カテゴリ: 夫・妻

429: 恋人は名無しさん 投稿日:2012/01/19(木) 21:20:59.27 ID:LuPiCTYg0
私が原因の、知人B男氏の修羅場。 

私 現在×イチ 
A男 元夫 
義妹子 A男の妹 
B男 義妹子の意中の人 

結婚前、デートにも結婚式場の申し込みにも着いてきた超ブラコンの義妹子。 
最初は仲がいいな程度だったけど、結婚後の新婚家庭にも押し掛けてきて実兄にべったりで気持ち悪かった。 
一応来る時は手土産持参で来るんだけど、ケーキ二つとか。 
「お兄ちゃんチョコケーキ食べる?私のチーズケーキも一口あ~ん」 
みたいにベタベタ。 
そして私のケーキは無い。


私は姉妹で育ったので、兄妹ってこんなのかなと最初は思ってたけど、なんか変だぞと思い始めた。 
でも自分の感覚に自信が持てず、同僚とかに「こういうのは普通の範囲?」とか聞いてた。 
最初は同僚も「ちょっとブラコンだねえ」と言ってたけど、上記のケーキの話辺りから 
「ちょっとヤバい感じ?」になった。 
ある日、ビジネスランチってほど上等なものじゃないけど、仕事関係でもちょっとプライベートも混じるかなという感じの昼食をした。 
そこでB男と出会った。 
その時話の流れで、私んちの事情とは明かさずにネタとして、こんな兄妹ってあり?みたいな話を同僚が出した。 
B男にも妹がいるからその流れでだったと思う。 

続きを読む

460: 名無しさん@HOME 2012/03/17(土) 15:47:13.30 0
夫が事故で死んだ 
勤務中に交通事故の被害者になった 
都内、家賃補助無しで賃貸、保育園激戦区で入れない上夫激務の為妻専業、私立幼稚園しかないから私立一択 
そんな環境下で年収4XX万円台の四人暮らしは厳しかったが 
夫婦仲も良く、子供達はパパ大好きで幸せって言える家庭だった 
お互いの親とも付かず離れず、上手く付き合えていた 
それが夫の突然の死により一変


幼児と専業の妻あり、二十代の大黒柱、という事で賠償金その他は高額の請求 
勤務中と言うことで労災認定、そして未成年の子供らが居るから遺族年金も支給 
それらとは別に生命保険、個人年金、学資保険もあった 
夫の母がやんわりと相続や私達母子のこれからについて口を挟んできたが、折々の契約時やライフプランの話し合いで意思確認をしあってきたのでそれに沿う予定で 
遺言とまではいかないが、お互いに自分の身体の自由がきかなくなったり死去した後、どうしてほしいかのような希望を書いた物を作っていたのでそれを義父母に見せた上 
夫の遺骨の管理や子供達の養育と相続も法定通り、事故の慰謝料に関しては基準額にそって義父母に渡す方針だと説明したら義母が暴走した
461: 名無しさん@HOME 2012/03/17(土) 15:48:44.23 0
その話をして数日後、納得がいかないと義母が自宅にやって来た 
子供(義母から見た孫)も金も全て寄越せ、
まだ二十代で若いんだからもう一度結婚でも出産でも出来る 
夫と子供との数年間の生活はもとからなかった事にして
全てを義父母に渡せ、子を亡くした親の悲しみが一番深い、それを癒すのを最優先すべき 
若い女が金を持ったら録な事にならない、死と引き換えられた金をそんな風にされたら
死んでも死にきれないみたいな事を主張された 
更に事故にあったのも死んだのも、私が夫だけ齷齪働かせて家でグータラ専業主婦なんてしてたからだ、人殺し殺人鬼、金目当ての保険金殺人だ次はこの子らを殺す気だろうと罵った 

私の制止もきかず子供達の前で半狂乱で心境を吐露し
怯えて私にしがみつき嫌だと泣き叫ぶ子供達を無理矢理連れ帰ろうと実力行使に出た義母 
中年女性といえど高度肥満の義母を子供達を護りつつ追い出すのは大変だった 
殴る蹴る引っ掻かれる、突き飛ばされる引っ倒される、物を投げつけられる物で撲られる 
とにかく子供達に怪我をさせない様にとにかく子供達を奪われない様にと防戦一方 
そんな中子供達だけをどうにか他の部屋に入れて隔離し、暴れる義母を文字通り引きずって追い出した 

続きを読む

763: 名無しさん@HOME 2014/03/02(日) 02:14:04.99 0
気持ち悪い下ネタにつき閲覧注意。コウトにしたDQN返し。 

我が家は共働き。 
色キチコウト(旦那弟)が義実家に預けてた合鍵を無断借用し我が家を愛の巣(出会い系女とのホテル代わり)にしやがった。


発覚は寝室が変にイカ臭い→旦那が私の浮気を疑う、私は旦那の一人遊びだろうと放置 
→旦那が浮気現場を押さえる為に出勤した振りして家に戻りクローゼットにin(この為に四日も有給申請してた) 
→知らずにコウトが女と入ってくる→浮気現場確保!…オイその女誰だ。の流れ。 
コウトがヤってたベッドとかもう寝れない、弁償しろと言うも「ちょっと米青子ついたくらいでウダウダ言ってんじゃねぇよ中古ババア!」と逆ギレ。 
旦那に殴られながらも弁償せず逃亡した。 

以下汚いDQN返し 

コウトは他人のモノがついても平気らしいので、旦那が一人遊びで出したモノを溜め込み(私の浮気を疑った罰も兼ねてる)、 
それをコウトの部屋(汚い)・車(免停中)・ギター(弾けない)・服(ダサい)に塗りたくってやった。 
やるだけやってコウトに報告したら発狂。弁償しろとつっかかってきたので「ちょっと米青子ついたくらいでウダウダ言ってんじゃねぇよ犯罪者!」と返してやった。 
結局コウトも他人のモノはダメだったらしく、ギターと服を捨て車も買い換えてた。 
真のDQN返しは報告の際、部屋にも撒いた事を伏せた事。元々イカ臭い部屋だったから気づかなかったんだろうねw
続きを読む

61: 名無しさん@おーぷん 2014/05/04(日)13:21:43 ID:???
俺の母親は華道が趣味で、地元の小さな流派だが
若いうちから師範の免状も持ってた。
もっと上の先生の教室で補佐みたいなことをしてて
普段からわりとよく着物を着ていたんだ。
そんな母を俺は子供心に美しいと思ってたし自慢だった。


うちには父方の祖母が同居してたんだが、
この祖母が糞ババアのテンプレみたいなやつで
母によく嫌味を言って虐めていた。
だけど母はそれをいつもクールにスルーしていたが
たまにクワッと険しい顔になるときがあって
そうなると祖母も言い過ぎた!とでも思うのか
急にビクビク母の機嫌を取り出すのが
意味不明というかよく分からなかった。
機嫌を取るぐらいなら最初から嫌味とか言わなきゃいいのにとか
睨まれたぐらいでひるむようなタマか、とか。

俺が中学に入ったばかりの頃にその祖母が死んだんだが、
お通夜のときに、叔父や叔母たちが笑いながら
「お母さん(祖母)も最後まで○子さん(母)にはかなわなかったわねぇ」
とか言ってて、なんのこっちゃと思って詳しく聞いてみたら
昔、曽祖父の法事の時に、母が祖母をグーで殴ったことがあったそうだ。
祖母は嫁としての母を最初から気に入ってなかったらしく
いつものように嫌味を言い続けてて
母はこれまたいつものようにスルーしてたそうだ。
その場にいた叔父や叔母は下手に注意するとエスカレートするのが分かってたから
黙って母と一緒にスルーしてたらしい。
ところが、それまでスルーしていた母が突然立ち上がって
祖母をグーで殴ったらしい。
その時に祖母は鼻骨を骨折して、そのことを死ぬまで恨んでいたとか。
祖母の鼻が微妙に歪んでるとは思ってたが、それでか~と納得。

お葬式が終わって一段落したときに、
母に「何言われて腹が立ったの?」って聞いてみた。
そしたら「おまえがお父さんの子じゃないなんて言われたら
そりゃあ殴るでしょ」とサラッと言われた。
母には逆らわんとこ、と思った中一の夏。 


続きを読む

552: 名無しさんといつまでも一緒 2009/09/04(金) 03:06:11 0
長いが書いてみた。 

専業主婦だった元嫁30歳に2歳だった娘を連れて間男の所へ逃げられた。 
「あなた32歳は家庭を顧みないし、帰りも遅いし、収入も将来性も間男がずっとある」と 
要約するとそういうことを面と向かって言われた。 
仕事の帰りが遅かったのは、家族のための収入増を図って社内試験のための研修だったからで 
遅く帰っても夕飯と朝飯つくってたのは俺で、フラフラになって娘の夜泣き癖やおねしょの面倒みてたのも俺じゃ! 
俺の仕事中に娘を元嫁親にあずけて、外回りの間男と会っていたそうだ。 
すれ違いや話し合い不足の点はあっただろうし、俺が全く悪くないとは言わんが 
それで不倫していいのかというと話は別のはずだ。 

間男親も元嫁親も平謝りだったが、結局は自分の子供がかわいいわけで、金を払うから俺に引いてくれとそれ一点張りで話にならなかった。 
間男25歳は確かに育ちがよさそうな男で有名企業に勤めていたが、感情に乏しそうなやつに見えた。 
何を考えているのか今イチわからん。 
間男親は農家で年収1千万超だそうだ。あ、間男は長男ね。


553
: 名無しさんといつまでも一緒 2009/09/04(金) 03:07:01 0
離婚は異存なかったが、親権をめぐって1年近く争い、長引いたおかげで元嫁に育児実績が 
できてしまい、調停員が旧弊な老人揃いで結局負けた。 
調停中は身を律するために間男の会社への突撃も避けていて制裁の機会も失くした。 
得たものは間男と元嫁合わせて700万の慰謝料だった。 
会社への口止め料と、娘を奪った分の上乗せもあったの金額だが、これほど嬉しくない大金はないように思う。 

負けた俺は、早い話、気力が失せて悔しさで泣いて過ごしていた。
ヘタレではあるがこれが事実だった。 
慰謝料700万のうち500万を娘の養育費として一括で払い、娘と会う機会を確保した。 
養育費については領収書をきちんととった上で、娘と会うことを妨げない一筆も書かせた。 
月1~3回、マメにあっていたので娘の成長を知る上での空白期間はなかった。 

娘が小学校にあがる前の冬、元嫁から娘のことで相談があるといわれ渋々会った。 
用件は案の定、養育費の追加請求だった。 
500万を3年で使い果たすなボケ、誰が払うか。 
断ると元嫁が深刻な顔で、娘は俺が育てた方がいいかもと漏らした。 
まさか間男の虐待でもと元嫁を問い詰めると、怒鳴ったり殴ったりはしないが、間男が娘への関心をなくして 
邪魔にしたり無視したりするという。 
元嫁も自分の娘のことだから心配で俺に頼ってきたということのようだった。 


続きを読む

213: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2008/04/22(火) 13:34:59
先週、俺の実家に帰った時の事。 
子供たちも嫁も田舎を満喫しまくりで早々に寝てしまい。 
居間に親父と二人きりになった。 
親父は無口で温和な性格だがその時はやたら嬉しそうに 
好きな日本酒を俺にも飲めと杯を勧める。


「よく帰ってきたな」 
なんてポツリポツリ話しかけてきて、 
なんだかこっぱずかしいなと思いながらも相槌打ってた。 
いきなり満面の笑みをこぼしながら親父が 
「いい嫁さんにきてもらったよ。お前は人を見る目がある」と嬉しそうに言った。 
「そうか?」と照れながら返すと、
「次男が僕はおじいちゃんに似てるってかーちゃんに言われた」
と親父と話をしていたらしい。 

前に次男が「僕はだれにも似てない○○と○○はとうちゃんやかーちゃん 
に似ていると皆に言われるのに!」と嫁に訴えた事があったのを思い出した。 
実際あんまり両方に似ていなくて、俺方の親父系の顔をしてる。 
どうやらそこで嫁が次男はじいちゃんにそっくりだと教えたみたいだ。 
次男との会話を親父が話し始めた 
「次男がわしに似てる事を喜んで話してくれてわしは嬉しかったよ。
何度もわしを褒めてくれるんだ。
じいちゃんはトマトもとうもろこしも作れるお米だって作れるんだ!総理大臣にも中々できないよ! 
と褒めてくれた。わしは嬉しかったよ野菜をあげて喜んでくれる人は居ても 
褒めてくれる人は中々いない。この年になっても褒められるって事は嬉しいな」 
とグイグイ酒を飲みながら話してくれた。 

なんて言っていいかわからず「よかったな親父」と上から目線で返してしまった。 
それでも、「うん、な、わし総理大臣より偉い」と笑っていた。 
帰りの新幹線で嫁に「総理大臣より偉いとは大きくでたな」と言ったら 
当の本人は次男に言った事を忘れていて「キョトン」としてた。 
日々、3人の悩める怪獣達と真剣に向き合ってる嫁を改めて尊敬した。

続きを読む

このページのトップヘ