カテゴリ: 実親族

38: マジレスさん 2016/07/19(火) 14:43:42.44 ID:fsAwHdDD
ダウン症の兄弟がいて、俺は実家と離れて暮らしている。 
実家にはダウン症の弟、高齢の両親。 

最近父親がボケはじめてきて、もともとヒステリックで怒りやすかった父は、
今までやれてた事ができなくなってきたのもあって更に面倒な人になってるらしい。 
当然負担は母親に。 

そんな母親から、もうしんどいと連絡があった。
続きを読む

311: 名無しさん@おーぷん 2016/07/20(水)01:06:22 ID:TXc
数日前から姉と姪が家に転がり込んでる

うちの親は軽度の毒だったので、姉は愛玩子、私は搾取子だったんだよね
年取って、目が覚めてから、家を出て、今は一人暮らしをずっとしている
姉は小さい頃からずっと親と一緒に私を馬鹿にしてきたから嫌い。
まあ毒親とはいえ、金をむしり取ったりとかするわけじゃなく、会ってる時に
散々人を貶して満足してるだけだったので、距離をおけばそうでもなかった。
私は両親が嫌いだったので、結婚に夢も希望も持てず、男性恐怖症的な感じ
でずっと独身。結婚する予定もないし、したくもない。
姉は普通に結婚して子供を産んだので、これまた「結婚もしないなんてハズカシー」
的なpgrを言われまくってた。
それに比べてきちんと結婚して子供も出来ている私ってすごい!みたいな

で、よく電話してきては私に独身pgrしてストレス解消してたみたいなんだけど、
こっちも忙しくて、電話なんて掛かってきても取ってなかった
で、先日家に帰ったら、家の前に姉と姪がいるわけなんだよ
なんだよこいつら、と思ったら、姉の体は傷だらけだった。
すっかり消沈した姉が言うには夫はDV男と化したらしい
命の危機を感じて実家に逃げようとしたんだが、実家の両親は、自慢の長女が
DVとかいう地雷物件を引き当てて、離婚とかそういうのが世間体的に許せない
らしく、いいから黙って男を立てて家に帰れ、とかいって追い出すみたい
でも家に帰ったら自分も子供も殴られ蹴られ、まあいろいろで、困り果てて
うちに避難してきたそうだ
続きを読む

255: 本当にあった怖い名無し 2012/05/20(日) 17:14:20.28 ID:NGyOdCPn0
私の家は私と母と父(再婚)妹(父親違い)住んでいた。 
しかし、父が本当の父親ではないこと、私と妹の父親が違うことを小4まで知らなかった。 
母の若気の至りで妊娠したときの子が私。父親は誰かわかりませんし、会ったことありません。 
何故それを知ったかというと、あまりにも妹が変なことばかり言うから母に問いつめたら面倒くさそうに教えてくれた。 
変なこととは、妹はいつも私に 
「お前はこの家の子じゃない!邪魔だから出て行け!」 
「ホントだもん!姉ちゃん嫌い!あっちいけ!!」 
「パパとママはあたしの!いつもお姉ちゃんのこと要らない子って言ってるもん!」 
などと言っていた。しかもボウリョク振ってくる。 
一番酷いのは「邪魔ー」と言って階段から突き飛ばされたこと・・・
続きを読む

948: 名無しさん@おーぷん 2014/09/05(金)00:56:07 ID:OwVZJyy3c
ちょっと重いかも知れんけど投下。

俺は家族に愛されずに育った。
8つ離れた兄には毎日なぐられ、7つ離れた姉には毎日罵られ、実の母には常に無視され続けた。
だからクリスマスや正月だけじゃなく、自分の誕生日さえもした事がなくて、夏休みとか俺だけ三日間とか普通にご飯抜きとかあった。

『何で俺だけ…』

そんな思いが最高潮に達したのは、俺が家を出て数年経ってから。
今の嫁との結婚が決まり、嫁に

『絶対に挨拶はいきたい!』

と言われて、じゃあ形式だけ…と久し振りに実家に顔を出したのが間違いだった。
嫁を紹介した次の瞬間、たまたま来ていた兄の友達三人と兄の四人に嫁はオカされた。
しかも俺の目の前で、中にまで出されて。

等の俺は一番デカイ奴に押さえ付けられて身動きができず、泣き叫ぶ嫁を同じように泣き叫びながら見てるだけだった。

続きます
続きを読む

38: 弟 ◆q3SIBrZvBo 2008/09/24(水) 02:35:38 ID:PVMxHIvvO
カップル板の修羅場とは微妙にスレチだったらごめん 
姉の話だけど投下 

俺のねーちゃん(現在27歳)は結構美人で、古いけど、中根かすみをちょいぽっちゃり色白にした感じ。 
仮にユイとする 
性格も明るくて、昔からよくモテた。 
修羅場?は、ねーちゃんの会社の後輩の話。 

ねーちゃん(ユイ)は、地元で一番の進学校に行き、地元の国立大を出て、地元のまあまあ名の知れた企業でOLしてた。 
会社に入って3年目の時に、新入社員として、マオという女が入ってくる。 
容姿は普通だが、服装や髪型がモサイ。 
あと少しどうにかいじったら、そこそこ可愛くなれるのに惜しいって感じ。 
ねーちゃんが教育係としてマオにつくことに。 
聞けば、実家も同じ地区で、高校も同じ。 
大学に至っては、学部も一緒だった。 
共通点も多く、二人は親しくなって、よくつるんでいた。 
その頃、ねーちゃんにはマサオという彼氏がいた。 
マサオは会社の2つ先輩。 
顔はそこそこだが背が高く、スーツとメガネがめちゃくちゃ似合う。 
(私服だと冴えない感じ) 
何より、男気があって、弟の俺も好印象を持っていた。 

ある日、俺がツレと飲みに行った帰り、そのマサオがマオと二人で繁華街を歩いているのを偶然発見。 
(マオは何度か実家に遊びに来たので、顔を知っていた) 
その時は何とも思わなかったが、次にマサオに会った時に、 
「この前、マオさんと一緒のとこ見ましたよ」 
と世間話程度にふると、 
「え?見間違えじゃない?」 
と何やら慌てだした。 
これは何かあるぞ、と思い、ねーちゃんに報告した。
続きを読む

854: 恋人は名無しさん 2008/10/19(日) 02:09:54 ID:3HBwRoL/P
寝る前プチ投下 

今日の昼、兄と2人で近所のイオンでご飯食べてたら、たまたま(?)通りがかった兄の彼女に浮気相手認定されました。 
私が言い訳する暇もなくヒステリックに泣き出す彼女、周りの家族連れから白い目で見られて肩身の狭い思いをしました。

何より、浮気現場を見た瞬間の女の顔がすごく恐かったです。 
最終的には誤解も溶けて、彼女は『ごめんね、ごめんね』と何回も謝ってくれたけど、 
この先また何かの機会で彼女と会う時には絶対あの顔を思い出すんだろうなと思いました。 


拙い文章で失礼しました。
続きを読む

このページのトップヘ