カテゴリ: 実親族


奥様が墓場まで持っていく黒い過去

156: 名無しさん@おーぷん 2015/01/20(火)18:45:06 ID:dIh
もう10数年前だが、
祖母が 新聞紙に包まれてた重い何か を私に渡して、
「絶対みんなにバレないようにあなたが隠して持ってなさい。
 私がタヒんだらそれを持ってこの家を出なさい。
 必ず大事に使いなさい、この家にもう戻ってはいけないよ」
と言った。

この時私は高校出て、家事と寝たきりの祖母の介護をしてた。
夜の介護も私なので同室。
大学は「馬鹿だから行くな」と親に言われた。
子供の頃から塾に通っていい大学に行った兄に比べれば、私は塾も習い事も行ったことない
馬鹿なので、しょうがないなと思ってた。

兄の習い事での表彰状が家じゅうに貼ってあった。
羨ましかったけど、
「お前には引っくり返っても貰えないよ」と
祖母以外のみんなに言われて育ってたので、そうなんだなと思った。

祖母は
「○○ちゃん(私)だって賢い子だよ」と言ってくれたが、
家の中で病気がちな祖母の発言は弱かった。

家は会社人間の父と、趣味と社交に没頭する母、出来る兄と、
奴隷要員の私と、ガンの手術と再発を繰り返してる祖母の5人暮らしだった。

祖母は冒頭の会話の二年後、最後のガン手術から結局回復しないまま心不全で他界した。
祖母の部屋からは手術前に残した手紙が見つかって、
「数年前○○会社の○○と名乗る男性のつまらない投資詐欺に騙されて、
 お父さん(祖父)から相続した貯金をほとんど無くしてしまいました。
 恥ずかしくて今まで隠してました。ごめんね」
という内容だった。

両親と兄は
「介護までしたのに!恩知らずのババアが!!」と大激怒。
私はただ泣いていた。

祖母の介護がなくなったので、私は家を出ることにした。
両親は
「家事はどうするんだ」と怒ってたけど、
結局は
「高卒出のバイト暮らしなんて、すぐ立ち行かなくなるぞ」
「週末は家事しに戻ってこい」と言って送り出してくれた。

それが両親の顔を見た最後。
兄の顔見た最後はいつだったか。全然思いだせない。

祖母から預かった新聞紙の包みの中身は知ってた。
アパート借りる保証人になってもらう時、親に見せた住所は偽物。
遅くなったけど専門学校に入り資格を取り就職、その後縁あって結婚も出来た。

祖母のお金は入学金とバイトが見つかるまでの生活費にしか使わず、
結局まだほとんどが金庫に残っている。

これがあれば何も怖くないよと、
いつも祖母が背中を押してくれてるような気がしてる。

贈与税とか色々ダーティーなお金なのでスレタイ。
続きを読む

94: 名無しさん@HOME 2011/10/19(水) 14:41:43
義兄第一子とうちの第二子の出産が1週間ちがいだった。 
そろそろ内祝手配しないとと思い、ほぼ同時期に親戚に贈ることになるし、 

念のため義兄嫁に聞いたら、「内祝って何?」って言われた。

ポカーンとなりつつもしょうがないから説明して、
義母が3分の1から半返しの間で〜と言ってたので、その旨も伝えた。
意思の疎通は図れたと信じて、うちは普通に3分の1〜半返しの中間で手配した。

しかし後日「うちはお金ないから気持ち程度のものを贈るよ」とメールがきた。

気持ち程度!?ってなんだ?
旦那は義兄に最低でも3分の1だからって念押ししてた・・・
にも関わらず、どうやら2000円くらいのフルーツを贈ったみたい。

この夫婦、結婚式がリゾートで、挙式のみだったんで、
お祝いだけ包んだんだけど、どうりで内祝が来ないはずだよね。
リゾート挙式だと安いのミャハ☆とほざいてたけど、
旅費は列席者負担、内祝もしなきゃそりゃ安くあがるよね。

なんか真面目にやってる私たちがバカみたいだ。
続きを読む


※胸糞注意

566: 名無しさん@おーぷん 2017/03/30(木)00:13:45 ID:Gx9
我が家は父が社長、母が役員、兄が主任で従業員10人未満の零細。
資金繰りにいつも困っていて、兄の彼女がいつも色んな意味で助けてくれてた。
兄は彼女さんに
「この山場を乗り越えたら結婚しよう」っていつも言ってたみたい。
言い続けること12年。

このたび兄が結婚相手を家に連れて来た。
彼女さんとは全然違う人で、キャバクラで働いてる21歳w
兄は36歳、彼女さん同い年。
母は兄に
「何てことをするのか、彼女さんはどうするんだ恩知らず」と怒り
父は
「若い方がいいに決まってるよなw」
と言い放って母に置物投げられてた。

母がポロっと洩らしたけど中絶させたこともあったみたいだ。

兄がここまでクズと思わなくて修羅場。
父にも幻滅。 
続きを読む

906: 名無しさん@おーぷん 2017/03/24(金)23:41:41 ID:Ux3
姉がよくわからんけど、結果オーライな話。
姉は子供の頃からだらしなくて、すごくめんどくさがりや。
部屋はいつも汚くて、ホコリで絵がかけるぐらいにならないと(たまになっても)掃除をしない。
ひどいと年末まで掃除しない時もあった。

そのくせ、見かねた親が部屋を片付けようとすると部屋に入るな、さわるなって烈火のごとくぶちギレるから長年ずっと汚部屋だった。

そんな姉が給料を貯めて東芝のトルネオっていうコードレスのお高い掃除機を購入した
(ダイソンじゃねぇのかよって言ったらこっちのが軽いし安かったし性能も悪くないとのこと)。

みんな掃除しないくせに、無駄な金使って・・・って呆れてたけど、
今までのだらけっぷりが嘘のように姉は毎日自分の部屋どころか、
家中を毎日掃除機をかけてくれるようになった。

それでもどうせ長くて二週間か半月ぐらいでやらなくなるだろ、って思ってたら
もうかれこれ三ヶ月きちっと毎日掃除機をかけ続けてくれてる上に、毎日玄関を掃いてくれるようにもなった。

最近部屋片付いてるし床綺麗だねって言ったら
「床に物置くと掃除機かけれなくなるから置かないようにしてる」
って、それ逆じゃね?みたいな理由だったけど、まぁ綺麗にしてるからいっか、って思ったし
両親も姉が掃除してくれるから助かるって喜んでる一方で、
こんなに丁寧にできるんなら掃除機ぐらいもっと早く買ってやれば良かったって複雑そうにしてる。


ほんとになんで今までやらなかったんだろう
続きを読む


※閲覧注意

589: 名無しさん@おーぷん 2015/11/13(金)08:06:19 ID:oMI
中学の時異母兄たちに犯された。
長いうえに胸糞も胸糞なので閲覧注意。

私は父の後妻の娘。
前妻のところに二人子供がいることは知っていたけれど会ったことはなく、
父がリストラされた後はローンや養育費を払うのが大変で母がフルタイムで働いて家計を支えていた。
離婚の理由は知らなかった。

私が中1になった時、家に見知らぬ男がいて
「今日からいっしょに暮らすことになった」と父に言われたのが前妻の次男。
(以下兄?)当時高1。
母が再婚を考えていたものの、どうしても相手と折り合いが悪くて
前妻から引き取ってくれと打診があったそう。

突然のことに母も私も戸惑った。
その当時の家は、再就職が見つからなかった父は就活をしながらコンビニでアルバイトをしていて、
母は通院しながらのフルタイム。
必然的に家事は一人っ子の私がやっていた。

そこに高校生の男の子が入ってきた。
第一印象は今風に言えば「チャラそう」

母も私も難色を示したものの、父が
「俺の息子なんだよ」と言ったから戸惑いつつ受け入れた。
父は女しかいなかった家に男が増えたことを単純に喜んでいるようだった。
母と再婚後はほとんど面会しなかったそうだから、息子に罪悪感でもあったのかもしれない。
続きを読む


981: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2017/03/28(火) 04:16:59.82 ID:a5lkOW2l.net
在日の話だから叩かれるかもだけど。
在日嫌な人はスルーでお願いします。
あと長文苦手な人もスルーで。

彼と結婚の話になった時、在日が理由で彼両親、祖父母、年配の親類から反対された
国籍を変えると言ったら渋々OKしてもらい、苦労していざ日本国籍を取得できそうになったら
次は名前が気に入らないといわれ、両親に泣きながら名前を変えたいと頼んだ
もちろん家族全員激怒したが、こちらは嫁に行く身だからと彼と一緒に頭を下げ続けた
何回も話し合いを設けて、やっと両親が折れてくれた(半分勘当みたいな感じで)
そして無事に帰化、名前変更が済んだ
これで彼親族がまだ私を気に入らないとなったら彼は実家と縁を切ると言ってくれたが、
彼実家はここまでやってくれてありがとうと、無事結婚が許された
そして彼と暮らしていく内に、私がいた世界がいかに変な環境だったか思い知らされた
うちは俗にいう毒家族ってやつだった
幼い頃は毎日家事や父の晩酌の相手をさせられていた
女とはこう有るべきだという話を何時間もして反論すれば怒鳴られ、
呼ばれてすぐ来ないとキレてものを壊したり叩かれたりした
兄弟はずっと知らんぷりで、父の機嫌が悪い時は私に機嫌とってこいと背中を押した
親族にはシングルマザーがほとんど、結婚してても何度目かわからない
いとこは腹違い、種違いばかりでアル中もいる始末
お金が大好きで、ない時は寄り付きもしない、あればわらわら寄ってくるような人達だ

今思えば、名前を変えてほんとうによかったと思う
この呪縛から少しでも逃れられた気がしているし、人から大切にされる幸せも掴めたから

私の修羅場は、国籍を変えるよりも名前を変えるよりも、自分の親族皆が毒だったことに気づいた時
そのせいか、結婚5年になるけどまだ子供は考えられない
続きを読む

このページのトップヘ