2016年02月

128: 名無しさん@HOME 2009/01/28(水) 12:08:13

さっき昼食を食べていたら近居のトメがきた。 
おかずは卵焼き、マカロニサラダ、おひたし、から揚げ。 
でもお弁当の残りなので卵は切れっぱし、野菜もちょびっと、から揚げ1個のみ。 
トメそれを見て 
「まぁ、主婦がお昼っからずいぶんいいもの頂いてるわねぇ」と嫌味っぽく言ってきた。 
思わず「…普段どんな貧しいもの食べてらっしゃるんです?」って言っってしまったら 
すっごく怒って帰って行った。 
どっからどーみても弁当残飯処理じゃねーか。 
嫁を見ると嫌みしか言わない女ってほんと暇だね。
続きを読む

746: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/04/14(日) 18:36:50.53
流れぶった切ってごめん。 
どうしてもモヤモヤするので書かせてください。 
私 25歳(里帰り出産の後、訳があり別居→離婚の2歳児持ちのシングル 実家住み) 

弟嫁 21歳 
元々好印象ではなかったものの、私が元義家族と不仲だった事もあり干渉せずといった感じ。 
産後すぐ別居に至ったので裕福とは言えず、ベビーカーを買うか買わないか散々迷った挙句安物だが子供に使うものだからと思い購入。 

弟嫁が出産するにあたって、チャイルドシートやベビーカーなどをくれと弟から打診は受けていたが、チャイルドシートはまだ使えるのでベビーカーだけなら、と話をしていた。 

赤が生まれて少し経ち散歩に出れるようになり、ベビーカーをくれと弟から母に電話が。 
翌日、20時近くになって赤と3人で実家に来た。 
母は弟夫婦が来るからと夕飯を待っていたが、そんな母に赤を抱かせさっさと夫婦でご飯を食べる。 
後片付けをするわけでもなく帰り支度を始め、さっさとベビーカーを車に積んで自宅に戻って行った。
続きを読む

825: 名無しさん@HOME 04/05/26 20:15

この間、うちの家でトメ・ウトの親戚を集めて法事があった。 
もうそろそろお開きというので、トメが菓子を萩焼の菓子器に入れて運んできた。 
コトメが「あら、この菓子器かわいくて、いいじゃない」とほめたので 
トメはご満足、萩焼のノーマルな菓子器に花の形に切り込みがあって、親戚の人にも好評だった。 
「かわいらしいやろ、あんた欲しかったら持って帰り」と、コトメに・・・ 
「あら?いいの」とコトメ、うれしそう。 
「すみません、お母さん、それ、人にやらないでください」と私。 
「あら、うちの嫁子も欲しかったの、ほほほ・・・ 
ちょっとカワイイモノなら好きなんですよ。うちの嫁。」とご満悦のトメ。 

「はい、それ、私が萩に行ったときにわざわざ、窯元まで行って 
買ってきた思い出の品ですから、人にやらないでください」と私。 
はっと天然かましに、気づいたときには親戚の人、固まってました。 
トメは、ひたすらバツ悪そうに「まあ、ほほほほほ・・・まぁ」と笑ってました。 
「人のものなら、勝手にもらったらいけないわな」とコトメ旦那。 
気まずい雰囲気で、親戚はさっさと帰っていきました。
続きを読む

298: 名無しさん@HOME 2007/06/11(月) 21:05:08

プチプチですが… 

この度コトメがめでたく結婚することに。 
良ウトなので、お祝いを言いに義実家に行くとワクテカ顔の悪トメ。 
男児産めやら、嫁に来たら実家はないもの、やら一通りやられた。 
『コトメちゃんねえ、あちらのご両親と同居することに決まったのよ、それでうちもね…』 
というトメの語尾に被せるように、 
『ウッソー!!コトメちゃん可哀想!! 
新婚なのに同居なんてありえなくないですか?! 
新婚じゃなくても勘弁なのに!!信じられない… 
私は絶対嫌だ~…可哀想…絶対ありえない…』 
と言ってしまいました。 
トメ黙る。夫が追い討ちをかけるように 
『俺らは同居なんて考えられないよな~』 
と言い、うなだれたトメは自室へw 

思わず出た言葉なのに、効果大でした。 
コトメの慶事をダシにしたので、ドキュソでした…
続きを読む

113: 名無しさん@HOME 2008/01/22(火) 21:54:08 0

この流れなら投下できる。 
マンガネタ含むんで嫌な人はスルーしてください。
続きを読む

769: おさかなくわえた名無しさん 2005/02/24 16:13:45 ID:rQAqso5u

おくびにも出さないが母を憎んでいる。 

母は私が物心ついた頃から精神的な病を抱えていた。 
そういう理由もあって、私は親戚に預けられて育った。

だから私は母に育てられた記憶はないのだが、
母は私に「子育てに失敗した」と言う。 

加えて「作る気も産む気もなかった。後悔している」とも言う。 

母の病気がましだった頃、
母は生まれたばかりの親戚の子をとても可愛がっていた。 
親戚に預けたままの私のことは見向きもしないで。 

そして母は
「私の育てた(親戚の子)ちゃんは
素晴らしい娘に育った」というのが自慢だ。 

「子育てには失敗したけど
(親戚の子)ちゃんを育てるのには成功した」と言う。 

今は「(親戚の子)ちゃんで経験をつんだから
孫を育ては失敗しない。孫を寄越せ」と言う。 

冗談じゃない。 
母親らしいこと全部放棄して来た女が今さら祖母面するな。 

でも、お世話になった親戚の手前と世間体のためだけに、 
母とは何時もニコニコ円滑なお付き合い---を心掛けている。
続きを読む

このページのトップヘ