった。
ただ、この時の友人とはいまだに付き合いはありますが、
不思議なことにどちらもこのことについては触れません。
お互い家庭も持ちそれなりの生活を送っているのでなかったことにしたいのかも。
もちろん誰にも言えません。墓場までもっていきます。

続きを読む


288:可愛い奥様2010/11/02(火) 22:52:57 ID:zondWyfi0

過去ではなく、今も進行中の話だが、墓場まで持っていくだろう

父の面倒,私一人で見てる(兄は長男のくせに放棄した)
遺産分割するとき、半分半分なのは許せないので
少しずつ私の預金に入ってる。だんなにも言ってない。結構たまったw
って普通だよね、黒くないかw

続きを読む


182:名無しさん@おーぷん2015/06/13(土)14:04:02 ID:tDH

学生の頃に運転をミスって家(とクルマ)に突っ込んでしまった
任意保険に入ってなくて、示談ということになったのだけど、総額で5000万円を超えるというもの
俺は事情があって家族がおらず、支払いを大学院まで待ってもらうことになった

それでも、少しもの謝罪としてバイト代月に一万円を払った
さんざんゴネられたけど、これが精一杯だった
通学のため車を買い換え、それしか余裕がないと言ってなんとか納得してもらった


それから大学院まで月に何度も謝ったりしてやっと卒業
そしてこのタイミングで俺は自己破産した

就職先を知られないように気をつけ、携帯の番号を変えたので追跡されない
車やクレカを持てなくなったけど、5000万の借金が消えたと思うと生まれ変わった気分だった
そして、最近ようやく車を持てるようになり、ようやく人並みの生活に戻ることができた
今考えると、身寄りのない子供に途方もない借金を背負わせるあの家族は鬼のように思えた

俺の数少ない家族への理想も消え去った

続きを読む


926:可愛い奥様2018/03/27(火) 19:58:10.27 ID:xrnu+6F/0.net
となりに住んでたイケメンの大学生とやりたくて仕切り板越しにブラとか下着をわざと投げ込んでたのが黒歴史

まあやったけどねw


続きを読む


421:おさかなくわえた名無しさん2018/02/03(土) 18:40:02.13ID:gsNkeSGW
ニートの弟を見杀殳しにした。
別にいいかなと思ったから

続きを読む


784: 1/3 2015/02/10(火)12:29:12 ID:utg
どこに投下しようかと思ったけど、あまりにネタ小説みたいになったのでチラ裏に捨てていきます。


私は性染色体異常で、わかりやすくいえば両性具有というものです。
幼いときは「中性的な見た目の男」だと思われていたのでそういう風に育てられたものの、自覚している性は女性だったので
そのギャップに長年苦しみました。
小学校高学年のときにこれとは関係のない病気で入院して、そこで初めて性染色体異常がわかりました。
(生まれたときにはわからなかったみたいです。親が私を嫌っていて詳細を聞けなかったので不明)
違和感の正体はこれかと知り、成人してすぐに家族の反対を押し切って手術等をして肉体も戸籍も女性になりました。
その後すぐに、手術の資金を援助してくれた祖父が亡くなったのを機に、遠く離れた県へ移住しました。

その後、夫と出会い、紆余曲折ありましたが(スレ違いなので割愛します)結婚しました。


続きを読む

このページのトップヘ