カテゴリ: 実親族



139: 名無しさん@おーぷん 2015/12/19(土)06:31:00 ID:OtP
私が2歳の頃に父の不倫が原因で両親が離婚し、それ以降一切父とは会っていない。

父方祖母が私を不憫に思っていたらしく、遺言状に私宛の相続を記してくれた。
祖母が亡くなってから銀行の貸金庫から遺言状が出てきたそうで、
家族の誰もが貸金庫の存在すら知らなかったために父方一家びっくり。

祖父母は戦後に地元(九州)で事業を興した人で、今は父兄が継いでいる。
個人名義でもそこそこ財産があったので、きっと期待していたんだと思う。

慌てて弁護士をよこして相続放棄するように迫ってきたけど、母に慰謝料も払わず、養育費も払わず
母子そろって着の身着のまま同然で追い出した父に遠慮する必要なんてないので、
ありがたく相続するよと答えた。

私はその時東京で会社を興したばかりで資金繰りに苦慮していた時期だったし、
唯一気がかりだった母も地元を離れていて
「私のことは気にするな」と言ってくれたので遠慮なく頂くことにした。

祖母が遺言状に添えるように手紙を残してくれて、その中に
「子世帯のことだからと、離婚もその後のことも口を挟まずにいたけど、やはり後悔しかない。
今までの(孫)ちゃんへの養育費とお詫びだと思って受け取ってほしい。
生きているうちには会えないかもしれないが、私がタヒんだあとにこの手紙を読んで許してくれるなら
一度だけお墓参りしてほしい」
なんて書いてあって思わず泣いた。これで相続放棄したら祖母が可哀想だ。

祖母の遺言状は祖父にすら内緒で作成されたものだけど、昔の部下を証人に立てて公正役場で作ったもので、
さらに祖父や父・父兄への遺留分にも考慮してあったものだから、法的に何の問題もない。
裁判してもそれ以上は望めないのはわかっていたくせに、嫌がらせみたいに裁判を起こされた。
もちろんこっちが勝ったんだけど、判決の後に父の後妻がわざわざ東京まで来た。
深夜に会社(兼・私の自宅)の前をうろついていたところを、深夜業務のために出勤してきた従業員に声をかけられて、
びっくりしたのか転んで骨折したので救急車呼んだ。
そしたらその従業員に襲われたなんて言い出すから、警察に出入口と駐車場の監視カメラの映像提出したよ。
もちろん父妻が勝手に転んだのが証明された。

翌日父が慌ててすっ飛んできて、警察署で両親離婚後初の親子の再会w
「ご無沙汰してますが娘の○○です。嫌なところで会いましたねぇ」なんて相棒の右京さんみたいな口調で言ってしまったw
記憶にあった父はわりと男前だったんだけど、実際に会ってみたらなんてことないしょぼくれたおっさんでがっかりした。
父妻は厳重注意で解放されて、父と九州に帰っていった。

その後も小さな嫌がらせはあったんだけど、
証拠もあるしいい加減に訴えるよ、と会社の顧問弁護士から
父兄の会社宛に文書送ったらぴたっと止まった。

父は父兄会社の役員、父妻は従業員だったし、
会社の管理を問えるような状況がそろってたので会社宛にしてみた。


決算関係の書類作りながら、息抜きに当時の思い出を書いてみた。
おばあちゃんのおかげで今年も無事に年を越せそうです。おばあちゃんありがとう。


来年またお墓参り行くよ。
続きを読む



383 :名無しさん@おーぷん
無人みたいだから書き捨て。
気色の悪い内容だけど実話。

長男教で育ったおぼっちゃま、見事にニート化。両親に見捨てられジジババの年金吸い取る毎日w

文中、オエーーな展開アリ。
長兄様は二次元と三次元の区別がついてません。
二次漫画に出てくるようなオエーーがダメな方は回避必須なのでご注意願います。

当方三人兄弟の末っ子長女。次男とは双子。
実家は普通のサラリーマン家庭なんだけど、テンプレな長男教。おぼっちゃま扱いされている長兄様をしり目に奴隷扱いされて育った。
子供の時は扱いの差に傷つきもしたし、親の愛情を得ようと勉強やスポーツを頑張って表彰されるとかしたけど、どんなあほぼんでも長男さえいればいいという思考回路をかえることはなかった。
子供の時は長兄とは4つの年齢差がそのまま体格の差だったからわたしも片割れも怯えたものだけど、そのうちこいつが小心者で威張り散らしていてもいちいち親の威光を振りかざさなければ何も言えないヤツだと気づいた。
年齢があがるにつれてこっちも育ってくるし、知恵もついてくるからわたしと片割れは中学にあがるころにはこんなどうしようもない実家は大人になったら縁を切ろうと割り切ることにした。
幸い、ジジババと両親は人並み以上に世間体を気にする人たちだったから、周囲の大人を味方につければ高校、大学に進学することも可能だったため、わたしたち双子を老後のATMにする気で学費を払うジジババと両親に従順なふりをして学生生活を終えた。

もちろん、その後は適当にあしらって知らん顔。
地元に帰省するのは同窓会とか地元の友達と集まる時だけ。
冠婚葬祭だけは出席していたけど、実家には立ち寄らなかった。
両親はわたしと片割れがそれぞれ結婚したことも、子供がいることも知らずにいる。
一度、兄に結婚の話があがって顔合わせで召喚された時だけ出席した。
続きを読む


587 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2017/03/07(火) 17:38:16.50 ID:/Hj9J9Qe.net
姉が2人の子持ち(年子で二人とも雄)
姉は自分似の長男贔屓なのは知ってた

先週の土日に姉が上の子と遊びにいくからと言って1歳5ヶ月の下の子を
親が居ないって何度も言ってるのに俺しかいない実家に無理やり置いていった
しゃーないからチャイルドシート付きの母親の車に乗せて公園行ったら一心不乱に汚いどんぐり拾ってた
ポケットいっぱいになってたから母親の車に放置されてたギャレットポップコーンの缶に
ウエットテッシュでドングリをピカピカに磨いて入れていった
姉は子供の飲み物も置いていかなかったので近くの薬局で子供用のジュースの紙パック買って飲ませた

たまたま事務品コーナーにキラキラのシールが売ってたので買って車の中でギャレットポップコーンの缶にシール貼らして大人しくさせながら実家に帰った
家につく頃には甥っ子は自分でデコった缶を穴が開くほど眺めてた
あまりにも気に入っていたので缶の裏に「すずきいちろう(仮名)」と油性マジックで書いてやった
夕食食べてたら姉が迎えに来て帰っていった

その日の夜、10時ちょい過ぎに姉夫から電話、甥っ子が行方不明だという
俺の親・姉夫実家等々みんなで探し回った1時間が修羅場
すぐに姉家近くの公園の林をヨチヨチあるいてる甥っ子を発見され警察が保護持ち物から名前がわかり連絡が来て甥っ子は帰って来た
その時、姉夫婦がまだ警察に相談してなかった事が判明
戻ってきた甥っ子は俺のやったギャレットポップコーンの缶を抱えて靴下だった
俺の顔を見たらあーーーーって泣き出して
「どんぐーどんぐー」言ってた
缶の中身見たらドングリが全部無くなってるの、最初は無くしたのかな?って思ってたけど
警察に事情を聞かれる姉の話を聞いてたら判明した内容が酷い
続きを読む




181: 名無しさん@おーぷん 2015/03/04(水)19:44:31 ID:INv
うちの従兄は絵に描いたような
「甘やかされまくってスポイルされダメになった子」だった
両祖父母と母親に溺愛され、行き過ぎたイジメをやらかして裁判沙汰になっても、女はらませても、
「従兄チャンかわいそう~」
「従兄チャンは被害者(キリッ」
「おーよしよし、ジジババとママンが代わりに戦ってあげるからね。お金に糸目はつけないわ」
って感じで放免されてきた。



続きを読む



997 :名無しさん@おーぷん
次スレ立て乙&埋めがてらに

旦那は実家と縁切りしていたので、私は結婚前に義実家に行ったこともなければ義両親に会ったこともない
義両親は旦那が若い頃に離婚していて、義父は再婚済みとだけ聞いてた
それが去年、色々あって仲直りしたので、今年の正月に旦那の実家に初めて行ってきた

びっくりしたよ・・・義実家の玄関あけたら白人さんがたくさんいたんだもの・・・
正確に言えば、
義父→日本人、義母(再婚相手)→日本と欧州某国のハーフ、義弟・義妹×2→クオーター
なんだけど、全員の見た目に日本人的な要素一切なし(名前は全員、日本人名)

義父だけは日本人なんだけど、面長・広いおでこに鷲鼻でロシア人みたいな日本人離れした顔立ちだし
肌も白くて手の血管が目立ってて、瞳の色も薄い緑と茶色で綺麗だった
旦那曰く、義父の実家の人はこういう顔の系統らしく、ハーフとかではないらしい
だから家族全員でそろうと、義父も完全に外国の人に見えてしまうw
実際、義母の国に行くとごく自然にその国の言葉で話しかけられ、日本人というと驚かれるそうなw

一方、旦那の顔立ちはお雛飾りのお内裏様に似てて、義父とはまったく似ていない
お正月の間に義母(旦那生母)とも会ってきたけど、旦那とそっくりのお雛様顔だった
「この子(旦那)父親に似てないでしょw でもちゃんとあの人の子だから安心してねw」と笑って言われた
続きを読む


969 :名無しさん@おーぷん
率直な意見を聞かせて下さい。
独身アラサーの一人娘と一緒に撮った家族写真入り年賀状が来たら、皆さんはどう感じますか?いいと思うのか、ちょっとそれはないなと思うのか教えて欲しいんです。
書き込みしている私(一人娘)はもう写真はやめて欲しいと毎年言ってるんですが、母がデモデモダッテで
しつこく、結局こちらが折れて家族写真年賀状をこの数年は出すという形で、私の心が狭いのか母がしつこいのかわからなくなってきてしまいました。
続きを読む

このページのトップヘ