カテゴリ: 泥・セコケチ

135: 名無しの心子知らず 2011/03/22(火) 01:17:51.63 ID:Y06b2maQ
3年くらい前の話なんだけど 
団地住まいだった頃、お隣に同い年の子をもつ母子が越してきた 
子供の事もあって、とても仲良くさせてもらってたんだけど 
ある日「子供用のTシャツ余ってない?家ちょっと貧乏でね」と頼まれた 
元々貧乏自慢とパチンコで負けた話がちょっと激しい人だったけど、頼まれたのも初めてで、子供の体格も近かったし快く2〜3枚のお下がりをあげた 
これが奥さんのスイッチを入れてしまった… 
嫁と3人で散歩に出かけていると偶然奥さんと遭遇、すると 
「あら、このズボン裾が広がってるわよ。こんなの履かせててもみっともないでしょう、大丈夫?」 
と余計なお世話。

初めはこれがクレクレだって気が付かなかったんだけど、だんだん露骨になってきて 
「昨日Aちゃん(うちの子)の服装だらしなかったわよ、ちゃんとしたの買ってあげたら? 
うちは古いのでいいのよ、貧乏だし。でもあなたのところはそうじゃないでしょ? 
あ、新しいの買ったら古いの処分に困るでしょ、またもらって差し上げるわ」 
と、こんなニュアンスの話を何度何度も仕掛けられた 
嫁ともよく相談した結果、しっかり断ることにして、もうお下がりはあげないことにした 
それからしばらくは催促されなくなったけど、やっぱりクレクレの素質は生きていたみたいで 
ある時玄関先で電気屋さんとテレビのリサイクルの話をしている時に、聞き耳を立てていたのか突然 
「そのテレビ、引き取り料金かかるくらいなら家でもらったげるわよ!!!」って飛び出てきた 
電気屋さんも気を使って、仕方なくテレビをあげる流れになってしまった。 
それからクレクレ熱が再来して、もういらない物はあげた方が早いって誤った結論に陥ってしまって 
衣類、文具、家具、オーディオまで、本当になんでもあげた 
もちろんいらない物しかあげてなかったけど、クレクレリミッターを解除してしまったらしく 
「家、電子レンジないんです、いただけない?」 
「この前買ってたジャケット、もうシーズンオフでしょ、もらってあげるわ」 
「加湿器って持っていらっしゃらない?あれはやってるのよね、でも買えなくて…」 
って母子家庭だから、貧乏だからってどんどん催促が加速していった… 

なんだかんだでうまく付き合っていたつもりだったけれど、しばらくして問題が起きた 
続きを読む

543: 1/2 2009/01/24(土) 02:37:37 ID:yrHgSKXs
豚切失礼。 

昨日あった話を吐き出させてほしい。 

13時ごろ、子供の幼稚園の
ママグループA、Bと3人でカフェにいった。

なごやかに雑談をして、
いざ帰る段になったら財布がない。 
さっきカフェに入る前に
バッグの中を確認したから忘れたということもない。 
もしかして落とした? と思ってキョロキョロしてると
Bがどうしたのかと聞いてきた。 

あったはずの財布が
いま見たらなくなってて……と言いかけると 
私の隣に座っていたAが、 
「もしかして最初からもってなかったんじゃない?」 

確認して店に入ったからそれはない、
と反論したけどさらにAは 
「それにダンナから聞いたけど(私)さんって
刑務所にいたことあるんだよね?  
もしかして自分の財布がないとか言って
最初からタカる気だったんじゃないの?」 

妙に突っかかってくる態度にピンときて、
Aのバッグをひったくってテーブルの上にひっくり返した。 
泥棒! プライバシー侵害! 
とファビョるAを尻目に荷物を物色すると、
やっぱり私の財布が出てきた。 

どうやらおしゃべりに夢中になっているときに
バッグからこっそり抜いたらしい。 
支払いを終えてからならともかく、
支払いをする前に盗むという手口がどうも臭いので、
嫌がるAと引き気味のBをつれてカフェを出て、
Aダンナに連絡を取った。 
(Aの携帯を無理やり使ったのが
DQNだったと今は反省している) 

状況を説明すると、みなまで聞かないうちに
「申し訳ありません!」と謝ってきた。 
やはり思い当たる節があるらしい。 

続きを読む

76: 名無しの心子知らず 2010/01/29(金) 11:20:26 ID:zLQ9Q5Pd
年末の事件(?)が解決したそうなので、簡潔に報告します。 
・Aさんからメール 
 「家に泥棒が入ったので警察に連絡しました。色々と迷惑をかけると思うので申し訳ありません」 
・翌日Bさんが我が家へ 
 「Aさんの家から娘がDSを持って来てしまった。あやまりに行きたいが、一人じゃ勇気が出ないので 
 明日一緒について来て欲しい」と早口で言い、DSを置いて帰ってしまう。 
・AさんにBさんからメール 
 「私さんがDSを持って行くのを見た。モノがあるはずだから警官も呼んで一緒に行こう」 

Bさんが家に来た時、Aさん夫妻も家に来てたんです。おまけに、モニターフォンを 
通話にしたまま玄関に行っちゃったのでBさんとのやりとりが居間のA夫妻に筒抜けでした。 
本日、Aさんより「解決しました」との報告を手土産のAさんお手製アンパンと濃厚な牛乳とともに 
頂きました。 
アンパンと牛乳は無敵の組み合わせですね。
続きを読む

599: 名無しの心子知らず 2009/01/24(土) 15:45:39 ID:ab/IvvjZ
オークションで落札した中古のDSがいつになっても届かず、運送会社に確認すると 
「お隣の方が預かってくれると言うので、お渡ししました」との事。 
付き合いもそんなに無いのに勝手な事してくれたな~…と思いながら、お礼にとコンビニで買ったプチシュークリームを持参して呼び鈴を押す。 
出てきたのは5歳くらいの男の子。 
「隣のお部屋に住んでる〇〇っていうんだけど、お父さんかお母さんいるかな?」と聞くと呼びに行ってくれた。 
出てきた母親に荷物の事を伝えると、そんなのは受け取っていないと言われた。 
(私は角部屋なので、「隣の家」はここしかありえない) 
「昨日のお昼頃、確かにここに預けたって言われました」と言っても知らぬ存ぜぬ、うるさい帰れ!とドアを勢いよく閉められ、チェーンまでかけられてしまった。 

改めて運送会社に確認の電話を入れ、状況を説明すると 
「確かにお隣の〇〇さんに渡しましたし、その旨を書いた不在票もあなたの部屋に投函しましたよ」と言う。 
玄関を確認しても不在票は無かった。 
抜き取られたのかな、と思います。 
現在進行形なので、このスレにまた顔を出すかもしれないです。 
続きを読む

861: 名無しの心子知らず 2011/11/14(月) 16:49:52.84 ID:03kUp1KP
我が家から一番近いスーパーが改装のために3日間休業することになった。 
普段から買い物は夫に車を出してもらって1週間分まとめ買いで、足りないものがある時だけそこを利用してたので別に困ることはない。 
近所のママさんたちとの世間話でその話題になり、「不便よね~」って言われたので、まとめ買いの話をしてた。 
「まとめ買いしても痛んだりしない?」と聞かれたので、痛みやすいのは何かしら手を加えて冷凍ストックにしてるから大丈夫。 
3日くらいならスーパー無くても問題ないわ~と言った途端、セコケチAが現れた。 

A「何なになに!?何がいっぱいあるの!?」 
私「いや、冷凍ストックしてるから改装終わるくらいまでなら大丈夫って話を…」 
A「えー!?何それずるい!!いっぱいあるならちょうだいよ!食べてあげる!!」 
私「何でよ。あげちゃったらうちが困るじゃないwそれにあなたの家の近くにもスーパーあるしw買い物困らないでしょww」 
A「だっていっぱいあるんでしょ!?ずるいずるい!!」 
私「こういう時に困らないようにまとめ買いしてストックしてるんだから、ずるくはないでしょ」 
A「だっていっぱい・・・」 
私「しつこいな!!うちは小さい子供が2人いるからなかなか買い物も出られないの!だから夫が休みの日にお願いしてまとめ買いに連れてってもらってるの! 
  あなたのうちはすぐ隣に別のスーパーがあるんだから、こっちのスーパーが閉まってても問題ないでしょ? 
  自分で何もしないでずるいずるい言わないでよ!」 

って言い返したら、

A「もういいわよ!!手作りの冷凍食品とか貧乏くさい!!ケーチ!バーカ!」 
って帰って行った。その貧乏くさいのをクレクレ言ってたのはどこのどいつだ。 
一緒にいた他のママさんたちはポカーンとしてた。幼稚園でも『いっぱいあるんなら頂戴』をいろんな人にしてるらしい。 
誰も何もあげたことないし、いつも「貧乏くさい!ケーチ!バーカ!」って帰るって。 
「手作りって愛情こもってていいよね~」って言ってる割にAが手作りのものを誰も見たことが無い。  
続きを読む

50: 名無しの心子知らず 2011/03/31(木) 16:36:42.18 ID:iRMoJLUX
流れ読まずに投下。携帯からなので読みづらかったらごみん。 

先日予防接種のため娘1歳を連れて掛かり付けの小児科へ。その日は風が強くて肌寒かったので、徒歩で病院にいく私は娘にヒスミニのポンチョを着させた。 
病院内は暖房がきいていたのでポンチョを脱がせて抱っこ紐と一緒にマザバに入れて順番待ちをしていたら、6ヵ月くらいの赤さん連れたママがススーっとやって来て、すごいナチュラルにポンチョをバッグから盗った。 
「ええ?」と一瞬フリーズしたけど、我に返って「それうちのです」って泥ママの手を掴んだ。でも泥ママは「これはうちの姫ちゃんのです!」って暴れる。 
続きを読む

このページのトップヘ