2017年04月

80: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/04/29(月) 21:00:39.21
先日、息子が結婚した。
と思ったら昨晩、会社帰りに泣きながら我が家に来た。

「父さん、嫁のメシが美味いんだ。白米が白いんだ」
「これが普通だって言われた。じゃあ今までのは何だったんだろう」
「こんなに幸せで良いんだろうか。俺はもうすぐシぬんじゃないんだろうか」

メシウマな嫁を見付けて良かったな、息子よ……
父さんは今日も母さんのコーラ米に耐えるとするよ……
続きを読む

184 :名無しさん@おーぷん
父は何度言っても片づけをしないしすでに家にあるものをさらに無駄に買い足してどんどん増やしていく。
嫌だけど基本父の部屋だけのことだし、他人のものには手を付けないのがポリシーなので黙認してる。
でも家族共有の洗面台に、3分の1くらい残った歯間ブラシのケースが常に2、3個あるのだけは地味に邪魔で我慢ならん!
残り少なくなる→新しいのを予備で買ってくる→残り少ないのがあるのを忘れて?新しく買ってきたのを開けて使う…の無限ループ
邪魔だしほこりかぶるのに、使い切ったらタヒぬのか?ってくらいのレベルで、微妙に残して放置する。
よって断罪。私は自分の歯間ブラシ買うのやめて、父のを横領することにした。
父が新しいのを買ってきた時点で、残り少ないほうの哀れな歯間ブラシたちを私用の歯間ブラシケースに補充。
私用の歯間ブラシケースは鏡裏に入れていて、父はここを使わないのでバレる心配はない。もう半年経つが気づかれてない。
この横領は歯間ブラシ以外にも応用できそうなので、じわじわと絞りとってやろうと思う。覚悟しろ父。
続きを読む

309: 1/2 2013/09/11(水) 17:03:48.47 ID:9IKbwMTJ
そんな事かwと言われそうだが私にとっては忘れえぬ修羅場を豚切って失礼しますね。長くなったので二分割します。

私には4歳の時に誕生日プレゼント買ってもらったウサギのぬいぐるみが居た。
若干人型で針金の入った耳がついていたので、耳がピンと立つタイプ。
毎日手を繋いで過ごし、あった事を報告し、抱きしめて眠った。
兄弟喧嘩をした時には人質として取られ、耳を切られて泣きながら直した事も。
よだれも涙も染み込んでいたと思う。
着れなくなった服でお手製の服を作ってやったり、洗えるタイプだったので一緒にお風呂に入ったりして大事にしていた。
高校になる頃には彼女の服も大分まともになり、耳の針金はくたびれて立たなくなってしまっていたが、それでも毎日一緒に寝ていた。そんで大学生になったある日。

弟『かーちゃんやばい!ねーちゃん帰ってきた!!』
母『アンタちょっと私子ひきとめて!』
私『えっなに?』
弟『アババババねーちゃん落ち着いて聞いてくれ』
私『いやだから何が起きたんだよ?』

弟『ウサ子(ぬいぐるみの名前)が……シんだ。』
続きを読む

388: おさかなくわえた名無しさん[sage] 2011/02/24(木) 01:23:18.47 ID:fOaJfQni
昔付き合ってた人が私をすごい美人だと思ってた。 
私は全然美人でもなく並くらいだと思う。 
恋は盲目というか好きになった人が実際以上に良く見えてる人も世の中にけっこういるし 
お世辞入ってるとも思ってて、好きな人に綺麗だ美人だ言われて悪い気はしなかったけど 
私がいないところでも周りに自分の彼女がいかに美人か吹聴してることを 
友達伝いに聞いたり、数人で芸能人の誰が綺麗だとかの話してる時に真顔で 
「でも(私)にはかなわないよね」って言ったりしててちょっと引いた。 
何も言わなきゃ別に誰も何も思わないだろうけど、わざわざ「(私)は美人」 
て言う事で他の人の内心で「いや全然美人じゃない」「むしろ残念」みたいな 
流れがうまれてpgrされてそうな感じがして恥ずかしいし会ったことの無い人は 
下手に期待する分会った時にガッカリしそうだしなんか色々辛かった。

ある日彼氏が「(私)は栗山千明をもっと綺麗にした感じだよね」
って言ったのがラクダの背骨を折る最後のわらしべになった。
私と栗山千明じゃそもそも系統が違うし、栗山千明大好きなので私ごときと比べるなと。

今思えば本気で美人だと思ってたわけじゃなくて嫌がらせだったのかもしれないけど
それはそれでムカつく。

続きを読む

806: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/02/06(金) 13:58:20
メシマズな嫁と離婚したんだが、
今日で気団板も見納めなのでココで吐き出してもいいか?
続きを読む

19 :名無しさん@おーぷん
さっき旦那が風呂に入ってる隙にプッチンプリン食べようとして
ふと出来心で口に直接プッチンしたら喉に詰まった
窒息して悶えてる音を聞きつけた旦那が風呂から飛び出してきて
すぐに吐き出させてくれたので助かった
まさかプリンが喉に詰まるとは思わなかった
三十路にもなって馬鹿なことはやめてくれと、しこたま怒られた
続きを読む

このページのトップヘ