2017年07月

114: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/01/20(火) 18:44:37 ID:1t/0d3L/0
何年ほど前、自転車操業を繰り返すウチに 
会社の金に手をつけて
それがバレて会社を解雇されました。

当然ながら、両親と嫁が会社に呼びだされ
これ以上ないってほどの屈辱を味あわせてしまい
絶縁も覚悟していました。

なのに・・・・・使い込んでしまったお金を
肩代わりしてくれた上、嫁からは
「今すぐには離婚はしない。
たとえ皆が見捨てようと家族だけは貴方の味方、
だからこれ以上私たちを欺かないで」
って。

こんな大事になるまで気がつかなかった自分が
とても嫌になりました。

今では、実家で居候をさせてもらいながら
少しづつながらも両親と嫁に返済をしています。
苦しいですが、頑張ります。
続きを読む

【①はこちら】
【②はこちら】
【③はこちら】
9: 名無しさん@HOME 2007/12/05(水) 10:13:55

クリスマスのイルミネーションがキラキラと 
綺麗な今日この頃。 
元夫(エネ夫)から、ロミオレターが届きます。 
元エネ夫は私の携帯を知らない。 
知っているのは元実家(現在兄夫婦のみ居住)だけ。 
で、そこに2~3日に1通、分厚い封筒で届く。 
もう相当嫌いな相手なので、手紙に触りたくも無いが、 
兄嫁が「敵の動向を知っておくのも自己防衛。イヤだろうけど見ておいた方がいいよ」 
と言うのでイヤイヤ読む。

 「許して欲しい、俺が馬鹿だった」
「両親も姉も反省している」
「もう一度、お前と娘を家族として迎えるつもりだ。」
「俺の携帯は変わっていない、気にせず連絡してくれ」


と兎に角キモい。
実家は私の生まれ育った家なので、無くなるのは寂しいが
兄夫婦の安全のために、転居を薦めている。
元エネ夫と別れて4ヶ月、ようやく幸せに暮らしていたというのに・・・。
続きを読む

492: 名無しさん@おーぷん 2015/07/04(土)21:16:43 ID:CdV
自分じゃないけど、聞いてて狂ってると思った事を。
友人A男が同期で同じサークルだったB子と結婚した。約三年後にこれも同じサークルの先輩C男に托卵されて、DNA鑑定で発覚、離婚、慰謝料請求ってなってた。
んで、つい最近そいつをなぐさめようず会をしてきたんだが・・・
俺らが知ってた事
・A男が家族の絆を見えるものにしよう→DNA鑑定で托卵発覚→狂いながらも素早く証拠を押さえる→離婚→嫡子否認
・不倫期間は妊娠期間とほぼ同じ。
・慰謝料はBとC実家から計1000マソほど

実際
・不倫期間は妊娠期間+その前半年
・A男、妊娠3か月前から不倫に気付き調査し、証拠を押さえる。
・えげつなく、あいつらの人生を狂わせたかったらしい。
・C男の俺の子供産んで、B子いいよ的なラリメールを見る
・A男の子供が欲しいアピール!(何故それをした!)
・無事托卵。
・よき旦那アピールを義実家に。
・当然堕胎せず無事出産。
・DNA鑑定で知った事にし、公開処刑、義実家は当然味方で楽ちん(笑いながら泣くなよ)
・慰謝料はもう少し多いらしい。
・さらに思い出したくないとの事で、接触禁止事項があり、破ると20マソ。これはBとCとBC親戚とかも含むらしい。
酔っぱらてたはずが急に醒めた。でもA男が酔っぱらって泣きながらノリノリ。
A「慰謝料で飲む酒はうまい、托卵してくれたBとCに感謝の意を示して、カンパーイ」
ってループ。その場にいた自分を含めた友人達が修羅場だったよ。リアルD4Cはマジ勘弁。
続きを読む

【①はこちら】
【②はこちら】
【④はこちら】

932: てっちゃん最後の報告 ◆pjT61fojK2 2007/07/26(木) 21:27:10

今日の昼、不本意ながら離婚届にサインすることになった。 
嫁は、俺と俺の家族との繋がりを、一切持ちたくは無いから・・・と 
慰謝料養育費を拒絶。 
娘は嫁兄と養子縁組をする予定なので、 
俺は面接交渉権が無い・・・と。 
続きを読む

【①はこちら】
【③はこちら】
【④はこちら】

502: てっちゃん ◆pjT61fojK2 2007/07/25(水) 18:38:43

先客が居るようだな。 
俺後にする。
続きを読む

104: 名無しさん@おーぷん 2015/07/08(水)21:47:08 ID:J4i
彼女と喧嘩した。別れるかもしれない。

彼女にプロポーズしてOKもらったんだ。先週末に互いの親同伴で
老舗洋食屋の個室借りて食事した。親同士は初対面。俺も彼女の母親
は初対面だった。彼女は母子家庭で今は大学生の妹と一緒に暮らして
いる。母親は彼氏と暮らしてると聞いていた。

彼女は俺の会社の後輩。ちなみに俺の父親も同じ会社だ。一応大企業。
俺の母親は彼女が母子家庭ということに難色をしめしていたが、父親
は何も言わないので食事会にもしぶしぶ来た。彼女の母親には初めて
あった。もっさりした太めのおばさんであった瞬間俺の母親がpgrした
のを感じた。食事会は表面上おだやかに進んで彼女の母親は口数が少な
くて、はあ、とか簡単な返事するくらい。俺には娘をよろしくって言って
くれたが。彼氏とすんでると聞いてたからどんな派手な女かと思ってた
が拍子抜けだった。
続きを読む

このページのトップヘ