カテゴリ: 義父・義母

    mixiチェック

339: 名無しの心子知らず 2019/03/19(火) 16:08:19.75 ID:b+2TrGOw.net
実家お泊まりした0歳児の前髪が義母によってバツバツのガタガタに切られた
まだ眉毛にすらかかるかどうかの長さなのに
オメーの子供じゃねーよ勝手なことすんな子供でももっとマシな仕上がりだわ、虐待してんのかと思われてしまう…

とがめられても『いいんよいいんよ!!』みたいな全然理解してない人ってなに考えてんだろ
あんなのが児童教育に携わってると思うとゾッとする

続きを読む

    mixiチェック

595: 名無しさん@HOME 2019/07/18(木) 03:28:10.13 0
結納ネタでモヤッとしたんだけど 
結納するの?って話になったら義両親に
「いまどきそんなのしないぞw」って笑われたけど 
籍入れた途端「家に嫁いだんだからな?」「○家の家族だからな」 
最近なら「嫁の癖に」「ろくでもない嫁」と言われてる 

結納してないから嫁にいったなんて微塵も思ってないし結婚祝いすら貰ってないから
嫁いだ意識もないのになんなの?ってモヤッとしてる… 
私達は夫婦になりました別の家庭ですで突っぱねてるけど
私の言葉を理解してなくて苛々する


続きを読む

    mixiチェック

435: 名無しの心子知らず 2019/08/03(土) 23:44:05.71 ID:cPVx8DuQ
今日、義両親が大きな祭りで
嫁はピザに並べ、孫とオモチャを買ってくるから
と、2歳児を見失った。

少なくとも6家族総出で散々探し回って
中学生男子が手を引いてるのを義母が発見した。


本当に怖かったし本当に腹が立った。
これらのことを笑い話にしていたのも腹が立った。
そしてもちろん謝られることもなかった。

私はその場で何も言えなかった。仕事で不在だった主人に
帰ってからぶちまけたけど、分かってるようで温度差があると思う。
義両親にはみんな気を使っている。

怒りで眠れずにこれを書いてるんだけど、
あの時何か言えたらよかったのか、でも言葉を選ばずに
言いそうだったから分からない。

ただ、見つからなくて怖かったし、今涙が出て来て、
自分がどうしたいのか分からない。
でも、つきあい方を変えたいのは分かる。

本当に子供に申し訳なかった。何もなくて本当によかった。
この事を話せる人がいなくてここにはきだしました。


続きを読む

    mixiチェック

165: 可愛い奥様 2019/01/02(水) 17:14:13 ID:Dk7+ZLyT0

義母からお正月だから皆に顔見せに来なさいって電話があった。
旦那と子供たちは行かせた。

「去年のお正月、あなたの息子は愛人と海外旅行でした。
思い出すので行きたくありません」
って言ったら

「そんなことあった?そんなこと深く考えずにおいで」だって。絶句したよ。 

続きを読む

    mixiチェック

104: 名無しさん@HOME 2019/02/14(木) 22:24:57.09 0.net
私の年収は、旦那の約2倍。子どもは夫婦でほしいと思ってるけど、私が正社員で働かないと生活するのは無理。
私と旦那は私実家との完全分離の2世帯に同意。保育園に入れるにしても私両親にフォローしてもらわないと厳しい。まだ子どもはいないけどね。
ウトメに私実家との2世帯を検討していることを報告すると、旦那は長男なのに嫁の両親と住むなんて!婿にやった気はない!だって。
が、ウトメに言いたい。2世帯考えざるを得ないのはお前らの息子に甲斐忄生ないからだろ。その少ない給料から奨学金返してるのはウトメに甲斐忄生なくて旦那の学費払えなかったからだろ。
金出さないなら口出すな!!!

続きを読む

    mixiチェック

395: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/01/10(火) 20:46:41.76 ID:VGLgfjtOd

叩かれそうだが愚痴らせてくれ

嫁が41で第一子不妊治療で出産
現在45歳で周りが2人目妊娠してるから恥ずかしいと泣き疲れて
不妊治療をやって数百万かけて最近陽忄生判定もらった


嫁が親に報告したら愕然としていたらしく
もうこれ以上孫の面倒はみれないお前たちで子育ては頑張りなさいとの返答 

親は80間際 
俺も50間際だから体力的には本当はキツイ 
友達もダウン症の検査はした方がいいとすすめてくる 

そりゃ年齢的には上の方だろうが
ここまでネチネチ言わなくてもというのが正直な想いだ


続きを読む

    mixiチェック

233: 名無しの心子知らず 2020/01/23(木) 11:44:56.11 ID:uTssO9iH
はぁ~憂鬱
明日、義両親がうちに来て2泊するんだけど
義父は中国に出張してたから、新型肺炎が心配で
正直泊めたくない…

わざわざ遠くから来てくれてありがたいんだけどね。
旦那には愚痴れないし
病気貰ってない事を祈るしかない

続きを読む

    mixiチェック

740: 名無しさん@HOME 投稿日:2010/12/17(金) 12:32:22

結婚後3年子どもができず、検査したら夫が原因だった。 

しかし私にマゴマゴ攻め立てるウトメにそのことを告げるでもなく、
まあ「嫁にあんまりプレッシャーかけるな」とか釘刺してくれてたのでなんとなく「ウトメが悪い」と思わされてたけど、本当に私のことを考えてくれているなら、状況をちゃんとウトメに伝えるべきじゃない? 

ウトメが「孫が見たい。できないなら身を引くことも考えて欲しい」と言ってきたので「うちの両親は夫君が原因だとわかっても、離婚しろなんていいませんでしたけどね?」とつい言ってしまった。 

え?とポカーン顔のウトメと、青ざめる夫を見て止まらなくなって 

「原因は夫君の種が少ないからなんですよ。私は健康体。
私だって親だって子ども欲しいんです。
なのになんで夫君が原因なのに、私がそんなこと言われなきゃいけないの?

夫君も夫君だよ。全部私のせいにして、自分は高みの見物かよ、おめでてーな。
子どもできなくてもやっていこうと思ってたけど、もうあんた自体に愛想が尽きた!」というわけで実家に帰ってきました。 

両親は「子ども出来なくても、二人で仲良くやれればいいじゃない」と言ってたけど「そうじゃなくて夫のこういう態度に愛想が尽きた。もう愛情とかないから!」と言ったら理解してくれた。 

ウトメからは電話があって、私は出なかったけど、両親に「息子を問い詰めて、子どもが出来なかったのは息子が原因だと分かった。嫁ちゃんには申し訳ないことを言った。謝罪の言葉だけ伝えて欲しい」とのことだった。 

夫からは「ウトメがひどいこと言って悪かった」とメールがきてる。 
どんだけ理解できてないんだ、鳥頭。 

「ウトメは関係ない。原因はあんた。愛が失せたのも離婚したいのも子どもができないのも ぜーーーんぶあんたが原因だから!」と電話でひと息に言ってガチャ切りした。

続きを読む

    mixiチェック

238: 名無しさん@おーぷん 19/06/17(月)17:08:55 ID:kE3
妻が自身の両親(私の義両親)を比喩表現なしにぼっこぼこにした。

娘が5歳の時、義両親宅へ御呼ばれした。
義父はまだ現役で、長年の海外赴任を終えて日本に戻り、
その時に購入した新居のお披露目会。

娘は猫アレルギーがある。
そのことは周知済みで、義妹も義弟も猫を飼っているが、
その日は猫に触れず(猫がちょっと可哀そうだが)に家を出たし、
洋服なども家を出る直前に着替えてくれたりと、
どの程度効果があるのかはともかく非常に気を使ってくれていた。
しかし、お邪魔しますといった瞬間、
背後から義母が娘に向かって「いらっしゃいにゃーん!」
と言いながら猫を娘に抱かせようとしてきた。
義母は庭で猫と待機しており、我々が到着した瞬間を狙い、
娘に新しい家族の猫を自慢しようとした。

「ちょっと!」と大声を出し、私は猫をすぐに家の中へ。
そしてアレルギーの件は再三伝えていたし、了解したと返事も貰っていること。
また、以前伺うと連絡した時もペットは飼わない
(昔のペットロスがトラウマと言っていた)
といっていたことを言いながら文句を言った。

嫁はとにかく娘の服に付いた猫毛を落とし、
すぐにシャワーを貸せと義両親へ詰め寄っていました。
娘と嫁は泊り予定だったので、着替えを持ってシャワーへ。
私は替えの服がスーツしかなかったので、とりあえずそれに着替えました。

続きを読む

    mixiチェック

485: 名無しさん@HOME 2013/04/17(水) 17:01:45.45 O

つい最近義弟が結婚、相手はバツイチ年上連れ子あり。(5歳男の子)

いきなり最年長の孫、しかも男の子ができた義両親が大喜びで、●●家の宝だ!って可愛がってる。
連れ子でも可愛がってる義両親はいい人だとは思うんだけど、当然の顔してる義弟嫁にもにょる。

わざわざうちの娘たち(4歳と1歳半)のいるところで 
「お義父さんお義母さんの、孫にランドセル買ってあげるって夢を、●●家の王子様が叶えてあげたわ~」とか言うし。 

うちの上の娘、ジジババと一緒にランドセル選ぶんだって約束して楽しみにしてるんだよ!!! 

家も建ててもらうことになったんだって。 
去年うちの旦那の給料が大幅に減ってしまって義両親とは娘達の学費の援助を約束してもらってあるんだけど、この調子だとうちの娘達にいただけるはずの金額が減ってしまうんじゃないかと心配。 

今のところ普通に付き合ってるけど、イライラしてしまう。

続きを読む

このページのトップヘ