2017年12月

816:pl691.nas811.kagoshima.nttpc.ne.jp ◆9GbHtMVjwY2013/04/09(火) 11:21:37.66
嫁が出て行った。みんなの力を貸して欲しい。

◆現在の状況
昨日帰宅したら嫁と子供がいなかった。
ベタだけどテーブルに
嫁が書いた俺宛の手紙が置いてあって
「あなたが満足する人を見つけて下さい。私はもう無理です。」
と書いてあった。
嫁の携帯に電話したけど出てもらえず、その後メールが届いた。
メールには
「これ以上話しても口のうまいあなたに丸め込まれるだけなので
直接話したくはない。離婚して下さい。」と来た。

◆最終的にどうしたいか 
離婚したくない、嫁子供と今まで通り暮らしたい。


続きを読む

61: 名無しさん@HOME 2014/06/26 12:42:26.57 ID:???
三年前に離婚して当時四歳の息子と家を出たシンママです。
離婚時に財産分与、慰謝料、養育費なしで息子を何とか引き取りました。面会はなしです。
その後義実家や元夫とは全く無交渉ですが息子が小学校に入学した時に何にもお祝いはおろか連絡もしてこないのはおかしくないでしょうか?
それとも私がおかしいのでしょうか?
生活はきつきつで多少援助して貰いたい気持がないと言えば嘘になります。
今から養育費請求はムリでしょうか
続きを読む

811: 名無しさん@HOME 2014/07/26 02:12:19.33 ID:???
初投下、どっか変なとこあったらごめん

年の離れた姉が色々とぶっ飛んだ人だった
昔俺が13ぐらいの時に父親が連帯保証人で700ほど借金を背負わされたことがあった
母親は父親が保証人になってたことすら知らず、もう泣いて喚いて発狂して手のつけようがな

当事者であるバカ父親は腰抜かして呆然とへたりこんでるし、
いつも仲良い両親の修羅場と借金取りの異様な空気にのまれ俺も泣きそうだった
そこにフラッと姉が現れて、青ざめる両親を見て「700かぁ~」とボソッと呟いた

情けないことに俺は今後のことが不安で半泣きで「ねーちゃん…(´;ω;`)」と姉にすがった
姉はニッコリ笑って
「(俺)は明日サッカーの試合でしょ?もう寝る時間だから部屋に行きな」
と俺の頭を撫でながら部屋に連れてってくれた

そこからうろ覚えなんだが、たぶん俺は姉に強制的に布団に押し込まれそのまま眠ってしまったと思う

続きを読む

214: 名無しさん@おーぷん 2014/07/17(木)15:34:31 ID:???
今日の午前中、コインランドリーで見たことない爺さんにパンツを盗まれました。
しかも、目の前で変装もせず。

乾燥終わって洗濯物を畳んでいたら、薄いピンク色にドット柄のレース付きパンツを強奪されました。
咄嗟に「泥棒!」と叫んだのですが、その場にいたのは全員高齢者。かく言う私も妊婦。
泥棒爺さんは、なかなか早い走りで車に乗り逃走。
その場にいた人に、k察呼びますと断りと謝罪を入れて電話。
20分くらいで来てくれて、事情を説明。
そのまま、警察署まで一緒に行きました。

それで、盗まれたパンツなのですが、私の物では無く、祖母のパンツ。
警察署で対応してくれた婦人警官さんは、私(20代女性)のパンツが盗まれたと思い、慎重に対応してくれてたのですが、祖母のパンツだと言うと吹き出して大笑いされました。
「立場上、笑ってはいけないんだけれど…ごめんなさい、我慢出来なくて」
と笑いながら謝罪されました。

今、k察から事情聴取を終えて帰宅したところなのですが、泥棒爺さんも、まさか婆さんのパンツだと思わないでしょうね。
正直、盗んで帰って高揚感に浸ってる爺さんをゲスパーしてざまぁwな気分です。

が、祖母にパンツ盗まれたと報告すると、予想以上にショックを受けたようで、女性として恥じらっていました。

私自身ではなく、周りの方が衝撃を受けた事件ですね。
スレ違でしたらごめんなさい。
続きを読む

249: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2017/07/30 00:32:28.35 ID:Y5HeIw/b.net
相談がある
嫁側の親族に有名人がいることが分かった
サインがほしいし、出来ることなら会いたいと言ったら、「絶対無理!」の断固拒否
せめて名前入りのサインをお願いしたら、それでも拒否られた
拒否する理由は嫁ですら会ったのは中学のときでそれ以降は会ってない、あっちは有名人だからこっちと会う暇なんてない、連絡先すら知らないらしい
せっかく有名人が身内いにいるのに勿体ない
嫁を説得するアイディアないかな?
続きを読む

403: 名無しの心子知らず 2008/09/11(木) 12:45:29 ID:oche0gDN

文書書くの苦手だが、昨日見かけた泥家族の報告を。
ファミレスで食事をしていたが、そこはドリンクバーがある所。
食事をしつつ、なにげなくドリンクバーをみたら、
小学校高学年くらいの男とその母親がドリンクバーの紅茶セットをわしづかみにして鞄にいれて、席へ戻っていった。
続きを読む

このページのトップヘ