カテゴリ: 夫・妻

938: 名無しさんといつまでも一緒 2010/05/24(月) 20:54:08 0
10年前に相手の浮気が原因で新婚早々に別れた俺。 
かなり辛かったし、立場無いし、軽度だが鬱にもなった。。。 
その後、幸いにして別の女神に拾われ、仕事も上昇気流に乗って一気に潤った。 
子供も授かり、今は幸せにやってます。 

そんな別れた嫁と10年振りに再会する機会があった。 
なんていうか、、、会ってみたら10年という歳月は相手を許すには十分な時間だったようで 
なんか許せて普通に会話出来たんだよね。。。自分でも不思議。 
今の俺(一応何不自由ない生活)もしかり、相手が結局なんだかんだで一人っていうのもしかり。 
相手が困ってるなら金で解決出来るならしてあげるまで言った。 
希な事とは思うけど、そういう馬鹿なやつも居るって事で。。。 
同じ様な境遇のやつって居ないですかね? 

なんか相手を見てて、やるせなくなった時にたまたまこのスレを見つけたんで書いてみました。 
スレ汚しすまん。 

続きを読む

405: ◆j5T2U.uemA 2011/05/04(水) 21:42:16.23 O
きたきたー 

黒く染まる夜は 膝を抱えて 
君といた日を思い返すよ。 
きっと僕たちは幼すぎて 
愛の意味が解らなかったんだね。 
この胸につのった幾重の思い出さえ 
音もなく溶けていくようだよ。 
もう一度あの時の二人に戻れるなら 
迷わずに君のことを 抱き締めて離さないよ。 

勝手だとわかってはいるけど 
すぐじゃなくてもいい 
僕は一人で待ち続けるよ。 

…ぐぐったら中島美嘉だた。 
丸パクリじゃまいか。 

休み開けに弁護士さんに連絡しよっと

続きを読む

727: 1/2 2012/11/28(水) 18:42:57.23 0
先日アルバムを整理していて当時の写真が出てきたので思い出した。 
母が再婚したときの話。 

相手にも子供がいたので、当時小学1年だった私に姉(以下A子)ができた。 
学年こそ1つ上なものの、数ヶ月しか歳は離れておらず、姉というより友達感覚ですぐ仲良しに。 
新しい生活にも慣れたころ、母の再婚相手(A子父)は海外へ単身赴任となった。 

そんな頃、学校で校長室に突然呼び出された。 
校長先生とA子担任がいて、A子は泣きじゃくっており 
先生から「A子は家でつらい思いをしている。家での様子を教えてほしい」と。 
母の態度が実子である私とA子で不公平。A子は継子いじめをされていると訴えたらしい。 
いつも一緒に遊んでいたし、身に覚えのないことなのでポカーンだった私。 
A子の普段の態度と先生へ訴える姿があまりにも違い、仲良しと思ってただけにショックだった。 
緊急家庭訪問となったが、結局のところ父親不在のA子かわいそう、継母である母ひどいとされた。 

A子が不公平と訴えたのは持ち物や習い事に関してのこと。 
いじめと言ったのは母に怒られたことだった。 
母はA子へ「歯磨きしたの」「早く寝なさいよ」「お箸の持ち方は・・・」とか注意くらいで 
怒鳴ったり叩いたりはしないし、やさしく言い含める感じだった。

続きを読む

150: 1 2013/08/07(水) 23:51:55.92 0
夫が浮気して、プリに子どもが出来てから離婚するまでの修羅場 

共働きで結婚3年目、家を新築して半年程たった時に、 
突然夫に「浮気相手が妊娠したから責任をとって結婚する。別れてくれ。」と土下座された。 
プリとは1年間不倫していたらしい。 
あまりの事に最初は信じられなくて呆然→言われたことを理解して号泣。 
泣く私をなんとか説得しようとする夫の話を聞いているうちに 
「そういえば最近帰りも遅いし、休日出勤ばかりだったな~あれは浮気してたのか」 
とか変に納得して冷静になっていった。 

黙って話を聞いている私に、何を勘違いしたのか夫は、 
「私ちゃんの事は愛しているけど子どもの為にも無責任な事は出来ないんだ。 
私ちゃんは優しいから絶対にわかってくれると思ってた。」 
と涙ぐみながら笑顔で言い放った。 

その瞬間、何言ってるんだこいつは?と急激に怒りがわき上がってきて、 
「少し心の整理をする時間が欲しい。」と言って家を出た。 
夫はわかるよ、と頷いて見送っていた。 

家を出た後、近所のネカフェに入って離婚について色々調べていた時、 
離婚は有責側からは要求できないと知って、これだ!!と何かがはじけた。 
それからはビジホに泊まって弁護士を探して相談したり、作戦を練った。 
その間も夫からは「子どもの為を思って泣く泣く別れる俺」といった湧いたメールが届いていたけど、 
全て「考えさせてほしい」と返信。

続きを読む

252: ◆uXxJK9lJIA 2012/07/18(水) 17:08:27.18 0
小説家になるって言って、無断で退職し寄生開始 
夕飯を作るどころか、私が仕事に行っている間の昼食が無いから弁当を置いていけだの 
小説のネタのために取材旅行に行きたいから金よこせだの言いだしたので 
あっさりは行かなかったが離婚に成功。その半年後のメール。 

件名:夢を捨てた君は愚かだ 
○○は本当に馬鹿だね。後少しで大金と直木賞作家の妻というステイタスを手に入れる事が出来たのに 
目先の欲望だけに突き動かされて音かな決断をしたね。本当に馬鹿だ。 
それでも一度は愛し合った仲だから許さない事もないよ? 
○○が心から反省して僕の綴りだす世界と僕自身を愛し支えると誓うなら 
直木賞作家の妻という未来は必ずやってくる。 
素晴らしい未来が待ってる事は○○だって考えれば分かるはずだろ? 
書きあげた原稿をどこかの出版社に送るだけでその未来は確実なものになるんだ 
僕は原稿を書き上げて茶色の封筒に入れるだけで良い。 
それだけで日本中もしかしたら世界中の称賛は僕と僕を支えた妻のものになる。 
もちろん僕が僕を支えてくれたのは妻ですと言わなければいけないわけだが 
今すぐ○○が戻ってくるならそういうのもやぶさかではないと思ってさえいるよ 
もうすぐ丑の日だね。炭火で焼いた国産ウナギが食べたいよ。 

せめて「、」は入れた方がやみやすいと思うんだけど、原文まま 

続きを読む

338: 可愛い奥様 2013/11/11(月) 14:51:47.28 ID:xii6p4EW0
流れ読まず投下 

舅と関係を持ってた事は誰にも言えない 
クソトメ、エネ夫から守ってくれたあの人には感謝しても足りない 
気持ち悪いと思われるだろうが後悔はしていない。本気で好きだった

続きを読む

このページのトップヘ