カテゴリ: 黒歴史

970: 名無しさん@おーぷん 2016/05/25(水)04:54:05 ID:0D9

長い上読みにくかったらごめんなさい。


実兄に性虐待をされ続けたことを家族にカミングアウト、
話を聞いた親族ほとんどが兄の味方だったことが修羅場でした。

長男→12歳年上
次男→9歳年上
姉→4歳年上
私→修羅場当時高校生

母親は他界済み。
父親は、母親が亡くなってから私たちを家政婦だと思っているようで信用していませんでした。
また父親と母方の祖母の折り合いが悪く母親が亡くなってから別居済み。
父親、次男、私で同居。長男、兄嫁、母方の祖母で同居。

姉は新幹線で1時間ほどの所で1人暮らしでした。


ここまで前提です
 
続きを読む

116: :2016/08/16(火) 12:26:43.42 ID:
フラれたっぽいけど 
普通に話はしてくれる忘れようと思ったのに 
また嗚咽な日々が…
続きを読む

368: 名無しさん@HOME 2015/03/17(火) 13:36:36.60 0
動物のタヒが関わる話なので苦手な人は読み飛ばして下さい。 

中1の頃、私と6歳下の弟を置いて母親が家出した。 
携帯にかけても出ない、頼れる親戚も無くゴミ屋敷の中3匹の犬と弟の世話をしていたけど、そのうちライフラインも全て止まり 
犬の餌も人の食べ物もほぼない状態だった。 
もうダメだと思い、先生に助けを求めたら児童相談所の人を呼んでくれて、保護して貰えた。 
犬の事も頼んだけど有耶無耶だったのか共食いの後に全員タヒんでしまっていたらしい。 

今でも犬達を思い出したり、私より長く保護されていた弟が、それが理由で何もかも上手く行かないと高校を中退し引きこもりになり、家の中で暴れる度 
もっと良い解決法があったのかとやるせない気持ちになる。
続きを読む

685: おさかなくわえた名無しさん 2016/05/14(土) 15:25:12.03 ID:OlYgeHRx
だいぶ前の話。ラーメン屋で働いてたんだが、女の客が来た。 
んで、その女がチラチラこっちをやたらと見てくる。 

で彼女達が食べ終わったところで、なんだと思って皿を片付けていると、
よく見たらその女は中学時代、俺達がいじめて不登校に追い込んだSだった。 

社会復帰できたんだな~と思いながら作業を続けていると、 
会計中のSが店長に向かって 
「すいません、あの人(俺を指差して)私を中学の時いじめてた奴です。
なんで働いてるんですか?」 
店長「は?」 
S「いやだからこいつが働いてるのがおかしくないですか?ってことですよ」 
店長「いや、個人的なところには僕は関与しかねますんで」 
S「いやだから、そんな奴働かせてる店ってどうなんですか?
ネットに書き込んでいいですか?」 
店長「それは困りますね」 
S「じゃあ彼を今すぐクビにしてください」 
俺はその会話を聞いてなかったテイで店長とSの方に向かった 
店長「俺君、この子(S)が君に言いたいことがあるらしいんだけど」 

俺「何すか?」 
店長「さ、どうぞ」 
S「あ、あ、えと、ど、その、」 
俺「早くしてくださいよ、忙しいんで」 
S「いやだから、そのあなた、えーと、」 
俺「もういいですか?」 
S「てめーをこの店やめさせろっつってんだよォォォォォォーッ!
あたしの人生ぶち壊しやがってよォォォォォォーッ!!
あんなクソクラスのせいで私はぁぁー!あああああ」 
俺「話になりませんね」 
店長「退店お願いします」 

女はまだ騒ごうとしていたが、他の店員に外に連れ出された。

続きを読む

641: マンセー名無しさん 05/01/28 13:52:02 ID:8gJPFJz1
数年前に遭遇したお客さんが韓国人と 
判明したのですが、そのときの経緯を 
書き込んでもよろしいでしょうか? 

続きを読む

245: 彼氏いない歴774年 2009/02/14(土) 15:42:29 ID:dk1Yut19
ねぇどうしよう、
気を紛らわせたかったからここ見てたけど、いちお書いてみる 

昨日、会社終わりにロッカーで着替えてて
そのまま帰れば良かったけど、
好きな人の、ロッカー開いてて興味本位でちょっと見ちゃって、 
小心者なんだけどつい携帯を見つけて見てしまって
彼女とのプリクラとか貼ってるんだぁ…とか見てたら
本人が男3人で、ロッカーに戻ってきて、
私が携帯見てるの見られて周りの男が
「あれ、お前のじゃね?」 
みたいに言ってる横を全力で走って逃げてきた 

なんて事をしてしまったんだと自分を責めて
月曜会社に行く勇気はない。 
もうどうしたらいいんだろう‥
続ける勇気はないし相手達は19とか
まだ学生のノリで騒いでるだろうな。 
友達もいず、
キモイ私ひたすらキモイもう消えたいもうやだー
続きを読む

このページのトップヘ