2015年05月

943: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/06/25(月) 23:27:10.15
DVを受けてた子供が毒親を殴り倒したという話をまとめサイトで読んで
思い出した修羅場。
こんないきさつだけどDVの話とかではない。

保育所~小学生のときの私はいじめられっ子だった。
とにかくすぐ泣く。バカと言われただけで泣く。それゆえにいじめられっ子だった。
しかし小学2~4年生のころの担任がとても良い先生で、
私がいじめられないようにいろいろ考えてくれた。
(いじめっ子に注意したり、私自身が何か言われても無視できるようにしたり)
この先生には感謝してもしきれない。
なので小学生をあがるころにはすっかり私の反応が薄くなり、中学生になるころには
直接言われるようなことはなくなっていた。
しかしほんの一部の奴らは中学にあがってからも言い続けた。阿呆だ。
「きもいきもい(私)菌だ」という小学生時代から続くあまりにもアレな内容の野次は
あいかわらず無視し続けたが、それでもやっぱりうざったいものはうざったい。
どうにかならないかと考える日々を送っていた。、
その日もちょうどいつものように「(私)菌、(私)菌」とはやしたてられていた。
すると、いっしょにいた友達が「いけ!(私)ちゃん!」と叫んだ。
それはまさしくポケモンのサトシの「いけ!ピカチュウ!」のような語調で、
「私はポケモンか」と心中でツッコミを入れて放置しようとしたが、ここで名案が思い浮かんだ。
私はくるりと奴らに向き直ると、「そんなに言うなら貴様らに抱きついてやろおかあああああああ!?」と
叫んでダッシュした。

944: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/06/25(月) 23:27:39.71
私をきもい汚いと言い続けてきた奴らは当然私の体には触れたがらない。
奴らにとって私はベトベター。ベトベターに襲われた奴らは当然すぐに逃げ出した。
超鈍足の私ではすぐに引き離されると感じ、私はすぐに作戦を変更した。
「だったらあんたらの机にすりすりしてやるわあああああああああ!」と叫んで奴らのクラスへと向かった。
同じクラス(だったはず)ので机の位置はすぐに分かった。
私は奴らの机の前に陣取り、手の平を机につくかつかないかの位置まで下げたり、
余裕でつかない位置まで上げたりして遊んだ。
力ずくで止めればいいのに私に触れられない奴らは、教室の入り口で
「やめろ!やめろおおおおおおおお!」と叫ぶだけだった。
しばらく遊んだのちに追いかけるのを再開し、廊下の端まで追い詰めることに成功した。
奴らはすでに腰くだけで半泣きで廊下に座り込んでいた。
私は今にも抱きつきそうなモーションで奴らを脅しつつ、
「やめてほしかったらごめんなさいと言え!ごめんなさいと言え!」と言った。
奴らはすぐに謝りはじめたので、それ以上何もせずに終わった。

その後中学を卒業するまで直接何か言われるようなことはなかった。
(陰口は多分たくさん言われた)
とても爽快だった。多分中学時代で一番楽しい思い出だと思う。
相手にとっては相当な修羅場だろうから投下してみた。

続きを読む

628: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/04/19(木) 17:32:37.74
夫の兄嫁さんがトメにいびられてた。
気づいてなかったけど私もいびられてた、らしい。
「らしい」というのは、私は物事に熱中すると他のことが耳にも目にも入らなくなる傾向があるので気がつかなかった。
あと、興味のないことはあまり脳みそが理解しないアホだったから。
嫁としてどうなのかとは自分でも思うけど、結婚当初から私はトメに興味が無かった。
トメにいろいろ話しかけられてたけど「はあ」と返事して流してた。
これが嫌味だったらしいけど、脳みそが咀嚼してないので不愉快にはなってなかった。
でも兄嫁さんは人の話を興味持ってとてもよく聞いてくれる人。
遠まわしの嫌味もすぐ理解してしまうくらい察しと頭が良い人だった。
私がトメに嫌味を言われてるのを見て、人ごとながら心配してたらしい。
兄嫁さんは、自分への嫁イビリと弟嫁(私)への嫁イビリの目撃とで、とうとう精神的に限界に来た。
「ごめんね、弟嫁ちゃんを一人にしちゃかわいそうって思って頑張ったけどもう無理みたい」
と義実家へ顔を出さなくなった。
楽観的だった夫の兄も妻の限界を見て、とうとうトメを怒って義実家に来なくなった。
私の夫も私を心配してたが、実家に行かないという選択肢はなかったらしい。
そこでようやく私もイビリに気がついた。
というか、一連の騒動を見てトメに関心を向けた結果、トメが嫌味を言ってることを理解した。
でも、嫌味あっても今まで特に問題無かったし、こっちが興味を示さなければ無いのと同じ。
兄嫁さんが来なくなったことと、息子に嫌われたからか、嫌味と嫌がらせがますます悪化してきた。
とうとう、靴を隠すとか物理的な行動に出るようになってきた。

629: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/04/19(木) 17:33:08.94
今までスルーしてきたし、今さらトメに対して騒ぎ立てるのも嫌だったので、
「あれ?靴ない。探さなきゃ」→義実家家探し。
靴を見つけてもトメが関係あるとも言わず
「靴あった。良かった」で終了。
そうこうしてるうちに、トメがどんどん暗くなってきた。
ある日「これじゃ私が居ないのと同じじゃない。無視されてる。透明人間みたいに扱われてる」
とトメが騒いで泣きだした。
嫌味や嫌がらせを責められないことが辛かったらしいけど、そんなの私には関係ないやと思った。
あー、でもこれは使えるなと思い、スルー続行。
トメが嫌味、私「はあ」でほとんど内容聞いてない。
トメが私のリップクリームをゴミ箱へ捨てる→「あれ?無いな。ま、いっか」
ウトも夫も、トメがこの頃なんだか機嫌が悪いなと思ってる程度。
我慢の限界が来たのか、トメが自爆した。
「弟嫁に嫌がらせしたのに堪えてない。兄嫁は反応したのに。反応無いのが辛い」
とウトと夫に泣きついたが、反対に
「嫁イビリしてたのか!」と責められ家出した。
家出した先は義兄と兄嫁の家だけど、当然追い返された。

近頃トメは私を見ると過呼吸発作とまではいかないけど、それに近い状態になる。
でも、特に配慮はしない。
気づいてなかった時はともかくとして、気づいてからの嫌味もわりと酷かったから。
いくら嫌味だったとしても、相手の実親の生死に関わることについての嫌味は許容範囲外。
(ちょうど私の親が交通事故で入院した時に、下手に生き残って迷惑かける人もいるのよね的なことを言った)

続きを読む

215: 名無しさん@HOME 投稿日:2014/07/24(木) 20:35:45.13
プチですが
以前、義実家に訪問し夕飯の支度を手伝っていた時のこと。
姑がジリジリと近寄り、
「私が元気なうちは良いんだけど、その内嫁子さんは私と同居するのよね~」
なんて急に言ってきたもんだから、
「施設ですよ~同居なんてする訳ないですよ」と普通に答えてしまった。

姑は常日頃「私は自由気ままが良いの、誰かと一緒になんて住めない」と義父・義祖母(姑母)の文句を言っているし
新婚当初は結構な嫁いびりをしたの忘れたのかな
なんだか赤くなってアワアワしてたけど、意味が分からない

続きを読む

846: 愛と死の名無しさん 投稿日:2010/11/21(日) 20:37:40
中学時代に仲が良かった新婦Nの不幸な結婚式。

Nの他にAとMの二人も仲が良く、招待客はなるべく抑えたいという新郎新婦の
希望で友人席は私たち3人が招待された。

式当日、いくら待ってもMが来ず、携帯は着拒はしていなくずっとコール音が。
事故かとも犯罪に巻き込まれたのかとも思い、私が式に出席せずにMの自宅まで
様子を見に行くことに。
Mの家に行って母親が出てきたので本人の居場所が掴めない事を言うと、
「出席したくないって言っている。」
との返事が・・・

なんとか無理やり本人に会わせてもらって、理由を聞いて驚いた。

・あんなやつ友達と思ったことはない。
・あいつは仕事も上手くいっている。なのにわたしは・・
・新郎のことが好きだった。

と、泣きながら私にぶちまけた。

式場に戻った私はどう説明していいかわからなかったので
とりあえず新郎に好意を持っている部分を除いて説明したけど・・・
唯一式に出席したA曰く、新婦は始終暗かったそう。

ちなみに新婦とNと私は高校の時同じ飲食店でバイトしており、
新郎はバイト先で調理師だった。
その頃から新郎新婦は交際していたので、あの時からずっと新婦を
恨み続けていたのかもしれない。

続きを読む

117: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2011/07/04(月) 19:24:37.36 ID:cM10rQQQ
知ってる人もいるだろうけど、蝶やカミキリムシは農家には大敵
寄生バチがいればいいけど、普通ではなかなかいないので、家では見つけ次第速攻潰している

去年の夏、カミキリムシを見つけたので潰していたら最近、引越してきたばかりのA家が通りかかったそして子供に向かい
「ああやって生き物殺していやね~。○○ちゃんは生き物を大事にしましょうね」
とこっちを見ながら言う
当たり前だが、こっちも生き物を殺す趣味はない
腹が立ったので言い返そうとして母に止められた

秋になり収穫したものをご近所に配っていたらA家が来て
「まぁ、いっぱいできましたね。くれるんですよね」
と子供をけしかけてもらおうとした
すると母が
「生き物殺す人からでもいいの?」
と子供に尋ねた
突然、何言う?と驚いていると、母は子供と同じ目線に屈み
「おばさんたちはね、生き物を殺したくて殺してないの。おばさんもちょうちょ大好きよ。だけどその赤ちゃんはおばさんの大事な作物を食べちゃうの。何かするにはすべて理由があるのよ。それを分かってほしいな」
そう言うと子供に収穫物をはい、と手渡した

A家母親を一切見ないでの姿に我が母ながら惚れ惚れした
そして感心する私に母は
「お母さんもまだまだ現役いけるでしょ♪さすがは私、元教師!」
こんな母が私は好きだ

続きを読む

259: 可愛い奥様 投稿日:2010/03/07(日) 12:47:32 ID:0+xtpTFP0
昨夜のお話。
数年に渡って交渉して来たクライアントとの契約が締結出来た。
そのお祝いで、部長の奢りでメンバーで祝賀会をやろうってことになって、
私含め営業メンバー5人と部長で飲み屋に行ったの。
そのメンバーのうちの一人(Y子)が当日デートの予定だったらしく、
彼氏を呼んでもいいか部長に確認。 ここで他メンバー「???」w
部長も嫌とは言い辛いだろうし、契約締結でご機嫌だったので即おk。

びっくりしたのはそこから。
なんと、その彼氏が友人3名連れてやって来たw
百歩譲って彼氏までは良いとしても、そいつの友人は全く関係無いでそw
そして散々飲み食いした挙句、二次会にも付いて来やがりましたw

どんなふうに育てば、あそこまで図々しくなれるんだろう…
Y子も図々しいし彼氏も普通じゃない。 ましてや、友人連中…
普通の神経なら遠慮するのが普通じゃないのか?w
合コンか何かと勘違いしてるんじゃないの?って言いたかったけど言えなかった駄目な私。

明日からまた事務所で顔合わすんだけど、付き合っていく自信が無いです。
長文スマソ

続きを読む

このページのトップヘ